イベント情報

2月
16
2019
宮城大学公開講座:第11回「放射性セシウムの植物による吸収を考える」
2月 16 全日

主催

宮城大学

開催場所・日時

宮城大学サテライトキャンパス(SS30 2階)
2019年2月16日(土) 10:30~12:00

内容

福島第一原子力発電所の事故で放出された放射性物質のうち,農地で問題になるのは放射性セシウムです。セシウムが土の中からどのようにして植物に吸収されていくのかをお話しします。さらに,対策や安全性についても考えていきたいと思います。

講師

木村 和彦 氏(宮城大学食産業学群教授)
「水田に囲まれて育ったことから,水田や畑の秘密を科学的に明らかにしたいと大学教員になりました。主に,水稲を中心とした農作物の農地での元素吸収を調べています。一つの元素でも,溶けやすく植物に吸収されやすいものと,溶けにくく植物に吸収されにくいものが混在しています。安全で美味しい農作物の生産に結びつくことが研究の目標です。 」

問合先

宮城大学サテライトキャンパス
TEL:022-716-6692 FAX:022-716-6693 Email:renkei-kouza[atmark]myu.ac.jp
(講座内容に関する問い合わせ)
宮城大学地域連携センター TEL:022-377-8319 
http://www.myu.ac.jp/

申込先・申込方法

宮城大学サテライトキャンパス
FAX:022-716-6693 Email:renkei-kouza[atmark]myu.ac.jp
FAXまたはEメールに受講する講座名、氏名、住所、電話番号、職業、年齢(○歳代)を記入して、開催日の3日前までにお申込みください。

定員

30名(先着)

料金

無料

2月
17
2019
東北大学大学院情報科学研究科シンポジウム
「『情報科学』から『コミュニケーション』を考える」
2月 17 全日

主催

東北大学大学院情報科学研究科

開催場所・日時

東北大学大学院情報科学研究科棟2階大講義室
(仙台市地下鉄東西線青葉山駅北1出口徒歩1分)
2019年2月17日(日)13時~17 時(開場12時30分)

概要

―どうなる?新しいコミュニケーションの時代―
人と人、人と機械、さらには機械と機械の間にまでコミュニケーションが広がるいま、より良いコミュニケーションを実現するため、情報科学には何ができるのか?6つの視点からアプローチしてみましょう。

プログラム

講演1:マンガの間(ま)から何が読めるか?
    ―ポップカルチャーを通して見るコミュニケーションの変容
    講演者 窪 俊一 准教授(東北大学大学院情報科学研究科)
講演2:ロボットに空気を読んだ会話はできるか?
    ―人間と機械のメタコミュニケーション
    講演者 伊藤 彰則 教授(東北大学大学院工学研究科)
講演3:たかが「よ」、されど「ね」…
    ―文末詞に見る日常会話の情報管理
    講演者 長野 明子 准教授(東北大学大学院情報科学研究科)
講演4:言語の中に潜むパターンを記述せよ!
    ―数理の力とその展望
    講演者 浦本 武雄 プロジェクト特任助教(東北大学大学院情報科学研究科)
講演5:きまずくならない告白って?
    ―カード組を用いた秘密計算
    講演者 水木 敬明 准教授(東北大学大学院情報科学研究科)
講演6:コミュニケーションだってストレスフリー!
    ―豊かなコミュニケーションのため情報通信技術にできること
    講演者 北形 元 准教授(東北大学大学院情報科学研究科)
パネルディスカッション
    「どうなる?新しいコミュニケーションの時代」
    モデレータ 河村 和徳 准教授(東北大学大学院情報科学研究科)

対象者・定員・申込み方法

対象者:テーマに興味関心のある方はどなたでも(定員150名・参加無料)
申込み方法:下記ウェブサイトより事前登録をお願い致します:
https://www.is.tohoku.ac.jp/sympo/

問合先

東北大学大学院情報科学研究科総務係
TEL:022-795-5813
E-mail:is-somu[atmark]grp.tohoku.ac.jp

料金

無料

2月
23
2019
情報リテラシー連続セミナー@東北大学「情報リテラシー教育のこれからを考える」
「ここから始めるプログラミング教育」
2月 23 全日

主催

東北大学大学院情報科学研究科 情報リテラシー教育プログラム

開催場所・日時

東北大学青葉山北キャンパス情報科学研究科棟2階「大講義室」
2019年2月23日(土)14:00~16:30

講師

萩原 丈博氏(ソニー株式会社事業開発プラットフォーム)

