イベント情報

9月
7
2019
復興大学県民講座 復興の科学技術:東北地方太平洋沖地震の科学(1)
9月 7 全日

主催

学都仙台コンソーシアム復興大学部会

開催場所・日時

東北工業大学 一番町ロビー 2階ホール
2019年9月7日(土)13:30~14:30

講師

日野 亮太氏(東北大学大学院理学研究科・理学部付属地震・噴火予知研究観測センター教授)

内容

2011年東北地方太平洋沖地震の震源直上の海底調査観測でみえてきた、東北日本で発生する超巨大地震・津波発生のメカニズムを概説します。

申込・問合先

東北工業大学 地域連携センター(復興大学事務局)
〒982-8577仙台市太白区八木山香澄町35番1号(東北工業大学八木山キャンパス1号館)
TEL. 022-305-3818 FAX. 022-305-3808
E-mail: fukkoudaigaku[atmark]tohtech.ac.jp
http://www.fukkou-daigaku.gakuto-sendai.jp/

申込方法

FAXまたはE-mailにて、氏名、所属、連絡先(TEL、E-mail)、住所、希望講座名を明記して上記までお申し込みください。
下記の申込フォームからの申し込みも可能です。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe3ayCAnfMuLYqbMdDsLtLIZdUeIPmRKmGd6HZ7C6IkaRsNoA/viewform

受講料

無料

復興大学県民講座 復興の科学技術:東北地方太平洋沖地震の科学(2)
9月 7 全日

主催

学都仙台コンソーシアム復興大学部会

開催場所・日時

東北工業大学 一番町ロビー 2階ホール
2019年9月7日(土)14:45~15:45

講師

日野 亮太氏(東北大学大学院理学研究科・理学部付属地震・噴火予知研究観測センター教授)

内容

2011年東北地方太平洋沖地震のような地震は過去にどのように発生したのか、2011年の地震後に日本海溝で起こっていることとあわせることでわかってきたことを紹介します。

申込・問合先

東北工業大学 地域連携センター(復興大学事務局)
〒982-8577仙台市太白区八木山香澄町35番1号(東北工業大学八木山キャンパス1号館)
TEL. 022-305-3818 FAX. 022-305-3808
E-mail: fukkoudaigaku[atmark]tohtech.ac.jp
http://www.fukkou-daigaku.gakuto-sendai.jp/

申込方法

FAXまたはE-mailにて、氏名、所属、連絡先(TEL、E-mail)、住所、希望講座名を明記して上記までお申し込みください。
下記の申込フォームからの申し込みも可能です。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe3ayCAnfMuLYqbMdDsLtLIZdUeIPmRKmGd6HZ7C6IkaRsNoA/viewform

受講料

無料

復興大学県民講座 復興の経済学:震災復興と社会・経済政策―気仙沼線の復旧・復興にみる公共政策―
9月 7 全日

主催

学都仙台コンソーシアム復興大学部会

開催場所・日時

東北工業大学 一番町ロビー 2階ホール
2019年9月7日(土)16:00~17:00

講師

小祝 慶紀氏(東北工業大学ライフデザイン学部 経営コミュニケーション学科教授)

内容

震災から8年がたち、公共交通の復旧復興について考えます。大規模震災における公共交通の復旧・復興の在り方を、まず経済学の視点から論じます。次に気仙沼線の復旧・復興の状況を踏まえ、地域内の移動手段としての公共性と地域間異動のための公共性について考えます。

申込・問合先

東北工業大学 地域連携センター(復興大学事務局)
〒982-8577仙台市太白区八木山香澄町35番1号(東北工業大学八木山キャンパス1号館)
TEL. 022-305-3818 FAX. 022-305-3808
E-mail: fukkoudaigaku[atmark]tohtech.ac.jp
http://www.fukkou-daigaku.gakuto-sendai.jp/

申込方法

FAXまたはE-mailにて、氏名、所属、連絡先(TEL、E-mail)、住所、希望講座名を明記して上記までお申し込みください。
下記の申込フォームからの申し込みも可能です。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe3ayCAnfMuLYqbMdDsLtLIZdUeIPmRKmGd6HZ7C6IkaRsNoA/viewform

受講料

無料

9月
14
2019
復興大学県民講座 復興の政治学:政治と科学をもういちど考える
9月 14 全日

主催

学都仙台コンソーシアム復興大学部会

開催場所・日時

東北工業大学 八木山キャンパス133教室
2019年9月14日(土)13:30~14:30

講師

片山 文雄氏(東北工業大学教職課程センター准教授)

