イベント情報

4月
10
2018
第33回企画展「仙台周辺にある鉄道の遺産・遺構を訪ねる」
4月 10 – 7月 7 全日

主催

東北福祉大学・鉄道交流ステーション

開催場所・日時

東北福祉大学・鉄道交流ステーション展示室
2018年4月10日(火)~7月7日(土) 10:00-16:00
[休館日]毎週日曜日・月曜日、祝日 臨時休館:4/29(日)~5/7(月)は休館(定休日含む)

内容

明治5年(1872年)新橋−横浜間に日本で最初に鉄道が開通してから146年がたちました。この間の鉄道発展の歴史が、日本の近代化を大きく支えてきたことはよく知られています。近年「△△遺産」という言葉をよく耳にしますが、鉄道にも日本の近代化・産業発展に貢献した遺産や、技術発展の画期をしめす遺産が数多くあります。そして、仙台市周辺にもそのような鉄道にまつわる遺産・遺構を見つけることはできます。

例えば、鉄道交流ステーション最寄りの仙山線には、土木学会の選奨土木遺産に認定された「仙山線鉄道施設群」があります。また、現在、東北本線として使われている線路には、その前身である日本で最初の私鉄「日本鉄道」の上野ー仙台・塩釜間が開通した明治20年(1887年)当時に造設した煉瓦造りの橋台などが、まだ現役で残っていますし、一方、昭和37年(1962年)に廃止となった東北本線の旧線(山線)はレールが撤去された跡の軌道を辿ることができます。さらに、仙台の発展を語る際に欠かせない仙台市電や秋保電鉄、仙台鉄道などの、かつて活躍した小さな鉄道についても、廃線から時が流れすっかり様変わりした街の中に、わずかながら軌道跡や遺構を発見することができます。また、解体を逃れ、公園などに保存された車輌も、その来歴を知ればもっと興味が深まります。

この企画展では、「遺産」の認定があるなしに関わらず、古い鉄道の歴史を伝えてくれる、今も現役の鉄道施設や、かつて活躍した廃線路線の遺構や痕跡を、普段見過ごしてしまう身近な風景の中に見つけだし、その歴史的意義を探ります。

問合先

TEL(ダイヤルイン):022-728-6612 FAX:022-728-6616
[閉館時]TEL(キャンパス事務局):022-728-6611

料金

無料

4月
28
2018
企画展「灯りのかたち」
4月 28 – 7月 1 全日

主催

仙台市歴史民俗資料館

開催場所・日時

仙台市歴史民俗資料館
2018年年4月28日(土)~7月1日(日) 9:00-16:45

内容

かつて電氣がなかった時代、人々は灯りを手に入れるために松の木や椿油・荏胡麻・菜種油などの植物油、魚油などを燃料とし、またそれらを燃やすための様々な道具を作り出しました。この企画展では、行灯やロウソク、提灯、ランプなどの資料を通じて、今日の電氣にいたる灯りの原料や灯火具の変遷、生活の移り変わりについて考えます。

関連行事
 (1)展示解説
    4月28日(土) 11:00~、14:00~
 (2)「行灯の灯りを見てみよう」
    5月12日(土)、5月26日(土)、6月16日(土)、6月30日(土)
    いずれも 11:00~、14:00~
 (3)講座「灯りとくらしの移り変わり」
    6月23日 13:30~15:00

問合先

仙台市歴史民俗資料館
〒983-0842 仙台市宮城野区五輪一丁目3-7(榴岡公園内)
TEL:022-295-3956 FAX:022-257-6401
http://www.sendai-c.ed.jp/~bunkazai/~rekimin/

料金

入館料 ()内は団体料金
一般・大学生:240円(190円)
高校生:180円(140円)
小・中学生:120円(90円)

東日本大震災復興祈念特別展「東大寺と東北-復興を支えた人々の祈り-」
4月 28 – 6月 24 全日

主催

復興祈念-東大寺展実行委員会(東北歴史博物館,河北新報社,仙台放送,日本経済新聞社,多賀城市)

開催場所・日時

東北歴史博物館特別展示室
2018年4月28日(土)~6月24日(日) 9:30-17:00(入館は16:30まで)

