イベント情報

4月
7
2018
「東大寺と東北」展関連企画「東大寺・奈良を彩る花の襖絵展」
4月 7 – 5月 27 全日

主催

復興祈念-東大寺展実行委員会(東北歴史博物館,河北新報社,仙台放送,日本経済新聞社,多賀城市)

開催場所・日時

TFUギャラリーMini Mori(ミニモリ)
2018年4月7日(土)~5月27日(日) 10:00-17:00(入館は16:30まで)
【休館日】  毎週火曜日

内容

2010年に光明皇后1250年御遠忌法要を記念して,故小泉淳作画伯が東大寺に奉納した本坊襖絵40面のうち,「蓮」や「桜」を描いた32面を展示。盧舎那大仏を教主とする「華厳経」の世界観にも通じ,生命感にあふれた襖絵を紹介します。
また,榊莫山,杉本健吉,須田剋太,三好和義ら日本を代表する書家,画家,写真家による東大寺の境内画,写真もあわせて展示します。

問合先

東北歴史博物館 情報サービス班
〒985-0862 宮城県多賀城市高崎1-22-1
TEL:022-368-0106 FAX:022-368-0103
E-mail:thm-service[atmark]pref.miyagi.lg.jp

料金

一般 当日 700円
小・中・高校生 300円

4月
10
2018
第33回企画展「仙台周辺にある鉄道の遺産・遺構を訪ねる」
4月 10 – 7月 7 全日

主催

東北福祉大学・鉄道交流ステーション

開催場所・日時

東北福祉大学・鉄道交流ステーション展示室
2018年4月10日(火)~7月7日(土) 10:00-16:00
[休館日]毎週日曜日・月曜日、祝日 臨時休館:4/29(日)~5/7(月)は休館(定休日含む)

内容

明治5年(1872年)新橋−横浜間に日本で最初に鉄道が開通してから146年がたちました。この間の鉄道発展の歴史が、日本の近代化を大きく支えてきたことはよく知られています。近年「△△遺産」という言葉をよく耳にしますが、鉄道にも日本の近代化・産業発展に貢献した遺産や、技術発展の画期をしめす遺産が数多くあります。そして、仙台市周辺にもそのような鉄道にまつわる遺産・遺構を見つけることはできます。

例えば、鉄道交流ステーション最寄りの仙山線には、土木学会の選奨土木遺産に認定された「仙山線鉄道施設群」があります。また、現在、東北本線として使われている線路には、その前身である日本で最初の私鉄「日本鉄道」の上野ー仙台・塩釜間が開通した明治20年(1887年)当時に造設した煉瓦造りの橋台などが、まだ現役で残っていますし、一方、昭和37年(1962年)に廃止となった東北本線の旧線(山線)はレールが撤去された跡の軌道を辿ることができます。さらに、仙台の発展を語る際に欠かせない仙台市電や秋保電鉄、仙台鉄道などの、かつて活躍した小さな鉄道についても、廃線から時が流れすっかり様変わりした街の中に、わずかながら軌道跡や遺構を発見することができます。また、解体を逃れ、公園などに保存された車輌も、その来歴を知ればもっと興味が深まります。

この企画展では、「遺産」の認定があるなしに関わらず、古い鉄道の歴史を伝えてくれる、今も現役の鉄道施設や、かつて活躍した廃線路線の遺構や痕跡を、普段見過ごしてしまう身近な風景の中に見つけだし、その歴史的意義を探ります。

問合先

TEL(ダイヤルイン):022-728-6612 FAX:022-728-6616
[閉館時]TEL(キャンパス事務局):022-728-6611

料金

無料

4月
20
2018
宮城県民藝協会設立50周年記念 企画展「日本民藝館所蔵品による 手仕事の日本ー柳宗悦のまなざしー」
4月 20 – 6月 3 全日

主催

仙台市博物館

開催場所・日時

仙台市博物館
2018年4月20日(金曜日)~6月3日(日曜日)
9:00-16:45(入館は16:15まで)

内容

大正時代末期、思想家・柳宗悦(やなぎむねよし)[1889年-1961年]らは、「民藝(みんげい)」すなわち、日常の生活用具の中に美術品に劣らぬ美しさがあることを唱えた民芸運動を展開しました。工業化、大量生産社会にあって失われつつあった「手仕事」に美を見出すという、新たな価値観を示したのです。
その後、柳は仲間とともに全国を旅して優れた民芸品の収集を進め、昭和11年(1936年)、東京・駒場に「日本民藝館」を創設しました。