内容

おもに福島第一原子力発電所の事故がきっかけとなり、科学的知識と政治的決定との関係が深刻に問われた。事故から8年を経た今でも、この問題に正解が見つかったわけではない。むしろ問題の存在が再び隠蔽される傾向さえある。繰り返し検討する所以である。

申込・問合先

東北工業大学 地域連携センター(復興大学事務局)
〒982-8577仙台市太白区八木山香澄町35番1号(東北工業大学八木山キャンパス1号館)
TEL. 022-305-3818 FAX. 022-305-3808
E-mail: fukkoudaigaku[atmark]tohtech.ac.jp
http://www.fukkou-daigaku.gakuto-sendai.jp/

申込方法

FAXまたはE-mailにて、氏名、所属、連絡先(TEL、E-mail)、住所、希望講座名を明記して上記までお申し込みください。
下記の申込フォームからの申し込みも可能です。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe3ayCAnfMuLYqbMdDsLtLIZdUeIPmRKmGd6HZ7C6IkaRsNoA/viewform

受講料

無料

復興大学県民講座 復興の科学技術:放射性ヨウ素、放射性セシウムによる内部被ばくの線量評価例と放射性核種の体内除去について
9月 14 全日

主催

学都仙台コンソーシアム復興大学部会

開催場所・日時

東北工業大学 八木山キャンパス133教室
2019年9月14日(土)16:00~17:00

講師

梅田健太郎氏(東北工業大学共通教育センター 理数教育 教授)

内容

東日本大震災にともなう炉心融解事故により大量の放射性ヨウ素・放射性セシウムが環境中に放出され、これら核種の影響の監視と環境復旧活動が続けられています。授業ではヨウ素・セシウムによる内部被ばく線量を例題で見積もり、また、人体に摂取されたこれらの核種の体内からの排泄を促進する除去剤とその被ばく線量低減効果について紹介します。

申込・問合先

東北工業大学 地域連携センター(復興大学事務局)
〒982-8577仙台市太白区八木山香澄町35番1号(東北工業大学八木山キャンパス1号館)
TEL. 022-305-3818 FAX. 022-305-3808
E-mail: fukkoudaigaku[atmark]tohtech.ac.jp
http://www.fukkou-daigaku.gakuto-sendai.jp/

申込方法

FAXまたはE-mailにて、氏名、所属、連絡先(TEL、E-mail)、住所、希望講座名を明記して上記までお申し込みください。
下記の申込フォームからの申し込みも可能です。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe3ayCAnfMuLYqbMdDsLtLIZdUeIPmRKmGd6HZ7C6IkaRsNoA/viewform

受講料

無料

復興大学県民講座 復興の科学技術:放射能に汚染した環境からの内部被ばくとその線量評価について
9月 14 全日

主催

学都仙台コンソーシアム復興大学部会

開催場所・日時

東北工業大学 八木山キャンパス133教室
2019年9月14日(土)14:45~15:45

講師

梅田健太郎氏(東北工業大学共通教育センター 理数教育 教授)

内容

放射能汚染した環境から人体は外部被ばくと内部被ばくをうけます。外部被ばく線量は線量計の測定値から推定できますが、内部被ばく線量は体内に摂取された放射線核種と放射能量が測定された後、当該核種の実効線量係数を用いて推定されます。国際放射線防護委員会(ICRP)の実効線量係数がどのような手順で求められたものなのか解説します。

申込・問合先

東北工業大学 地域連携センター(復興大学事務局)
〒982-8577仙台市太白区八木山香澄町35番1号(東北工業大学八木山キャンパス1号館)
TEL. 022-305-3818 FAX. 022-305-3808
E-mail: fukkoudaigaku[atmark]tohtech.ac.jp
http://www.fukkou-daigaku.gakuto-sendai.jp/

申込方法

FAXまたはE-mailにて、氏名、所属、連絡先(TEL、E-mail)、住所、希望講座名を明記して上記までお申し込みください。
下記の申込フォームからの申し込みも可能です。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe3ayCAnfMuLYqbMdDsLtLIZdUeIPmRKmGd6HZ7C6IkaRsNoA/viewform

