イベント情報

※今般の新型コロナウイルス等の感染拡大予防の観点から開催が 延期・中止されるイベントもございます。開催の有無につきましては、主催者へのお問い合わせをお願いいたします。

※現在、「まなびのめ」紙版第48号(2020年4月5日付発行)に掲載する「学び」イベントの情報(4月中旬~7月上旬開催予定)を募集しています。3月19日頃までにお寄せいただきますようお願いいたします。

11月
23
2019
開館40周年記念特別展「堤焼と堤人形」
11月 23 2019 – 4月 12 2020 全日

主催

仙台市歴史民俗資料館

開催場所・日時

仙台市歴史民俗資料館
2019年11月23日(土・祝)~2020年4月12日(日)
9:00~16:45(入館は16:15まで)

内容

300年以上の歴史を持つ堤焼と伝統工芸品として親しまれてきた堤人形について館蔵資料を中心に、生活の道具あるいは愛玩具として人々のくらしに深くかかわっていた様子をご紹介します。
 また、堤焼職人の関 善内(せき ぜんない)が残した堤人形の下絵や堤焼の製造工程などの絵画資料もあわせて展示し、仙台郊外で作られていた堤焼と堤人形の変遷をご紹介します。

問合せ先

仙台市歴史民俗資料館
〒983-0842 仙台市宮城野区五輪一丁目3-7(榴岡公園内)
TEL:022-295-3956 FAX:022-257-6401

入館料

一般・大学生:240円 高校生:180円 小・中学生:120円

4月
25
2020
企画展「オールドグラフィック~近代仙台のメディア文化~」
4月 25 @ 02:18 – 7月 5 @ 03:18

主催

仙台市歴史民俗資料館

内容

グラフィックとは、写真・絵画などを用いて視覚に訴える印刷物など、メディアとは情報媒体などのことです。これらは私たちの生活の中に身近に存在するものです。たとえば新聞、雑誌、チラシ、写真、絵葉書など、日々、目にしないことはありません。企画展では、仙台地方を中心に、幕末・明治時代以降から昭和初期、戦後、現代にかけて発行されたオールドグラフィックを通して、近代仙台のメディア文化の移り変わりを明らかにし、その歴史的な役割を考えます。

★関連イベント★
 (1)展示解説
  2020年5月9日(土)・5月23日(土)
  いずれも【午前の部】11:00~11:30  【午後の部】14:00~14:30

 (2)体験「オールドグラフィックを見てみよう、さわってみよう」
  2020年6月6日(土)・6月20日(土) いずれも13:00~16:00

開催場所・日時

仙台市歴史民俗資料館(仙台市宮城野区五輪一丁目3-7 榴岡公園内)
2020年4月25日(土)~7月5日(日)
9:00~16:45(入館は16:15まで)

問合せ先

仙台市歴史民俗資料館
〒983-0842 仙台市宮城野区五輪一丁目3-7(榴岡公園内)
TEL:022-295-3956 FAX:022-257-6401

入館料

一般・大学生:240円 高校生:180円 小・中学生:120円

7月
4
2020
講座「オールドグラフィック~近代仙台のメディア文化~」
7月 4 全日

主催

仙台市歴史民俗資料館

内容

グラフィックとは、写真・絵画などを用いて視覚に訴える印刷物など、メディアとは情報媒体などのことです。これらは私たちの生活の中に身近に存在するものです。たとえば新聞、雑誌、チラシ、写真、絵葉書など、日々、目にしないことはありません。企画展では、仙台地方を中心に、幕末・明治時代以降から昭和初期、戦後、現代にかけて発行されたオールドグラフィックを通して、近代仙台のメディア文化の移り変わりを明らかにし、その歴史的な役割を考えます。

事前申込不要。直接資料館へ。ただし入館料がかかります。

講師

仙台市歴史民俗資料館 学芸員

開催場所・日時

仙台市歴史民俗資料館(仙台市宮城野区五輪一丁目3-7 榴岡公園内)
2020年7月4日(土) 13:30~15:00

問合せ先

仙台市歴史民俗資料館
〒983-0842 仙台市宮城野区五輪一丁目3-7(榴岡公園内)
TEL:022-295-3956 FAX:022-257-6401

入館料

一般・大学生:240円 高校生:180円 小・中学生:120円