イベント情報

6月
23
2018
第18回 東北大学病院市民公開講座「もっと知りたい!血圧と腎臓の神秘」
6月 23 全日

主催

東北大学病院

開催場所・日時

仙台国際センター 会議棟 大ホール
2018年6月23日(土)13:00~15:30

内容

・開会の挨拶 冨永 悌二 副病院長   
・基調講演
「腎臓を護ることは命を護ること~血圧管理で百までピンピン~」
 腎・高血圧・内分泌科 教授 伊藤 貞嘉氏
「ホルモンを知り血圧を下げよう」 腎・高血圧・内分泌科 講師 森本 玲氏
「メタボに潜む腎臓病」 腎・高血圧・内分泌科 特命教授 宮崎 真理子氏
・記念講演
「体の中での塩のお仕事は?」
 保健活動を考える自主的研究会 代表 熊谷 勝子氏
・パネルディスカッション
  「症状のない病をどう氣づいてもらうか?」
 司会    腎・高血圧・内分泌科 准教授 工藤 正孝氏
 パネリスト 伊藤 貞嘉氏/宮崎 真理子氏/熊谷 勝子氏/森本 玲氏
・閉会の挨拶 青木 正志 東北大学病院地域医療連携センター長

[同時開催]
 桜会場イベントコーナー(12:00〜)「血圧を測って健康チェック!」

問合先・申込先

東北大学病院 地域医療連携センター「市民公開講座」担当
TEL:022-717-7131(土・日・祝祭日を除く08:30~17:15)

申込方法

事前のお申し込みが必要です。
参加ご希望の方は、申し込み用紙を返送いただくか、はがき、FAX、Eメール、またはWebフォームに郵便番号・住所・氏名・電話番号・性別・参加人数をご明記の上、下記までお申し込みください。
後日聴講券を発送いたします。なお、定員となり次第、締め切りとさせていただきます。
申し込み締め切り:6月15日(金)消印有効
東北大学病院 地域医療連携センター「市民公開講座」担当
はがき:〒980-8574 仙台市青葉区星陵町1-1
FAX:022-717-8886 Eメール:ijik002-thk[atmark]umin.ac.jp
Webフォーム:https://secure.hosp.tohoku.ac.jp/pr/shimin18/

料金

無料

6月
30
2018
2018年度みやぎ県民大学「食と健康 -ロコモに負けないからだづくり-」(全4回)
6月 30 全日

主催

宮城県教育委員会・仙台白百合女子大学

開催場所

6月30日 泉区中央市民センター
7月7日 仙台白百合女子大学

内容等

 日本は高齢社会を迎え、これに伴い高齢者の間では運動器の障害も増加しています。
 今日では骨、関節、軟骨、椎間板、そして筋肉や神経で形成される運動器のいずれかに障害が起こり、立ったり歩いたりといった機能が低下している状態のことを指す「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」(以下、ロコモ)ということばが登場しました。
 運動器障害が徐々に進行すれば将来は介護が必要になるリスクが高まるといわれていて、それを予防するには、若い時からの運動と栄養をしっかり摂ることが大切です。
 今回は運動器のひとつである筋肉に焦点を当てたロコモについての講座を開催します。

2018年6月30日(土)
●第1回 実践編1:筋肉量アップのための献立実習 10:00~12:30
●第2回 ロコモへの道:筋肉の一生 13:00~15:00
2018年7月7日(土)
●第3回 ロコモって?―筋肉量を増やすための栄養素とは― 10:00~12:30
●第4回 実践編2:筋力をアップしてみよう 13:00~15:30

申込み・問合せ先

仙台白百合女子大学 図書館・地域貢献研究センター
〒981-3107 仙台市泉区本田町6-1
TEL: 022-374-5090 FAX: 022-374-4577 E-mail: library[atmark]sendai-shirayuri.ac.jp
http://sendai-shirayuri.ac.jp/
http://sendai-shirayuri.ac.jp/laboratory/university_course.html

申込み方法

氏名(ふりがな)・郵便番号・住所・電話番号をご記入のうえ、ハガキ、FAX、Eメールで上記まで。申込期間:2018年6月22日(金) まで

定員

25名 高校生以上 (ご家族での受講歓迎します)

受講料

無料

7月
7
2018
2018年度みやぎ県民大学「食と健康 -ロコモに負けないからだづくり-」(全4回)
7月 7 全日

主催

宮城県教育委員会・仙台白百合女子大学

開催場所

6月30日 泉区中央市民センター
7月7日 仙台白百合女子大学

内容等

 日本は高齢社会を迎え、これに伴い高齢者の間では運動器の障害も増加しています。
 今日では骨、関節、軟骨、椎間板、そして筋肉や神経で形成される運動器のいずれかに障害が起こり、立ったり歩いたりといった機能が低下している状態のことを指す「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」(以下、ロコモ)ということばが登場しました。
 運動器障害が徐々に進行すれば将来は介護が必要になるリスクが高まるといわれていて、それを予防するには、若い時からの運動と栄養をしっかり摂ることが大切です。
 今回は運動器のひとつである筋肉に焦点を当てたロコモについての講座を開催します。

2018年6月30日(土)
●第1回 実践編1:筋肉量アップのための献立実習 10:00~12:30
●第2回 ロコモへの道:筋肉の一生 13:00~15:00
2018年7月7日(土)
●第3回 ロコモって?―筋肉量を増やすための栄養素とは― 10:00~12:30
●第4回 実践編2:筋力をアップしてみよう 13:00~15:30

申込み・問合せ先

仙台白百合女子大学 図書館・地域貢献研究センター
〒981-3107 仙台市泉区本田町6-1
TEL: 022-374-5090 FAX: 022-374-4577 E-mail: library[atmark]sendai-shirayuri.ac.jp
http://sendai-shirayuri.ac.jp/
http://sendai-shirayuri.ac.jp/laboratory/university_course.html

申込み方法

氏名(ふりがな)・郵便番号・住所・電話番号をご記入のうえ、ハガキ、FAX、Eメールで上記まで。申込期間:2018年6月22日(金) まで

定員

25名 高校生以上 (ご家族での受講歓迎します)

受講料

無料