テーマ/研究者一覧

号数 発刊日 テーマ タイトル 研究者 所属
第35号 2017年
1月
シリーズ「東日本大震災」【6】
─育てる─
災害時に活躍する大学生を育てる 舩渡 忠男 先生 東北福祉大学医療経営管理学科
カードゲームで学ぶ真の防災力 久利 美和 先生 東北大学災害科学国際研究所
第34号 2016年
10月
文豪を識(し)る 夏目漱石の学びに学ぶ 佐藤 伸宏 先生 東北大学大学院文学研究科文学部
シェイクスピアをラーメンのように 下館 和巳 先生 東北学院大学教養学部
第33号 2016年
7月
豆の食べ方から食卓の未来を考える 正木 恭介 先生 宮城学院女子大学生活科学部
豆の作り方から地球の未来を考える 國分 牧衛 先生 東北大学東北大学名誉教授
第32号 2016年
4月
主権 政治について話すことも主権の行使です 糠塚 康江 先生 東北大学大学院法学研究科
主権者教育から見えてくる日本の問題 吉田  剛 先生 宮城教育大学教育学部
第31号 2016年
1月
シリーズ「東日本大震災」【5】
─伝える・遺す─
東日本大震災のあらゆる記録を未来へ 柴山 明寛 先生 東北大学災害科学国際研究所
被災者に寄り添う立場からの復興を 金菱  清 先生 東北学院大学教養学部
第30号 2015年
10月
装い 化粧と被災地での振る舞いに通じるものは 阿部 恒之 先生 東北大学大学院文学研究科
百年前の仙台は日常着の全国的発信地だった 川又 勝子 先生 東北生活文化大学家政学部
第29号 2015年
7月
北欧に学ぶ 先進的な福祉や教育を支える北欧の市民意識 高橋まゆみ 先生 前 仙台大学体育学部 国際交流センター長
シンプルで合理的なデザインが表す北欧哲学 梅田 弘樹 先生 東北工業大学ライフデザイン学部
第28号 2015年
4月
土壌 土壌学から環境の問題を考える 南條 正巳 先生 東北大学大学院 農学研究科
土壌の中の生き物たちに学ぶ 大竹 秀男 先生 宮城大学食産業学部大学院食産業研究科
第27号 2015年
1月
シリーズ「東日本大震災」【4】
─防災─
国連防災世界会議に市民の熱意と参加を 今村 文彦 先生 東北大学災害科学国際研究所
被災地の方々に学んだ防災の課題 水田 惠三 先生 尚絅学院大学総合人間科学部
第26号 2014年
10月
芸術に学ぶ 「音痴」は歌の発達途中です 小畑 千尋 先生 宮城教育大学教育学部
五感を刺激するアートで健康に 大城 泰造 先生 東北福祉大学
第25号 2014年
7月
歴史に学ぶ 仙台を発展させた政宗の都市計画 菅野 正道 さん 仙台市史編さん室長
いかに生きてきたかを伝え合う 石井山竜平 先生 東北大学大学院教育学研究科
第24号 2014年
4月
統計に学ぶ 正確な社会調査で不平等の問題に挑む 原  純輔 先生 放送大学 特任・宮城学習センター所長、東北大学名誉教授
医療の課題をデータで解決するために 萩原  潤 先生 宮城大学看護学部
第23号 2014年
1月
シリーズ「東日本大震災」【3】
―復興・再生―
東北をもっともチャレンジがしやすい地域に 増田  聡 先生 東北大学大学院経済学研究科/災害科学国際研究所
石巻で市民と共に「復興ボランティア学」を 山崎 泰央 先生 石巻専修大学経営学部
第22号 2013年
10月
女性のチカラ 研究室で活躍する“リケジョ”たち 大隅 典子 先生 東北大学大学院 医学系研究科
学び合う市民として─女性・男性にエール! 槇石多希子 先生 仙台白百合女子大学人間学部
第21号 2013年
7月
ブランディングで東北の観光の再生を 平林 千春 先生 東北芸術工科大学大学院仙台スクール
社会的な権利としてのフランスの観光 成澤 広幸 先生 仙台青葉学院短期大学ビジネスキャリア学科
第20号 2013年
4月
未来 社会の変化に見合った新しい教育を 稲垣  忠 先生 東北学院大学教養学部
未来のエネルギーの開発は東北から 田路 和幸 先生 東北大学大学院 環境科学研究科
第19号 2013年
1月
シリーズ「東日本大震災」【2】
―大震災に迫る―
文系と理系の力を集めて、新たな防災学を生み出す 平川  新 先生 東北大学災害科学国際研究所所長 同 歴史資料保存研究分野
各地域の古文書の解読を重ねて、次の災害に備える
第18号 2012年
10月
シリーズ「東日本大震災」【1】
―心に寄り添う―
被災者を支援している方々の心の健康のために 伊藤ひろ子 先生 宮城大学看護学部
悲しみ嘆くことさえ、まだできないでいる子たちに寄り添って 佐藤 利憲 先生 仙台青葉学院短期大学看護学科
第17号 2012年
7月
