イベント情報

※今般の新型コロナウイルス等の感染拡大予防の観点から開催が 延期・中止されるイベントもございます。開催の有無につきましては、主催者へのお問い合わせをお願いいたします。

※現在、「まなびのめ」紙版第49号(2020年8-10月発行予定)に掲載する「学び」イベントの情報(9月~12月開催予定)を募集しています。編集部までお寄せいただきますようお願いいたします。

7月
10
2020
<中止>2020年度 東北復興農学センター開放講座「マイスターコース」第7期 (全10回)
7月 10 全日

※新型コロナウイルス感染拡大予防のために「中止」となりました。

主催

東北大学 大学院農学研究科

内容

東北大学で「復興」×「農林水産業」を学びませんか?
令和2年度 第7期受講生募集 3月23日(月)よりスタートします(4月20日まで)。
一般社会人・大学生、どなたでも受講できます。

◆復興農学マイスター(CAR)コース CAR: certificated agricultural reconstruction
震災からの復興,自然災害にかかわる農学および先端技術を「復興農学講義」・「復興農学フィールド実習(被災地エクステンション)」を通して理解し,それらを震災による被災地域などの現場で活用できる能力を磨きます。

◆IT農業マイスター(CAIT)コース CAIT: certificated agricultural information technology
震災からの復興に向けて必要とされる「IT」×「農業」の実用性や応用性について「復興農学講義」・「IT農学実習(被災地エクステンション)」を通して理解し,それらを震災による被災地域などの現場で活用できる能力を磨きます。

http://www.tascr.agri.tohoku.ac.jp/curriculum/

開催場所・日時

東北復興農学センター(仙台市青葉区荒巻字青葉468-1 E222)
通業講義:2020年5月15日(金)~2020年7月17日(金) 全10回
毎週金曜日 18:30〜20:00

実習:2020年6月13日(土)、7月11日(土)、7月18日(土)〜19日(日)、8月22日(土)〜23日(日)、8月29日(土)

申込・問合せ先

東北復興農学センター 事務局
電話・FAX 022-757-4195 (9:00〜17:00)
メール tascr-agri[atmark]ml.tohoku.ac.jp

申込方法

申込用紙にご記入の上、東北復興農学センター事務局へメール(tascr-agri[atmark]ml.tohoku.ac.jp )を送って頂くか、またはFAX(022-757-4195)でお申込みください。(申込締切: 4月20日(月))

※申込用紙はこちら:http://www.tascr.agri.tohoku.ac.jp/curriculum/

※学都仙台コンソーシアム加盟大学の学生は、下記を参照してください。

【東北大学(本学)の学生】
 通常の履修手続きと同じく、Webシステムにて履修登録を行ってください。

・復興農学マイスターコース:「復興農学」「復興農学フィールド実習」の2科目を履修登録
・IT農業マイスターコース :「復興農学」「IT農学実習」の2科目を履修登録
※両コース受講の場合は、3科目すべてを履修登録してください。

【学都仙台コンソーシアムの単位互換ネットワーク利用の大学生】
 在籍する大学の担当窓口より、お申込みください。

定員

1)復興農学マイスターコース(CAR)‥‥40名程度
2)IT農業マイスターコース(CAIT)‥‥‥40名程度
※両コースを同時に受講することができます。
※募集定員は、学生と一般社会人を合わせた人数です。

受講資格

18歳以上の大学生および一般社会人の方(高校生は不可)で、やむを得ない事情を除き、すべての講義・実習に参加できる方。

受講料

受講料は無料です。
但し実習にかかるバス代、食事代、宿泊費などの実費分は、別途徴収いたします。(両コース取ると、社会人2万円、学生1万円程度を予定)

7月
11
2020
<中止>2020年度 東北復興農学センター開放講座「マイスターコース」第7期 (全10回)
7月 11 全日

※新型コロナウイルス感染拡大予防のために「中止」となりました。

主催

東北大学 大学院農学研究科

内容

東北大学で「復興」×「農林水産業」を学びませんか?
令和2年度 第7期受講生募集 3月23日(月)よりスタートします(4月20日まで)。
一般社会人・大学生、どなたでも受講できます。

◆復興農学マイスター(CAR)コース CAR: certificated agricultural reconstruction
震災からの復興,自然災害にかかわる農学および先端技術を「復興農学講義」・「復興農学フィールド実習(被災地エクステンション)」を通して理解し,それらを震災による被災地域などの現場で活用できる能力を磨きます。

