イベント情報

8月
23
2019
みやぎ県民大学「材料の機能で環境を守る」(全4回)
8月 23 全日

主催

宮城県教育委員会・東北大学大学院環境科学研究科

開催場所・日時

東北大学東北大学大学院環境科学研究科本館
2019年8月23日(金),8月30日(金),9月6日(金),9月13日(金)
17:30~19:00(全回)

講師

(東北大学大学院環境科学研究科)

内容

本講座では,いろいろな材料(物質)のもつ個性的な性能(性質)を用いて,環境,エネルギー,生体等に関わる問題を解決する研究内容を分かりやすく説明し,今後の展開を考えます。
第1回「断熱材と蓄熱材でエネルギー問題を解決する」
第2回「炭素ナノ材料で電池を高性能化する」
第3回「水の中で金属/合金ナノ材料を作る~省資源と省エネルギー」
第4回「セラミックス材料で生体や環境を修復する」

定員

50名

申込・問合先

〒980-8572仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
東北大学大学院環境科学研究科教務係「みやぎ県民大学講座」
TEL:022-752-2235FAX:022-752-2236
E-mail:kankyo.kyomu[atmark]grp.tohoku.ac.jp

申込方法

往復はがき,FAX又はE-mail

応募者多数の場合は先着順とさせていただきます。

受付期間:6月28日(金)~8月2日(金)
※申込み後,開講日前日までに受講決定の連絡が無い場合は,申込先にお問い合わせください。

料金

無料

8月
24
2019
みやぎ県民大学「災害・防災を知る~様々な視点から~」(全4回)
8月 24 全日

主催

宮城県教育委員会・宮城県図書館

開催場所・日時

宮城県図書館ホール養賢堂
(全4回)
第1回8月24日(土)10時30分~12時15分 
第2回9月 7日(土)10時30分~12時00分
第3回9月21日(土)10時30分~12時00分
第4回10月5日(土)10時30分~12時15分 

内容

第1回8月24日(土) 「高等学校における防災減災教育の取組」
第2回9月 7日(土) 「県立測候所物語―近代宮城の気象観測と災害」
第3回9月21日(土) 「文化遺産の防災・減災―よりよい復興のために」
第4回10月5日(土) 「宮城県図書館の震災伝承活動」

申込・問合先

〒981-3205仙台市泉区紫山1-1-1
TEL 022(377)8444 FAX 022(377)8484
Email: kikaku[atmark]library.pref.miyagi.jp

申込方法

当館HP申込みフォーム、館内備付け申込書、FAXまたはEメール
受付期間:7月14日(日)~8月23日(金) (※先着順となります)

定員

50名

受講料

無料

8月
26
2019
みやぎ県民大学「地球にやさしいエネルギーと環境・材料技術~太陽電池・水素・超伝導・植物の品種改良~」(全4回)
8月 26 – 8月 29 全日

主催

宮城県教育委員会、東北大学金属材料研究所

開催場所・日時

東北大学金属材料研究所2号館1階 講堂(仙台市青葉区片平2丁目1-1)
2019年8月26日(月)~29日(木) いずれも18:00~19:30(全4回)

内容

循環型社会の実現に不可欠な研究開発の代表例として、太陽光をエネルギーとして用いる太陽電池、環境にやさしい水素エネルギーの利用技術、エネルギーをロスなく利用するための技術として注目されている超伝導の仕組み・材料・その応用について勉強します。植物の品種改良により日々の食生活の改善・環境負荷への低減に貢献していることもお話します。ぜひお氣軽にご参加ください。

第1回:8月26日(月)「超伝導の科学と技術~発見から百年、そして未来~」
第2回:8月27日(火)「エネルギー問題を考える~太陽電池用シリコン結晶の現状~」
第3回:8月28日(水)「植物の品種改良~毎日の食卓を見る眼が変わる~」
第4回:8月29日(木)「水素エネルギー~CO2ゼロ社会への挑戦~」

問合せ・申込み先

東北大学金属材料研究所総務課総務係「みやぎ県民大学」担当 
〒980-8577 宮城県仙台市青葉区片平2-1-1
TEL:022-215-2184 Fax:022-215-2184 E-mail:imr-som[atmark]imr.tohoku.ac.jp 
http://www.imr.tohoku.ac.jp/ja/public/events/detail—id-469.html

