イベント情報

※今般の新型コロナウイルス等の感染拡大予防の観点から開催が 延期・中止されるイベントもございます。開催の有無につきましては、主催者へのお問い合わせをお願いいたします。

※現在、「まなびのめ」紙版第56号(2022年4月初旬発行予定)に掲載する「学び」イベントの情報(2022年4月中旬~7月初旬開催予定)を募集しています。 また、Web版掲載の情報は随時受け付けております。
編集部までお寄せいただきますようお願いいたします。
情報は問い合せ・投稿フォームからお送りいただけます。

1月 22 全日
主催 せんだい文学塾 内容 みがけ! 輝け! 読む書くちから 仙台で毎月、著名な作家・評論家、一流出版社の編集者を、講師としてお迎えした講座を開いております。 開催場所・日時 仙台文学館(仙台市青葉区北根2丁目7−1) 2022年1月22日(土)16:00~18:00 ※オンラインに変更される場合があります 講師 古川 日出男氏(三島由紀夫賞&読売文学賞作家) 問合せ先 sendaibungakujuku[atmark]gmail.com 080-6013-5008 ※基本的に留守番電話での対応となります。「受講される方のフルネーム」と「学生/一般の区分」を吹き込んでください 申込方法 下記フォームへ必要事項を入力すること ↓ https://forms.gle/PKHNHiz33S7U2SaSA 受講料 一般2000円、学生1000円、高校生以下無料
2月 5 – 3月 27 全日
主催 宮城県美術館・khb東日本放送 内容 ふたごの野ねずみぐりとぐら、はじめておつかいに行くみいちゃん、ぶたぶたくん、きっこちゃん…絵本で出会った仲間たちが、時を経ても心に刻まれているのは、絵本の世界に深く入り込んだ幼少期の体験があったからではないでしょうか。 1956年に創刊した月刊絵本「こどものとも」は、子どもが最初に出会う絵本にこそ芸術性の高い絵をとの思いから洋画家や日本画家、彫刻家、デザイナー、漫画家など、幅広い分野の作家たちから絵を求めました。作家たちはそこで様々な技法・材料を試し、自由な表現を繰り広げました。上質な美術体験を与える絵本づくりを目指し、挑戦と改革を重ねた「こどものとも」の土壌からは、やがて「ぐりとぐら」のイメージを生んだ山脇百合子、表現にデザインの美しさを取り入れたなかのひろたかなど、絵本を主な舞台として活躍する作家も育っていきました。 2002-03年と2013年の同題の展覧会に続く本展では、「こどものとも」の初期の絵本原画を核とする宮城県美術館の絵本原画コレクションの中から、「こどものとも」を語るに欠かせない人気作はもちろん、初出品作も多数含む、34作家の53タイトル、約360点の絵本原画を展示します。 これら絵本原画の数々は、今日子どもから大人まで広く親しまれるものとなった絵本文化がかたちづくられるまでの、原点とその歩みを語ってくれることでしょう。絵本原画の世界をこの機会に、ぜひお楽しみください。 出品作家 秋野不矩、朝倉 摂、池田龍雄、太田大八、太田 忠、小野かおる、串田孫一、クロード岡本、小出保子、齋藤眞成、佐藤忠良、竹山 博、長 新太、寺島龍一、中谷千代子、中谷貞彦、なかのひろたか、西巻茅子、馬場のぼる、林 明子、土方久功、堀 文子、松下紀久雄、水四澄子、三好碩也、村田道紀、村山知義、矢吹申彦、山田三郎、山中春雄、山本忠敬、山脇百合子、吉井忠、渡辺三郎 開催場所・日時 宮城県美術館本館 2階展示室(仙台市青葉区川内元支倉34-1) 2022年2月5日(土曜日)~3月27日(日曜日) 9:30~17:00(発券は16:30まで) 休館日 月曜日(ただし3月21日は開館)、3月22日(火曜日) 問合せ先 022-221-2111 当日鑑賞料 一般 900円、学生 700円、高校生以下無料
2月 5 全日
主催 仙台文学館 内容 歌人・小池光が、三十一文字に込められたことばの魅力について解説します。参加者の方には、毎回事前に課題作品を一首提出していただき、それらの作品をもとに講評を行ないます。 小池光短歌講座2021 第139回 開催場所・日時 仙台文学館 (仙台市青葉区北根2-7-1) 2022年2月 5日(土)13:30~15:40(10分間の休憩をはさみます) 講師 小池 光氏(歌人)  申込・問合せ先 仙台文学館(仙台市青葉区北根2-7-1) 022-271-3020 申込方法 往復はがきに【住所】【 氏名(ふりがな)】【 電話番号】【講座名「小池光短歌講座 第○回○月」】を明記の上、仙台文学館へ。申込み多数の場合は抽選になります。 1月12日(水)必着。 ※連続講座ではありません。希望する回ごとに、毎回お申込みください。 ※お寄せいただいた個人情報は、上記イベントのご連絡以外には使用いたしません。 ※新型コロナウィルス感染症の影響で、中止となる可能性があります。最新の情報はホームページ等でご確認ください。 定員 50人 受講料 1回1,000円
