イベント情報

7月
21
2018
サテライトキャンパス公開講座「『夜と霧』に学ぶ“生きる意味”」
7月 21 全日

主催

学都仙台コンソーシアム・仙台白百合女子大学

開催場所・時間

仙台市市民活動サポートセンターセミナーホール6F
2018年7月21日(土)10:30~12:00

講師

加藤 美紀 氏(仙台白百合女子大学 カトリック研究所所長)

内容

 “生きる意味”とは何か――。人間の根源的問いを生涯探求しつづけた精神科医V.E.フランクルが、ユダヤ人強制収容所から奇跡的に生還した体験を綴った『夜と霧』は、今も世界中で読み継がれる不朽の名作です。
 この講座では『夜と霧』を読み解く鍵となるエピソードを取り上げ、フランクルの生涯とその思想について解説します。人はいかにして絶望の闇の果てに「それでも人生にYES と言う」ことができるのか、希望のありかをご一緒に探りましょう。

申込み・問合せ先

仙台白百合女子大学 図書館・地域貢献研究センター
〒981-3107 仙台市泉区本田町6-1
TEL: 022-374-5090 FAX: 022-374-4577 
E-mail: library[atmark]sendai-shirayuri.ac.jp
http://sendai-shirayuri.ac.jp/

申込み方法

氏名(ふりがな)・郵便番号・住所・電話番号(またはE-mailアドレス)をご記入のうえ、はがき、FAX、E-mailで上記まで。申込締切:2018年7月13日(金)

定員

70名

受講料

無料

サテライトキャンパス公開講座「ユニバーサルデザイン-みんなの暮らしを快適に-」
7月 21 全日

主催

学都仙台コンソーシアム・宮城大学

開催場所・時間

仙台市市民活動サポートセンター 6Fセミナーホール
2018年7月21日(土) 15:00~16:30

講師

橋本 陽介 氏(宮城大学事業構想学群助教)

内容

社会の中には、子どもから高齢者まで幅広い年齢の人々が暮らしています。その他にも、障害の有無や性別、国籍、利き手…。様々な違いを持つ人々が暮らす社会の中で、みんなが快適に暮らすためには、なにが必要でしょうか。そのような問いを追求するのが“ユニバーサルデザイン”です。本講座では、身近にある“ユニバーサルデザイン”を取り上げながら、ユニバーサルデザインの基本を紹介します。その上で、受講者の皆さんと一緒に、ユニバーサルデザインを考えていきたいと思います。

申込み・問合せ先

宮城大学 地域連携センター
〒981-3298 黒川郡大和町学苑1-1
TEL:022-377-8319 FAX:022-377-8421
Email:renkei-kouza[atmark]myu.ac.jp
http://www.myu.ac.jp/

申込み方法

FAXまたはEメールに、講座名・氏名・住所・電話番号を記入して
開催日の3日前(7月18日)までに上記申込先へ。

定員

60名

受講料

無料

サテライトキャンパス公開講座「食産業におけるバイオマスの利活用 -廃棄物を肥料、エネルギー、プラスチックに-」
7月 21 全日

主催

学都仙台コンソーシアム・宮城大学

開催場所・時間

仙台市市民活動サポートセンター 6Fセミナーホール
2018年7月21日(土) 13:00~14:30

講師

柳澤 満則 氏(宮城大学食産業学群助教)

内容

バイオマスは、化石燃料の代替となる再生可能資源であり、食産業で排出される農業残渣、食品加工残渣、水産加工残渣等の多くの廃棄物もバイオマスである。
これらの廃棄物をバイオマス資源として肥料、エネルギー、プラスチック等に変換して利活用することができれば、限りある化石燃料の使用量を減らすことが可能である。本講座では、食産業で排出される廃棄物を食産業で利活用していく方法について具体的に提案する。

申込み・問合せ先

宮城大学 地域連携センター
〒981-3298 黒川郡大和町学苑1-1
TEL:022-377-8319 FAX:022-377-8421
Email:renkei-kouza[atmark]myu.ac.jp
http://www.myu.ac.jp/

