イベント情報

4月 21 – 6月 4 全日
主催 仙台市博物館  仙台市博物館は、平成28年開館55周年を迎えました。これまでの資料収集・保存活動の中で当館が収蔵した資料は9万点を超えます。その内容は仙台藩主・伊達家ゆかりの資料をはじめ、仙台藩や仙台地方に関係するものを中心に、歴史資料から美術品まで様々な分野に及んでいます。  今回は、平成19年(2007)に開催の新収蔵資料を紹介した企画展「伊達な優品勢ぞろい」の第2弾として、それ以降に収蔵した絵画や書状、絵図、甲冑、陶磁器などバラエティに富んだ仙台市博物館の新たな優品の数々を紹介します。  また、平成23年の東日本大震災で被災した資料の保存など、博物館の裏側ともいえる活動を、保存・展示作業のための道具とともに紹介します。 開催場所・時間 仙台市博物館 9:00~16:45(入館は16:15まで) 4月21日(金)~6月4日(日) ※会期中に展示替えあり 前期:4/21(金)~5/14(日) 後期:5/16(火)~6/4(日) 会期中の休館日:毎週月曜日(5/1は開館) 問合せ先 仙台市博物館 情報資料センター 〒980-0862 仙台市青葉区川内26 TEL: 022-225-3074 FAX: 022-225-2558 http://www.city.sendai.jp/museum/ 観覧料 観覧料:常設展料金 一般・大学生 460円高校生 230円 小・中学生 110円
4月 29 全日
<企画展「伊達な優品勢ぞろいPartⅡ-この10年の新収蔵品-」>関連行事 この10年の新収蔵資料について、各分野のおすすめ資料を紹介します。 講師 仙台市博物館学芸員 開催場所・時間 仙台市博物館ホール 4月29日(土)13:30~15:00 問合せ先 仙台市博物館 情報資料センター 〒980-0862 仙台市青葉区川内26 TEL: 022-225-3074 FAX: 022-225-2558 http://www.city.sendai.jp/museum/ 定員 200名 受講料 無料
6月 24 – 8月 11 全日
内容  漢字は誕生以来3000年を超える長きにわたって使われ続け、発展してきた文字です。本展は漢字とは何か?をテーマに、その歴史を紹介する「漢字の歴史」と書芸術を紹介する「漢字の美」の2部構成です。資料は「中国国家一級文物(国宝級)」20点を含む中国の優品・名品約110点を一挙公開します。中でも世界初公開となる「文字の刻まれた兵馬俑」は必見です。本展はまさに漢字の歴史と魅力のすべてを堪能できる日本初の本格的な「漢字」展覧会です。是非ご覧ください。 開催場所・時間 東北歴史博物館1階特別展示室 6月24日(土)~8月11日(金・祝) 9:30~17:00(発券は16:30まで) 問合先 東北歴史博物館 管理部情報サービス班 Tel: 022-368-0106 Fax: 022-368-0103 E-mail:thm-service[atmark]pref.miyagi.jp URL: http://www.thm.pref.miyagi.jp/ 観覧料 未定(決まり次第Webなどで)