申込方法

事前申し込みが必要です。1講座のみの受講も可能。8/19〆切 
1)郵便番号 2)住所  3)氏名(フリガナ) 4)性別  5)年齢  6)職業(学年)  7)電話番号
を明記の上、はがき、FAXまたはE-mailにより上記までお申し込み下さい。

対象

中学生以上の県民≪先着順:定員50名≫

受講料

無料

8月
27
2019
みやぎ県民大学「地球にやさしいエネルギーと環境・材料技術~太陽電池・水素・超伝導・植物の品種改良~」(全4回)
8月 27 – 8月 30 全日

主催

宮城県教育委員会、東北大学金属材料研究所

開催場所・日時

東北大学金属材料研究所2号館1階 講堂(仙台市青葉区片平2丁目1-1)
2019年8月26日(月)~29日(木) いずれも18:00~19:30(全4回)

内容

循環型社会の実現に不可欠な研究開発の代表例として、太陽光をエネルギーとして用いる太陽電池、環境にやさしい水素エネルギーの利用技術、エネルギーをロスなく利用するための技術として注目されている超伝導の仕組み・材料・その応用について勉強します。植物の品種改良により日々の食生活の改善・環境負荷への低減に貢献していることもお話します。ぜひお氣軽にご参加ください。

第1回:8月26日(月)「超伝導の科学と技術~発見から百年、そして未来~」
第2回:8月27日(火)「エネルギー問題を考える~太陽電池用シリコン結晶の現状~」
第3回:8月28日(水)「植物の品種改良~毎日の食卓を見る眼が変わる~」
第4回:8月29日(木)「水素エネルギー~CO2ゼロ社会への挑戦~」

問合せ・申込み先

東北大学金属材料研究所総務課総務係「みやぎ県民大学」担当 
〒980-8577 宮城県仙台市青葉区片平2-1-1
TEL:022-215-2184 Fax:022-215-2184 E-mail:imr-som[atmark]imr.tohoku.ac.jp 
http://www.imr.tohoku.ac.jp/ja/public/events/detail—id-469.html

申込方法

事前申し込みが必要です。1講座のみの受講も可能。8/19〆切 
1)郵便番号 2)住所  3)氏名(フリガナ) 4)性別  5)年齢  6)職業(学年)  7)電話番号
を明記の上、はがき、FAXまたはE-mailにより上記までお申し込み下さい。

対象

中学生以上の県民≪先着順:定員50名≫

受講料

無料

8月
28
2019
みやぎ県民大学「地球にやさしいエネルギーと環境・材料技術~太陽電池・水素・超伝導・植物の品種改良~」(全4回)
8月 28 – 8月 31 全日

主催

宮城県教育委員会、東北大学金属材料研究所

開催場所・日時

東北大学金属材料研究所2号館1階 講堂(仙台市青葉区片平2丁目1-1)
2019年8月26日(月)~29日(木) いずれも18:00~19:30(全4回)

内容

循環型社会の実現に不可欠な研究開発の代表例として、太陽光をエネルギーとして用いる太陽電池、環境にやさしい水素エネルギーの利用技術、エネルギーをロスなく利用するための技術として注目されている超伝導の仕組み・材料・その応用について勉強します。植物の品種改良により日々の食生活の改善・環境負荷への低減に貢献していることもお話します。ぜひお氣軽にご参加ください。

第1回:8月26日(月)「超伝導の科学と技術~発見から百年、そして未来~」
第2回:8月27日(火)「エネルギー問題を考える~太陽電池用シリコン結晶の現状~」
第3回:8月28日(水)「植物の品種改良~毎日の食卓を見る眼が変わる~」
第4回:8月29日(木)「水素エネルギー~CO2ゼロ社会への挑戦~」

問合せ・申込み先

東北大学金属材料研究所総務課総務係「みやぎ県民大学」担当 
〒980-8577 宮城県仙台市青葉区片平2-1-1
TEL:022-215-2184 Fax:022-215-2184 E-mail:imr-som[atmark]imr.tohoku.ac.jp 
http://www.imr.tohoku.ac.jp/ja/public/events/detail—id-469.html

申込方法

事前申し込みが必要です。1講座のみの受講も可能。8/19〆切 
1)郵便番号 2)住所  3)氏名(フリガナ) 4)性別  5)年齢  6)職業(学年)  7)電話番号
を明記の上、はがき、FAXまたはE-mailにより上記までお申し込み下さい。

