イベント情報

1月
15
2019
東北大学キャンパスにおける遠古の文化-青葉山遺跡群と芦ノ口遺跡-
1月 15 – 2月 15 全日

主催

東北大学埋蔵文化財調査室

開催場所・日時

東北大学史料館
2019年1月15日(火)~2月15日(金)  平日10:00~17:00 土日祝は休館

内容

青葉山キャンパス(青葉山A・B・E遺跡)、富沢地区(電子光理学研究センター:芦ノ口遺跡)の旧石器時代~古代の遺物を中心とした遺物等を展示します。ほかにも川渡地区(町西遺跡)や川内キャンパス(仙台城跡二の丸北方武家屋敷地区)から出土した縄文・弥生時代の遺物も展示します。

ギャラリートーク
 2019年1月17日(木)13:10/15:00(約20分間)
 事前申込不要 直接会場までお越しください。
 展示遺物等について職員が解説を行います。

問合せ先

東北大学埋蔵文化財調査室
電話:022-217-4995
E-mail maibun[atmark]grp.tohoku.ac.jp
http://web.tohoku.ac.jp/maibun/

受講料

無料

1月
19
2019
講座仙台学2019「マルチ人間大槻文彦-その仙台の文化への貢献-」
1月 19 全日

主催

学都仙台コンソーシアム・東北大学

開催場所・時間

東北工業大学一番町ロビー2階ホール
(仙台市青葉区一番町1-3-1 TMビル)
2019年1月19日(土)15:00~16:30

内容

大槻文彦は明治期に日本最初の近代的国語辞典『言海』を編纂した国語学者として知られています。しかし,大槻は英学修業からスタートしたのであり,その知的関心は,国語辞典と日本語文法の編纂を中心としながらも,歴史,地理地誌,国境意識,洋学史・日欧交渉史,父祖の業績,仙台(伊達藩),出版印刷,かな文字論,言文一致,音楽など,多岐にわたっていたのであり,マルチ人間だったのです。
本講座では,洋学を一つの手掛かりにしつつ,大槻による仙台の文化への貢献に迫ってみようと思います。

講師

後藤 斉 氏(東北大学文学研究科教授)

申込・問合先

東北大学 教育・学生支援部教務課教育支援係
TEL︓022-795-4933 FAX︓022-795-7555
メール︓gsc-sc[atmark]grp.tohoku.ac.jp
URL: http://www.gakuto-sendai.jp/index.html

申込方法

FAXまたはEメール(件名に「講座仙台学申込」と記入)に、①講座名 ②〒・住所③氏名(フリガナ) ④TEL・FAX番号をご記入のうえ、開講日の1週間前までにお申し込みください。

定員

80名

受講料

無料

講座仙台学2019「仙台のスポーツボランティアと東京オリパラ」
1月 19 全日

主催

学都仙台コンソーシアム・東北大学

開催場所・時間

東北工業大学一番町ロビー2階ホール
(仙台市青葉区一番町1-3-1 TMビル)
2019年1月19日(土)10:30~12:00

内容

1998年ブランメル仙台ボランティア組織設置以来,仙台はスポーツボランティアの先進地域としてたくさんのボランティア活動がされている。2002年にはW杯がありイタリアキャンプもあって,前年の国体とともに仙台のスポボラ元年と言われた。そして,再来年には東京オリパラを迎える。大会ボランティアでも都市ボランティアでもない,第三のスポーツボランティアを自ら実践して,最高の2020年を迎えようではありませんか。そのために,いま,何をしたら良いのでしょうか。そんなことを一緒に考えましょう。

講師

村松 淳司 氏(東北大学多元物質科学研究所教授)

申込・問合先

東北大学 教育・学生支援部教務課教育支援係
TEL:022-795-4933 FAx:022-795-7555
メール:gsc-sc[atmark]grp.tohoku.ac.jp
URL: http://www.gakuto-sendai.jp/index.html

申込方法

FAXまたはEメール(件名に「講座仙台学申込」と記入)に、①講座名 ②〒・住所③氏名(フリガナ) ④TEL・FAX番号をご記入のうえ、開講日の1週間前までにお申し込みください。

定員

80名

受講料

無料

1月
20
2019
仙台市天文台×東北大学大学院理学研究科 公開サイエンス講座
第3回「はやぶさ2で探る 太陽系と生命誕生の秘密」
1月 20 全日

主催

仙台市天文台×東北大学大学院理学研究科

開催場所・日時

仙台市天文台加藤・小坂ホール
2019年1月20日(日)14:00~16:00

講師

大谷 栄治 氏(東北大学名誉教授)
中村 智樹 氏(東北大学大学院理学研究科地学専攻 教授)

