イベント情報

6月
16
2019
東北大学病院 つながる健康講座 in しろいし「肺の病気を知ろう」
6月 16 全日

主催

東北大学病院

開催場所・日時

白石市文化体育活動センター ホワイトキューブ コンサートホール(白石市鷹巣東2-1-1)
2019年6月16日(日) 13:00~15:15(開場 12:30)

内容

6月16日(日)、白石市において、東北大学病院 つながる健康講座 in しろいしを開催します。
東北大学病院は、これまで仙台市内で開催していた市民公開講座を刷新し、
当院の医師が宮城県内の地域に出向いて最新の医療を分かりやすく紹介する「つながる健康講座」を開催することとなりました。第2回目は、白石市において、「肺の病気を知ろう」と題した講演会を開催いたします。
肺の病気の予防や最新の治療法を分かりやすくお伝えしますので、ぜひご家族でご参加ください。

・講演「早期受診で肺を健康に」東北大学病院 呼吸器内科 教授 一ノ瀬 正和氏
    「喘息を知る」東北大学病院 呼吸器内科 准教授 杉浦 久敏氏
    「肺の感染症とは」東北大学病院 呼吸器内科 助教 山田 充啓氏
    「肺がんの予防と治療の最前線」東北大学病院 呼吸器内科 助教 宮内 栄作氏
 ・パネルディスカッション「肺を健康に保つ秘訣」
     司会 東北大学病院 呼吸器内科 一ノ瀬 正和氏
     パネラー みやぎ県南中核病院 呼吸器内科 検査診療部長 岡田 信司氏
          東北大学病院 呼吸内科 杉浦 久敏氏/山田 充啓氏/宮内 栄作氏

申し込み方法

事前のお申し込みが必要です。
参加ご希望の方は、FAX、Eメール、またはWebフォームに郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・性別・年齢・参加人数・車椅子の有無をご明記の上、下記までお申し込みください。
後日聴講券を発送いたします。なお、定員となり次第締め切りとさせていただきます。
※申し込み締め切り:6月10日(月)着
東北大学病院「つながる健康講座」担当
FAX:022-717-8931 Eメール:tsunagaru[atmark]pr.hosp.tohoku.ac.jp
Webフォーム:https://secure.hosp.tohoku.ac.jp/pr/tsunagaru02/

問合先

東北大学病院広報室「つながる健康講座」担当
TEL:022-717-7990(土・日・祝祭日を除く08:30~17:15)
FAX:022-717-8931 E-mail:tsunagaru[atmark]pr.hosp.tohoku.ac.jp

参加費

無料

6月
22
2019
宮城大学公開講座第3回:健康の鍵は「口」にあり ~いま見直したい口腔ケア~
6月 22 全日

主催

宮城大学

開催場所・時間

宮城大学サテライトキャンパス SS30 2階 (宮城県仙台市青葉区中央4丁目6-1)
2019年6月22日(土)10:00~11:30

内容

歯や口腔は,生命維持はもちろん,生活の質の維持,向上に重要な器官です。歯と口腔の健康を守るためには,日々のセルフケアと歯科医の助けを借りる定期的なプロフェッショナルケアが求められます。
本講座では,口腔の構造と機能について整理するとともに,口腔の二大疾患である虫歯と歯周病について取り上げ,予防方法をご説明します。さらに,介護における口腔ケアの考え方についてご紹介します。この機会に日々の口腔ケアを見直してみませんか。

講師

志田 淳子 氏(宮城大学看護学群講師)
山形市出身。宮城大学大学院看護学研究科博士後期課程修了。博士(看護学)。虎の門病院,山形県立日本海病院等で看護師,訪問看護師として従事。2015年より宮城大学看護学部へ。専門は在宅看護学。これまで,高校生を対象にした子宮頸がん予防教育プログラムを開発。現在は訪問看護師向けに,超音波診断装置を活用した看護実践の研究に取り組んでいる。

講座内容のお問合せ先

宮城大学地域連携センター
Tel:022-377-8319 E-mail:renkei-kouza[atmark]myu.ac.jp

お申込み先

Fax:022-716-6693 E-mail:renkei-kouza[atmark]myu.ac.jp

申込み方法

受講する講座名,氏名,住所,電話番号,職業,年齢(○歳代)を記入の上,送信してください。
申込み後のキャンセルのご連絡は,上記申込先またはTel:022-716-6692にお願いします。
(電話での申込みは受け付けておりません。)
申込み〆切:開催日の3日前までとし,各回とも定員になり次第,締め切らせていただきます。