対象

中学生以上の県民≪先着順:定員50名≫

受講料

無料

8月
29
2019
みやぎ県民大学「地球にやさしいエネルギーと環境・材料技術~太陽電池・水素・超伝導・植物の品種改良~」(全4回)
8月 29 – 9月 1 全日

主催

宮城県教育委員会、東北大学金属材料研究所

開催場所・日時

東北大学金属材料研究所2号館1階 講堂(仙台市青葉区片平2丁目1-1)
2019年8月26日(月)~29日(木) いずれも18:00~19:30(全4回)

内容

循環型社会の実現に不可欠な研究開発の代表例として、太陽光をエネルギーとして用いる太陽電池、環境にやさしい水素エネルギーの利用技術、エネルギーをロスなく利用するための技術として注目されている超伝導の仕組み・材料・その応用について勉強します。植物の品種改良により日々の食生活の改善・環境負荷への低減に貢献していることもお話します。ぜひお氣軽にご参加ください。

第1回:8月26日(月)「超伝導の科学と技術~発見から百年、そして未来~」
第2回:8月27日(火)「エネルギー問題を考える~太陽電池用シリコン結晶の現状~」
第3回:8月28日(水)「植物の品種改良~毎日の食卓を見る眼が変わる~」
第4回:8月29日(木)「水素エネルギー~CO2ゼロ社会への挑戦~」

問合せ・申込み先

東北大学金属材料研究所総務課総務係「みやぎ県民大学」担当 
〒980-8577 宮城県仙台市青葉区片平2-1-1
TEL:022-215-2184 Fax:022-215-2184 E-mail:imr-som[atmark]imr.tohoku.ac.jp 
http://www.imr.tohoku.ac.jp/ja/public/events/detail—id-469.html

申込方法

事前申し込みが必要です。1講座のみの受講も可能。8/19〆切 
1)郵便番号 2)住所  3)氏名(フリガナ) 4)性別  5)年齢  6)職業(学年)  7)電話番号
を明記の上、はがき、FAXまたはE-mailにより上記までお申し込み下さい。

対象

中学生以上の県民≪先着順:定員50名≫

受講料

無料

8月
30
2019
みやぎ県民大学「ながれの科学」(全4回)
8月 30 全日

主催

宮城県教育委員会・東北大学流体科学研究所

開催場所・日時

東北大学流体科学研究所(仙台市青葉区片平2丁目1-1)
2019年8月30日(金),9月6日(金),9月13日(金),9月20日(金)
18:00~20:00(全回)

講師

(東北大学流体科学研究所)

内容

ロケット燃料のながれ,無重力におけるながれ,ながれの設計をものづくりに生かす方法,プラズマのながれ,飛行機まわりのながれ,温泉のながれなど,ながれに関する科学を紹介し,その中に潜む科学を解き明かします。
第1回「液体ロケットエンジンターボポンプ内の流れ,キャビテーション実験施設の見学」
第2回「地上の流れと宇宙での流れ」
第3回「ながれと「ものづくり」」
第4回「プラズマの流れ」「飛行機に関するながれ」「温泉のながれで日本をワクワクさせよう!」

定員

50名

申込・問合先

〒980-8577仙台市青葉区片平2-1-1
東北大学流体科学研究所総務係「みやぎ県民大学講座」
TEL:022-217-5303FAX:022-217-5311 E-mail: shomu[atmark]ifs.tohoku.ac.jp

申込方法

はがき,E-mail,FAX(住所・氏名(ふりがなも)・年齢・電話番号・性別・職業をご記入ください)

応募者多数の場合は先着順とさせていただきます。

受付期間:7月1日(月)~8月23日(金)
※申込み後,開講日前日までに受講決定の連絡が無い場合は,申込先にお問い合わせください。

料金

無料

みやぎ県民大学「材料の機能で環境を守る」(全4回)
8月 30 全日

主催

宮城県教育委員会・東北大学大学院環境科学研究科

開催場所・日時

東北大学東北大学大学院環境科学研究科本館
2019年8月23日(金),8月30日(金),9月6日(金),9月13日(金)
17:30~19:00(全回)

講師

(東北大学大学院環境科学研究科)