◆IT農業マイスター(CAIT)コース CAIT: certificated agricultural information technology
震災からの復興に向けて必要とされる「IT」×「農業」の実用性や応用性について「復興農学講義」・「IT農学実習(被災地エクステンション)」を通して理解し,それらを震災による被災地域などの現場で活用できる能力を磨きます。

http://www.tascr.agri.tohoku.ac.jp/curriculum/

開催場所・日時

東北復興農学センター(仙台市青葉区荒巻字青葉468-1 E222)
通業講義:2020年5月15日(金)~2020年7月17日(金) 全10回
毎週金曜日 18:30〜20:00

実習:2020年6月13日(土)、7月11日(土)、7月18日(土)〜19日(日)、8月22日(土)〜23日(日)、8月29日(土)

申込・問合せ先

東北復興農学センター 事務局
電話・FAX 022-757-4195 (9:00〜17:00)
メール tascr-agri[atmark]ml.tohoku.ac.jp

申込方法

申込用紙にご記入の上、東北復興農学センター事務局へメール(tascr-agri[atmark]ml.tohoku.ac.jp )を送って頂くか、またはFAX(022-757-4195)でお申込みください。(申込締切: 4月20日(月))

※申込用紙はこちら:http://www.tascr.agri.tohoku.ac.jp/curriculum/

※学都仙台コンソーシアム加盟大学の学生は、下記を参照してください。

【東北大学(本学)の学生】
 通常の履修手続きと同じく、Webシステムにて履修登録を行ってください。

・復興農学マイスターコース:「復興農学」「復興農学フィールド実習」の2科目を履修登録
・IT農業マイスターコース :「復興農学」「IT農学実習」の2科目を履修登録
※両コース受講の場合は、3科目すべてを履修登録してください。

【学都仙台コンソーシアムの単位互換ネットワーク利用の大学生】
 在籍する大学の担当窓口より、お申込みください。

定員

1)復興農学マイスターコース(CAR)‥‥40名程度
2)IT農業マイスターコース(CAIT)‥‥‥40名程度
※両コースを同時に受講することができます。
※募集定員は、学生と一般社会人を合わせた人数です。

受講資格

18歳以上の大学生および一般社会人の方(高校生は不可)で、やむを得ない事情を除き、すべての講義・実習に参加できる方。

受講料

受講料は無料です。
但し実習にかかるバス代、食事代、宿泊費などの実費分は、別途徴収いたします。(両コース取ると、社会人2万円、学生1万円程度を予定)

7月
17
2020
<中止>2020年度 東北復興農学センター開放講座「マイスターコース」第7期 (全10回)
7月 17 全日

※新型コロナウイルス感染拡大予防のために「中止」となりました。

主催

東北大学 大学院農学研究科

内容

東北大学で「復興」×「農林水産業」を学びませんか?
令和2年度 第7期受講生募集 3月23日(月)よりスタートします(4月20日まで)。
一般社会人・大学生、どなたでも受講できます。

◆復興農学マイスター(CAR)コース CAR: certificated agricultural reconstruction
震災からの復興,自然災害にかかわる農学および先端技術を「復興農学講義」・「復興農学フィールド実習(被災地エクステンション)」を通して理解し,それらを震災による被災地域などの現場で活用できる能力を磨きます。

◆IT農業マイスター(CAIT)コース CAIT: certificated agricultural information technology
震災からの復興に向けて必要とされる「IT」×「農業」の実用性や応用性について「復興農学講義」・「IT農学実習(被災地エクステンション)」を通して理解し,それらを震災による被災地域などの現場で活用できる能力を磨きます。

http://www.tascr.agri.tohoku.ac.jp/curriculum/

開催場所・日時

東北復興農学センター(仙台市青葉区荒巻字青葉468-1 E222)
通業講義:2020年5月15日(金)~2020年7月17日(金) 全10回
毎週金曜日 18:30〜20:00

実習:2020年6月13日(土)、7月11日(土)、7月18日(土)〜19日(日)、8月22日(土)〜23日(日)、8月29日(土)

申込・問合せ先

東北復興農学センター 事務局
電話・FAX 022-757-4195 (9:00〜17:00)
メール tascr-agri[atmark]ml.tohoku.ac.jp

申込方法

申込用紙にご記入の上、東北復興農学センター事務局へメール(tascr-agri[atmark]ml.tohoku.ac.jp )を送って頂くか、またはFAX(022-757-4195)でお申込みください。(申込締切: 4月20日(月))