宮城県民芸協会の設立50周年を記念した本展では、柳が民芸の美に目覚めるきっかけとなった作品のほか、柳の著書『手仕事の日本』に掲載される日本各地の民芸品、芹沢銈介(せりざわけいすけ)作「日本民藝地図」など、日本民藝館の優品118件を紹介します。
これらの作品を通して、日本が誇る手仕事文化をぜひご堪能ください。

問合先

仙台市博物館
〒980-0862 仙台市青葉区川内26

仙台城三の丸跡

情報資料センター 電話:022-225-3074
https://www.city.sendai.jp/museum/

料金

観覧料:常設展料金でご覧いただけます。
一般・大学生 460円(360円)、高校生 230円(180円)、小・中学生 110円(90円)
※30名以上の団体料金はカッコ内の料金です。

4月
28
2018
東日本大震災復興祈念特別展「東大寺と東北-復興を支えた人々の祈り-」
4月 28 – 6月 24 全日

主催

復興祈念-東大寺展実行委員会(東北歴史博物館,河北新報社,仙台放送,日本経済新聞社,多賀城市)

開催場所・日時

東北歴史博物館特別展示室
2018年4月28日(土)~6月24日(日) 9:30-17:00(入館は16:30まで)

内容

2011年に発生した東日本大震災は,東北地方沿岸部を中心に大きな被害をもたらしました。今もなお被災地域では皆が一丸となって,東北の再生と発展に向けて全力で復興に取り組んでいます。こうした中,当館では,多賀城市と友好都市関係にある奈良市の名刹,華厳宗大本山東大寺の特別な協力を得て,東日本大震災からの復興を祈念する展覧会を開催することといたしました。東大寺や東北地方に残されてきた数々の史料や寺宝の展示を通して,東大寺の歴史と復興の道のりが,震災からの1日も早い復興を願う東北の人々にとって,「未来への道標」となることを願って,本展を開催します。

詳細は,公式ホームページをご覧ください。http://todaiji.exhn.jp/

問合先

東北歴史博物館 情報サービス班
〒985-0862 宮城県多賀城市高崎1-22-1
TEL:022-368-0106 FAX:022-368-0103
E-mail:thm-service[atmark]pref.miyagi.lg.jp

料金

一般1,500円(1,400円) シルバー(65歳以上)1,300円(1,200円) 小・中・高校生600円(500円) ※かっこ内は20名様以上の団体
前売りは一般のみ1,300円(4月27日まで)
障害者手帳等をお持ちの方は,減免制度があるため,当館での当日券購入をお勧めします。
・身体障害者手帳 ・療育手帳 ・精神障害者保健福祉手帳
上記の手帳のいずれかをお持ちの方とその介護者(1名)は観覧料無料となります。

5月
25
2018
市民公開講座No.426「これからの建築構造に求められる役割~地震被害から考える建物の安全性~」
5月 25 全日

主催

東北工業大学

開催場所・時間

東北工業大学一番町ロビー2階ホール
2018年5月25日(金)18:00~19:30

内容

近年、東日本大震災や熊本地震のような震度7を記録するような大地震が発生しており、今後も大地震の発生が予想されています。これからも安心して生活を送るために、建築構造の在り方や今後の求められる役割について、東日本大震災での地震被害を例に考えたいと思います。

講師

畑中 友 氏(東北工業大学 建築学科 助教)

問合先

東北工業大学一番町ロビー
仙台市青葉区一番町1-3-1(TMビル)
Tel: 022-723-0538 Fax: 022-263-8606
E-mail: lobby[atmark]tohtech.ac.jp
URL: http://www.tohtech.ac.jp/news/opencollege/

定員

120名

参加費

無料

第152回サイエンスカフェ:先生、それって量子の仕業ですか? ~量子力学とコンピュータの出会い~
5月 25 全日

主催

東北大学

開催場所・日時

せんだいメディアテーク1階オープンスクエア
2018年5月25日(金) 18:00-19:45

内容

みなさんの体も身の回りの物質も、みんな小さな粒でできています。小さな粒の世界では僕らの想像もつかない動きをします。その動きをうまく利用してできたのが「量子コンピュータ」、新しい時代の息吹です。触ってみませんか?

