イベント情報

※今般の新型コロナウイルス等の感染拡大予防の観点から開催が 延期・中止されるイベントもございます。開催の有無につきましては、主催者へのお問い合わせをお願いいたします。

※現在、「まなびのめ」紙版第55号(2022年1月初旬発行予定)に掲載する「学び」イベントの情報(2022年1月中旬~3月開催予定)を募集しています。 また、Web版掲載の情報は随時受け付けております。
編集部までお寄せいただきますようお願いいたします。
情報は問い合せ・投稿フォームからお送りいただけます。

9月 11 – 11月 28 全日
主催 仙台市歴史民俗資料館 内容 明治5年(1872)の学制公布から150周年を迎えるにあたり、特に明治時代後期以降に「学都仙台」と称されることとなる高等教育機関や中等教育機関、女学校などが隆盛した近代仙台の教育文化の変遷をたどります。また、旧城下の屋敷林などに近代建築が加わって形成された「杜の都」の特色である芸術文化や祭り、芸能、音楽、演劇などの芸術文化もあわせてご紹介します。 関連行事  (1)展示解説     2021年9月11日(土)・ 11月3日(水・祝)      いずれも【午前の部】11:00~11:30  【午後の部】14:00~14:30  (2)講座 ※要申込      「『杜の都と『学都』『軍都』の街~近代の仙台~」       2021年9月25日(土) 13:30~15:00  (3)体験       「昔の教科書を読んでみよう、見てみよう」       2021年10月10日(日)       【午前の部】9:00~12:00 【午後の部】13:00~15:00 開催場所・日時 仙台市歴史民俗資料館(仙台市宮城野区五輪一丁目3-7 榴岡公園内) 2021年9月11日(土)~11月28日(日)9:00~16:45 (入館は16:15まで) 問合せ先 仙台市歴史民俗資料館  TEL:022-295-3956 FAX:022-257-6401 入館料  一般・大学生:240円  高校生:180円  小・中学生:120円
9月 18 – 11月 7 全日
主催 宮城県美術館、河北新報社、東日本放送 内容 フランス北部に位置するランス市は、発泡性ワインの代名詞、シャンパーニュ(シャンパン)の産地としても知られる、歴史のある都市です。 その街の中心に建つランス美術館は、19世紀絵画、とりわけ風景画のコレクションがたいへん充実しています。 本展では、同館が数多く所蔵しているカミーユ・コローの作品16点、ウジェーヌ・ブーダンの作品7点のほか、ギュスターヴ・クールベ、ジュール・デュプレ、オーギュスト・ルノワール、クロード・モネ、カミーユ・ピサロなどの作品を、合わせて70点あまり展示します。 19世紀の画家たちの絵画や版画の作品を通じて、バルビゾン派から印象派へといたる、フランス近代風景画の展開をたどる展覧会です。 ■学芸員による展示解説 講師:当館学芸員 日時:10月17日(日)、10月31日(日)    いずれも午後2時~(1時間程度、開場は13:30) 会場:講堂  定員:150名 ※先着順(聴講無料) 開催場所・日時 宮城県美術館(仙台市青葉区川内元支倉34-1) 本館 2階展示室 2021年9月18日(土)~11月7日(日) 9:30~17:00 (チケット販売16:30まで) 休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合その翌日) 問合せ先 宮城県美術館  Tel:022-221-2111 Fax:022-221-2115 Mail: bijutu[atmark]pref .miyagi .lg.jp 当日券料金 一般 1600円、学生 1400円、小・中・高校生800円 ※本展チケットで同時開催の「宮内庁三の丸尚蔵館所蔵 皇室の名品展 皇室の美―東北ゆかりの品々」および常設展をご覧いただけます。
9月 18 – 11月 7 全日
主催 宮城県美術館、宮内庁 内容 明治天皇は、明治9年(1876)および14年(1881)の2回にわたって東京から陸路を進んで東北各地を巡幸されました。この巡幸は、皇室と東北地方の人々の距離を縮め、互いの存在を強く意識するきっかけとなりました。その後、歴代天皇や宮家の方々の御訪問、また故秩父宮雍仁親王殿下との深い御縁など、皇室と東北各地を繋ぐ様々な縁が、宮内庁三の丸尚蔵館の収蔵品の数々にうかがえます。 本展では、東北各県にゆかりのある作家や作品を中心に、各地域の伝統的な技術による工芸品も含めて、皇室と東北の各地との絆を伝える品々を紹介します。このほかにも、江戸時代の京都御所で飾られた屏風、明治以降の宮殿などの室内装飾品や皇室行事で用いられた大作、作家の代表作も並びます。ぜひこの機会に、皇室に伝えられた様々な美のかたちをご堪能ください。 当館本館2階では、「ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ」を同時開催いたします。 ■学芸員による展示解説 講師:当館学芸員 日時:9月19日(日)、10月1日(金)、10月12日(火)、10月30日(土)    いずれも午後2時~(1時間程度、開場は13:30) 会場:講堂  定員:150名 ※先着順(聴講無料) 開催場所・日時 宮城県美術館(仙台市青葉区川内元支倉34-1) 本館 1階展示室 2021年9月18日(土)~11月7日(日) 9:30~17:00 (チケット販売16:30まで) ※会期中に一部作品の展示替えを行います。 