イベント情報

2月
22
2020
れきはく講座第5回「まだまだあった!!東北の仏像と仏画」
2月 22 全日

主催

東北歴史博物館

開催場所・日時

東北歴史博物館3階講堂(多賀城市高崎1-22-1)
2020年2月22日(土)13:00~15:00

内容

 東北地方各地域には平安時代以来,木彫りの仏像が多くまつられています。この講座では,当館の20年にわたる調査成果のなかから,近年,新たに知ることができた仏像などについて,鮮明な画像をふんだんに見ながら,その秘密に迫ってみたいと思います。

講師

政次 浩 氏(東北歴史博物館学芸職員)

問合せ先

東北歴史博物館
022-368-0106

定員

280名

2月
29
2020
れきはく講座第6回「阿弖流為(アテルイ)と坂上田村麻呂」
2月 29 全日

主催

東北歴史博物館

開催場所・日時

東北歴史博物館3階講堂(多賀城市高崎1-22-1)
2020年2月29日(土)13:00~15:00

内容

 古代の東北を舞台に躍動した2人の“英雄”,阿弖流為と田村麻呂。古代史学の観点から,2人の“英雄”について詳しくお話しします。

講師

相澤 秀太郎 氏(東北歴史博物館学芸職員)

問合せ先

東北歴史博物館
022-368-0106

定員

280名

3月
7
2020
れきはく講座第7回「貞観津波堆積層の構造と珪藻分析」
3月 7 全日

主催

東北歴史博物館

開催場所・日時

東北歴史博物館3階講堂(多賀城市高崎1-22-1)
2020年3月7日(土)13:00~15:00

内容

 多賀城下の山王遺跡東西大路南側溝と山元町熊の作遺跡で検出された貞観津波(869年)堆積層固有の構造と珪藻分析について,遺跡(人)と津波の関係を中心に,最新成果を詳しくお話しします。

講師

相原 淳一 氏(東北歴史博物館学芸職員)

問合せ先

東北歴史博物館
022-368-0106

定員

280名

3月
14
2020
れきはく講座第8回「小池曲江の新出資料について」
3月 14 全日

主催

東北歴史博物館

開催場所・日時

東北歴史博物館3階講堂(多賀城市高崎1-22-1)
2020年3月14日(土)13:00~15:00

内容

仙台四大画家の一人で,江戸時代後期の絵師,小池曲江の絵画について,新出の絵画資料を中心にお話しします。

講師

大久保 春野 氏(東北歴史博物館学芸職員)

問合せ先

東北歴史博物館
022-368-0106

定員

280名

3月
15
2020
民俗芸能講座第3回「山形県の田植踊」
3月 15 全日

主催

東北歴史博物館

開催場所・日時

東北歴史博物館1階研修室(多賀城市高崎1-22-1)
2020年3月15日(日)13:30~15:00

内容

 今年の民俗芸能講座は,当館学芸員が「東北地方の田植踊」というテーマで,様々な資料を用いながら紹介します。仙台近郊の田植踊とは異なる系統のものを中心に紹介いたします。かつては農村の風景として当たり前の存在であった田植踊。東北地方にも,様々な系統があるようです。どのようなお話を聞くことができるのでしょうか。皆様のお越しをお待ちしております。

講師

小谷 竜介 氏(東北歴史博物館学芸職員)

申込み・問合せ先

東北歴史博物館
電話:022-368-0106 FAX:022-368-0103 
E-mail: thm-service[atmark]pref.miyagi.lg.jp

申込み方法

 館内総合案内に直接お申し込みいただくか,情報サービス班までお電話かFAX,又はメールでお申し込みください。なお,12月2日(月)から1月4日(土)まではメンテナンス期間のため休館となります。休館中のお申し込みは,情報サービス班宛てのお電話かファクシミリまたは電子メールでのお申し込みをお願いします。
 ファクシミリ・電子メールでお申し込みの場合は,下記事項をご記載願います。
1 教室名(民俗芸能講座 第 回)   
2 氏名(フリガナ),3 年齢,4 住所,5 電話・FAX番号
なお,お申し込み時点で定員に達している場合は当館よりご連絡を差し上げます。
※本講座を何でお知りになったのかご記入願います。

募集人数

60名