イベント情報

※今般の新型コロナウイルス等の感染拡大予防の観点から開催が 延期・中止されるイベントもございます。開催の有無につきましては、主催者へのお問い合わせをお願いいたします。

※現在、「まなびのめ」紙版第59号(2023年1月初旬発行予定)に掲載する「学び」イベントの情報(2023年1月中旬~4月初旬開催予定)を募集しています。
また、Web版掲載の情報は随時受け付けております。
編集部までお寄せいただきますようお願いいたします。
情報は問い合せ・投稿フォームからお送りいただけます。

9月 17 – 10月 23 全日
主催 文化庁、石巻市博物館、河北新報社、全国新聞社事業協議会 内容 文化庁では、近年の発掘や調査研究で明らかになった成果を広く発信し、埋蔵文化財に親しみ、その保護の重要性に対して理解を深める機会として、平成7年度から「発掘された日本列島」展を開催し全国を巡回してきました。 28回目の今年度は石巻市博物館が会場となり、「我がまちが誇る遺跡」として、長野県富士見町の井戸尻(いどじり)遺跡群、京都市の公家町(くげまち)遺跡、和歌山県の岩橋千塚(いわせせんづか)古墳群と紀氏の遺跡から出土した資料を展示し、個性豊かな地域の歴史の魅力を紹介します。 また、「新発見考古速報」として、近年発掘された遺跡や、成果がまとまった注目の遺跡を取り上げ、旧石器時代から近代まで、14遺跡360点を速報展示します。 これらの中核展示のほかに、常設展示室「毛利コレクション展示室」内において、ご当地石巻の地域展として「毛利総七郎・遠藤源七の考古コレクション」を同時開催します。これは、彼らが発掘し、また全国から集めた考古資料の優品を展示するもので、特に東北大学に移管された沼津貝塚出土品には重要文化財が多く含まれ、今回久しぶりの里帰り展示となります。 開催場所・日時 石巻市博物館 企画展示室(石巻市開成1-8) 2022年9月17日(土)~10月23日(日)※ただし地域展は11月6日(日)まで 9:00~17:00(最終入館16:30) 問合せ先 0225-98-4831 入館料 一般:600円 高校生:400円 小学生:200円
10月 1 – 11月 27 全日
主催 村田町歴史みらい館 内容 仙台藩の初代藩主である伊達政宗公の七男の「伊達宗高」は、村田の領主として、柴田郡と刈田郡内において三万石を領していたといわれています。寛永元年(1624)、政宗公の命を受け、蔵王の刈田嶺の噴火を鎮めるために蔵王に登り命願したところ噴火は鎮まりましたが、2年後(1626)に痘瘡(とうそう・天然痘)により二十歳の若さで急逝しました。蔵王の噴火被害から万民を救った英雄として、没後約400年経つ今日でも、ふるさとの人々に慕われ続けています。 今回は、伊達宗高に関する資料や菩提寺の龍島院に伝わる資料等を展示して、伊達宗高の生涯を紹介します。また、特別に町指定文化財の毘沙門天像や宗高書状等を展示しますのでぜひご覧ください。 開催場所・日時 村田町歴史みらい館 1階 企画展示室 2022年10月1日(土)~11月27日(日) 9:00~17:00(入室16:30まで) (休館日:月曜日、祝日の翌日) 問合せ先 村田町歴史みらい館 TEL: 0224-83-6822 E-mail:miraikan[atmark]town.murata.miyagi.jp 観覧料 無料
10月 1 – 11月 27 全日
主催 東北歴史博物館 内容 平安時代における武士の誕生から,中世東北武士の躍動,名実ともに政治・経済・文化の中心的存在として現在の東北にも大きな影響を与えた近世大名まで,東北における武士の歴史を追うことによって,日本史における武士という存在がいかなるものであったのか,現在の我々にどのような影響を与えたのかを改めて考えたいと思います。 また,武士の主要な武器であり,武士の精神性を象徴するようになる日本刀について,特に武士の誕生・成長との関係という視点から,その変遷を追います。 関連企画 ◎「外国人の方も参加できます!刀剣ワークショップ」  江戸時代の日本刀を間近で体感できます。  日時:10月16日(日)・11月6日(日) 午後1時30分から  受付:当日受付 館南側入口 午後1時から  定員:各回20名 (当日受付・先着順・小学4年生以上対象)  場所:1階研修室  参加費:無料 ※特別展観覧券(当日有効)が必要 ◎「本展担当者が語り倒す!特別展示解説」  日時:会期中 毎週日曜日 午前10時30分から午前11時  受付:当日受付 館南側入口 午前10時から  定員:50名程度 (当日受付・先着順)  場所:1階研修室  参加費:無料 ※特別展観覧券(当日有効)が必要  解説者:当館学芸員 開催場所・日時 東北歴史博物館(多賀城市高崎1-22-1) 9:30~17:00(発券は16:30まで) 休館日 毎週月曜日(10月10日(月)は開館),10月11日(火) 問合せ先 TEL:022-368-0106 観覧料 一般1,200円, シルバー(65歳以上)1,100円, 小・中・高校生500円 ※常設展もご覧頂けます。