対象

主として学部生・大学院生、大学教員、学校現場の教育関係者、情報リテラシーに関係する企業の方など

定員

60名

申込・問合先

東北大学大学院情報科学研究科 情報リテラシー教育プログラム支援センター
〒980-8579 仙台市青葉区荒巻字青葉6-3-09
http://www.is.tohoku.ac.jp/LItNEX/seminar.html

料金

無料

2月
24
2019
第2回電力自由化セミナー ~東北の自然エネルギーを家庭で活用しよう!~
2月 24 全日

主催

(公財)みやぎ・環境とくらし・ネットワーク

開催場所・日時

エルパーク仙台5階 セミナーホール
(仙台市青葉区一番町4丁目11−1 141ビル(仙台三越定禅寺通り館))
2019年2月24日(日)13:30~16:00(13:00開場)

内容

一般家庭でも自由に電力会社を選べるようになった「電力自由化」。
さまざまな電力会社ができ、多様な料金メニューやサービスが増えました
このセミナーでは、電力自由化の制度や現状、電力会社を選ぶ際に気を付けるポイントや自然エネルギーを活用した電力小売り業者、また実際に新電力会社へ切り替えた一般消費者の体験談を紹介します。

1.電力自由化と自然エネルギー・地球温暖化について
浦井 彰 氏(「エネシフみやぎ」代表
2.自然エネルギーを主体に発電、売電している小売業者の取り組み紹介
・みやぎ生活協同組合(株式会社地球クラブ)
・生活協同組合あいコープみやぎ(パルシステムでんき)
・株式会社アポロガス(ふくしま新電力株式会社)
3.新電力小売り事業者へ切り替えた消費者のパネルディスカッション
   コーディネーター 浦井 彰氏、一般消費者

申込・問合先

(公財)みやぎ・環境とくらし・ネットワーク(MELON)
TEL:02​2-276ー511​8 FAX:022-219-57​1​3
Mail:melon[atmark]miya​​gi.jpn.org

申込方法

MELON事務​局ま​で氏名、所属、連絡先を、電話・メール・FAXにてご連絡ください。
【申込〆切】2月21日 (木)締切
※ご連絡いただいた後、受付完了​のご連絡を致します。
3日経過し​ても連絡がない場合は​、お手数ですが再度お問い合わせ​ください。

料金

無料

3月
13
2019
仙台白百合女子大学 子育て支援活動<ゆりっこ広場>「お耳をすまそう」
3月 13 全日

主催

仙台白百合女子大学人間発達学科

開催場所・時間

仙台白百合女子大学 2号館2階 特別教室III
2019年3月13日(水) 10:00~11:30

内容

 仙台白百合女子大学人間発達学科では、2018年度も引き続き子育て支援活動「ゆりっこ
広場」を実施いたします。子育て中の方々が集まって、お友達を見つけたり、育児情報を交換したり、子育てに関する悩みを分かち合ったりするなかで、皆さんがより子育てを楽しめるよう、活動を通してお手伝いできたらと思っております。
 親子の遊び場や子育て仲間を求めていらっしゃる方、お一人で育児に取り組まれている方など、お子さんと一緒に遊びにいらっしゃいませんか? 緑に囲まれた自然豊かな白百合のキャンパスでゆったり過ごせるひとときをご用意し、皆さんのご参加をお待ちしております。

<美しいピアノの音色を味わうひとときです。音遊びやミニコンサートをお楽しみください。>

申込み・問合せ先

仙台白百合女子大学 人間発達学科 学科研究室
〒981-3107 仙台市泉区本田町6番1号
TEL:022-374-7779 FAX:022-374-5185
E-mail:yurikko[atmark]sendai-shirayuri.ac.jp

申込み方法

お申し込みは、メールのみとなります。参加ご希望の方は、事前にお子さまのお名前と年齢、保護者の方のお名前とご連絡先を記入し、上記アドレス宛にお申し込みください。

参加費

無料

3月
16
2019
公開シンポジウム「消費者の心理をさぐる」
3月 16 全日

主催

公益社団法人日本心理学会

開催場所・時間

東北大学川内キャンパス(Aエリア)講義棟A棟A200教室
2019年3月16日(土)13:00-17:00 (開場12:30)

内容

消費者の心理のメカニズムにせまります。物を買うときの心理とは,どのようなものでしょうか。脳科学の知見は「マーケティング」をどのように変えるのでしょうか。ブランドはどのようにして生まれるのでしょうか。物語を使った広告とはどのようなものでしょうか。本講座では,マーケティングについて経営学および心理学の観点から研究している第一線の講師を迎え,最新の研究事例を交えて考察します。