内容

本講座では,いろいろな材料(物質)のもつ個性的な性能(性質)を用いて,環境,エネルギー,生体等に関わる問題を解決する研究内容を分かりやすく説明し,今後の展開を考えます。
第1回「断熱材と蓄熱材でエネルギー問題を解決する」
第2回「炭素ナノ材料で電池を高性能化する」
第3回「水の中で金属/合金ナノ材料を作る~省資源と省エネルギー」
第4回「セラミックス材料で生体や環境を修復する」

定員

50名

申込・問合先

〒980-8572仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
東北大学大学院環境科学研究科教務係「みやぎ県民大学講座」
TEL:022-752-2235FAX:022-752-2236
E-mail:kankyo.kyomu[atmark]grp.tohoku.ac.jp

申込方法

往復はがき,FAX又はE-mail

応募者多数の場合は先着順とさせていただきます。

受付期間:6月28日(金)~8月2日(金)
※申込み後,開講日前日までに受講決定の連絡が無い場合は,申込先にお問い合わせください。

料金

無料

9月
6
2019
みやぎ県民大学「ながれの科学」(全4回)
9月 6 全日

主催

宮城県教育委員会・東北大学流体科学研究所

開催場所・日時

東北大学流体科学研究所(仙台市青葉区片平2丁目1-1)
2019年8月30日(金),9月6日(金),9月13日(金),9月20日(金)
18:00~20:00(全回)

講師

(東北大学流体科学研究所)

内容

ロケット燃料のながれ,無重力におけるながれ,ながれの設計をものづくりに生かす方法,プラズマのながれ,飛行機まわりのながれ,温泉のながれなど,ながれに関する科学を紹介し,その中に潜む科学を解き明かします。
第1回「液体ロケットエンジンターボポンプ内の流れ,キャビテーション実験施設の見学」
第2回「地上の流れと宇宙での流れ」
第3回「ながれと「ものづくり」」
第4回「プラズマの流れ」「飛行機に関するながれ」「温泉のながれで日本をワクワクさせよう!」

定員

50名

申込・問合先

〒980-8577仙台市青葉区片平2-1-1
東北大学流体科学研究所総務係「みやぎ県民大学講座」
TEL:022-217-5303FAX:022-217-5311 E-mail: shomu[atmark]ifs.tohoku.ac.jp

申込方法

はがき,E-mail,FAX(住所・氏名(ふりがなも)・年齢・電話番号・性別・職業をご記入ください)

応募者多数の場合は先着順とさせていただきます。

受付期間:7月1日(月)~8月23日(金)
※申込み後,開講日前日までに受講決定の連絡が無い場合は,申込先にお問い合わせください。

料金

無料

みやぎ県民大学「材料の機能で環境を守る」(全4回)
9月 6 全日

主催

宮城県教育委員会・東北大学大学院環境科学研究科

開催場所・日時

東北大学東北大学大学院環境科学研究科本館
2019年8月23日(金),8月30日(金),9月6日(金),9月13日(金)
17:30~19:00(全回)

講師

(東北大学大学院環境科学研究科)

内容

本講座では,いろいろな材料(物質)のもつ個性的な性能(性質)を用いて,環境,エネルギー,生体等に関わる問題を解決する研究内容を分かりやすく説明し,今後の展開を考えます。
第1回「断熱材と蓄熱材でエネルギー問題を解決する」
第2回「炭素ナノ材料で電池を高性能化する」
第3回「水の中で金属/合金ナノ材料を作る~省資源と省エネルギー」
第4回「セラミックス材料で生体や環境を修復する」

定員

50名

申込・問合先

〒980-8572仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
東北大学大学院環境科学研究科教務係「みやぎ県民大学講座」
TEL:022-752-2235FAX:022-752-2236
E-mail:kankyo.kyomu[atmark]grp.tohoku.ac.jp

申込方法

往復はがき,FAX又はE-mail

応募者多数の場合は先着順とさせていただきます。

受付期間:6月28日(金)~8月2日(金)
※申込み後,開講日前日までに受講決定の連絡が無い場合は,申込先にお問い合わせください。

料金

無料

9月
7
2019
みやぎ県民大学「災害・防災を知る~様々な視点から~」(全4回)
9月 7 全日

主催

宮城県教育委員会・宮城県図書館

開催場所・日時

宮城県図書館ホール養賢堂
(全4回)
第1回8月24日(土)10時30分~12時15分 
第2回9月 7日(土)10時30分~12時00分
第3回9月21日(土)10時30分~12時00分
第4回10月5日(土)10時30分~12時15分 

