イベント情報

1月
19
2019
講座仙台学2019「マルチ人間大槻文彦-その仙台の文化への貢献-」
1月 19 全日

主催

学都仙台コンソーシアム・東北大学

開催場所・時間

東北工業大学一番町ロビー2階ホール
(仙台市青葉区一番町1-3-1 TMビル)
2019年1月19日(土)15:00~16:30

内容

大槻文彦は明治期に日本最初の近代的国語辞典『言海』を編纂した国語学者として知られています。しかし,大槻は英学修業からスタートしたのであり,その知的関心は,国語辞典と日本語文法の編纂を中心としながらも,歴史,地理地誌,国境意識,洋学史・日欧交渉史,父祖の業績,仙台(伊達藩),出版印刷,かな文字論,言文一致,音楽など,多岐にわたっていたのであり,マルチ人間だったのです。
本講座では,洋学を一つの手掛かりにしつつ,大槻による仙台の文化への貢献に迫ってみようと思います。

講師

後藤 斉 氏(東北大学文学研究科教授)

申込・問合先

東北大学 教育・学生支援部教務課教育支援係
TEL︓022-795-4933 FAX︓022-795-7555
メール︓gsc-sc[atmark]grp.tohoku.ac.jp
URL: http://www.gakuto-sendai.jp/index.html

申込方法

FAXまたはEメール(件名に「講座仙台学申込」と記入)に、①講座名 ②〒・住所③氏名(フリガナ) ④TEL・FAX番号をご記入のうえ、開講日の1週間前までにお申し込みください。

定員

80名

受講料

無料

講座仙台学2019「仙台のスポーツボランティアと東京オリパラ」
1月 19 全日

主催

学都仙台コンソーシアム・東北大学

開催場所・時間

東北工業大学一番町ロビー2階ホール
(仙台市青葉区一番町1-3-1 TMビル)
2019年1月19日(土)10:30~12:00

内容

1998年ブランメル仙台ボランティア組織設置以来,仙台はスポーツボランティアの先進地域としてたくさんのボランティア活動がされている。2002年にはW杯がありイタリアキャンプもあって,前年の国体とともに仙台のスポボラ元年と言われた。そして,再来年には東京オリパラを迎える。大会ボランティアでも都市ボランティアでもない,第三のスポーツボランティアを自ら実践して,最高の2020年を迎えようではありませんか。そのために,いま,何をしたら良いのでしょうか。そんなことを一緒に考えましょう。

講師

村松 淳司 氏(東北大学多元物質科学研究所教授)

申込・問合先

東北大学 教育・学生支援部教務課教育支援係
TEL:022-795-4933 FAx:022-795-7555
メール:gsc-sc[atmark]grp.tohoku.ac.jp
URL: http://www.gakuto-sendai.jp/index.html

申込方法

FAXまたはEメール(件名に「講座仙台学申込」と記入)に、①講座名 ②〒・住所③氏名(フリガナ) ④TEL・FAX番号をご記入のうえ、開講日の1週間前までにお申し込みください。

定員

80名

受講料

無料

1月
26
2019
講座仙台学2019「人口で見る仙台の過去・現在・未来」
1月 26 全日

主催

学都仙台コンソーシアム・宮城大学

開催場所・日時

仙台市市民活動サポートセンター 地階市民活動シアター
2019年1月26日(土) 13:00~14:30

内容

ある地域の将来像を描くとき,その地域に何人の人がいるのかを予測することは,様々な設備がどれくらい必要かを考えるうえで重要です。そのためにはこれまでに人がどのように増えてきたのかを知る必要があります。人類が誕生してから今までに,人はどのように増えてきたのでしょうか。その道のりは決して増加ばかりではありませんでした。本講義ではこれまでの人類の増加について,全世界,日本,東北,仙台と様々なレベルで考えてみたいと思います。

講師

萩原 潤 氏(宮城大学看護学群准教授)

申込・問合先

宮城大学サテライトキャンパス
TEL:022-716-6692 FAX:022-716-6693 Email:renkei-kouza[atmark]myu.ac.jp

申込方法

FaxまたはEメールに,講座名,氏名,住所,電話番号をご記入のうえ,開催日の3日前までにお申し込みください。

定員

60名(先着)