申込み方法

FAXまたはEメールに、講座名・氏名・住所・電話番号を記入して
開催日の3日前(7月18日)までに上記申込先へ。

定員

60名

受講料

無料

7月
28
2018
サテライトキャンパス公開講座「声でわかる のどの病氣と健康」
7月 28 全日

開催場所・時間

仙台市市民活動サポートセンター 6Fセミナーホール
7月28日(土) 10:30~12:00

講師

石毛美代子氏(東北文化学園大学医療福祉学部准教授)

内容

声が「出しにくい」「低くなった」「長く話すと嗄れる」といった不調の原因は、手術や薬が必要な喉の病氣であることもあるが、音声酷使、発声法、加齢、喫煙、乾燥など日常の心がけや行動により改善・予防が期待できるものも少なくない。声帯は1秒間に100回以上振動することにより声を作る。高速での振動に必要な声帯の柔らかさ、しなやかさ、さらには喉の健康を保つための「声の衛生」を中心に、病院で行われている声の検査や治療についてわかりやすく解説する。

申込み・問合せ先

東北文化学園大学 地域連携センター
〒981-8551 仙台市青葉区国見6-45-1
TEL:022-233-3451 FAX:022-233-6298
E-mail: liaison[atmark]office.tbgu.ac.jp
http://www.tbgu.ac.jp/

申込み方法

FAXまたはEメールに、講座名・氏名・住所・電話番号をご記入して
開催日の1週間前(7月21日)までに上記申込先へ。

定員

80名

受講料

無料

サテライトキャンパス公開講座「夏の怪談教室~怪異と幻想の日本文学vol.3」(1)「われこそは玉梓が怨霊」―『南総里見八犬伝』と怪異―」
7月 28 全日

主催

学都仙台コンソーシアム・宮城学院女子大学

開催場所・時間

仙台市市民活動サポートセンター 6Fセミナーホール
7月28日(土) 13:00~14:30

講師

石川秀巳氏(東北大学名誉教授)

内容

『里見八犬伝』は、人間のお姫様と飼い犬との間に「誕生した」里見八犬士の活躍を語る、大長編伝奇小説です。物語の基本構想に関わるそうした異常出生は、妖婦玉梓の呪いの結果と見なされてきました。が、その点について、初刊当初から疑問が出されてもいたのです。八犬士ははたして呪いの子であったのか。『八犬伝』における人倫/怨霊のせめぎ合いを腑分けしてみましょう。

申込み・問合せ先

宮城学院女子大学 教務センター
〒981-8557 仙台市青葉区桜ヶ丘9-1-1
TEL:022-279-4703 FAX:022-279-4746
E-mail: kyomu[atmark]mgu.ac.jp
http://www.mgu.ac.jp/

申込み方法

往復はがき、FAXまたはEメールに、講座名・氏名・住所・電話番号・FAX番号を記入して開催日の1週間前(7月21日)までに上記申込先へ。

定員

80名

受講料

無料

サテライトキャンパス公開講座「夏の怪談教室~怪異と幻想の日本文学vol.3」(2)「江戸怪談の魅力と深層」
7月 28 全日

主催

学都仙台コンソーシアム・宮城学院女子大学

開催場所・時間

仙台市市民活動サポートセンター 6Fセミナーホール
7月28日(土) 15:00~16:30

講師

深澤昌夫氏(宮城学院女子大学学芸学部教授)

内容

江戸時代、不思議な話を語り合い、不思議なものを描くことが流行します。江戸時代ぐらい、怪談が流行った時代はありません。今回は「江戸特集」ということで、怪談文学の傑作『雨月物語』や『牡丹灯籠』などを中心に、どこがどう面白いのか、どこがどう怖いのか、その仕掛けや工夫、描写力に注目して江戸怪談の魅力に迫りたいと思います。

申込み・問合せ先

宮城学院女子大学 教務センター
〒981-8557 仙台市青葉区桜ヶ丘9-1-1
TEL:022-279-4703 FAX:022-279-4746
E-mail: kyomu[atmark]mgu.ac.jp
http://www.mgu.ac.jp/

申込み方法

往復はがき、FAXまたはEメールに、講座名・氏名・住所・電話番号・FAX番号を記入して開催日の1週間前(7月21日)までに上記申込先へ。

定員

80名

受講料

無料