内容

第1回8月24日(土) 「高等学校における防災減災教育の取組」
第2回9月 7日(土) 「県立測候所物語―近代宮城の気象観測と災害」
第3回9月21日(土) 「文化遺産の防災・減災―よりよい復興のために」
第4回10月5日(土) 「宮城県図書館の震災伝承活動」

申込・問合先

〒981-3205仙台市泉区紫山1-1-1
TEL 022(377)8444 FAX 022(377)8484
Email: kikaku[atmark]library.pref.miyagi.jp

申込方法

当館HP申込みフォーム、館内備付け申込書、FAXまたはEメール
受付期間:7月14日(日)~8月23日(金) (※先着順となります)

定員

50名

受講料

無料

みやぎ県民大学「能と日本文化」(全5回)
9月 7 全日

主催

宮城県教育委員会・宮城教育大学

開催場所・日時

宮城教育大学およびせんだい演劇工房10-BOX別館「能-BOX」
2019年9月7日(土),9月14日(土),9月21日(土),9月28日(土),10月5日(土)
13:30~16:00(全回)

講師

(宮城教育大学)

内容

能に関心があるがなかなか触れる機会がない人や,授業で能を取り上げてみようかと考えている現職教員を対象に,能の基礎と実際について分かりやすく講義をします。本年度は「懊悩する女の能」と題して,苛酷な世界に対峙した女の苦悩を描いた作品を取り上げ鑑賞することにします。女たちはその苦悩が極限化すれば,狂女となり鬼女となりますが,そこまでいかなくても能の女性たちはそれぞれの状況のなかで「生きづらさ」に懊悩します。背景となる文化や宗教との関わりにも触れながら,能が与える人間観を考えてみたいと思います。また能舞台の見学と体験も行います。
第1回「愛の谷間に沈む」-能「求塚」を鑑賞する-
第2回「鬼女への道」-能「黒塚」を鑑賞する-
第3回「山と海二題」-能「山姥」を鑑賞する-
第4回「乱拍子」-能「道成寺」を鑑賞する-
第5回「能舞台に上がろう」-仕舞「黒塚」を舞う-

定員

60名

申込・問合先

〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉149
宮城教育大学研究・連携推進課連携推進係「みやぎ県民大学講座」
TEL 022-214-3521 FAX 022-214-3342E-mail:renkei[atmark]adm.miyakyo-u.ac.jp

申込方法

往復はがき,FAX,E-mail
受付期間:6月1日(土)~8月30日(金)
※申込み後,開講日前日までに受講決定の連絡が無い場合は,申込先にお問い合わせください。

料金

無料

9月
13
2019
みやぎ県民大学「ながれの科学」(全4回)
9月 13 全日

主催

宮城県教育委員会・東北大学流体科学研究所

開催場所・日時

東北大学流体科学研究所(仙台市青葉区片平2丁目1-1)
2019年8月30日(金),9月6日(金),9月13日(金),9月20日(金)
18:00~20:00(全回)

講師

(東北大学流体科学研究所)

内容

ロケット燃料のながれ,無重力におけるながれ,ながれの設計をものづくりに生かす方法,プラズマのながれ,飛行機まわりのながれ,温泉のながれなど,ながれに関する科学を紹介し,その中に潜む科学を解き明かします。
第1回「液体ロケットエンジンターボポンプ内の流れ,キャビテーション実験施設の見学」
第2回「地上の流れと宇宙での流れ」
第3回「ながれと「ものづくり」」
第4回「プラズマの流れ」「飛行機に関するながれ」「温泉のながれで日本をワクワクさせよう!」

定員

50名

申込・問合先

〒980-8577仙台市青葉区片平2-1-1
東北大学流体科学研究所総務係「みやぎ県民大学講座」
TEL:022-217-5303FAX:022-217-5311 E-mail: shomu[atmark]ifs.tohoku.ac.jp

申込方法

はがき,E-mail,FAX(住所・氏名(ふりがなも)・年齢・電話番号・性別・職業をご記入ください)