内容

2011年に発生した東日本大震災は,東北地方沿岸部を中心に大きな被害をもたらしました。今もなお被災地域では皆が一丸となって,東北の再生と発展に向けて全力で復興に取り組んでいます。こうした中,当館では,多賀城市と友好都市関係にある奈良市の名刹,華厳宗大本山東大寺の特別な協力を得て,東日本大震災からの復興を祈念する展覧会を開催することといたしました。東大寺や東北地方に残されてきた数々の史料や寺宝の展示を通して,東大寺の歴史と復興の道のりが,震災からの1日も早い復興を願う東北の人々にとって,「未来への道標」となることを願って,本展を開催します。

詳細は,公式ホームページをご覧ください。http://todaiji.exhn.jp/

問合先

東北歴史博物館 情報サービス班
〒985-0862 宮城県多賀城市高崎1-22-1
TEL:022-368-0106 FAX:022-368-0103
E-mail:thm-service[atmark]pref.miyagi.lg.jp

料金

一般1,500円(1,400円) シルバー(65歳以上)1,300円(1,200円) 小・中・高校生600円(500円) ※かっこ内は20名様以上の団体
前売りは一般のみ1,300円(4月27日まで)
障害者手帳等をお持ちの方は,減免制度があるため,当館での当日券購入をお勧めします。
・身体障害者手帳 ・療育手帳 ・精神障害者保健福祉手帳
上記の手帳のいずれかをお持ちの方とその介護者(1名)は観覧料無料となります。

6月
12
2018
福島美術館から感謝をこめて「福島禎蔵が愛し遺したコレクション」
3期)花鳥風月~美術の中の自然
6月 12 – 6月 30 全日

主催

社会福祉法人共生福祉会 福島美術館

開催場所・時間

社会福祉法人共生福祉会 福島美術館
2018年年 6月12日(火)~6月30日(土) 9:00~16:30
(開館日/展覧会期間中の火~土曜日 ※臨時休館を設ける場合もあります。)

内容

福島美術館は、運営母体・社会福祉法人共生福祉会のもと、昭和55年の開館以来、38年にわたり美術作品を皆様に公開してまいりましたが、この度、平成30年度末に事業を一旦休業することとなりました。
 長らくの間、皆さまにはご愛顧を賜り、誠にありがとうございました。
 つきましては、当館で収蔵する3000点の作品を、多くの作品を皆様にお楽しみ頂きたく、4月17日から12月22日まで、全8期の展覧会にて作品をご紹介いたします。

問合せ先

福島美術館
〒984-0065 仙台市若林区土樋288-2
電話 022-266-1535  FAX 022-266-1536
http://www.fukushima-museum.jp/

入場料

一般400円 学生・70歳以上300円※高校生以下・障がい者の方は無料

6月
30
2018
未来のトップアスリートのための体験型スポーツ栄養セミナー2018(宮城会場)
6月 30 全日

主催

公益社団法人 日本栄養士会

開催場所・日時

仙台国際センター 会議室1・2
2018年6月30日(土)10:00~16:30

内容

国内の競技はもちろん、国際的な大会が話題のスポーツ界、管理栄養士・栄養士のフィールドとしても注目を集めています。このセミナーでは、スポーツ栄養の第一人者を講師に迎え、ジュニアアスリートのための栄養学を、より実践的に、より効果的に学ぶことができます。スポーツの現場に携わっている指導者や保護者の方はもちろん、公認スポーツ栄養士を目指している方にもご満足いただける内容となっています。奮って、ご参加ください。
https://www.dietitian.or.jp/news/information/2018/127.html

定員

100名(先着順)

お申し込み

個人情報の取り扱いについて
本セミナーの申込受付は、株式会社アイ・イーシーに業務を一部委託し運営いたします。お申し込みは、株式会社アイ・イーシーが運営するWebサイト「学びとさん.com」からの手続きとなり、申込者の情報は「学びとさん.com」のサーバにて管理されます。ただし、当該業務委託先と当会との間では個人情報保護契約を締結し、個人情報を保護します。
4/2~6/9まで

お問い合わせ先

未来のトップアスリートのための体感型スポーツ栄養セミナー係
Tel 03-5425-6555
E-mail:kikaku-koho[atmark]dietitian.or.jp