※申込用紙はこちら:http://www.tascr.agri.tohoku.ac.jp/curriculum/

※学都仙台コンソーシアム加盟大学の学生は、下記を参照してください。

【東北大学(本学)の学生】
 通常の履修手続きと同じく、Webシステムにて履修登録を行ってください。

・復興農学マイスターコース:「復興農学」「復興農学フィールド実習」の2科目を履修登録
・IT農業マイスターコース :「復興農学」「IT農学実習」の2科目を履修登録
※両コース受講の場合は、3科目すべてを履修登録してください。

【学都仙台コンソーシアムの単位互換ネットワーク利用の大学生】
 在籍する大学の担当窓口より、お申込みください。

定員

1)復興農学マイスターコース(CAR)‥‥40名程度
2)IT農業マイスターコース(CAIT)‥‥‥40名程度
※両コースを同時に受講することができます。
※募集定員は、学生と一般社会人を合わせた人数です。

受講資格

18歳以上の大学生および一般社会人の方(高校生は不可)で、やむを得ない事情を除き、すべての講義・実習に参加できる方。

受講料

受講料は無料です。
但し実習にかかるバス代、食事代、宿泊費などの実費分は、別途徴収いたします。(両コース取ると、社会人2万円、学生1万円程度を予定)

7月
18
2020
<中止>2020年度 東北復興農学センター開放講座「マイスターコース」第7期 (全10回)
7月 18 全日

※新型コロナウイルス感染拡大予防のために「中止」となりました。

主催

東北大学 大学院農学研究科

内容

東北大学で「復興」×「農林水産業」を学びませんか?
令和2年度 第7期受講生募集 3月23日(月)よりスタートします(4月20日まで)。
一般社会人・大学生、どなたでも受講できます。

◆復興農学マイスター(CAR)コース CAR: certificated agricultural reconstruction
震災からの復興,自然災害にかかわる農学および先端技術を「復興農学講義」・「復興農学フィールド実習(被災地エクステンション)」を通して理解し,それらを震災による被災地域などの現場で活用できる能力を磨きます。

◆IT農業マイスター(CAIT)コース CAIT: certificated agricultural information technology
震災からの復興に向けて必要とされる「IT」×「農業」の実用性や応用性について「復興農学講義」・「IT農学実習(被災地エクステンション)」を通して理解し,それらを震災による被災地域などの現場で活用できる能力を磨きます。

http://www.tascr.agri.tohoku.ac.jp/curriculum/

開催場所・日時

東北復興農学センター(仙台市青葉区荒巻字青葉468-1 E222)
通業講義:2020年5月15日(金)~2020年7月17日(金) 全10回
毎週金曜日 18:30〜20:00

実習:2020年6月13日(土)、7月11日(土)、7月18日(土)〜19日(日)、8月22日(土)〜23日(日)、8月29日(土)

申込・問合せ先

東北復興農学センター 事務局
電話・FAX 022-757-4195 (9:00〜17:00)
メール tascr-agri[atmark]ml.tohoku.ac.jp

申込方法

申込用紙にご記入の上、東北復興農学センター事務局へメール(tascr-agri[atmark]ml.tohoku.ac.jp )を送って頂くか、またはFAX(022-757-4195)でお申込みください。(申込締切: 4月20日(月))

※申込用紙はこちら:http://www.tascr.agri.tohoku.ac.jp/curriculum/

※学都仙台コンソーシアム加盟大学の学生は、下記を参照してください。

【東北大学(本学)の学生】
 通常の履修手続きと同じく、Webシステムにて履修登録を行ってください。

・復興農学マイスターコース:「復興農学」「復興農学フィールド実習」の2科目を履修登録
・IT農業マイスターコース :「復興農学」「IT農学実習」の2科目を履修登録
※両コース受講の場合は、3科目すべてを履修登録してください。

【学都仙台コンソーシアムの単位互換ネットワーク利用の大学生】
 在籍する大学の担当窓口より、お申込みください。

定員

1)復興農学マイスターコース(CAR)‥‥40名程度
2)IT農業マイスターコース(CAIT)‥‥‥40名程度
※両コースを同時に受講することができます。
※募集定員は、学生と一般社会人を合わせた人数です。

