イベント情報

6月 24 – 8月 11 全日
内容  漢字は誕生以来3000年を超える長きにわたって使われ続け、発展してきた文字です。本展は漢字とは何か?をテーマに、その歴史を紹介する「漢字の歴史」と書芸術を紹介する「漢字の美」の2部構成です。資料は「中国国家一級文物(国宝級)」20点を含む中国の優品・名品約110点を一挙公開します。中でも世界初公開となる「文字の刻まれた兵馬俑」は必見です。本展はまさに漢字の歴史と魅力のすべてを堪能できる日本初の本格的な「漢字」展覧会です。是非ご覧ください。 開催場所・時間 東北歴史博物館1階特別展示室 6月24日(土)~8月11日(金・祝) 9:30~17:00(発券は16:30まで) 問合先 東北歴史博物館 管理部情報サービス班 Tel: 022-368-0106 Fax: 022-368-0103 E-mail:thm-service[atmark]pref.miyagi.jp URL: http://www.thm.pref.miyagi.jp/ 観覧料 未定(決まり次第Webなどで)
6月 24 – 8月 11 全日
主催 東北歴史博物館/河北新報社/KHB東日本放送/中国人民対外友好協会/中国文物交流中心/日本中国文化交流協会 開催場所・時間 東北歴史博物館1階特別展示室 2017年6月24日(土)~8月11日(金・祝) 9:30~17:00(発券は16:30まで) ※休館日:月曜日(ただし,7月17日は開館)、7月18日(火) 内容 「漢字」は、中国文明の中で生まれた古代文字でありながら、誕生以来3000年の長きにわたって、人々に愛され使われ続けています。その時代に最もふさわしい形で表現され、読みやすさや書きやすさ、そして美しさを模索され発展してきた、世界で唯一の文字です。 本展では最古の漢字といわれる甲骨文字をはじめ、文字の統一を果たした秦時代の漢字、世界初公開の文字の刻まれた兵馬俑など漢字が記された文物を展観するとともに、漢字を芸術の域にまで高めた王羲之や顔真卿の拓本など歴代の名書作品、歴史上の人物が書いた書作品など、中国の博物館・研究機関17ヶ所から、国家一級文物21点を含む約110点を出品致します。 漢字の歴史と美の変遷を探るとともに、漢字にまつわるエピソードなどを紹介し、今まで他に類を見ない漢字ワールドを展観いたします。 問合先 東北歴史博物館 管理部情報サービス班 Tel: 022-368-0106 Fax: 022-368-0103 E-mail:thm-service[atmark]pref.miyagi.jp URL: http://www.thm.pref.miyagi.jp/ 観覧料 一般1,300円,シルバー・学生1,200円,小・中・高校生400円
7月 30 全日
主催 東北歴史博物館/河北新報社/KHB東日本放送/中国人民対外友好協会/中国文物交流中心/日本中国文化交流協会 開催場所・時間 東北歴史博物館3階講堂 2017年7月30日(日) 13:30~  講師・内容 小野寺 完 氏(進学プラザグループ 俊英四谷大塚 教務主任) こどもから大人まで楽しめる講座です。漢字の成り立ち解説や高校受験等にも役立つとっておきの漢字学習方法など、様々な視点から「漢字」の面白さに迫ります。夏休み学習・・・これで君も満点間違いなし!! 問合先 東北歴史博物館 管理部情報サービス班 Tel: 022-368-0106 Fax: 022-368-0103 E-mail:thm-service[atmark]pref.miyagi.jp URL: http://www.thm.pref.miyagi.jp/ 受講料 無料
8月 5 全日
主催 東北歴史博物館 開催場所・時間 東北歴史博物館3階講堂 2017年8月5日(土) 13:30~15:00  講師 鷹野 光行 氏(東北歴史博物館館長) 今年度は「発掘でめぐる世界-イラン・タイ・イタリア・日本-」をテーマにお話しします。 学生の時以来,遺跡の発掘調査を通じて人と出会い,外国の文化に触れてきました。発掘調査中はたいてい合宿しながらの生活でしたが,人々との関わりもずいぶんありました。今年は私が体験してきた遺跡の発掘の成果と,発掘しながら生活していた現地のさまざまを紹介し,文化との出会いについても考える場にできれば,と思っております。 問合先 東北歴史博物館 管理部情報サービス班 Tel: 022-368-0106 Fax: 022-368-0103 E-mail:thm-service[atmark]pref.miyagi.jp URL: http://www.thm.pref.miyagi.jp/ 受講料 無料