話題提供者:
「消費者行動における「選択しない」という選択」秋山 学 氏(神戸学院大学)
「広告効果をあげる認知心理学的技法」松田 憲 氏(北九州市立大学)
「消費者視点のブランド管理」坂下 玄哲 氏(慶應義塾大学)
「視線・脳機能計測による消費者行動研究」元木 康介 氏(東北大学)

定員

200名

申込方法

E-mailで,「件名」に1.希望日,2.大学名(会場名)を記入し,「本文」に,1.氏名,フリガナ,2.性別,年齢,3. 学校名,学年もしくは職名,4.〒,住所,電話番号,5.日本心理学会会員の方は会員番号,認定心理士の方は認定番号をお知らせください。
往復はがき,Faxでのお申し込みも受け付けますが,返信用宛名の記入,返信用Fax番号の記入(必須)をお願いいたします。

問合せ先

公益社団法人日本心理学会事務局
〒113-0033 東京都文京区本郷5-23-13 田村ビル内 
TEL:03-3814-3953 FAX:03-3814-3954 E-mail: jpa-event[atmark]psych.or.jp

参加費

無料

宮城大学公開講座:第12回「酵母と人の関わり,その驚異の力 ~食品・お酒,健康から環境問題まで~」
3月 16 全日

主催

宮城大学

開催場所・日時

宮城大学大和キャンパス オープンスタジオ (宮城県黒川郡大和町学苑1番地1 交流棟2階)
2019年3月16日(土) 10:00~12:00

内容

酵母(yeast;イースト)は,乳酸菌や麹菌と並んで,食品関連の微生物でも特に身近なものです。パンやお酒など,酵母を用いて作られる食品や飲料は多くあります。ノーベル賞の受賞対象には酵母を使った研究もあり,がんになる仕組みが酵母を使って解き明かされ,治療薬の開発につながったりもしています。その一方で,人の体に感染して病気を引き起こす悪者の酵母もいます。このように,良くも悪くも私たちの暮らしに深く関わる酵母の不思議を解説します。

講師

笠原 紳 氏(宮城大学食産業学群教授)
「神奈川県出身。東北大学農学部農芸化学科卒業,同大学院農学研究科農芸化学専攻修了。博士(農学)。米国ロシュ分子生物学研究所,米国メリーランド大学バイオテクノロジー研究所,理化学研究所,慶應義塾大学を経て2005年より宮城大学に勤務。現在は食産業学群の教授を務める。岡山大学非常勤講師,福島大学非常勤講師。専門は微生物生化学・遺伝学。趣味はモーツァルトの研究と演奏。 」

問合先

宮城大学サテライトキャンパス
TEL:022-716-6692 FAX:022-716-6693 Email:renkei-kouza[atmark]myu.ac.jp
(講座内容に関する問い合わせ)
宮城大学地域連携センター TEL:022-377-8319 
http://www.myu.ac.jp/

申込先・申込方法

宮城大学サテライトキャンパス
FAX:022-716-6693 Email:renkei-kouza[atmark]myu.ac.jp
FAXまたはEメールに受講する講座名、氏名、住所、電話番号、職業、年齢(○歳代)を記入して、開催日の3日前までにお申込みください。

定員

30名(先着)

料金

無料

3月
17
2019
サロン講座「バイバイ、レジ袋!ふろしき生活はじめましょう」
3月 17 全日

主催

せんだい環境学習館たまきさんサロン

開催場所・日時

たまきさんサロン(東北大学青葉山新キャンパス環境科学研究科本館)
2019年3月17日(日)14:00~15:30

講師

矢吹真理子氏(ACT53仙台 代表)

内容

日本に昔から伝わる“ふろしき”は、さまざまな物を持ち運びできる袋になります。知っているだけで得をする“ふろしき活用術”を身につけ、レジ袋を使わない生活をはじめましょう!

※関連企画「ふろしき活用術展」:3月19日(火)~3月31日(日)

申込・問合先

せんだい環境学習館たまきさんサロン
980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
メール tamaki3salon[atmark]city.sendai.jp
電 話 022-214-1233 FAX 022-393-5038

詳しくは「ウェブサイトたまきさん」へ
https://www.tamaki3.jp/

申込方法

電子メールまたはハガキ、FAXでお申し込みください<申込締切:3月5日(火)>
(必要事項:希望講座名、参加者氏名、住所、電話番号、年齢)

定員

36人(小学生以下は保護者同伴) ※抽選(当選者にのみ3/9までご連絡)

受講料

無料