定員

30名(先着順)

受講料

無料

6月
26
2019
サロン講座「生産者と消費者が一緒に育む、持続可能な食環境を目指して」
6月 26 全日

主催

せんだい環境学習館たまきさんサロン

開催場所・日時

たまきさんサロン(東北大学青葉山新キャンパス環境科学研究科本館)
2019年6月26日(水)18時30分~20時00分

講師

上野 まどか 氏(むすびファーム)

内容

美味しい食材が作られている背景を知っていますか?
「おいしいの向こう側」を知ることで食べる人とつくる人が支え合える、持続可能な食環境をつくるための取組みを、食べる人からつくる人になった上野まどかさんからお聞きします。

申込・問合先

せんだい環境学習館たまきさんサロン
980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
メール tamaki3salon[atmark]city.sendai.jp
電 話 022-214-1233 FAX 022-393-5038

詳しくは「ウェブサイトたまきさん」へ
https://www.tamaki3.jp/

申込方法

電子メールまたはハガキ、FAXでお申し込みください<申込締切 6月18日(火)>
(必要事項:希望講座名、参加者氏名、住所、電話番号、年齢)

定員

42人(小学生以下は保護者同伴) ※抽選(当選者にのみ6/22までご連絡)

受講料

無料

7月
27
2019
宮城大学公開講座第4回:いつの間に変わったの?食べ物の安全の常識!~科学で分かってきた食べ物の安全のリ・ク・ツ~
7月 27 全日

主催

宮城大学

開催場所・時間

宮城大学太白キャンパス(仙台市太白区旗立2丁目2番1号)
2019年7月27日(土)10:00~11:30

内容

牛のレバー刺しは食べたらだめ!「3日目のカレーは毎晩煮込んでもだめなの?ハチミツは? 「もう知っている」「知らなかった」「なんか変だと思っていた」,Webなどの情報が溢れる中,食品安全の話の何が本当か不安になることはありませんか?
この機会に,1つずつ解明されてきた科学的な理屈で整理して,安全な食品を安心して食べられる食生活を日々の暮らしに取り入れましょう。
※試食があります。試食品には,糖類(果糖ぶどう糖液糖,砂糖),レモン果汁,はちみつ,香料,ビタミンC,酸味料,カロチン色素を含みます。

講師

作田 竜一 氏(宮城大学食産業学群教授)
埼玉県出身。大学卒業後,農林水産省に入省。国内外,様々な業務に従事。平成の初め頃,人事交流で現在は石巻市となった,宮城県桃生町役場で2年間勤務。宮城県は第二のふるさとです!2018年4月より宮城大学食産業学群で食品安全や食・農業に関する産業政策などの科目を担当。

講座内容のお問合せ先

宮城大学地域連携センター
Tel:022-377-8319 E-mail:renkei-kouza[atmark]myu.ac.jp

お申込み先

Fax:022-716-6693 E-mail:renkei-kouza[atmark]myu.ac.jp

申込み方法

受講する講座名,氏名,住所,電話番号,職業,年齢(○歳代)を記入の上,送信してください。
申込み後のキャンセルのご連絡は,上記申込先またはTel:022-716-6692にお願いします。
(電話での申込みは受け付けておりません。)
※受講のお申込みは2週間前(7月13日)までにお願いします。

定員

30名(先着順)

受講料

無料

8月
24
2019
みやぎ県民大学「災害・防災を知る~様々な視点から~」(全4回)
8月 24 全日

主催

宮城県教育委員会・宮城県図書館

開催場所・日時

宮城県図書館ホール養賢堂
(全4回)
第1回8月24日(土)10時30分~12時15分 
第2回9月 7日(土)10時30分~12時00分
第3回9月21日(土)10時30分~12時00分
第4回10月5日(土)10時30分~12時15分 

内容

第1回8月24日(土) 「高等学校における防災減災教育の取組」
  宮城県多賀城高等学校防災主任(主幹教諭)
   原田 実
第2回9月 7日(土) 「県立測候所物語―近代宮城の気象観測と災害」
  公文書館職員 公文書等専門調査員
   松岡 祐也
第3回9月21日(土) 「文化遺産の防災・減災―よりよい復興のために」
  東北歴史博物館主任研究員
   小谷 竜介
第4回10月5日(土) 「宮城県図書館の震災伝承活動」
  宮城県図書館 資料奉仕部震災文庫整備チーム主事
   日比 遼太