受講資格

18歳以上の大学生および一般社会人の方(高校生は不可)で、やむを得ない事情を除き、すべての講義・実習に参加できる方。

受講料

受講料は無料です。
但し実習にかかるバス代、食事代、宿泊費などの実費分は、別途徴収いたします。(両コース取ると、社会人2万円、学生1万円程度を予定)

7月
19
2020
<中止>2020年度 東北復興農学センター開放講座「マイスターコース」第7期 (全10回)
7月 19 全日

※新型コロナウイルス感染拡大予防のために「中止」となりました。

主催

東北大学 大学院農学研究科

内容

東北大学で「復興」×「農林水産業」を学びませんか?
令和2年度 第7期受講生募集 3月23日(月)よりスタートします(4月20日まで)。
一般社会人・大学生、どなたでも受講できます。

◆復興農学マイスター(CAR)コース CAR: certificated agricultural reconstruction
震災からの復興,自然災害にかかわる農学および先端技術を「復興農学講義」・「復興農学フィールド実習(被災地エクステンション)」を通して理解し,それらを震災による被災地域などの現場で活用できる能力を磨きます。

◆IT農業マイスター(CAIT)コース CAIT: certificated agricultural information technology
震災からの復興に向けて必要とされる「IT」×「農業」の実用性や応用性について「復興農学講義」・「IT農学実習(被災地エクステンション)」を通して理解し,それらを震災による被災地域などの現場で活用できる能力を磨きます。

http://www.tascr.agri.tohoku.ac.jp/curriculum/

開催場所・日時

東北復興農学センター(仙台市青葉区荒巻字青葉468-1 E222)
通業講義:2020年5月15日(金)~2020年7月17日(金) 全10回
毎週金曜日 18:30〜20:00

実習:2020年6月13日(土)、7月11日(土)、7月18日(土)〜19日(日)、8月22日(土)〜23日(日)、8月29日(土)

申込・問合せ先

東北復興農学センター 事務局
電話・FAX 022-757-4195 (9:00〜17:00)
メール tascr-agri[atmark]ml.tohoku.ac.jp

申込方法

申込用紙にご記入の上、東北復興農学センター事務局へメール(tascr-agri[atmark]ml.tohoku.ac.jp )を送って頂くか、またはFAX(022-757-4195)でお申込みください。(申込締切: 4月20日(月))

※申込用紙はこちら:http://www.tascr.agri.tohoku.ac.jp/curriculum/

※学都仙台コンソーシアム加盟大学の学生は、下記を参照してください。

【東北大学(本学)の学生】
 通常の履修手続きと同じく、Webシステムにて履修登録を行ってください。

・復興農学マイスターコース:「復興農学」「復興農学フィールド実習」の2科目を履修登録
・IT農業マイスターコース :「復興農学」「IT農学実習」の2科目を履修登録
※両コース受講の場合は、3科目すべてを履修登録してください。

【学都仙台コンソーシアムの単位互換ネットワーク利用の大学生】
 在籍する大学の担当窓口より、お申込みください。

定員

1)復興農学マイスターコース(CAR)‥‥40名程度
2)IT農業マイスターコース(CAIT)‥‥‥40名程度
※両コースを同時に受講することができます。
※募集定員は、学生と一般社会人を合わせた人数です。

受講資格

18歳以上の大学生および一般社会人の方(高校生は不可)で、やむを得ない事情を除き、すべての講義・実習に参加できる方。

受講料

受講料は無料です。
但し実習にかかるバス代、食事代、宿泊費などの実費分は、別途徴収いたします。(両コース取ると、社会人2万円、学生1万円程度を予定)

8月
22
2020
<中止>2020年度 東北復興農学センター開放講座「マイスターコース」第7期 (全10回)
8月 22 全日

※新型コロナウイルス感染拡大予防のために「中止」となりました。

主催

東北大学 大学院農学研究科

内容

東北大学で「復興」×「農林水産業」を学びませんか?
令和2年度 第7期受講生募集 3月23日(月)よりスタートします(4月20日まで)。
一般社会人・大学生、どなたでも受講できます。

◆復興農学マイスター(CAR)コース CAR: certificated agricultural reconstruction
震災からの復興,自然災害にかかわる農学および先端技術を「復興農学講義」・「復興農学フィールド実習(被災地エクステンション)」を通して理解し,それらを震災による被災地域などの現場で活用できる能力を磨きます。