参加費

一般 10,000円(税込)/(公社)日本栄養士会会員 8,000円(税込)
※一般の方で、日本栄養士会会員の方からのご紹介者も8,000円(税込)となる、「友人知人もおトク!」キャンペーンを実施いたします。ぜひ、スポーツ栄養に興味がおありの方もお誘いあわせのうえご参加ください。

7月
7
2018
大人のためのぜんそく教室
7月 7 全日

主催

東北労災病院呼吸器内科

開催場所・時間

東北労災病院1F待合ホール
2018年7月7日(土)13:00-15:15

講師

東北労災病院 呼吸器内科医師 薬剤師 看護師

申込・問合先

地域医療連携室 ℡022-275-1467
http://www.tohokuh.johas.go.jp/
電話にてお申し込みください。

定員

45名

受講料

無料

7月
10
2018
福島美術館から感謝をこめて「福島禎蔵が愛し遺したコレクション」
4期)あの人・この人~人物画を楽しもう!
7月 10 – 7月 28 全日

主催

社会福祉法人共生福祉会 福島美術館

開催場所・時間

社会福祉法人共生福祉会 福島美術館
2018年年7月10日(火)~7月28日(土) 9:00~16:30
(開館日/展覧会期間中の火~土曜日 ※臨時休館を設ける場合もあります。)

内容

福島美術館は、運営母体・社会福祉法人共生福祉会のもと、昭和55年の開館以来、38年にわたり美術作品を皆様に公開してまいりましたが、この度、平成30年度末に事業を一旦休業することとなりました。
 長らくの間、皆さまにはご愛顧を賜り、誠にありがとうございました。
 つきましては、当館で収蔵する3000点の作品を、多くの作品を皆様にお楽しみ頂きたく、4月17日から12月22日まで、全8期の展覧会にて作品をご紹介いたします。

問合せ先

福島美術館
〒984-0065 仙台市若林区土樋288-2
電話 022-266-1535  FAX 022-266-1536
http://www.fukushima-museum.jp/

入場料

一般400円 学生・70歳以上300円※高校生以下・障がい者の方は無料

7月
27
2018
特別展「古代アンデス文明展」
7月 27 – 9月 30 全日

主催

「古代アンデス文明展」仙台展実行委員会(仙台市博物館、TBC東北放送、河北新報社)

開催場所・日時

仙台市博物館
7月27日(金曜日)~9月30日(日曜日)
9時00分から16時45分まで  ※入館は16時15分まで

内容

南米大陸を貫く山脈に沿ったアンデス地域では、16世紀にスペインがインカ帝国を滅亡させるまで、巨大な神殿やピラミッド、地上絵などをつくり上げた多様な文化が盛衰を繰り返しました。
インカ帝国を含むこれらの文化はアンデス文明と総称され、ナスカ、モチェ、シカン、ティワナクといった各文化の特徴や影響関係が、考古学や人類学の成果によって明らかにされています。

この展覧会では、アンデス文明を代表する9つの文化から厳選された資料約200点により、その全貌に迫ります。優れた意匠の土器や織物、高い技術によって作られた黄金製品、人々の死生観を反映したミイラなど貴重な資料の数々をご覧ください。

問合せ先

仙台市博物館情報資料センター
〒980-0862 仙台市青葉区川内26
TEL:022-225-3074 FAX: 022-225-2558
https://www.city.sendai.jp/museum/

観覧料

一般・大学生 1,500円、高校生 800円、小・中学生 600円

7月
28
2018
実験教室「電子ロボット「梵天丸」~工作とプログラミングを学ぼう~」Aコース
7月 28 全日

開催場所・時間

東北電力グリーンプラザ コミュニティールーム
7月28日(土) 12:30~16:00

内容

プログラミングってとても難しそう…と思うかもしれませんが、この教室なら大丈夫。障害物を感知する自動車型ロボット「梵天丸」の組み立てから基本的なプログラムまでを丁寧に行います。学校ではなかなか学べないプログラミングにチャレンジしてみませんか。

講師

水谷好成氏(宮城教育大学教育学部教授 工学博士)

申込み・問合せ先

東北電力グリーンプラザ「実験教室」係
〒980-0811 仙台市青葉区一番町3-7-1
TEL: 022-225-2969 FAX: 022-225-3007

対象

小学4年生~6年生

定員

10名(抽選)