講師

大関 真之 氏(東北大学大学院情報科学研究科 准教授)

問合先

東北大学総務企画部広報課社会連携推進室
TEL : 022-217-5132
E-Mail : social[atmark]grp.tohoku.ac.jp
http://cafe.tohoku.ac.jp/cafe/social/180525.html

料金

無料

5月
26
2018
シンポジウム「南アジアにおける表象と身体」
5月 26 全日

主催

日本南アジア学会

開催場所・日時

東北大学川内北キャンパス・マルチメディア棟206教室
2018年5月26日(土)13:00~17:00

内容

インドの舞踊と歌唱のプレゼン、ヨガの歴史と現在、インド映画、神の表象など、インドをめぐる最新の研究成果を盛る日本南アジア学会30周年記念の仙台大会です。
学会の成果発表の場だけでなく、なにより一般市民向けの内容なので、お氣軽にお越し下さい。無料です。

問合せ先

東北大学大学院国際文化研究科・山下博司研究室
(TEL/FAX 022-795-7628, 022-346-6719)

受講料

無料

仙台白百合女子大学カトリック研究所主催2018年度第1回研究会
「いのちへのまなざし」
5月 26 全日

主催

仙台白百合女子大学カトリック研究所

開催場所・時間

仙台白百合女子大学(1号館2階123室)
2018年5月26日(土)13:30~15:30

講師

幸田 和生氏(カトリック東京大司教区補佐司教)

問合せ先

仙台白百合女子大学 図書館
〒981-3107 仙台市泉区本田町6-1
TEL: 022-374-5090 FAX: 022-374-4577

http://sendai-shirayuri.ac.jp/
◇研究会の内容については大学HPでもご案内しております。交通アクセス等についてもHPをご覧ください。

受講料

無料

特別講演会「笑って健康、笑って長生き」
5月 26 全日

主催

東北大学艮陵同窓会

開催場所・日時

勝山館
2018年5月26日(土) 16:30-17:30

講師

立川らく朝(落語家・医学博士)氏

問合先

東北大学艮陵同窓会
電話:022-717-8181

料金

無料

5月
27
2018
講演会「東大寺の彫像-鎌倉復興期の作例を中心に-」
5月 27 全日

主催

復興祈念-東大寺展実行委員会(東北歴史博物館,河北新報社,仙台放送,日本経済新聞社,多賀城市)

開催場所・日時

東北歴史博物館講堂
2018年5月27日(日)13:30-15:00

講師

岩田 茂樹氏(奈良国立博物館上席研究員)

問合先

東北歴史博物館 情報サービス班
〒985-0862 宮城県多賀城市高崎1-22-1
TEL:022-368-0106 FAX:022-368-0103
E-mail:thm-service[atmark]pref.miyagi.lg.jp

定員

280名

料金

無料(但し本展の観覧券が必要)

6月
3
2018
講演会「写真家から見た東大寺の魅力」
6月 3 全日

主催

復興祈念-東大寺展実行委員会(東北歴史博物館,河北新報社,仙台放送,日本経済新聞社,多賀城市)

開催場所・日時

東北歴史博物館講堂
2018年6月3日(日)13:30-15:00

講師

三好 和義氏(写真家)

問合先

東北歴史博物館 情報サービス班
〒985-0862 宮城県多賀城市高崎1-22-1
TEL:022-368-0106 FAX:022-368-0103
E-mail:thm-service[atmark]pref.miyagi.lg.jp

定員

280名

料金

無料(但し本展の観覧券が必要)

6月
8
2018
第52回リベラルアーツサロン:信頼をめぐる謎――なぜ人は裏切られるかもしれないのに他人を信頼するのか?
6月 8 全日

主催

東北大学

開催場所・日時

せんだいメディアテーク1階オープンスクエア
2018年6月8日(金) 18:00-19:45

内容

他人を信頼するということは、よくよく考えると不思議な現象です。ある人を信頼しても裏切られたら、損失が生じます。それなのに、なぜ人は他人を信頼するのでしょうか。今回の講演では、この素朴な疑問から始まって、信頼をめぐるさまざまな謎を解明します。

講師

佐藤 嘉倫 氏(東北大学大学院文学研究科 教授)

問合先

東北大学総務企画部広報課社会連携推進室
TEL : 022-217-5132
E-Mail : social[atmark]grp.tohoku.ac.jp
http://www.cneas.tohoku.ac.jp/hplas/sub_report/no52.html

料金

無料

6月
16
2018
第30回 知能ロボットコンテストフェスティバル2018
6月 16 – 6月 17 全日

主催

ロボット競技会実行委員会、メカトロで遊ぶ会

共催

仙台市教育委員会、一般社団法人日本ロボット学会、東北学院大学産学連携推進センター

開催場所・日時

スリーエム仙台市科学館
2018年6/16(土) 第一次予選 9:30~  6/17(日) 第二次予選・決勝 9:30~

内容

「知能ロボットコンテスト」は多数の国内ロボット大会の中でも長い歴史を持ち、スタート時を除いて人為的操作を一切加えない全自動の自律型ロボットを用いて、決められた作業を所定の時間内に行い、獲得した点数やパフォーマンスを競う高度な競技会です。
今大会で第30回を迎えます。競技者としてはもちろん、見学者も大歓迎です。
詳細は下記のURLをご覧ください。
URL: http://www.inrof.org/

