イベント情報

11月
17
2018
特別展「コメどころ仙台~コメの生産と消費の歴史~」
11月 17 2018 – 4月 14 2019 全日

主催

仙台市歴史民俗資料館

開催場所・日時

仙台市歴史民俗資料館
2018年11月17日(土)~2019年4月14日(日)9:00~16:45(入館は16:15まで)

内容

 江戸時代以来、コメの生産地として知られた仙台平野とコメの消費地として人が集住した城下町・仙台の変遷から、機械化される以前のコメ作りの様子と現在のコメ作りが抱える問題点、コメ離れが進む食文化の変化などについて紹介し、コメを中心にしたかつての人々のくらしを振り返ります。
関連行事
 (1)展示解説
    平成31年2月9日(土)、4月14日(日) いずれも 11:00~、14:00~

 (2)体験 「昔の農具をさわってみよう、調べよう」
    平成30年12月23日(日・祝) 平成31年1月6日(日)、3月23日(土)
    いずれも 10:00~12:00、13:00~15:00

 (3)講座 「コメ作りの昔と今」 平成30年12月15日(土) 13:30~15:00

問合先・申込先

仙台市歴史民俗資料館
〒983-0842 仙台市宮城野区五輪一丁目3-7(榴岡公園内)
TEL:022-295-3956 FAX:022-257-6401
http://www.sendai-c.ed.jp/~bunkazai/~rekimin/

料金

入館料がかかります。
一般・大学生:240円 高校生:180円 小・中学生:120円

1月
25
2019
オープン記念展「人間国宝 芹沢銈介 文様万華-もんようばんか-」
1月 25 – 3月 25 全日

主催

東北福祉大学芹沢銈介美術工芸館

開催場所・日時

東北福祉大学芹沢銈介美術工芸館
(〒983-8511宮城県仙台市宮城野区榴岡2丁目5-26 東北福祉大学仙台駅東口キャンパス 1・2階)
2019年1月25日(金) ~ 3月25日(月) 10:00〜17:00(入館は16:30まで) ※休館日: 火曜日

内容

当館は東北福祉大学付属の美術館として1989年国見キャンパスに開館しました。 このたび当大学の仙台駅東口キャンパス内に、芹沢銈介作品を展示する新たな空間が誕生しました。

芹沢銈介は風景、草花や動物にとどまらず、文字、働く人々の姿や道具までもモチーフにしてしまう「文様のクリエイター」です。本展では、一枚の型紙から多彩に表現される、まるで型染の万華鏡のような世界を紹介するとともに、ひとつのモチーフを千変万化させる芹沢文様の独創性に迫ります。

秀逸な文様配置、調和がとれた彩色の作品を通して、伝統を重んじつつも、常に新たな図案を探求した「芹沢銈介の文様万華」をこの機会に是非ご覧ください。

関連イベント

◆作品解説「もっと知りたい! 芹沢作品の見どころ」
今回の出品作品から1点を選び、そのモチーフや制作背景などをじっくり紹介
2/2、3/9、3/23(土) 各14:00~(約20分) (自由参加、当日の入館券が必要)

◆展示解説 学芸員によるギャラリートーク
2/23、3/2、3/16(土) 各11:00~(約40分) (自由参加、当日の入館券が必要)

◆ワークショップ「型紙 彫ってみませんか?」
 会期中の毎週 月・土曜日  受付時間 11:00〜15:00
 体験時間 30~90分程度  材料費 300円

問合先

東北福祉大学芹沢銈介美術工芸館
Tel: 022-717-3318 Fax: 022-717-3324 URL: https://www.tfu.ac.jp/kogeikan/

入館料

一般700(600)円、 大学・専門学校生400(300)円 ( )は20名以上の団体料金
高校生以下、障がい者手帳をご持参の方および介助者1名は無料
着物で来館された方は当日の入館料100円引

2月
23
2019
体験学習 たんけん資料館(れきみんバックヤードツアー)【4】
2月 23 全日

主催

仙台市歴史民俗資料館

開催場所・日時

仙台市歴史民俗資料館
2019年2月23日(土) 【午前の部】11:00~11:30 【午後の部】14:00~14:30

内容

当館学芸員が、展示室や普段は見ることのできない資料館の「ウラ側」をご案内いたします。

問合先・申込先

仙台市歴史民俗資料館
〒983-0842 仙台市宮城野区五輪一丁目3-7(榴岡公園内)
TEL:022-295-3956 FAX:022-257-6401
http://www.sendai-c.ed.jp/~bunkazai/~rekimin/

料金

入館料がかかります。
一般・大学生:240円 高校生:180円 小・中学生:120円

3月
8
2019
講演「占領下の沖縄、返還後の沖縄、そして今~レンズを通して見てきたこと~」
3月 8 全日

主催

国際女性デー宮城県集会実行委員会

開催場所・日時

仙台市戦災復興記念館 地下・展示ホール
(仙台市青葉区大町2-12-1)
2019年3月8日(金)18:15~20:15

講師

嬉野京子氏(報道写真家)

内容

戦後73年、沖縄はそのうちの27年間を本土と切り離され米軍占領下で過ごしてきました。
1972年本土復帰後も米軍基地は沖縄に集中し、米軍機の事故、米兵の犯罪、中でも女性に対する性暴力は絶えません。
沖縄が人生の原点となったという嬉野京子さんは、少女が米軍のトラックに轢殺された現場に遭遇し、命がけでカメラに収め、県外で公開しました。報道写真家として、米軍統治時代から沖縄を見てきた嬉野京子さんにお話を伺います。

問合せ先

国際女性デー宮城県集会実行委員会
TEL 022-262-5101

参加費

資料代500円