2月 19 全日
主催 せんだい環境学習館たまきさんサロン 内容 子どもたちへの祈りを込めて作り上げる「七夕飾り」の吹き流しの落とし紙で男雛と女雛の「雛人形」を作りましょう。 ※新型コロナウイルス感染症の発生状況によっては講座を中止する場合がありますのであらかじめご了承ください。 ※マスクを着用してのご参加をお願いします。また、発熱や風邪のような症状のある方の参加はご遠慮ください。 開催場所・日時 たまきさんサロン(東北大学青葉山新キャンパス環境科学研究科本館) 2022年2月19日(土)10:00~12:00 講師 鳴海幸一郎氏(鳴海屋紙商事株式会社部長) 申込み・問合せ先 せんだい環境学習館たまきさんサロン 980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1 メール tamaki3salon[atmark]city.sendai.jp 電 話 022-214-1233 FAX 022-393-5038 https://www.tamaki3.jp/ 申込方法 電子メールまたはハガキ、FAXでお申し込みください (必要事項:希望講座名、参加者氏名、年齢、住所、電話番号) 申込締切 2月9日(水) 対象・定員 小学生と保護者のペア8組16名 ※抽選(当選者にのみご連絡) 受講料 1,100円(雛人形作りキット代)
2月 19 全日
主催 東北福祉大学 開催場所・日時 東北福祉大学 仙台駅東口キャンパス 2022年2月19日(土)14:00~16:00 内容 「仙台庶民文化の担い手」について これまで開催した歴史講座を通じて、仙台藩の伊達な文化は政宗に始まり、歴代の藩主や家臣が受け継ぎ、領民が育み、さらに豊かにしてきたことが分かりました。今回の歴史講座第四弾は、仙台藩の浮沈にかかわる事件に立ち向かい、知恵と力により困難を乗り超えた家臣や仙台の伊達な文化の礎を築いた文化人に焦点をあてました。 その時代の苦悩や使命感を知り、今に活かせる智恵を学び、後世に伝えていきましょう。 講師 高橋 章則氏(東北大学大学院文学研究科 教授) 申込み・問合せ先 東北福祉大学 社会貢献・地域連携センター 生涯学習支援室 住所:〒983-8511 宮城県仙台市宮城野区榴岡2-5-26 仙台駅東口キャンパス TEL:022-766-8834 FAX:022-766-8835 E-Mail:life[atmark]tfu-mail.tfu.ac.jp 申込み締切 2022年2月4日(金) 申込み方法 申込書に必要事項をご記入の上、各講座の締切日までに、はがき、FAX、電子メールでお申込ください。定員に達した場合、お断りする場合があります。 受講決定者には振込方法についてお知らせします。
2月 20 全日
主催 宮城県美術館,khb東日本放送 内容 宮城県美術館所蔵 絵本原画の世界2022 関連イベント 第1回「『子供之友』(婦人之友社刊)の画家たち」 開催場所・日時 宮城県美術館アート・ホール(仙台市青葉区川内元支倉34-1 佐藤忠良記念館地下1階) 2022年2月20日(日)14:00~16:00 講師 松本 育子氏(刈谷市美術館 館長代理) 問合せ先 022-221-2111 申込方法 準備中 申込み開始日 2022年1月11日(火曜日)~  定員 50名
2月 26 全日
主催 せんだい文学塾 内容 みがけ! 輝け! 読む書くちから 仙台で毎月、著名な作家・評論家、一流出版社の編集者を、講師としてお迎えした講座を開いております。 開催場所・日時 仙台文学館(仙台市青葉区北根2丁目7−1) 2022年2月26日(土)16:00~18:00 ※オンラインに変更される場合があります 講師 佐伯 一麦氏(小説家、仙台文学館館長) 問合せ先 sendaibungakujuku[atmark]gmail.com 080-6013-5008 ※基本的に留守番電話での対応となります。「受講される方のフルネーム」と「学生/一般の区分」を吹き込んでください 申込方法 下記フォームへ必要事項を入力すること ↓ https://forms.gle/PKHNHiz33S7U2SaSA 受講料 一般2000円、学生1000円、高校生以下無料