前期:9月18日(土曜日)~10月10日(日曜日) 後期:10月12日(火曜日)~11月7日(日曜日) 休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合その翌日) 問合せ先 宮城県美術館  Tel:022-221-2111 Fax:022-221-2115 Mail: bijutu[atmark]pref .miyagi .lg.jp 当日券料金 一般300円、大学生150円、高校生以下無料 ※コレクション展示のチケットと共通。 ※同時開催の「ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ」の観覧券でも本展をご覧いただけます。 ※本展では前売り券の販売は行いません。
9月 25 – 11月 6 全日
主催 宮城大学 内容 この講座は,本学で英語を担当している教員による,一般向けの英語講座です。 新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から,2020年度よりオンラインミーティングシステム「Zoom」を用いて開催しています。どなたでもお気軽にご参加ください。 開催場所 「Zoom」によるオンライン開催 日時と内容 Lecture #1 9月25日(土)9:30~10:30 Timothy PHELAN氏 「Learning English Through the Music of Burt Bacharach バート・バカラックの音楽を使った英語の勉強方法」 Lecture #2 9月25日(土)11:00~12:00 Matthew WILSON氏 「Common English Expressions in Western Movies 洋画でよくある日常表現を学ぼう! 」 Lecture #3 10月2日(土)9:30~10:30 曾根 洋明氏 「School Is Not Always Right? – Deviations from School English 学校で習ったこととは違う? – 学校文法からのズレ」 Lecture #4 10月2日(土)11:00~12:00 Margaret CHANG氏 「Purpose: The Key to Understanding the Heart of Communication 「パーパス」はコミュニケーションの新たな鍵 」 Lecture #5 10月16日(土)9:30~10:30 小島 さつき氏 「L1 Effects for Second Language Learning 母語が第二言語に与える影響」 Lecture #6 10月16日(土)11:00~12:00 Matthew NALL氏 「The American Cowboy: Blood, Love, and Rhetoric (Volume 1) アメリカのカウボーイ:血、愛、そしてレトリック(第1章)」 Lecture #7 11月6日(土)9:30~10:30 川井 一枝氏 「Tips for Learning English: English Education in Elementary Schools 小学校英語には英語学習のヒントが沢山!」 Lecture #8 11月6日(土)11:00~12:00 佐藤 麗氏 「Let’s Think […]
10月 20 全日
主催 東北工業大学 地域連携センター地域未来構築事業​ 内容 水分子の大きさはサブナノメートル、よってナノ材料は分子サイズの材料ということになります。このような小さな材料にはいろいろな不思議があります。研究室ではナノ材料特有の化学を用いて感染症対応技術や二酸化炭素削減技術の研究を行い持続可能な社会への貢献を目指しています。講座では研究の最前線をお話しします。 https://www.rc-center.tohtech.ac.jp/topics/news/202106041018_947/ 開催場所・日時 2021年10月20日(水)15:30~16:30 ※オンライン開講(会議アプリZoom使用) 講師 丸尾 容子氏(東北工業大学工学部環境応用化学科教授) 問合せ先 東北工業大学 地域連携センター 仙台市太白区八木山香澄町35番1号 TEL 022-305-3818 E-mail rc-mirai[atmark]tohtech.ac.jp 申込方法 下記フォームへ必要事項を入力してください。 ↓ https://forms.office.com/r/D4vjLGCa4p ※申込締切:講座日の2日前まで 受講料 無料
10月 21 全日