内容

■大谷先生講演
はやぶさ2が目指しているC型小惑星とはどんな小惑星なのでしょう。この小惑星に存在が予想される有機物とその生命誕生との関連などについて紹介します。また、最終目的であるサンプルリターンのミッションに備えて、現在どのような準備が進んでいるのか、試料を回収するための装置、初期分析のスケジュール、分析の方法などを含めてご紹介します。
■中村先生講演
2018年6月下旬にC型小惑星リュウグウに到着した小惑星探査機はやぶさ2は高度20㎞からリモートセンシング観測を開始しました。リュウグウはたいへん暗く、そろばんの玉のような形状をしていました。
講演会では、観測結果を(公開できる範囲で)簡潔に紹介し、今後の小惑星における活動予定などを合わせて紹介します。

問合先

仙台市天文台
電話:022-391-1300
URL:http://www.sendai-astro.jp/

定員

50名程度

料金

無料

1月
25
2019
第56回リベラルアーツサロン:親族・家族関係からみた日中両社会
1月 25 全日

主催

東北大学

開催場所・時間

せんだいメディアテーク1階 オープンスクエア
2019年1月25日(金)18:00~19:45

内容

家族・親族の絆は社会を成り立たせる基本的で自然な人のつながりと見なされることが多いが、中国社会のそれを比較対象として見て行くことにより、日本との違い・共通点、そして現代社会の中での変化や持続性を考える。

講師

瀬川 昌久 氏(東北大学東北アジア研究センター教授)

問合せ先

東北大学 総務企画部社会連携課社会連携推進係
022-217-5132
http://cafe.tohoku.ac.jp/

申込方法

申込不要

受講料

無料

2月
9
2019
講座仙台学2019「繰り返す宮城県沖地震を通して見る仙台の歴史と防災」
2月 9 全日

主催

学都仙台コンソーシアム・東北大学

開催場所・時間

仙台市市民活動サポートセンター 6階セミナーホール
2019年1月26日(土)15:00~16:30

内容

本講座は,東北地方太平洋沖地震を含め繰り返し発生する宮城県沖地震の影響を受けながら発展してきた仙台の歴史を振り返り,次の宮城県沖地震に向けた防災・減災を学ぶものです。ローカルな地域が本来持っている自然の環境や条件を鏡に映しだしたものが自然災害であるならば,むかし起こったこととして安易に片付けるのではなく,仙台のまちの発展の中で各時代に受けた実際の被害から教訓や知恵を改めて学び直すことが重要になります。

講師

佐藤 健(東北大学災害科学国際研究所教授)

申込・問合先

東北大学 教育・学生支援部教務課教育支援係
TEL︓022-795-4933 FAX︓022-795-7555
メール︓gsc-sc[atmark]grp.tohoku.ac.jp
URL: http://www.gakuto-sendai.jp/index.html

申込方法

FAXまたはEメール(件名に「講座仙台学申込」と記入)に、①講座名 ②〒・住所③氏名(フリガナ) ④TEL・FAX番号をご記入のうえ、開講日の1週間前までにお申し込みください。

定員

80名

受講料

無料

2月
15
2019
第161回サイエンスカフェ:生き物に学ぶ材料開発
2月 15 全日

主催

東北大学

開催場所・時間

せんだいメディアテーク1階 オープンスクエア
2019年2月15日(金)18:00~19:45

内容

ハスの葉が水をはじくのはなぜだろう?どうしてタマムシはあんなにキレイな色をしているのだろう?生き物には様々な機能を思いがけない方法で実現しています。生き物が持っている能力を参考にした新しい機能材料の開発について紹介します。

講師

藪 浩 氏(東北大学材料科学高等研究所准教授)

問合せ先

東北大学 総務企画部社会連携課社会連携推進係
022-217-5132
http://cafe.tohoku.ac.jp/

申込方法

申込不要

受講料

無料

2月
23
2019
情報リテラシー連続セミナー@東北大学「情報リテラシー教育のこれからを考える」
「ここから始めるプログラミング教育」
2月 23 全日

主催

東北大学大学院情報科学研究科 情報リテラシー教育プログラム

開催場所・日時

東北大学青葉山北キャンパス情報科学研究科棟2階「大講義室」
2019年2月23日(土)14:00~16:30

講師

萩原 丈博氏(ソニー株式会社事業開発プラットフォーム)

対象

主として学部生・大学院生、大学教員、学校現場の教育関係者、情報リテラシーに関係する企業の方など

定員

60名

申込・問合先

東北大学大学院情報科学研究科 情報リテラシー教育プログラム支援センター
〒980-8579 仙台市青葉区荒巻字青葉6-3-09
http://www.is.tohoku.ac.jp/LItNEX/seminar.html