◆IT農業マイスター(CAIT)コース CAIT: certificated agricultural information technology
震災からの復興に向けて必要とされる「IT」×「農業」の実用性や応用性について「復興農学講義」・「IT農学実習(被災地エクステンション)」を通して理解し,それらを震災による被災地域などの現場で活用できる能力を磨きます。

http://www.tascr.agri.tohoku.ac.jp/curriculum/

開催場所・日時

東北復興農学センター(仙台市青葉区荒巻字青葉468-1 E222)
通業講義:2020年5月15日(金)~2020年7月17日(金) 全10回
毎週金曜日 18:30〜20:00

実習:2020年6月13日(土)、7月11日(土)、7月18日(土)〜19日(日)、8月22日(土)〜23日(日)、8月29日(土)

申込・問合せ先

東北復興農学センター 事務局
電話・FAX 022-757-4195 (9:00〜17:00)
メール tascr-agri[atmark]ml.tohoku.ac.jp

申込方法

申込用紙にご記入の上、東北復興農学センター事務局へメール(tascr-agri[atmark]ml.tohoku.ac.jp )を送って頂くか、またはFAX(022-757-4195)でお申込みください。(申込締切: 4月20日(月))

※申込用紙はこちら:http://www.tascr.agri.tohoku.ac.jp/curriculum/

※学都仙台コンソーシアム加盟大学の学生は、下記を参照してください。

【東北大学(本学)の学生】
 通常の履修手続きと同じく、Webシステムにて履修登録を行ってください。

・復興農学マイスターコース:「復興農学」「復興農学フィールド実習」の2科目を履修登録
・IT農業マイスターコース :「復興農学」「IT農学実習」の2科目を履修登録
※両コース受講の場合は、3科目すべてを履修登録してください。

【学都仙台コンソーシアムの単位互換ネットワーク利用の大学生】
 在籍する大学の担当窓口より、お申込みください。

定員

1)復興農学マイスターコース(CAR)‥‥40名程度
2)IT農業マイスターコース(CAIT)‥‥‥40名程度
※両コースを同時に受講することができます。
※募集定員は、学生と一般社会人を合わせた人数です。

受講資格

18歳以上の大学生および一般社会人の方(高校生は不可)で、やむを得ない事情を除き、すべての講義・実習に参加できる方。

受講料

受講料は無料です。
但し実習にかかるバス代、食事代、宿泊費などの実費分は、別途徴収いたします。(両コース取ると、社会人2万円、学生1万円程度を予定)

8月
23
2020
<中止>2020年度 東北復興農学センター開放講座「マイスターコース」第7期 (全10回)
8月 23 全日

※新型コロナウイルス感染拡大予防のために「中止」となりました。

主催

東北大学 大学院農学研究科

内容

東北大学で「復興」×「農林水産業」を学びませんか?
令和2年度 第7期受講生募集 3月23日(月)よりスタートします(4月20日まで)。
一般社会人・大学生、どなたでも受講できます。

◆復興農学マイスター(CAR)コース CAR: certificated agricultural reconstruction
震災からの復興,自然災害にかかわる農学および先端技術を「復興農学講義」・「復興農学フィールド実習(被災地エクステンション)」を通して理解し,それらを震災による被災地域などの現場で活用できる能力を磨きます。

◆IT農業マイスター(CAIT)コース CAIT: certificated agricultural information technology
震災からの復興に向けて必要とされる「IT」×「農業」の実用性や応用性について「復興農学講義」・「IT農学実習(被災地エクステンション)」を通して理解し,それらを震災による被災地域などの現場で活用できる能力を磨きます。

http://www.tascr.agri.tohoku.ac.jp/curriculum/

開催場所・日時

東北復興農学センター(仙台市青葉区荒巻字青葉468-1 E222)
通業講義:2020年5月15日(金)~2020年7月17日(金) 全10回
毎週金曜日 18:30〜20:00

実習:2020年6月13日(土)、7月11日(土)、7月18日(土)〜19日(日)、8月22日(土)〜23日(日)、8月29日(土)

申込・問合せ先

東北復興農学センター 事務局
電話・FAX 022-757-4195 (9:00〜17:00)
メール tascr-agri[atmark]ml.tohoku.ac.jp

申込方法

申込用紙にご記入の上、東北復興農学センター事務局へメール(tascr-agri[atmark]ml.tohoku.ac.jp )を送って頂くか、またはFAX(022-757-4195)でお申込みください。(申込締切: 4月20日(月))