ことばに学ぶ 方言を調べると日本語の歴史が見えてくる 小林  隆 先生 東北大学大学院文学研究科/東北大学方言研究センター
日本語を教えると文化の違いが見えてくる 澤邉 裕子 先生 宮城学院女子大学学芸学部 日本文学科
第16号 2012年
4月
生きものに学ぶ コウモリとイルカに学んで海中を探る 松尾 行雄 先生 東北学院大学教養学部
「動物園」は、大人にとっても「学び場」です 遠藤 源一郎 氏
釜谷  大輔 氏
仙台市八木山動物公園
第15号 2012年
1月
伝統に学ぶ 大工たちが伝えてきた伝統の建築技術 高橋 恒夫 先生 東北工業大学工学部
民間が伝えてきた生薬の伝統を未来に 吉崎 文彦 先生 東北薬科大学薬学部
第14号 2011年
10月
芸術 日常を意識して見ることが「美術」の第一歩 林  範親 先生 東北生活文化大学家政学部
舞台創りは「究極のデザインワーク 三木 弘和 先生 東北福祉大学総合マネジメント学部
第13号 2011年
7月
平和 “平和な日本”の中にあって平和を考え続ける 矢口 洋生 先生 仙台白百合女子大学人間学部
心理学的には集団が個人より賢明とは言えない 大渕 憲一 先生 東北大学大学院 人間学部
第12号 2011年
4月
給食 「給食」は医療・福祉・教育と深く関わっています 佐藤 玲子 先生 (前)尚絅学院大学総合人間科学部健康栄養学科
学校給食を教育の機会として活かすために 小金澤孝昭 先生 宮城教育大学教育学部
第11号 2011年
1月
都市×デザイン 杜の都の温暖化は、東京の1.5倍の速さで進んでいます 須藤  諭 先生 東北文化学園大学科学技術学部
市民の美意識が向上すれば、都市はもっと楽しくなる 伊藤 真市 先生 宮城大学事業構想学部
第10号 2010年
10月
スポーツと暮らす 「身体的に豊かな生き方」を楽しむために 中房 敏朗 先生 仙台大学体育学部
体を動かす時間を減らして勉強に回すのは誤りです 前田 順一 先生 宮城教育大学教育学部
第9号 2010年
7月
科学の哲学 文系・理系の垣根を越えて学び続けるために 野家 啓一 先生 東北大学大学院文学研究科・文学部
科学技術を「専門家任せ」にしない豊かな生き方を 渡辺 義嗣 先生 東北薬科大学哲学教室
第8号 2010年
4月
いのち いのちの誕生を支える宮城の周産期医療の現在 佐藤喜根子 先生 東北大学大学院 医学系研究科
カウンセリングとは“人を受け入れ心に添う”こと 出村 和子 先生 弘前学院大学客員「仙台いのちの電話」理事長
第7号 2010年
1月
元素を探る 名探偵のように物質の正体に迫る楽しみ 福島美智子 先生 石巻専修大学理工学部基礎理学科
コンピュータシミュレーションで「常識」の誤りを打ち破る 川添 良幸 先生 東北大学金属材料研究所計算材料学研究部門
第6号 2009年
10月
図書館の科学 価値ある情報を検索し提供するのが図書館の使命 澤井  清 先生 宮城学院女子大学学芸学部日本文学科
デジタル化時代の図書館 佐藤 義則 先生 東北学院大学文学部歴史学科
第5号 2009年
7月
宇宙を仰いで すぐに役立たないところが天文学の魅力です 土佐  誠 先生 仙台市天文台台長
「宇宙医学」から地球の皆さんへ 須藤 正道 先生 東京慈恵会医科大学細胞生理学講座内宇宙航空医学研究室
第4号 2009年
4月
教える学ぶ考える メディア浸けになっている子どもたちを救いたい 田澤 雄作 先生 独立行政法人国立病院機構仙台医療センター
“からだ”が秘めている豊かな可能性 里見まり子 先生 宮城教育大学教育学部
第3号 2009年
1月
開発の現場 患者さんの負担を減らす医療技術への挑戦 芳賀 洋一 先生 東北大学大学院医学研究科
技術開発は人間につながっているから面白い 畑岡 信夫 先生 東北工業大学工学部知能エレクトロニクス学科
第2号 2008年
10月
食を考える “食べ方”は“生き方”をあらわす 畠山 英子 先生 東北福祉大学子ども科学部子ども教育学科
知ってるようで意外に知らない「食」のこと 鈴木 建夫 先生 宮城大学食産業学部フードビジネス学科
創刊号 2008年
7月
環境を考える “母乳”から考えはじめた「健康と環境」 北條 祥子 先生 尚絅学院大学総合人間科学部生活環境学科
地域の「人と資源」で挑む地球温暖化問題 長谷川公一 先生 東北大学大学院文学研究科
創刊準備2号 2008年
4月
『なぜ』を追究すれば交通事故は減らせる 吉田 信彌 先生 東北学院大学教養学部
創刊準備1号 2007年
12月
音楽と医学と工学が出会うところ 市江 雅芳 先生 東北大学未来科学技術共同研究センター

※研究者の所属機関・肩書は、インタビュー当時のものです。