応募者多数の場合は先着順とさせていただきます。

受付期間:7月1日(月)~8月23日(金)
※申込み後,開講日前日までに受講決定の連絡が無い場合は,申込先にお問い合わせください。

料金

無料

みやぎ県民大学「材料の機能で環境を守る」(全4回)
9月 13 全日

主催

宮城県教育委員会・東北大学大学院環境科学研究科

開催場所・日時

東北大学東北大学大学院環境科学研究科本館
2019年8月23日(金),8月30日(金),9月6日(金),9月13日(金)
17:30~19:00(全回)

講師

(東北大学大学院環境科学研究科)

内容

本講座では,いろいろな材料(物質)のもつ個性的な性能(性質)を用いて,環境,エネルギー,生体等に関わる問題を解決する研究内容を分かりやすく説明し,今後の展開を考えます。
第1回「断熱材と蓄熱材でエネルギー問題を解決する」
第2回「炭素ナノ材料で電池を高性能化する」
第3回「水の中で金属/合金ナノ材料を作る~省資源と省エネルギー」
第4回「セラミックス材料で生体や環境を修復する」

定員

50名

申込・問合先

〒980-8572仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
東北大学大学院環境科学研究科教務係「みやぎ県民大学講座」
TEL:022-752-2235FAX:022-752-2236
E-mail:kankyo.kyomu[atmark]grp.tohoku.ac.jp

申込方法

往復はがき,FAX又はE-mail

応募者多数の場合は先着順とさせていただきます。

受付期間:6月28日(金)~8月2日(金)
※申込み後,開講日前日までに受講決定の連絡が無い場合は,申込先にお問い合わせください。

料金

無料

9月
14
2019
みやぎ県民大学「能と日本文化」(全5回)
9月 14 全日

主催

宮城県教育委員会・宮城教育大学

開催場所・日時

宮城教育大学およびせんだい演劇工房10-BOX別館「能-BOX」
2019年9月7日(土),9月14日(土),9月21日(土),9月28日(土),10月5日(土)
13:30~16:00(全回)

講師

(宮城教育大学)

内容

能に関心があるがなかなか触れる機会がない人や,授業で能を取り上げてみようかと考えている現職教員を対象に,能の基礎と実際について分かりやすく講義をします。本年度は「懊悩する女の能」と題して,苛酷な世界に対峙した女の苦悩を描いた作品を取り上げ鑑賞することにします。女たちはその苦悩が極限化すれば,狂女となり鬼女となりますが,そこまでいかなくても能の女性たちはそれぞれの状況のなかで「生きづらさ」に懊悩します。背景となる文化や宗教との関わりにも触れながら,能が与える人間観を考えてみたいと思います。また能舞台の見学と体験も行います。
第1回「愛の谷間に沈む」-能「求塚」を鑑賞する-
第2回「鬼女への道」-能「黒塚」を鑑賞する-
第3回「山と海二題」-能「山姥」を鑑賞する-
第4回「乱拍子」-能「道成寺」を鑑賞する-
第5回「能舞台に上がろう」-仕舞「黒塚」を舞う-

定員

60名

申込・問合先

〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉149
宮城教育大学研究・連携推進課連携推進係「みやぎ県民大学講座」
TEL 022-214-3521 FAX 022-214-3342E-mail:renkei[atmark]adm.miyakyo-u.ac.jp

申込方法

往復はがき,FAX,E-mail
受付期間:6月1日(土)~8月30日(金)
※申込み後,開講日前日までに受講決定の連絡が無い場合は,申込先にお問い合わせください。

料金

無料

9月
20
2019
みやぎ県民大学「ながれの科学」(全4回)
9月 20 全日

主催

宮城県教育委員会・東北大学流体科学研究所

開催場所・日時

東北大学流体科学研究所(仙台市青葉区片平2丁目1-1)
2019年8月30日(金),9月6日(金),9月13日(金),9月20日(金)
18:00~20:00(全回)

講師

(東北大学流体科学研究所)

内容

ロケット燃料のながれ,無重力におけるながれ,ながれの設計をものづくりに生かす方法,プラズマのながれ,飛行機まわりのながれ,温泉のながれなど,ながれに関する科学を紹介し,その中に潜む科学を解き明かします。
第1回「液体ロケットエンジンターボポンプ内の流れ,キャビテーション実験施設の見学」
第2回「地上の流れと宇宙での流れ」
第3回「ながれと「ものづくり」」
第4回「プラズマの流れ」「飛行機に関するながれ」「温泉のながれで日本をワクワクさせよう!」