主催 仙台文学館 内容 紫式部の『源氏物語』は今日、世界文学となって多くの読者に親しまれています。時空を超えて現代の私たちに深い共感と感銘をもたらす『源氏物語』の魅力とは何でしょうか。本講座では、夕顔の遺児・玉鬘の女君と光源氏の物語を主軸とする「玉鬘十帖」(玉鬘巻~真木柱巻)を対象にして、中年に差し掛かった光源氏の恋物語の顛末を読み味わっていきます。 テキスト:講義はこちらで用意したプリントに沿って進めますが、お手持ちの『源氏物語』がある方はご持参下さい 開催場所・日時 仙台文学館(仙台市青葉区北根2-7-1) 2021年10月21日・11月11日・12月2日・12月9日・12月23日(各木曜日・全5回) 10:30~12:00 講師 横溝 博 氏(東北大学大学院文学研究科 教授) 申込・問合せ先 仙台文学館  〒981-0902 仙台市青葉区北根2-7-1  TEL 022-271-3020 申込方法 ◆往復はがきに、住所、氏名、電話・ファックス番号(講座日変更などの連絡に必要)、 希望する講座名を記入の上、仙台文学館にお送りください。 はがき1枚につき、1人、1講座の申込みとします。複数講座に参加ご希望の方は、それぞれにお申込みください。 ◆締切は必着で、各講座それぞれ違いますので、ご注意ください。  ※9/15(水)必着  ◆カリキュラムは、全回参加して1講座が終了するように組んでありますので、基本的に、各講座とも毎回ご参加ください。 ◆申込みが定員を超える場合は抽選となります。なお余裕のある場合は、締切後も受付けますので、お問合せ下さい。 ◆返信は、締切後にお送りします(先着順ではありません) ◆新型コロナウィルス感染症の影響で、中止・延期となる可能性があります。最新情報はホームページ等でご確認ください。 *いただいた個人情報はゼミナールに関するご連絡以外には使用しません。 定員 50名 受講料 1回500円
10月 22 全日
内容 市民公開講座No.531「文字とデザイン」 普段我々が日常的に触れている「文字」とデザインの関わりについて、言葉や響きや表情という観点から紐解いていきます。またこれからの「文字」のデザインについて、事例を紹介しながら考えていきたいと思います。 開催場所・日時 ビデオ会議ツール「Zoom」ミーティング開催 10月22日(金)18:00~19:15 ※お申し込みは、開催日の前日が締め切りです。 講師 阿部 寛史氏(東北工業大学 産業デザイン学科 講師) 申込方法 申込制 【令和3年度 東北工業大学 市民公開講座 お申し込みフォーム 】よりお申し込みください。 問合せ先 東北工業大学 地域連携センター TEL:022-305-3810 E-mail:rc-center[atmark]tohtech.ac.jp その他の東北工業大学 市民公開講座は市民公開講座Webサイトからご確認いただけます。 受講料 無料
10月 23 全日
主催 学都仙台コンソーシアム・東北工業大学 内容 地域らしい営みを地域らしい建築で包むこと。それを建築遺産から学ぶこと。それは復興にも、SDGsにも、美しい景観にもつながります。地域の環境・資源を活かす「地技(じわざ)」に着目し、これを地域の建築遺産とともに活用保全する「生業景デザイン」の可能性について、東北地方の具体例を通して考えます。 開催場所・日時 2021年10月23日(土)13:30~15:00 <オンライン開催> 講師 大沼 正寛氏(東北工業大学ライフデザイン学部生活デザイン学科 教授)  申込・問合せ先 東北工業大学/地域未来学担当 〒982-8577 仙台市太白区八木山香澄町35-1 TEL:022-305-3818 FAX:022-305-3808 E-mail:rc-mirai[atmark]tohtech.ac.jp 申込方法 FAXまたはEメールに、講座名・氏名(フリガナ)・住所・電話番号を記入して、開催日の2日前までにお申し込みください。 定員 300名(先着) 受講料 無料
10月 23 全日
主催 せんだい文学塾 内容 みがけ! 輝け! 読む書くちから 仙台・山形で毎月、著名な作家・評論家、一流出版社の編集者を、講師としてお迎えした講座を開いております。 開催場所・日時 2021年10月23日(土)16:30~18:30 ※Zoom を用いてのオンライン開催 講師 西上 心太氏・三橋 暁氏・杉江 松恋氏・千街 晶之氏・藤田 香織氏(評論家) 問合せ先 sendaibungakujuku[atmark]gmail.com 080-6013-5008 ※基本的に留守番電話での対応となります。「受講される方のフルネーム」と「学生/一般の区分」を吹き込んでください 申込方法 下記フォームへ必要事項を入力すること ↓ https://forms.gle/PKHNHiz33S7U2SaSA 受講料 一般2000円、学生1000円、高校生以下無料
10月 23 全日
主催 せんだい環境学習館たまきさんサロン 内容 長い年月を経て、私たちの住む地球まで届いている星の輝き。土星や木星、秋の星座など星について学んだ後は、普段の生活に灯りをともしてくれている電氣の使い方についても考えてみませんか?屋外での天体望遠鏡を使った星空観察も予定しています。 ※悪天候時は星空などについての解説のみとし、天体望遠鏡を使った星空観察は行いません。予めご了承ください。 ※マスクを着用してのご参加をお願いします。  また、発熱や風邪のような症状のある方の参加は ご遠慮ください。 ※新型コロナウイルス感染症の発生状況によっては講座を中止する場合がありますので予めご了承ください。 開催場所・日時 たまきさんサロン(東北大学青葉山新キャンパス環境科学研究科本館) 2021年10月23日(土)18時00分~19時45分 講師 永井秀男氏(天文ボランティア「うちゅうせん」代表) 申込み・問合せ先 せんだい環境学習館たまきさんサロン 980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1 メール tamaki3salon[atmark]city.sendai.jp 電 話 022-214-1233 FAX 022-393-5038 詳しくは、ウェブサイトたまきさんへ https://www.tamaki3.jp/ 申込方法 電子メールまたはハガキ、FAXでお申し込みください (必要事項:希望講座名、参加者氏名、年齢、住所、電話番号) 申込締切:10月15日(金) 対象・定員 小学生以上の子どもと保護者のペア 8組16名 ※抽選 受講料 無料