料金

無料

講座仙台学2019「戦中戦後の学校給食 仙台編」
1月 26 全日

主催

学都仙台コンソーシアム・仙台白百合女子大学

開催場所・日時

仙台市市民活動サポートセンター6Fセミナーホール
2019年1月26日(土)10:30~12:00

内容

 仙台市は昭和初期から学童の身体測定を実施し健康教育に熱心に取り組んできており、戦前から戦中にかけて給食を実施してきた学校もあります。
 さらに戦後はユニセフのミルク給食のモデル校となった学校もあり、島野市長の健康都市宣言のもと、先進的な学校給食を実施していました。
 本講座では、資料並びに、当時の栄養士や調理師、児童として体験をした人たちへの聞き取りをもとに、その実際について明らかにし、現代の学校給食の土台に迫ります。

講師

氏家 幸子氏(仙台白百合女子大学 人間学部健康栄養学科准教授)
【プロフィール】
学校栄養職員・栄養教諭として長年勤務。学校栄養職員・栄養教諭時代には宮城県の学校給食部会栄養教諭・学校栄養職員部会長を数期務めた。
 平成24年4月から仙台白百合女子大学人間学部健康栄養学科で教鞭をとり、給食経営管理、臨地実習、学校栄養教育論などを担当。
 学校給食関係の研究では、仙台市の事例をもとにした「戦前から戦後にわたる学校給食の歴史について」や「学校給食の献立の変遷に関する研究」がある。

申込み・問合せ先

仙台白百合女子大学 図書館・地域貢献研究センター
〒981-3107 仙台市泉区本田町6-1
電話 022-374-5090 FAX 022-374-4577
E-mail library[atmark]sendai-shirayuri.ac.jp
ホームページ http://sendai-shirayuri.ac.jp/

申込み方法

氏名(ふりがな)、郵便番号、住所、電話番号(またはE-mailアドレス)をご記入の上、はがき、FAX、E-mailでお申込ください。
申込締切:2019年1月11日(金)

定員

80 名

受講料

無料

講座仙台学2019「江戸時代の仙台、平成の仙台」
1月 26 全日

主催

学都仙台コンソーシアム・宮城大学

開催場所・日時

仙台市市民活動サポートセンター 地階市民活動シアター
2019年1月26日(土) 15:00~16:30

内容

伊達政宗の城下町建設に起点がある仙台市街地。東北の中心都市として開発が進んだ現在の街に、江戸時代の街の痕跡はどの程度のこっているのでしょうか。地図を手掛かりに、現在の仙台にのこる江戸時代の痕跡を探ってみます。

講師

三好 俊文 氏(宮城大学基盤教育群准教授)

申込・問合先

宮城大学サテライトキャンパス
TEL:022-716-6692 FAX:022-716-6693 Email:renkei-kouza[atmark]myu.ac.jp

申込方法

FaxまたはEメールに,講座名,氏名,住所,電話番号をご記入のうえ,開催日の3日前までにお申し込みください。

定員

60名(先着)

料金

無料

2月
9
2019
講座仙台学2019「繰り返す宮城県沖地震を通して見る仙台の歴史と防災」
2月 9 全日

主催

学都仙台コンソーシアム・東北大学

開催場所・時間

仙台市市民活動サポートセンター 6階セミナーホール
2019年1月26日(土)15:00~16:30

内容

本講座は,東北地方太平洋沖地震を含め繰り返し発生する宮城県沖地震の影響を受けながら発展してきた仙台の歴史を振り返り,次の宮城県沖地震に向けた防災・減災を学ぶものです。ローカルな地域が本来持っている自然の環境や条件を鏡に映しだしたものが自然災害であるならば,むかし起こったこととして安易に片付けるのではなく,仙台のまちの発展の中で各時代に受けた実際の被害から教訓や知恵を改めて学び直すことが重要になります。

講師

佐藤 健(東北大学災害科学国際研究所教授)

申込・問合先

東北大学 教育・学生支援部教務課教育支援係
TEL︓022-795-4933 FAX︓022-795-7555
メール︓gsc-sc[atmark]grp.tohoku.ac.jp
URL: http://www.gakuto-sendai.jp/index.html

申込方法

FAXまたはEメール(件名に「講座仙台学申込」と記入)に、①講座名 ②〒・住所③氏名(フリガナ) ④TEL・FAX番号をご記入のうえ、開講日の1週間前までにお申し込みください。

定員

80名

受講料

無料