定員

50名

申込・問合先

〒980-8577仙台市青葉区片平2-1-1
東北大学流体科学研究所総務係「みやぎ県民大学講座」
TEL:022-217-5303FAX:022-217-5311 E-mail: shomu[atmark]ifs.tohoku.ac.jp

申込方法

はがき,E-mail,FAX(住所・氏名(ふりがなも)・年齢・電話番号・性別・職業をご記入ください)

応募者多数の場合は先着順とさせていただきます。

受付期間:7月1日(月)~8月23日(金)
※申込み後,開講日前日までに受講決定の連絡が無い場合は,申込先にお問い合わせください。

料金

無料

9月
21
2019
みやぎ県民大学「災害・防災を知る~様々な視点から~」(全4回)
9月 21 全日

主催

宮城県教育委員会・宮城県図書館

開催場所・日時

宮城県図書館ホール養賢堂
(全4回)
第1回8月24日(土)10時30分~12時15分 
第2回9月 7日(土)10時30分~12時00分
第3回9月21日(土)10時30分~12時00分
第4回10月5日(土)10時30分~12時15分 

内容

第1回8月24日(土) 「高等学校における防災減災教育の取組」
第2回9月 7日(土) 「県立測候所物語―近代宮城の気象観測と災害」
第3回9月21日(土) 「文化遺産の防災・減災―よりよい復興のために」
第4回10月5日(土) 「宮城県図書館の震災伝承活動」

申込・問合先

〒981-3205仙台市泉区紫山1-1-1
TEL 022(377)8444 FAX 022(377)8484
Email: kikaku[atmark]library.pref.miyagi.jp

申込方法

当館HP申込みフォーム、館内備付け申込書、FAXまたはEメール
受付期間:7月14日(日)~8月23日(金) (※先着順となります)

定員

50名

受講料

無料

みやぎ県民大学「能と日本文化」(全5回)
9月 21 全日

主催

宮城県教育委員会・宮城教育大学

開催場所・日時

宮城教育大学およびせんだい演劇工房10-BOX別館「能-BOX」
2019年9月7日(土),9月14日(土),9月21日(土),9月28日(土),10月5日(土)
13:30~16:00(全回)

講師

(宮城教育大学)

内容

能に関心があるがなかなか触れる機会がない人や,授業で能を取り上げてみようかと考えている現職教員を対象に,能の基礎と実際について分かりやすく講義をします。本年度は「懊悩する女の能」と題して,苛酷な世界に対峙した女の苦悩を描いた作品を取り上げ鑑賞することにします。女たちはその苦悩が極限化すれば,狂女となり鬼女となりますが,そこまでいかなくても能の女性たちはそれぞれの状況のなかで「生きづらさ」に懊悩します。背景となる文化や宗教との関わりにも触れながら,能が与える人間観を考えてみたいと思います。また能舞台の見学と体験も行います。
第1回「愛の谷間に沈む」-能「求塚」を鑑賞する-
第2回「鬼女への道」-能「黒塚」を鑑賞する-
第3回「山と海二題」-能「山姥」を鑑賞する-
第4回「乱拍子」-能「道成寺」を鑑賞する-
第5回「能舞台に上がろう」-仕舞「黒塚」を舞う-

定員

60名

申込・問合先

〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉149
宮城教育大学研究・連携推進課連携推進係「みやぎ県民大学講座」
TEL 022-214-3521 FAX 022-214-3342E-mail:renkei[atmark]adm.miyakyo-u.ac.jp

申込方法

往復はがき,FAX,E-mail
受付期間:6月1日(土)~8月30日(金)
※申込み後,開講日前日までに受講決定の連絡が無い場合は,申込先にお問い合わせください。

料金

無料

9月
28
2019
みやぎ県民大学「能と日本文化」(全5回)
9月 28 全日

主催

宮城県教育委員会・宮城教育大学

開催場所・日時

宮城教育大学およびせんだい演劇工房10-BOX別館「能-BOX」
2019年9月7日(土),9月14日(土),9月21日(土),9月28日(土),10月5日(土)
13:30~16:00(全回)

講師

(宮城教育大学)