10月 23 全日
主催 仙台市天文台 内容 土佐誠(名誉台長)が土曜の夜だけに開くサロン。 着席退席睡眠自由の氣軽な雰囲氣の中で宇宙をテーマにお話します。 (毎週土曜開催) 開催場所・日時 仙台市天文台オープンスペース 毎週土曜日 17:00-17:45 講師 土佐誠氏(名誉台長) 問合せ先 仙台市天文台 〒989-3123 仙台市青葉区錦ケ丘9丁目29-32 tel:022-391-1300 fax:022-391-1301 http://www.sendai-astro.jp 受講料 無料
10月 23 全日
主催 東北工業大学 地域連携センター地域未来構築事業​ 内容 地域らしい営みを地域らしい建築で包むこと。それを建築遺産から学ぶこと。それは復興にも、SDGsにも、美しい景観にもつながります。地域の環境・資源を活かす「地技(じわざ)」に着目し、これを地域の建築遺産とともに活用保全する「生業景デザイン」の可能性について、東北地方の具体例を通して考えます。 https://www.rc-center.tohtech.ac.jp/topics/news/202106041018_947/ 開催場所・日時 2021年10月23日(土)13:30~15:00 ※オンライン開講(会議アプリZoom使用) 講師 大沼 正寛氏(東北工業大学ライフデザイン学部生活デザイン学科 教授) 申込・問合せ先 東北工業大学 地域連携センター 仙台市太白区八木山香澄町35番1号 TEL 022-305-3818 E-mail rc-mirai[atmark]tohtech.ac.jp 申込方法 下記フォームへ必要事項を入力してください。  ↓ https://forms.office.com/r/D4vjLGCa4p ※申込締切:講座日の2日前まで 受講料 無料
10月 23 全日
主催 東北歴史博物館 内容 東北歴史博物館・阿子島香館長が,「東北グローバル考古学 -宮城の先史を再発見-」をテーマに,令和3年度の館長講座を行います。 今年度の館長講座では,ふるさと東北の遺跡を取り上げながら,世界各地のさまざまな文化と比較し,人類史の中での意義を探っていきます。 ※新型コロナウィルス感染症の影響により,予定が変更になる場合があります。  個人情報は,本講座に必要な範囲の目的にのみ利用するものですが,  必要に応じて保健所等の公的機関に提供される場合があります。 開催場所・日時 東北歴史博物館・3階講堂 2021年10月23日(土)午後1時30分~午後3時 ※9月25日から変更になりました。 講師 東北歴史博物館・阿子島香館長 問合・申込先 東北歴史博物館・情報サービス班 電話:022-368-0106   FAX:022-368-0103 E-mail: thm-service[atmark]pref.miyagi.lg.jp 申込方法 講座ごとに事前申込みをお願いいたします。東北歴史博物館総合案内に直接お申し込みいただくか,情報サービス班までお電話かファクシミリ又は電子メールでお申し込みください。(1カ月前より受付開始予定) ファクシミリ・電子メールでお申し込みの場合は,下記事項をご記入願います。 なお,お申し込み時点で定員に達している場合は当館よりご連絡を差し上げます。 1)講座の日付・講座名         2)氏名(フリガナ) 3)住所 4)電話・FAX番号 ※本講座を何でお知りになったのかご記入願います。 定員 145名 (事前申込み・先着順) 受講料 無料
10月 24 全日
主催 仙台文学館 内容 戦況の悪化が誰の目にも明らかだった昭和19年に刊行された太宰治『津軽』を取り上げます。東京からきた旅人、貧乏文士、津軽人など自在に立場をかえながら語られる数々の出会いと津軽の今昔。そこにうかび上がる希望と仕掛けられた笑いを皆さんと味わい、楽しみたいと思います。 テキスト:『津軽』(新潮文庫)*お持ちの『津軽』をご持参ください。 開催場所・日時 仙台文学館(仙台市青葉区北根2-7-1) 2021年10月24日・11月7日・11月14日・11月28日(各日曜日・全4回) 10:30~12:00 講師 高橋 秀太郎 氏(東北工業大学 准教授) 申込・問合せ先 仙台文学館  〒981-0902 仙台市青葉区北根2-7-1  TEL 022-271-3020 申込方法 ◆往復はがきに、住所、氏名、電話・ファックス番号(講座日変更などの連絡に必要)、 希望する講座名を記入の上、仙台文学館にお送りください。 はがき1枚につき、1人、1講座の申込みとします。複数講座に参加ご希望の方は、それぞれにお申込みください。 ◆締切は必着で、各講座それぞれ違いますので、ご注意ください。  ※9/28(火)必着 ◆カリキュラムは、全回参加して1講座が終了するように組んでありますので、基本的に、各講座とも毎回ご参加ください。 ◆申込みが定員を超える場合は抽選となります。なお余裕のある場合は、締切後も受付けますので、お問合せ下さい。 ◆返信は、締切後にお送りします(先着順ではありません) ◆新型コロナウィルス感染症の影響で、中止・延期となる可能性があります。最新情報はホームページ等でご確認ください。 *いただいた個人情報はゼミナールに関するご連絡以外には使用しません。 定員 50名 受講料 1回500円