申込み方法

はがき・FAXに(1)希望教室名(1教室につきはがき1枚に記入)、(2)参加希望日、コース、(3)郵便番号、(4)住所、(5)お名前(ふりがな)、(6)年齢・性別、(7)電話番号、(8)職業 を明記の上「実験教室」係までお申し込みください。
当選はがきは、教室開催日の一週間前までにお届けいたします。なお、ご連絡がない場合は落選となりますのでご了承ください。
※グリーンプラザ館内インフォメーション(受付)カウンターでもお申込みいただけます。
応募締切7月14日(土)必着

参加費

2,000円(材料費の一部として)

7月
29
2018
実験教室「電子ロボット「梵天丸」~工作とプログラミングを学ぼう~」Bコース
7月 29 全日

主催

東北電力グリーンプラザ

開催場所・時間

東北電力グリーンプラザ コミュニティールーム
7月29日(日) 12:30~16:00

内容

プログラミングってとても難しそう…と思うかもしれませんが、この教室なら大丈夫。障害物を感知する自動車型ロボット「梵天丸」の組み立てから基本的なプログラムまでを丁寧に行います。学校ではなかなか学べないプログラミングにチャレンジしてみませんか。

講師

水谷好成氏(宮城教育大学教育学部教授 工学博士)

申込み・問合せ先

東北電力グリーンプラザ「実験教室」係
〒980-0811 仙台市青葉区一番町3-7-1
TEL: 022-225-2969 FAX: 022-225-3007

対象

小学4年生~6年生

定員

10名(抽選)

申込み方法

はがき・FAXに(1)希望教室名(1教室につきはがき1枚に記入)、(2)参加希望日、コース、(3)郵便番号、(4)住所、(5)お名前(ふりがな)、(6)年齢・性別、(7)電話番号、(8)職業 を明記の上「実験教室」係までお申し込みください。
当選はがきは、教室開催日の一週間前までにお届けいたします。なお、ご連絡がない場合は落選となりますのでご了承ください。
※グリーンプラザ館内インフォメーション(受付)カウンターでもお申込みいただけます。
応募締切7月14日(土)必着

参加費

2,000円(材料費の一部として)

9月
4
2018
福島美術館から感謝をこめて「福島禎蔵が愛し遺したコレクション」
5期)遠忌300年 仙台藩4代藩主 伊達綱村と黄檗宗
9月 4 – 9月 22 全日

主催

社会福祉法人共生福祉会 福島美術館

開催場所・時間

社会福祉法人共生福祉会 福島美術館
2018年年9月4日(火)~9月22日(土) 9:00~16:30
(開館日/展覧会期間中の火~土曜日 ※臨時休館を設ける場合もあります。)

内容

福島美術館は、運営母体・社会福祉法人共生福祉会のもと、昭和55年の開館以来、38年にわたり美術作品を皆様に公開してまいりましたが、この度、平成30年度末に事業を一旦休業することとなりました。
 長らくの間、皆さまにはご愛顧を賜り、誠にありがとうございました。
 つきましては、当館で収蔵する3000点の作品を、多くの作品を皆様にお楽しみ頂きたく、4月17日から12月22日まで、全8期の展覧会にて作品をご紹介いたします。

問合せ先

福島美術館
〒984-0065 仙台市若林区土樋288-2
電話 022-266-1535  FAX 022-266-1536
http://www.fukushima-museum.jp/

入場料

一般400円 学生・70歳以上300円※高校生以下・障がい者の方は無料

9月
9
2018
東北医科薬科大学附属薬用植物園見学会
9月 9 全日

主催

東北医科薬科大学

開催場所・時間

東北医科薬科大学附属薬用植物園
2018年9月9日(日)10:00-12:00

講師

佐々木健郎氏(東北医科薬科大学生薬学教授)
小林匡子氏・村田敏拓氏(東北医科薬科大学生薬学講師)

内容

当日について
午前10:00に大学正門前にお集まり下さい。
(誘導の者が集合場所及び会場へとご案内致します。)
雨天でも行います。気候に合わせて帽子、飲み物などをご用意ください。