料金

無料

3月
3
2019
第32回「耳の日」イベント
3月 3 全日

主催

日本耳鼻咽喉科学会宮城県地方部会・宮城県耳鼻咽喉科医会

開催場所・日時

仙台市急患センター・仙台市医師会館2階ホール
2019年3月3日(日)10:00~12:00

内容

講演会 10:00~11:00
「エイジング・アンチエイジングから考えるめまいのお話」
 宮崎 浩充 氏(仙塩利府病院耳鼻咽喉科)
「失われた音を取り戻す-人工内耳について」
 織田 潔 氏(東北労災病院耳鼻咽喉科)
質疑応答 11:00~11:30
相談コーナー 11:30~12:00(無料医療相談には人数制限あり)

問合先

日本耳鼻咽喉科学会宮城県地方部会
第32回「耳の日」委員会事務局
〒980-8574 仙台市青葉区星陵町1-1
東北大学耳鼻咽喉・頭頸部外科
TEL: 022-717-7304 FAX: 022-717-7307

料金

無料

3月
15
2019
第57回リベラルアーツサロン:相関関係と因果関係を考える~入門計量経済学~
3月 15 全日

主催

東北大学

開催場所・時間

東北大学片平キャンパス片平北門会館2階エスパス
2019年3月15日(金)18:00~19:45

内容

安倍内閣は、「すべての女性が輝く社会づくり」を推進しています。どうすれば、女性を輝かせることができるのでしょうか。本日の講演では「どのようなことを調べれば、政策提言に役立つのか」、「相関関係」と「因果関係」に重点を置いて話をしたいと思います。

講師

若林 緑 氏(東北大学大学院経済学研究科准教授)

問合せ先

東北大学 総務企画部社会連携課社会連携推進係
022-217-5132
http://cafe.tohoku.ac.jp/

申込方法

申込不要

受講料

無料

3月
16
2019
公開シンポジウム「消費者の心理をさぐる」
3月 16 全日

主催

公益社団法人日本心理学会

開催場所・時間

東北大学川内キャンパス(Aエリア)講義棟A棟A200教室
2019年3月16日(土)13:00-17:00 (開場12:30)

内容

消費者の心理のメカニズムにせまります。物を買うときの心理とは,どのようなものでしょうか。脳科学の知見は「マーケティング」をどのように変えるのでしょうか。ブランドはどのようにして生まれるのでしょうか。物語を使った広告とはどのようなものでしょうか。本講座では,マーケティングについて経営学および心理学の観点から研究している第一線の講師を迎え,最新の研究事例を交えて考察します。

話題提供者:
「消費者行動における「選択しない」という選択」秋山 学 氏(神戸学院大学)
「広告効果をあげる認知心理学的技法」松田 憲 氏(北九州市立大学)
「消費者視点のブランド管理」坂下 玄哲 氏(慶應義塾大学)
「視線・脳機能計測による消費者行動研究」元木 康介 氏(東北大学)

定員

200名

申込方法

E-mailで,「件名」に1.希望日,2.大学名(会場名)を記入し,「本文」に,1.氏名,フリガナ,2.性別,年齢,3. 学校名,学年もしくは職名,4.〒,住所,電話番号,5.日本心理学会会員の方は会員番号,認定心理士の方は認定番号をお知らせください。
往復はがき,Faxでのお申し込みも受け付けますが,返信用宛名の記入,返信用Fax番号の記入(必須)をお願いいたします。

問合せ先

公益社団法人日本心理学会事務局
〒113-0033 東京都文京区本郷5-23-13 田村ビル内 
TEL:03-3814-3953 FAX:03-3814-3954 E-mail: jpa-event[atmark]psych.or.jp

参加費

無料

3月
22
2019
第162回サイエンスカフェ:合成化学で機能を創る
3月 22 全日

主催

東北大学

開催場所・時間

せんだいメディアテーク1階 オープンスクエア
2019年3月22日(金)18:00~19:45

内容

20世紀に大きく発展した有機合成化学は、21世紀に入り、従来対象としていなかったエレクトロニクス分野にも重要な役割を果たすようになっています。今回、私たちの研究室で生み出された化合物を例に、エレクトロニクスへの応用について紹介します。

講師

瀧宮 和男 氏(東北大学大学院理学研究科教授)

問合せ先

東北大学 総務企画部社会連携課社会連携推進係
022-217-5132
http://cafe.tohoku.ac.jp/

申込方法

申込不要

受講料

無料

3月
24
2019
仙台市天文台×東北大学大学院理学研究科 公開サイエンス講座
第4回「天の川銀河誕生の新たな描像に迫る」
3月 24 全日

主催

仙台市天文台×東北大学大学院理学研究科

開催場所・日時

仙台市天文台加藤・小坂ホール
2019年3月24日(日)14:00~15:30

講師

千葉 柾司 氏(東北大学大学院理学研究科天文学専攻教授)

内容

すばる望遠鏡やガイア衛星の観測からわかった天の川銀河の形成過程に関する最新描像についてお話します。

問合先

仙台市天文台
電話:022-391-1300
URL:http://www.sendai-astro.jp/

定員

50名程度

料金

無料