10月 24 全日
主催 スリーエム仙台市科学館 内容 大人だって科学を楽しみたい。科学の魅力やその奥深さを一緒に感じてみませんか。今年度も10月から3月まで、毎月1回、大人向けの科学教室を開催します。ぜひご参加ください。 第1回:ドローンをスクラッチ言語でプログラミングして自由に飛ばします。 開催場所・日時 仙台市科学館2階 特別展示室 2021年10月24日(日) 10:00~12:00 講師 仙台市科学館職員 問合せ先 スリーエム仙台市科学館 TEL:022-276-2201 申込方法・申込先 往復はがき(往信・返信63円)に下記必要事項を記入の上、科学館宛にお申し込みください。 ①イベント名 ②郵便番号・住所 ③氏名(フリガナ) ④電話番号 ⑤学生は学年 ※令和3年10月8日(金)必着 参加希望者が定員を超えた場合,抽選となります。 宛先 スリーエム仙台市科学館 大人の科学教室係 〒981-0903 仙台市青葉区台原森林公園4-1 対象・定員 中学生以上 定員10名 受講料 無料
10月 25 – 10月 29 全日
主催 宮城県、東北大学金属材料研究所 内容 金属材料研究所では、宮城県からの委託を受けて、「みやぎ県民大学 大学開放講座」を開講します。 循環型社会で私たちが必要とする材料-エネルギーを作る・貯める・送る・使う材料-について金研の研究者がその基礎から材料開発の現状、さらに将来展望までわかりやすくお話します。 ぜひお氣軽にご参加ください。 10/25(月)「超伝導の科学と技術」(佐々木孝彦教授) 10/26(火)「DVD・ブルーレイディスクで用いられる光相変化材料:超高速記録を目指して」(市坪哲教授) 10/27(水)「核融合エネルギー開発最前線~極限環境に耐える材料を創る~」(笠田竜太教授) 10/28(木)「CO2を削減するためのエネルギーシステムとは?~蓄電池と水素~」(河野龍興特任教授) 10/29(金)「磁性材料とエレクトロニクス」(高梨弘毅教授) 開催場所・日時 東北大学金属材料研究所2号館1階 講堂およびオンライン開催(仙台市青葉区片平2丁目1-1) 2021年10月25日(月)~29日(金)18:00~19:30(全5回) 問合せ・申込み先 東北大学金属材料研究所総務課総務係「みやぎ県民大学」担当  〒980-8577 宮城県仙台市青葉区片平2-1-1 TEL:022-215-2184 Fax:022-215-2184 E-mail:imr-som[atmark]imr.tohoku.ac.jp http://www.imr.tohoku.ac.jp/ja/public/events/detail—id-539.html 申込方法 1)郵便番号 2)住所  3)氏名(フリガナ) 4)性別  5)年齢  6)職業(学年)  7)電話番号 8)現地参加またはオンライン参加どちらを希望するか を明記の上、はがき、FAXまたはE-mailにより上記までお申し込み下さい。 ≪先着順・9/30〆切≫ ※1講座のみの受講も可能。 対象・定員 中学生以上の宮城県民のみなさま 現地参加30名・オンライン300名 受講料 無料
10月 27 全日
主催 東北福祉大学 内容 今からおよそ2500年前のインド。ゴータマ・ブッダは仏教を開かれ、伝道の旅を続けました。80年の生涯を閉じるまで、その記録は今もなお、パーリゴやチベット語、漢訳などの原始仏典として現代に受け継がれています。このたびはその気丈なブッダの謎について、現代語に訳されたテキストを用いて、わかりやすく読み解きます。きっと私達も人生を生きる知恵を学ぶことが出来るでしょう。 開催場所・日時 東北福祉大学仙台駅東口キャンパス(仙台市青葉区榴岡2-5-26) 2021年10月27日 (水)14:00~15:30 講師 千葉 公慈氏(東北福祉大学 学長) 申込・問合せ先 東北福祉大学地域創生推進センター 生涯学習支援室 住所:〒983-8511 宮城県仙台市宮城野区榴岡2-5-26 仙台駅東口キャンパス TEL:022-766-8834 FAX:022-766-8835 E-Mail:life[atmark]tfu-mail.tfu.ac.jp 申込方法 下記より、参加申込書をダウンロードし、郵送・FAX・メールにてお申込みください。 ↓ https://www.tfu.ac.jp/llc/s9n3gg0000013u55.html ※申込締切:10月12日(火) 定員 180名 受講料 500円(事前振込)
10月 27 全日