受講料

無料

9月
28
2019
復興大学県民講座 復興の思想:将来へ備える ~私たち一人一人ができること~
9月 28 全日

主催

学都仙台コンソーシアム復興大学部会

開催場所・日時

東北工業大学 八木山キャンパス133教室
2019年9月28日(土)14:45~15:45

講師

邑本 俊亮氏(東北大学災害科学国際研究所人間・社会対応研究部門教授)

内容

東日本大震災を経験した私たちは、将来のために何ができるでしょうか。私たち一人一人ができること、それは「知ること、育むこと、忘れないこと」だと思います。災害のことや人間の心理を知り、災害に備え災害を生き抜くための心身を育み、震災の記憶を風化させない。本講義は、そのことをあらためて確認する時間にしたいと思います。

申込・問合先

東北工業大学 地域連携センター(復興大学事務局)
〒982-8577仙台市太白区八木山香澄町35番1号(東北工業大学八木山キャンパス1号館)
TEL. 022-305-3818 FAX. 022-305-3808
E-mail: fukkoudaigaku[atmark]tohtech.ac.jp
http://www.fukkou-daigaku.gakuto-sendai.jp/

申込方法

FAXまたはE-mailにて、氏名、所属、連絡先(TEL、E-mail)、住所、希望講座名を明記して上記までお申し込みください。
下記の申込フォームからの申し込みも可能です。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe3ayCAnfMuLYqbMdDsLtLIZdUeIPmRKmGd6HZ7C6IkaRsNoA/viewform

受講料

無料

復興大学県民講座 復興の思想:災害と人間の心理
9月 28 全日

主催

学都仙台コンソーシアム復興大学部会

開催場所・日時

東北工業大学 八木山キャンパス133教室
2019年9月28日(土)13:30~14:30

講師

邑本 俊亮氏(東北大学災害科学国際研究所人間・社会対応研究部門教授)

内容

災害に対して、私たち人間はどのような心理状態になるのでしょうか。本講義では、まず災害時に人間は本当にパニックになるのかどうかについて検討します。次に、災害の発生が予想されるときにどのような心理が働くのかについて解説します。そして、緊急時の心理や行動の特徴を整理し、被災後の人間の心理についてもお話しします。

申込・問合先

東北工業大学 地域連携センター(復興大学事務局)
〒982-8577仙台市太白区八木山香澄町35番1号(東北工業大学八木山キャンパス1号館)
TEL. 022-305-3818 FAX. 022-305-3808
E-mail: fukkoudaigaku[atmark]tohtech.ac.jp
http://www.fukkou-daigaku.gakuto-sendai.jp/

申込方法

FAXまたはE-mailにて、氏名、所属、連絡先(TEL、E-mail)、住所、希望講座名を明記して上記までお申し込みください。
下記の申込フォームからの申し込みも可能です。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe3ayCAnfMuLYqbMdDsLtLIZdUeIPmRKmGd6HZ7C6IkaRsNoA/viewform

受講料

無料

復興大学県民講座 復興の社会学:津波被災地の復興と人口移動
9月 28 全日

主催

学都仙台コンソーシアム復興大学部会

開催場所・日時

東北工業大学 八木山キャンパス133教室
2019年9月28日(土)16:00~17:00

講師

稲村 肇(東北工業大学名誉教授)

内容

復興期間は法令により、令和2年度末までと定められ1年数ヶ月を残すのみである。防潮堤の建設など物理的な建設事業は確かに終わりつつあるが、集団移転用地などに広大な空き地が目立ち、コミュニティーの再生はまだ途上というか、場所によっては不可能なようにも思われる。本講義では津波被災地の復興の現状を観察するとともに、人口移動の実態を分析し、被災地の将来を考える。

申込・問合先

東北工業大学 地域連携センター(復興大学事務局)
〒982-8577仙台市太白区八木山香澄町35番1号(東北工業大学八木山キャンパス1号館)
TEL. 022-305-3818 FAX. 022-305-3808
E-mail: fukkoudaigaku[atmark]tohtech.ac.jp
http://www.fukkou-daigaku.gakuto-sendai.jp/

申込方法

FAXまたはE-mailにて、氏名、所属、連絡先(TEL、E-mail)、住所、希望講座名を明記して上記までお申し込みください。
下記の申込フォームからの申し込みも可能です。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe3ayCAnfMuLYqbMdDsLtLIZdUeIPmRKmGd6HZ7C6IkaRsNoA/viewform

受講料

無料