内容

能に関心があるがなかなか触れる機会がない人や,授業で能を取り上げてみようかと考えている現職教員を対象に,能の基礎と実際について分かりやすく講義をします。本年度は「懊悩する女の能」と題して,苛酷な世界に対峙した女の苦悩を描いた作品を取り上げ鑑賞することにします。女たちはその苦悩が極限化すれば,狂女となり鬼女となりますが,そこまでいかなくても能の女性たちはそれぞれの状況のなかで「生きづらさ」に懊悩します。背景となる文化や宗教との関わりにも触れながら,能が与える人間観を考えてみたいと思います。また能舞台の見学と体験も行います。
第1回「愛の谷間に沈む」-能「求塚」を鑑賞する-
第2回「鬼女への道」-能「黒塚」を鑑賞する-
第3回「山と海二題」-能「山姥」を鑑賞する-
第4回「乱拍子」-能「道成寺」を鑑賞する-
第5回「能舞台に上がろう」-仕舞「黒塚」を舞う-

定員

60名

申込・問合先

〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉149
宮城教育大学研究・連携推進課連携推進係「みやぎ県民大学講座」
TEL 022-214-3521 FAX 022-214-3342E-mail:renkei[atmark]adm.miyakyo-u.ac.jp

申込方法

往復はがき,FAX,E-mail
受付期間:6月1日(土)~8月30日(金)
※申込み後,開講日前日までに受講決定の連絡が無い場合は,申込先にお問い合わせください。

料金

無料

10月
5
2019
みやぎ県民大学「災害・防災を知る~様々な視点から~」(全4回)
10月 5 全日

主催

宮城県教育委員会・宮城県図書館

開催場所・日時

宮城県図書館ホール養賢堂
(全4回)
第1回8月24日(土)10時30分~12時15分 
第2回9月 7日(土)10時30分~12時00分
第3回9月21日(土)10時30分~12時00分
第4回10月5日(土)10時30分~12時15分 

内容

第1回8月24日(土) 「高等学校における防災減災教育の取組」
第2回9月 7日(土) 「県立測候所物語―近代宮城の気象観測と災害」
第3回9月21日(土) 「文化遺産の防災・減災―よりよい復興のために」
第4回10月5日(土) 「宮城県図書館の震災伝承活動」

申込・問合先

〒981-3205仙台市泉区紫山1-1-1
TEL 022(377)8444 FAX 022(377)8484
Email: kikaku[atmark]library.pref.miyagi.jp

申込方法

当館HP申込みフォーム、館内備付け申込書、FAXまたはEメール
受付期間:7月14日(日)~8月23日(金) (※先着順となります)

定員

50名

受講料

無料

みやぎ県民大学「能と日本文化」(全5回)
10月 5 全日

主催

宮城県教育委員会・宮城教育大学

開催場所・日時

宮城教育大学およびせんだい演劇工房10-BOX別館「能-BOX」
2019年9月7日(土),9月14日(土),9月21日(土),9月28日(土),10月5日(土)
13:30~16:00(全回)

講師

(宮城教育大学)

内容

能に関心があるがなかなか触れる機会がない人や,授業で能を取り上げてみようかと考えている現職教員を対象に,能の基礎と実際について分かりやすく講義をします。本年度は「懊悩する女の能」と題して,苛酷な世界に対峙した女の苦悩を描いた作品を取り上げ鑑賞することにします。女たちはその苦悩が極限化すれば,狂女となり鬼女となりますが,そこまでいかなくても能の女性たちはそれぞれの状況のなかで「生きづらさ」に懊悩します。背景となる文化や宗教との関わりにも触れながら,能が与える人間観を考えてみたいと思います。また能舞台の見学と体験も行います。
第1回「愛の谷間に沈む」-能「求塚」を鑑賞する-
第2回「鬼女への道」-能「黒塚」を鑑賞する-
第3回「山と海二題」-能「山姥」を鑑賞する-
第4回「乱拍子」-能「道成寺」を鑑賞する-
第5回「能舞台に上がろう」-仕舞「黒塚」を舞う-

定員

60名

申込・問合先

〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉149
宮城教育大学研究・連携推進課連携推進係「みやぎ県民大学講座」
TEL 022-214-3521 FAX 022-214-3342E-mail:renkei[atmark]adm.miyakyo-u.ac.jp

申込方法

往復はがき,FAX,E-mail
受付期間:6月1日(土)~8月30日(金)
※申込み後,開講日前日までに受講決定の連絡が無い場合は,申込先にお問い合わせください。

料金

無料