イベント情報

4月
20
2018
宮城県民藝協会設立50周年記念 企画展「日本民藝館所蔵品による 手仕事の日本ー柳宗悦のまなざしー」
4月 20 – 6月 3 全日

主催

仙台市博物館

開催場所・日時

仙台市博物館
2018年4月20日(金曜日)~6月3日(日曜日)
9:00-16:45(入館は16:15まで)

内容

大正時代末期、思想家・柳宗悦(やなぎむねよし)[1889年-1961年]らは、「民藝(みんげい)」すなわち、日常の生活用具の中に美術品に劣らぬ美しさがあることを唱えた民芸運動を展開しました。工業化、大量生産社会にあって失われつつあった「手仕事」に美を見出すという、新たな価値観を示したのです。
その後、柳は仲間とともに全国を旅して優れた民芸品の収集を進め、昭和11年(1936年)、東京・駒場に「日本民藝館」を創設しました。

宮城県民芸協会の設立50周年を記念した本展では、柳が民芸の美に目覚めるきっかけとなった作品のほか、柳の著書『手仕事の日本』に掲載される日本各地の民芸品、芹沢銈介(せりざわけいすけ)作「日本民藝地図」など、日本民藝館の優品118件を紹介します。
これらの作品を通して、日本が誇る手仕事文化をぜひご堪能ください。

問合先

仙台市博物館
〒980-0862 仙台市青葉区川内26

仙台城三の丸跡

情報資料センター 電話:022-225-3074
https://www.city.sendai.jp/museum/

料金

観覧料:常設展料金でご覧いただけます。
一般・大学生 460円(360円)、高校生 230円(180円)、小・中学生 110円(90円)
※30名以上の団体料金はカッコ内の料金です。