※申込用紙はこちら:http://www.tascr.agri.tohoku.ac.jp/curriculum/

※学都仙台コンソーシアム加盟大学の学生は、下記を参照してください。

【東北大学(本学)の学生】
 通常の履修手続きと同じく、Webシステムにて履修登録を行ってください。

・復興農学マイスターコース:「復興農学」「復興農学フィールド実習」の2科目を履修登録
・IT農業マイスターコース :「復興農学」「IT農学実習」の2科目を履修登録
※両コース受講の場合は、3科目すべてを履修登録してください。

【学都仙台コンソーシアムの単位互換ネットワーク利用の大学生】
 在籍する大学の担当窓口より、お申込みください。

定員

1)復興農学マイスターコース(CAR)‥‥40名程度
2)IT農業マイスターコース(CAIT)‥‥‥40名程度
※両コースを同時に受講することができます。
※募集定員は、学生と一般社会人を合わせた人数です。

受講資格

18歳以上の大学生および一般社会人の方(高校生は不可)で、やむを得ない事情を除き、すべての講義・実習に参加できる方。

受講料

受講料は無料です。
但し実習にかかるバス代、食事代、宿泊費などの実費分は、別途徴収いたします。(両コース取ると、社会人2万円、学生1万円程度を予定)

8月
29
2020
<中止>2020年度 東北復興農学センター開放講座「マイスターコース」第7期 (全10回)
8月 29 全日

※新型コロナウイルス感染拡大予防のために「中止」となりました。

主催

東北大学 大学院農学研究科

内容

東北大学で「復興」×「農林水産業」を学びませんか?
令和2年度 第7期受講生募集 3月23日(月)よりスタートします(4月20日まで)。
一般社会人・大学生、どなたでも受講できます。

◆復興農学マイスター(CAR)コース CAR: certificated agricultural reconstruction
震災からの復興,自然災害にかかわる農学および先端技術を「復興農学講義」・「復興農学フィールド実習(被災地エクステンション)」を通して理解し,それらを震災による被災地域などの現場で活用できる能力を磨きます。

◆IT農業マイスター(CAIT)コース CAIT: certificated agricultural information technology
震災からの復興に向けて必要とされる「IT」×「農業」の実用性や応用性について「復興農学講義」・「IT農学実習(被災地エクステンション)」を通して理解し,それらを震災による被災地域などの現場で活用できる能力を磨きます。

http://www.tascr.agri.tohoku.ac.jp/curriculum/

開催場所・日時

東北復興農学センター(仙台市青葉区荒巻字青葉468-1 E222)
通業講義:2020年5月15日(金)~2020年7月17日(金) 全10回
毎週金曜日 18:30〜20:00

実習:2020年6月13日(土)、7月11日(土)、7月18日(土)〜19日(日)、8月22日(土)〜23日(日)、8月29日(土)

申込・問合せ先

東北復興農学センター 事務局
電話・FAX 022-757-4195 (9:00〜17:00)
メール tascr-agri[atmark]ml.tohoku.ac.jp

申込方法

申込用紙にご記入の上、東北復興農学センター事務局へメール(tascr-agri[atmark]ml.tohoku.ac.jp )を送って頂くか、またはFAX(022-757-4195)でお申込みください。(申込締切: 4月20日(月))

※申込用紙はこちら:http://www.tascr.agri.tohoku.ac.jp/curriculum/

※学都仙台コンソーシアム加盟大学の学生は、下記を参照してください。

【東北大学(本学)の学生】
 通常の履修手続きと同じく、Webシステムにて履修登録を行ってください。

・復興農学マイスターコース:「復興農学」「復興農学フィールド実習」の2科目を履修登録
・IT農業マイスターコース :「復興農学」「IT農学実習」の2科目を履修登録
※両コース受講の場合は、3科目すべてを履修登録してください。

【学都仙台コンソーシアムの単位互換ネットワーク利用の大学生】
 在籍する大学の担当窓口より、お申込みください。

定員

1)復興農学マイスターコース(CAR)‥‥40名程度
2)IT農業マイスターコース(CAIT)‥‥‥40名程度
※両コースを同時に受講することができます。
※募集定員は、学生と一般社会人を合わせた人数です。

受講資格

18歳以上の大学生および一般社会人の方(高校生は不可)で、やむを得ない事情を除き、すべての講義・実習に参加できる方。

受講料

受講料は無料です。
但し実習にかかるバス代、食事代、宿泊費などの実費分は、別途徴収いたします。(両コース取ると、社会人2万円、学生1万円程度を予定)