申込・問合先

〒981-3205仙台市泉区紫山1-1-1
TEL 022(377)8444 FAX 022(377)8484
Email: kikaku[atmark]library.pref.miyagi.jp

申込方法

当館HP申込みフォーム、館内備付け申込書、FAXまたはEメール
受付期間:7月14日(日)~8月14日(日) (※先着順となります)
申込受付後、受講決定通知を送付いたします。

定員

50名

受講料

無料

宮城大学公開講座第5回:精神障害を有する人がもっている力を活かすかかわり・看護ケアとは?
8月 24 全日

主催

宮城大学

開催場所・時間

宮城大学サテライトキャンパス SS30 2階 (宮城県仙台市青葉区中央4丁目6-1)
2019年8月24日(土)10:00~11:30

内容

国は精神保健医療福祉の改革ビジョンの中で,「入院生活中心から地域生活中心へ」と方向性を打ち出し,少しずつではありますが,精神科病院に長期入院していた方々が地域へと生活拠点をシフトしつつあります。
本講座では精神障害について概説し,そのうえで,精神障害を有する人の退院へ向けて,そして地域生活を支えるために,その人がもつ力・可能性に着目した支援(リカバリーモデル)について,お伝えしたいと思っています。

講師

大熊 恵子氏(宮城大学看護学群教授)
精神科病院の看護師として5年間勤務後,長期入院精神障害者の退院支援を研究するため大学教員となり,2014年博士(看護学)を取得。博士論文のテーマは,「精神障害者地域移行・地域定着事業を利用し退院に至った長期入院統合失調症患者のエンパワメントのプロセス」。同年4月宮城大学に着任してからは,精神障害を有する人の思いや考え,もっている力に着目すること,共に考える姿勢でかかわることを大切にするよう,学生に伝えています。

講座内容のお問合せ先

宮城大学地域連携センター
Tel:022-377-8319 E-mail:renkei-kouza[atmark]myu.ac.jp

お申込み先

Fax:022-716-6693 E-mail:renkei-kouza[atmark]myu.ac.jp

申込み方法

受講する講座名,氏名,住所,電話番号,職業,年齢(○歳代)を記入の上,送信してください。
申込み後のキャンセルのご連絡は,上記申込先またはTel:022-716-6692にお願いします。
(電話での申込みは受け付けておりません。)
申込み〆切:開催日の3日前までとし,各回とも定員になり次第,締め切らせていただきます。

定員

30名(先着順)

受講料

無料

9月
7
2019
みやぎ県民大学「災害・防災を知る~様々な視点から~」(全4回)
9月 7 全日

主催

宮城県教育委員会・宮城県図書館

開催場所・日時

宮城県図書館ホール養賢堂
(全4回)
第1回8月24日(土)10時30分~12時15分 
第2回9月 7日(土)10時30分~12時00分
第3回9月21日(土)10時30分~12時00分
第4回10月5日(土)10時30分~12時15分 

内容

第1回8月24日(土) 「高等学校における防災減災教育の取組」
  宮城県多賀城高等学校防災主任(主幹教諭)
   原田 実
第2回9月 7日(土) 「県立測候所物語―近代宮城の気象観測と災害」
  公文書館職員 公文書等専門調査員
   松岡 祐也
第3回9月21日(土) 「文化遺産の防災・減災―よりよい復興のために」
  東北歴史博物館主任研究員
   小谷 竜介
第4回10月5日(土) 「宮城県図書館の震災伝承活動」
  宮城県図書館 資料奉仕部震災文庫整備チーム主事
   日比 遼太

申込・問合先

〒981-3205仙台市泉区紫山1-1-1
TEL 022(377)8444 FAX 022(377)8484
Email: kikaku[atmark]library.pref.miyagi.jp

申込方法

当館HP申込みフォーム、館内備付け申込書、FAXまたはEメール
受付期間:7月14日(日)~8月14日(日) (※先着順となります)
申込受付後、受講決定通知を送付いたします。

定員

50名

受講料

無料

9月
21
2019
みやぎ県民大学「災害・防災を知る~様々な視点から~」(全4回)
9月 21 全日

主催

宮城県教育委員会・宮城県図書館

開催場所・日時

宮城県図書館ホール養賢堂
(全4回)
第1回8月24日(土)10時30分~12時15分 
第2回9月 7日(土)10時30分~12時00分
第3回9月21日(土)10時30分~12時00分
第4回10月5日(土)10時30分~12時15分 