8月 19 全日
主催 東北歴史博物館 開催場所・時間 東北歴史博物館3階講堂 2017年8月19日(土) 13:30~15:00  講師 鷹野 光行 氏(東北歴史博物館館長) 今年度は「発掘でめぐる世界-イラン・タイ・イタリア・日本-」をテーマにお話しします。 学生の時以来,遺跡の発掘調査を通じて人と出会い,外国の文化に触れてきました。発掘調査中はたいてい合宿しながらの生活でしたが,人々との関わりもずいぶんありました。今年は私が体験してきた遺跡の発掘の成果と,発掘しながら生活していた現地のさまざまを紹介し,文化との出会いについても考える場にできれば,と思っております。 問合先 東北歴史博物館 管理部情報サービス班 Tel: 022-368-0106 Fax: 022-368-0103 E-mail:thm-service[atmark]pref.miyagi.jp URL: http://www.thm.pref.miyagi.jp/ 受講料 無料
9月 2 全日
主催 東北歴史博物館 開催場所・時間 東北歴史博物館3階講堂 2017年9月2日(土) 13:30~15:00  講師 鷹野 光行 氏(東北歴史博物館館長) 今年度は「発掘でめぐる世界-イラン・タイ・イタリア・日本-」をテーマにお話しします。 学生の時以来,遺跡の発掘調査を通じて人と出会い,外国の文化に触れてきました。発掘調査中はたいてい合宿しながらの生活でしたが,人々との関わりもずいぶんありました。今年は私が体験してきた遺跡の発掘の成果と,発掘しながら生活していた現地のさまざまを紹介し,文化との出会いについても考える場にできれば,と思っております。 問合先 東北歴史博物館 管理部情報サービス班 Tel: 022-368-0106 Fax: 022-368-0103 E-mail:thm-service[atmark]pref.miyagi.jp URL: http://www.thm.pref.miyagi.jp/ 受講料 無料
9月 16 全日
主催 東北歴史博物館 開催場所・時間 東北歴史博物館3階講堂 2017年9月16日(土) 13:30~15:00  講師 鷹野 光行 氏(東北歴史博物館館長) 今年度は「発掘でめぐる世界-イラン・タイ・イタリア・日本-」をテーマにお話しします。 学生の時以来,遺跡の発掘調査を通じて人と出会い,外国の文化に触れてきました。発掘調査中はたいてい合宿しながらの生活でしたが,人々との関わりもずいぶんありました。今年は私が体験してきた遺跡の発掘の成果と,発掘しながら生活していた現地のさまざまを紹介し,文化との出会いについても考える場にできれば,と思っております。 問合先 東北歴史博物館 管理部情報サービス班 Tel: 022-368-0106 Fax: 022-368-0103 E-mail:thm-service[atmark]pref.miyagi.jp URL: http://www.thm.pref.miyagi.jp/ 受講料 無料
10月 7 全日
主催 東北歴史博物館 開催場所・時間 東北歴史博物館3階講堂 2017年10月7日(土) 13:30~15:00  講師 鷹野 光行 氏(東北歴史博物館館長) 今年度は「発掘でめぐる世界-イラン・タイ・イタリア・日本-」をテーマにお話しします。 学生の時以来,遺跡の発掘調査を通じて人と出会い,外国の文化に触れてきました。発掘調査中はたいてい合宿しながらの生活でしたが,人々との関わりもずいぶんありました。今年は私が体験してきた遺跡の発掘の成果と,発掘しながら生活していた現地のさまざまを紹介し,文化との出会いについても考える場にできれば,と思っております。 問合先 東北歴史博物館 管理部情報サービス班 Tel: 022-368-0106 Fax: 022-368-0103 E-mail:thm-service[atmark]pref.miyagi.jp URL: http://www.thm.pref.miyagi.jp/ 受講料 無料