主催 東北福祉大学 内容 口腔の状態を良好に保つことの重要性は広く知られるようになってきましたが、多様な関連職種の人たちやご家族が、看護や介護の現場でどのように実践すれば良いでしょうか?本セミナーは、これまで東北福祉大学関連法人高齢者施設で取り組んできた口腔ケアの取り組みに基づき、口腔ケアを行う上での基礎知識と実践方法を学びます。 開催場所・日時 東北福祉大学仙台駅東口キャンパス(仙台市青葉区榴岡2-5-26) 2021年10月27日(水)20:00~21:30 講師 渡部 芳彦氏(東北福祉大学 教授) 申込・問合せ先 東北福祉大学地域創生推進センター 生涯学習支援室 住所:〒983-8511 宮城県仙台市宮城野区榴岡2-5-26 仙台駅東口キャンパス TEL:022-766-8834 FAX:022-766-8835 E-Mail:life[atmark]tfu-mail.tfu.ac.jp 申込方法 下記より、参加申込書をダウンロードし、郵送・FAX・メールにてお申込みください。 ↓ https://www.tfu.ac.jp/llc/s9n3gg0000013u55.html ※申込締切:10月12日(火) 定員 30名(介護・看護・リハビリテーション・歯科関連職種・介護をしているご家族の方) 受講料 1,000円
10月 28 全日
主催 東北福祉大学 内容 源頼朝は鎌倉幕府を創設する過程で、治承4年(1180)~文治元年(1185)の約5年間、平家ばかりか多くの源氏一族との戦いをくり広げ、勝利しました。しかし、その道のりは軍事的な戦いとともに、後白河法皇や朝廷の貴族との交渉、さらには養和元年前後の飢饉という天災とも対峙しなければなりませんでした。今期は、頼朝成功の過程を『吾妻鏡』養和2年(1182)2月~寿光元年4月条や関連資料などを読み、追い求めたいと思います。 開催場所・日時 東北福祉大学仙台駅東口キャンパス(仙台市青葉区榴岡2-5-26) ①2021年10月28日(木)頼朝と伊勢神宮 ②2021年11月11日(木)伊藤祐親の自殺 ③2021年11月25日(木)政子の懐妊と「段葛」の整備 ④2021年12月9日(木)江ノ島弁財天の勧請と秀衡調伏 ⑤2022年1月13日(木)頼朝の東国政策 14:30~16:30 講師 岡田 清一氏(東北福祉大学大学院教育学研究科研究科長・教授) 申込・問合せ先 東北福祉大学地域創生推進センター 生涯学習支援室 住所:〒983-8511 宮城県仙台市宮城野区榴岡2-5-26 仙台駅東口キャンパス TEL:022-766-8834 FAX:022-766-8835 E-Mail:life[atmark]tfu-mail.tfu.ac.jp 申込方法 下記より、参加申込書をダウンロードし、郵送・FAX・メールにてお申込みください。 ↓ https://www.tfu.ac.jp/llc/s9n3gg0000013u55.html 申込締切:10月13日(水) 定員 50名 受講料 全5回5,000円(事前振込)
10月 29 全日
内容 市民公開講座No.532 「天災?人災?災害?水害? 持続可能な減災・防災ってなんだろう?」 はじめに、近代的な水害対策とその背景にある考え方や基礎知識についてお話します。それを踏まえて、水害のような災害というものが天災と人災に区別することができるのだろうかということを起点にして、参加者の皆さんとこれからの治水について考えたいと思います。 開催場所・日時 ビデオ会議ツール「Zoom」ミーティング開催 10月29日(金)18:00~19:15 ※お申し込みは、開催日の前日が締め切りです。 講師 菅原 景一氏(東北工業大学 都市マネジメント学科 講師) 申込方法 申込制 【令和3年度 東北工業大学 市民公開講座 お申し込みフォーム 】よりお申し込みください。 問合せ先 東北工業大学 地域連携センター TEL:022-305-3810 E-mail:rc-center[atmark]tohtech.ac.jp その他の東北工業大学 市民公開講座は市民公開講座Webサイトからご確認いただけます。 受講料 無料
10月 30 全日
主催 学都仙台コンソーシアム・東北文化学園大学 内容 少子高齢化の日本社会において女性の活躍がおおいに期待されていますが,女性就業の現状に大きな変化は見られていません. 「男は外で仕事,女は家で家事育児」という性別によって役割を分担するというスタイルは本当に「伝統的」なのでしょうか.そして令和の時代になってもそうしたスタイルがなかなか変わらないのはなぜでしょうか.こうした疑問に答えるために,統計データに基づきながら家族を取り巻く状況を紐解いていきます. 開催場所・日時 仙台市市民活動サポートセンター 6階セミナーホール(仙台市青葉区一番町4丁目1−3) 2021年10月30日(土)13:30~15:00 講師 田中 茜氏(東北文化学園大学現代社会学科 助教) 申込・問合せ先 東北文化学園大学 地域連携センター TEL:022-233-3451 FAX:022-233-6298 Eメール:liaison[atmark]office.tbgu.ac.jp 申込方法 Eメール(liaison[atmark]office.tbgu.ac.jp)、またはFAX(022-233-6298)に ●講座名 ●氏名 ●住所 ●電話番号 を記入の上、開催日1週間日前までにお申し込みください。 定員 30名(先着) 受講料 無料
10月 30 全日