内容

第1回8月24日(土) 「高等学校における防災減災教育の取組」
  宮城県多賀城高等学校防災主任(主幹教諭)
   原田 実
第2回9月 7日(土) 「県立測候所物語―近代宮城の気象観測と災害」
  公文書館職員 公文書等専門調査員
   松岡 祐也
第3回9月21日(土) 「文化遺産の防災・減災―よりよい復興のために」
  東北歴史博物館主任研究員
   小谷 竜介
第4回10月5日(土) 「宮城県図書館の震災伝承活動」
  宮城県図書館 資料奉仕部震災文庫整備チーム主事
   日比 遼太

申込・問合先

〒981-3205仙台市泉区紫山1-1-1
TEL 022(377)8444 FAX 022(377)8484
Email: kikaku[atmark]library.pref.miyagi.jp

申込方法

当館HP申込みフォーム、館内備付け申込書、FAXまたはEメール
受付期間:7月14日(日)~8月14日(日) (※先着順となります)
申込受付後、受講決定通知を送付いたします。

定員

50名

受講料

無料

宮城大学公開講座第6回:なくしたい!こどもの事故 ~こどもを守るためにおとなにできること~
9月 21 全日

主催

宮城大学

開催場所・時間

SS30 8階 第2会議室A (宮城県仙台市青葉区中央4丁目6-1)
2019年9月21日(土)10:00~11:30

内容

『不慮の事故』がこどもの死亡原因の上位を占めていることをご存じですか?近年,『不慮の事故』は,予測不能なものではなく予測可能であるという考え方に変化しています。つまり,環境を改善することとおとなの気配りで,防げるものが大部分なのです。この講座では,0歳から小学校低学年以下のこどもに起こりやすい事故とその予防方法についてお話します。『防げたはずの事故』を減らすために,一緒に考えていきたいと思います。
※簡易的ではありますが,授乳スペースを設けます。お子さまとの参加も歓迎します。

講師

三上 千佳子氏(宮城大学看護学群講師)
青森県出身。山形大学大学院(看護学博士)修了。慶應義塾大学病院,弘前市立病院で小児病棟の看護師として勤務後,岩手県立大学を経て,2012年10月より宮城大学に勤務。専門分野は小児看護学。大学では,小児看護に関連する専門科目を担当。現在は,痛みを伴う医療処置を受けるこどもの苦痛を軽減するための看護,災害を受けたこどもとその家族への看護についての研究を実施。

講座内容のお問合せ先

宮城大学地域連携センター
Tel:022-377-8319 E-mail:renkei-kouza[atmark]myu.ac.jp

お申込み先

Fax:022-716-6693 E-mail:renkei-kouza[atmark]myu.ac.jp

申込み方法

受講する講座名,氏名,住所,電話番号,職業,年齢(○歳代)を記入の上,送信してください。
申込み後のキャンセルのご連絡は,上記申込先またはTel:022-716-6692にお願いします。
(電話での申込みは受け付けておりません。)
申込み〆切:開催日の3日前までとし,各回とも定員になり次第,締め切らせていただきます。

定員

30名(先着順)

受講料

無料

10月
5
2019
みやぎ県民大学「災害・防災を知る~様々な視点から~」(全4回)
10月 5 全日

主催

宮城県教育委員会・宮城県図書館

開催場所・日時

宮城県図書館ホール養賢堂
(全4回)
第1回8月24日(土)10時30分~12時15分 
第2回9月 7日(土)10時30分~12時00分
第3回9月21日(土)10時30分~12時00分
第4回10月5日(土)10時30分~12時15分 

内容

第1回8月24日(土) 「高等学校における防災減災教育の取組」
  宮城県多賀城高等学校防災主任(主幹教諭)
   原田 実
第2回9月 7日(土) 「県立測候所物語―近代宮城の気象観測と災害」
  公文書館職員 公文書等専門調査員
   松岡 祐也
第3回9月21日(土) 「文化遺産の防災・減災―よりよい復興のために」
  東北歴史博物館主任研究員
   小谷 竜介
第4回10月5日(土) 「宮城県図書館の震災伝承活動」
  宮城県図書館 資料奉仕部震災文庫整備チーム主事
   日比 遼太

申込・問合先

〒981-3205仙台市泉区紫山1-1-1
TEL 022(377)8444 FAX 022(377)8484
Email: kikaku[atmark]library.pref.miyagi.jp

申込方法

当館HP申込みフォーム、館内備付け申込書、FAXまたはEメール
受付期間:7月14日(日)~8月14日(日) (※先着順となります)
申込受付後、受講決定通知を送付いたします。

定員

50名

受講料

無料