問合せ先

ロボット競技会実行委員会
Email: irc17[atmark]inrof.org

参加費

無料

6月
17
2018
講演会「貞観地震と東北の復興」
6月 17 全日

主催

復興祈念-東大寺展実行委員会(東北歴史博物館,河北新報社,仙台放送,日本経済新聞社,多賀城市)

開催場所・日時

東北歴史博物館講堂
2018年6月17日(日)13:30-15:00

講師

佐川 正敏氏(東北学院大学教授)

問合先

東北歴史博物館 情報サービス班
〒985-0862 宮城県多賀城市高崎1-22-1
TEL:022-368-0106 FAX:022-368-0103
E-mail:thm-service[atmark]pref.miyagi.lg.jp

定員

280名

料金

無料(但し本展の観覧券が必要)

6月
28
2018
六限の図書館Vol.14「《未来》を掘りおこせ—若林恵氏(『WIRED』元編集長/ライター)をむかえて」
6月 28 全日

主催

宮城大学学術情報センター(大和キャンパス図書館)

開催場所・時間

宮城大学大和キャンパス図書館内(宮城県黒川郡大和町学苑1-1 本部棟2階)
2018年6月28日(木曜日)18:00-20:00

講師

ゲスト:若林 恵氏

内容

研究テーマや卒業後の進路など,なにかと《自分の未来》を見つけよと急かされる大学生活。どこかに隠れているのか,それとも自分で描くのか? そもそも今どき《未来》に未来なんてあるのか? 明るい/暗い/見えない《未来》というものを考えるために,雑誌『WIRED』日本版の編集長を務め,このほど『さよなら未来』(岩波書店)を刊行した編集者/ライターの若林恵氏をむかえます。

問合せ先

宮城大学大和キャンパス図書館
 (TEL:022-377-8313 URL: http://library.myu.ac.jp/information/868)

対象

学生・教職員・一般どなたでも参加できます(30席程度)

受講料

無料

6月
29
2018
第153回サイエンスカフェ:貝類にまつわる切実な話~海の有効利用と人工繁殖~
6月 29 全日

主催

東北大学

開催場所・日時

東北大学青葉山キャンパス 青葉山コモンズ
2018年6月29日(金) 18:00-19:45

内容

東日本大震災の巨大津波が、三陸沿岸の養殖産業に壊滅的な被害をもたらしてから7年が経ちました。その時、ホタテガイやカキの一大産地の三陸沿岸で何が起こったのか。そこで氣づかされたことは何か。その未来のためにどう取り組んでいけばいいのかを考えてみたいと思います。

講師

尾定 誠 氏(東北大学大学院農学研究科 教授)

問合先

東北大学総務企画部広報課社会連携推進室
TEL : 022-217-5132
E-Mail : social[atmark]grp.tohoku.ac.jp
http://cafe.tohoku.ac.jp/cafe/social/180629.html

料金

無料

7月
11
2018
第154回サイエンスカフェ:数学小噺~日常に数学を~
7月 11 全日

主催

東北大学

開催場所・日時

せんだいメディアテーク1階 オープンスクエア
2018年7月11日(水) 18:00-19:45

内容

数学者は「数学にできるもの」を日々探している。芸人さんが日常に笑いを探すように。笑いのある日々と同じくらい、数学のある日常も、きっとよいもの。簡単な数学から大学レベルの数学まで、言われないと気づかないけれど、確かにそこにある数学を紹介していきます。

講師

正井 秀俊 氏(東北大学材料科学高等研究所 助授)

問合先

東北大学総務企画部広報課社会連携推進室
TEL : 022-217-5132
E-Mail : social[atmark]grp.tohoku.ac.jp
http://cafe.tohoku.ac.jp/cafe/basic-science/180711.html

料金

無料

9月
9
2018
市民公開講座「スマートエイジング~認知症ゼロ社会の実現を目指して~」
9月 9 全日

主催

第24回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会

開催場所・日時

東北大学川内萩ホール
2018年9月9日 (日)13:00~15:00

内容

司会:出江 紳一氏(東北大学大学院医工学研究科 リハビリテーション医工学分野
          東北大学大学院医学系研究科 肢体不自由学分野 教授)
演者:川島 隆太氏(東北大学加齢医学研究所 所長)

問合せ先

第24回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会運営事務局
株式会社コンベンションリンケージ LINKAGE東北内
〒980-6020 仙台市青葉区中央4-6-1 SS30ビル20階
TEL:022-722-1657 FAX:022-722-1658
E-mail:jsdr2018[atmark]c-linkage.co.jp

受講料

無料