主催 学都仙台コンソーシアム・尚絅学院大学 内容 「骨」と聞くと「カルシウム」「体を支える硬いもの」というイメージが真っ先に浮かぶと思います。それ以外のイメージはありますか?と聞かれたら、何を思い浮かべるでしょうか?「骨粗鬆症」「関節痛」などを挙げる人もいると思います。でも、これらも「体を支える硬いもの」というイメージとつながっています。この講座では、最新科学によって明らかになってきた骨の本当の姿を紹介します。骨は「内臓」なんです!が、本講座のテーマです。 開催場所・日時 仙台市市民活動サポートセンター 6階セミナーホール(仙台市青葉区一番町4丁目1−3) 2021年10月30日(土)10:30~12:00 講師 東門田 誠一氏(尚絅学院大学総合人間科学部総合人間科学系 准教授) 申込・問合せ先 尚絅学院大学/地域連携交流プラザ 〒981-1294 名取市杜せきのした5-3-1 イオンモール名取あおばコート3階 TEL:022-381-1490 FAX:022-381-1491 E-mail:kouza[atmark]shokei.ac.jp 申込方法 FAXまたはEメールに、講座名・氏名(フリガナ)・住所・電話番号を記入して、開催日の2週間前までにお申し込みください。 定員 30名(先着) 受講料 無料
10月 30 全日
主催 仙台市天文台 内容 土佐誠(名誉台長)が土曜の夜だけに開くサロン。 着席退席睡眠自由の氣軽な雰囲氣の中で宇宙をテーマにお話します。 (毎週土曜開催) 開催場所・日時 仙台市天文台オープンスペース 毎週土曜日 17:00-17:45 講師 土佐誠氏(名誉台長) 問合せ先 仙台市天文台 〒989-3123 仙台市青葉区錦ケ丘9丁目29-32 tel:022-391-1300 fax:022-391-1301 http://www.sendai-astro.jp 受講料 無料
10月 30 全日
主催 東北工業大学 地域連携センター地域未来構築事業​ 内容 SDGsを基盤にした持続可能な社会づくりのため、医薬品の存在は私達の暮らしに欠かせません。本講義では、医薬品の神経毒性評価の現状や取り組みについて紹介するとともに、ヒトiPS 細胞、先端計測技術の利活用やビックデータにおけるAI 解析の有効性などについて、これからの社会の基盤となる新技術の活用についてもご紹介します。 https://www.rc-center.tohtech.ac.jp/topics/news/202106041018_947/ 開催場所・日時 2021年10月30日(土)13:30~14:30 ※オンライン開講(会議アプリZoom使用) 講師 鈴木 郁郎氏(東北工業大学工学部電気電子工学科 教授) 申込・問合せ先 東北工業大学 地域連携センター 仙台市太白区八木山香澄町35番1号 TEL 022-305-3818 E-mail rc-mirai[atmark]tohtech.ac.jp 申込方法 下記フォームへ必要事項を入力してください。  ↓ https://forms.office.com/r/D4vjLGCa4p ※申込締切:講座日の2日前まで 受講料 無料
10月 30 全日
主催 東北工業大学 地域連携センター地域未来構築事業​ 内容 近年のプラスチック問題やカーボンニュートラルとの関係から、プラスチック資源循環戦略とバイオプラスチック導入による環境的意義と社会的影響について講義します。 https://www.rc-center.tohtech.ac.jp/topics/news/202106041018_947/ 開催場所・日時 2021年10月30日(土)14:45~15:45 ※オンライン開講(会議アプリZoom使用) 講師 吉岡 敏明氏(東北大学大学院環境科学研究科 教授) 申込・問合せ先 東北工業大学 地域連携センター 仙台市太白区八木山香澄町35番1号 TEL 022-305-3818 E-mail rc-mirai[atmark]tohtech.ac.jp 申込方法 下記フォームへ必要事項を入力してください。  ↓ https://forms.office.com/r/D4vjLGCa4p ※申込締切:講座日の2日前まで 受講料 無料
10月 30 全日
主催 日本学術会議東北地区会議 内容 東日本大震災から10年が経過した。福島原発災害による「現代文明への信頼喪失」は広い範囲に及び、その分析と反省から様々な提言がなされてきた。 また、一昨年末に出現した新型コロナウイルス感染症は、世界中を混乱に陥れ、未だに終息の道筋は不透明である。これらは、単に自然界の変化によって起こる災害、すなわち「天災」で済ますべき問題ではなく、文明が進んだこと等による人為的災害、すなわち「人災」という側面からも考えていく必要があろう。 本講演会では、地震学、農学、ウイルス学の専門家から「過去から学び取ること」、「今、分かっていること」、「復興への提案」を伺い、歴史を踏まえ、今後このような「人災」ともいえる「災害」にどのように取り組んでいくかを参加者とともに考えたい。 開催場所・日時 オンラインによる開催 2021年10月30日(土)13:30~16:30 演題・講師 第一部 東日本大震災から10年 「南海トラフ巨大地震・富士山噴火・首都直下地震に備える」  鎌田浩毅氏(京都大学レジリエンス実践ユニット特任教授・京都大学名誉教授) 「被災地域農業再編と創造的復興:新たなフードシステムのデザイン」  小山良太氏(日本学術会議東北地区会議連携会員、福島大学農学群食農学類農業経営学教授) 第二部 歴史に学ぶ:ヒトの移動に伴う感染症の移動 「人類と感染症の歴史に学ぶ」  加藤茂孝氏(保健科学研究所学術顧問) 「新型コロナウイルスの生存戦略は巧みだ:変異ウイルス出現と今後の対応」  水谷哲也氏(東京農工大学附属感染症未来疫学研究センター長・教授) 「エボラ制圧を目指して:シエラレオネにおける研究とワクチン開発」  渡辺登喜子氏(大阪大学微生物病研究所教授) 問合せ先 日本学術会議 東北地区会議事務局(東北大学 研究推進部内) E-mail:kenkyo[atmark]grp.tohoku.ac.jp 申込方法 10/24(日)までに下記URLより事前申込をお願いします。 ※定員になり次第、事前申込みの受付は終了します。 https://forms.gle/hXimXds5LhpUyjgK6 受講料 無料