申込み・問合せ先

東北医科薬科大学生薬学教室
はがきで→住所:〒981-8558 仙台市青葉区小松島4-4-1
(住所・氏名・電話番号をご記入下さい。)
電話で→022-727-0086
受付担当者 村田
E-mailで→murata-t[atmark]tohoku-mpu.ac.jp
(土、日曜日など不在の時間帯があります。どうぞご了承ください。)

受講料

無料

10月
2
2018
福島美術館から感謝をこめて「福島禎蔵が愛し遺したコレクション」
6期)文房四宝~書・墨・硯の魅力
10月 2 – 10月 20 全日

主催

社会福祉法人共生福祉会 福島美術館

開催場所・時間

社会福祉法人共生福祉会 福島美術館
2018年年10月2日(火)~10月20日(土) 9:00~16:30
(開館日/展覧会期間中の火~土曜日 ※臨時休館を設ける場合もあります。)

内容

福島美術館は、運営母体・社会福祉法人共生福祉会のもと、昭和55年の開館以来、38年にわたり美術作品を皆様に公開してまいりましたが、この度、平成30年度末に事業を一旦休業することとなりました。
 長らくの間、皆さまにはご愛顧を賜り、誠にありがとうございました。
 つきましては、当館で収蔵する3000点の作品を、多くの作品を皆様にお楽しみ頂きたく、4月17日から12月22日まで、全8期の展覧会にて作品をご紹介いたします。

問合せ先

福島美術館
〒984-0065 仙台市若林区土樋288-2
電話 022-266-1535  FAX 022-266-1536
http://www.fukushima-museum.jp/

入場料

一般400円 学生・70歳以上300円※高校生以下・障がい者の方は無料

10月
30
2018
福島美術館から感謝をこめて「福島禎蔵が愛し遺したコレクション」
7期)みんなが見たい!この作品
10月 30 – 11月 17 全日

主催

社会福祉法人共生福祉会 福島美術館

開催場所・時間

社会福祉法人共生福祉会 福島美術館
2018年年10月30日(火)~11月17日(土) 9:00~16:30
(開館日/展覧会期間中の火~土曜日 ※臨時休館を設ける場合もあります。)

内容

福島美術館は、運営母体・社会福祉法人共生福祉会のもと、昭和55年の開館以来、38年にわたり美術作品を皆様に公開してまいりましたが、この度、平成30年度末に事業を一旦休業することとなりました。
 長らくの間、皆さまにはご愛顧を賜り、誠にありがとうございました。
 つきましては、当館で収蔵する3000点の作品を、多くの作品を皆様にお楽しみ頂きたく、4月17日から12月22日まで、全8期の展覧会にて作品をご紹介いたします。

問合せ先

福島美術館
〒984-0065 仙台市若林区土樋288-2
電話 022-266-1535  FAX 022-266-1536
http://www.fukushima-museum.jp/

入場料

一般400円 学生・70歳以上300円※高校生以下・障がい者の方は無料

12月
4
2018
福島美術館から感謝をこめて「福島禎蔵が愛し遺したコレクション」
8期)幸せ願う・めでた掛け
12月 4 – 12月 22 全日

主催

社会福祉法人共生福祉会 福島美術館

開催場所・時間

社会福祉法人共生福祉会 福島美術館
2018年年12月4日(火)~12月22日(土) 9:00~16:30
(開館日/展覧会期間中の火~土曜日 ※臨時休館を設ける場合もあります。)

内容

福島美術館は、運営母体・社会福祉法人共生福祉会のもと、昭和55年の開館以来、38年にわたり美術作品を皆様に公開してまいりましたが、この度、平成30年度末に事業を一旦休業することとなりました。
 長らくの間、皆さまにはご愛顧を賜り、誠にありがとうございました。
 つきましては、当館で収蔵する3000点の作品を、多くの作品を皆様にお楽しみ頂きたく、4月17日から12月22日まで、全8期の展覧会にて作品をご紹介いたします。

問合せ先

福島美術館
〒984-0065 仙台市若林区土樋288-2
電話 022-266-1535  FAX 022-266-1536
http://www.fukushima-museum.jp/

入場料

一般400円 学生・70歳以上300円※高校生以下・障がい者の方は無料