2月 27 全日
主催 宮城県美術館,khb東日本放送 内容 宮城県美術館所蔵 絵本原画の世界2022 関連イベント 第2回「絵本と前衛-美術のパイオニアたちの試み」 開催場所・日時 宮城県美術館アート・ホール(仙台市青葉区川内元支倉34-1 佐藤忠良記念館地下1階) 2022年2月27日(日)14:00~16:00 講師 山田 志麻子氏(うらわ美術館学芸員) 問合せ先 022-221-2111 申込方法 準備中 申込み開始日 2022年1月11日(火曜日)~  定員 50名
3月 5 全日
主催 仙台文学館 内容 歌人・小池光が、三十一文字に込められたことばの魅力について解説します。参加者の方には、毎回事前に課題作品を一首提出していただき、それらの作品をもとに講評を行ないます。 小池光短歌講座2021 第140回 開催場所・日時 仙台文学館 (仙台市青葉区北根2-7-1) 2022年3月 5日(土) 13:30~15:40(10分間の休憩をはさみます) 講師 小池 光氏(歌人)  申込・問合せ先 仙台文学館(仙台市青葉区北根2-7-1) 022-271-3020 申込方法 往復はがきに【住所】【 氏名(ふりがな)】【 電話番号】【講座名「小池光短歌講座 第○回○月」】を明記の上、仙台文学館へ。申込み多数の場合は抽選になります。 2月10日(木)必着。 ※連続講座ではありません。希望する回ごとに、毎回お申込みください。 ※お寄せいただいた個人情報は、上記イベントのご連絡以外には使用いたしません。 ※新型コロナウィルス感染症の影響で、中止となる可能性があります。最新の情報はホームページ等でご確認ください。 定員 50人 受講料 1回1,000円
3月 6 全日
主催 宮城県美術館,khb東日本放送 内容 宮城県美術館所蔵 絵本原画の世界2022 関連イベント 第3回「言葉と絵の狭間」 開催場所・日時 宮城県美術館アート・ホール(仙台市青葉区川内元支倉34-1 佐藤忠良記念館地下1階) 2022年3月6日(日)14:00~16:00 講師 長沢 明氏(美術家・東北芸術工科大学教授) 問合せ先 022-221-2111 申込方法 準備中 申込み開始日 2022年1月11日(火曜日)~  定員 50名
3月 26 全日
主催 せんだい文学塾 内容 みがけ! 輝け! 読む書くちから 仙台で毎月、著名な作家・評論家、一流出版社の編集者を、講師としてお迎えした講座を開いております。 開催場所・日時 仙台文学館(仙台市青葉区北根2丁目7−1) 2022年3月26日(土)16:00~18:00 ※オンラインに変更される場合があります 講師 熊谷 達也氏(直木賞作家) 問合せ先 sendaibungakujuku[atmark]gmail.com 080-6013-5008 ※基本的に留守番電話での対応となります。「受講される方のフルネーム」と「学生/一般の区分」を吹き込んでください 申込方法 下記フォームへ必要事項を入力すること ↓ https://forms.gle/PKHNHiz33S7U2SaSA 受講料 一般2000円、学生1000円、高校生以下無料
3月 26 全日
主催 東北福祉大学 開催場所・日時 東北福祉大学 仙台駅東口キャンパス 2022年3月26日(土)14:00~16:00 内容 「世界を一周した庶民の目」について これまで開催した歴史講座を通じて、仙台藩の伊達な文化は政宗に始まり、歴代の藩主や家臣が受け継ぎ、領民が育み、さらに豊かにしてきたことが分かりました。今回の歴史講座第四弾は、仙台藩の浮沈にかかわる事件に立ち向かい、知恵と力により困難を乗り超えた家臣や仙台の伊達な文化の礎を築いた文化人に焦点をあてました。 その時代の苦悩や使命感を知り、今に活かせる智恵を学び、後世に伝えていきましょう。 講師 平川 新 氏(東北大学 名誉教授) 申込み・問合せ先 東北福祉大学 社会貢献・地域連携センター 生涯学習支援室 住所:〒983-8511 宮城県仙台市宮城野区榴岡2-5-26 仙台駅東口キャンパス TEL:022-766-8834 FAX:022-766-8835 E-Mail:life[atmark]tfu-mail.tfu.ac.jp 申込み締切 2022年3月11日(金) 申込み方法 申込書に必要事項をご記入の上、各講座の締切日までに、はがき、FAX、電子メールでお申込ください。定員に達した場合、お断りする場合があります。 受講決定者には振込方法についてお知らせします。