10月 31 全日
主催 (公財)せんだい男女共同参画財団 内容 今、子どもや若者の間では、性被害や望まない妊娠による中絶、SNSを通じたポルノ被害や児童買春への巻き込まれなど、性をめぐる問題が深刻化しています。 背景には、正確な性の知識や相談できる社会資源の不足があると言われています。 それは子どもたちに性を伝える大人側にも当てはまることではないでしょうか。 子どもたちが性暴力の被害者や加害者、傍観者にならないために、私たち大人ができることを考えます。 開催場所・日時 2021年10月31日(日)13:30~15:30 エル・パーク仙台 セミナーホール (仙台市青葉区一番町4-11-1 141ビル(仙台三越定禅寺通り館)5階・6階) 講師 染矢 明日香氏(NPO法人ピルコン 理事長) 問合せ先 エル・ソーラ仙台 相談支援課 電話番号:022-268-8302 申込方法 下記の申込フォームより https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSc4j-Lt4ay8kN1pxLqUs8DplE_SEfP4pkCIkkuDbonb0j0S2g/viewform 定員 80名 受講料 無料
11月 5 全日
内容 市民公開講座No.533 「最近の自然災害とそのリスクについて」 東日本大震災から十年あまり経て、新たな大規模地震への警告がなされています。また地球温暖化現象で毎年各地で自然災害が多発しており、これらに対する関心が高まっています。一旦、災害が発生するとそのほかにも大きな影響を与えます。どの程度の損失が生じるのか、また災害を予測してどのように対処するのかを解説します。 開催場所・日時 ビデオ会議ツール「Zoom」ミーティング開催 11月5日(金)18:00~19:15 ※お申し込みは、開催日の前日が締め切りです。 講師 須藤 敦史氏(東北工業大学 都市マネジメント学科 教授) 申込方法 申込制 【令和3年度 東北工業大学 市民公開講座 お申し込みフォーム 】よりお申し込みください。 問合せ先 東北工業大学 地域連携センター TEL:022-305-3810 E-mail:rc-center[atmark]tohtech.ac.jp その他の東北工業大学 市民公開講座は市民公開講座Webサイトからご確認いただけます。 受講料 無料
11月 6 全日
主催 学都仙台コンソーシアム・尚絅学院大学 内容 東日本大震災以降、日本のエネルギー構造は大きく変わりつつあり、地域分散型のエネルギーである再生可能エネルギーが大きく躍進しています。この講座では再生可能エネルギーを巡る動向の解説や、再エネを基軸に地域をもう一度元気にしようと取り組む事例を紹 介しながら、地域とエネルギーの新しいかかわりを考えたいと思います。 開催場所・日時 仙台市市民活動サポートセンター 6階セミナーホール(仙台市青葉区一番町4丁目1−3) 2021年11月6日(土)13:30~15:00 講師 東 愛子氏(尚絅学院大学総合人間科学系社会部門 准教授) 申込・問合せ先 尚絅学院大学/地域連携交流プラザ 〒981-1294 名取市杜せきのした5-3-1 イオンモール名取あおばコート3階 TEL:022-381-1490 FAX:022-381-1491 E-mail:kouza[atmark]shokei.ac.jp 申込方法 FAXまたはEメールに、講座名・氏名(フリガナ)・住所・電話番号を記入して、開催日の2週間前までにお申し込みください。 定員 30名(先着) 受講料 無料
11月 6 全日
主催 学都仙台コンソーシアム・東北文化学園大学 内容 「わたし」のお気に入り、とある公園のベンチ。天気のいい日にゴロンと横になると、とてもいい気分になれる。そんなベンチに、ある日突然「ひじかけ」がついた。 困った、横になれない。気がつくとどこのベンチもそうなっている。「わたし」の居場所がどんどんなくなっていく…。 このエピソードは、私たちの日常で実際に生じていることに基づいています。今、私たちが生きる社会は「生きにくく」なってきています。本講義ではこうしたことが起きる背景と、こうした社会の変化について皆さんと一緒に考えます。 開催場所・日時 仙台市市民活動サポートセンター 6階セミナーホール(仙台市青葉区一番町4丁目1−3) 2021年11月6日(土)10:30~12:00 講師 山尾 貴則氏(東北文化学園大学現代社会学部現代社会学科 教授) 申込・問合せ先 東北文化学園大学 地域連携センター TEL:022-233-3451 FAX:022-233-6298 Eメール:liaison[atmark]office.tbgu.ac.jp 申込方法 Eメール(liaison[atmark]office.tbgu.ac.jp)、またはFAX(022-233-6298)に ●講座名 ●氏名 ●住所 ●電話番号 を記入の上、開催日1週間日前までにお申し込みください。 定員 30名(先着) 受講料 無料