10月 1 – 12月 11 全日
主催 仙台文学館 内容 私はここに日本にも新しいタイプの画家が生れたと知らされた。この分野は未開拓である。  劇作家 飯澤匡 宮城県出身の漫画家・イラストレーターの山内ジョージさん。旧満州から引き揚げ、父の郷里・登米市で育ちました。手塚治虫に憧れ、石ノ森章太郎に出会った少年時代や、マンガの聖地「トキワ荘」で漫画家として研鑚を重ねた青春時代を経て、イラストレーションに機運を見出し、生み出した「動物文字絵」によって、カンボジアの女性たちの識字率向上に貢献しました。80歳を超えた今も創作活動を通して、あたたかな交流の輪を広げ続けています。展示では、世界で愛される「動物文字絵」の原画のほか、中学2年生の時に「河北新報」に掲載された4コママンガや「トキワ荘」時代の貴重な資料などから、ジョージさんの歩みをたどり、ユーモアあふれる作品世界を展望します。 開催場所・日時 仙台文学館 企画展示室(仙台市青葉区北根2-7-1) 2022年10月1日(土)~12月11日(日)9:00~17:00(入場は16:30まで) 米休館日:月曜日(10/10は開館)、祝・休日の翌日(10/11は開館)、第4木曜日 問合せ先 022-271-3020 観覧料 一般810円、高校生460円、小・中学生230円(各種割引あり)
10月 3 – 10月 7 全日
主催 宮城県教育委員会・東北大学金属材料研究所 内容  未来の子供たちが青くきれいな地球に永続的に住めるように,いま私たちは持続可能な循環型の社会を構築する必要があります。そのためには,環境にやさしく豊かな暮らしを営める社会の在り方をさまざまな視点から考え,その実現に向けて人類が育んできた科学と技術の力で支えていかなければいけません。東北大学金属材料研究所(金研)は,創立以来100年以上の歴史の中で,社会に貢献する材料研究と教育を担ってきました。本講座では,循環型社会で私たちが必要とする材料―エネルギーを作る・貯める・送る・使う材料―について,金研の研究者がその基礎から材料開発の現状さらに将来展望までをわかりやすくお話しします。 開催場所・日時 東北大学金属材料研究所2号館講堂またはオンライン(ZOOM) 10月3日(月),10月4日(火),10月5日(水), 10月6日(木),10月7日(金)  18:00~19:30(全回) 各回テーマ 第1回 超伝導の科学と技術 第2回 蓄電池電極材料と次世代蓄電池の開発に向けて 第3回 核融合エネルギー開発最前線-極限環境に耐える材料を創る- 第4回 太陽電池用シリコン結晶の製造方法と課題 第5回 磁性材料とエレクトロニクス 問合せ先 〒980-8577 仙台市青葉区片平2-1-1 東北大学金属材料研究所 「みやぎ県民大学講座」 TEL:022-215-2181  FAX:022-215-2184 E-mail:imr-som[atmark]grp.tohoku.ac.jp ※申込み後,開講日前日までに受講決定の連絡が無い場合は,申込先にお問い合わせください。 申込方法 <先着順> 受付期間:7月1日(金)~9月22日(木) E-mail,FAXまたははがき(①郵便番号②住所③氏名(フリガナ)④性別⑤年齢⑥職業(学年) ⑦電話番号⑧現地またはオンライン,どちらを希望するかを記入のこと) ※1講座のみの受講も可能 ※電話ではお申込み受付できかねますのでご注意ください。 対象・定員 中学生以上の宮城県民 30名(現地) 300名(オンライン) 受講料 無料
10月 7 全日
主催 宮城学院女子大学附属人文社会科学研究所 内容 2022第3回宮城学院女子大学附属人文社会科学研究所公開研究会を下記の通り開催いたします。テーマに興味を持たれた方はどなたでも参加できますので、ぜひご参加ください。 開催場所・日時 宮城学院女子大学講義館4階C403/オンラインZOOM併用 2022年10月7日(金)16:20~17:50 講師 報告者:松本周氏【宮城学院女子大学一般教育部准教授】 司 会:増冨和浩氏【宮城学院女子大学英文学科教授】 問合せ先 宮城学院女子大学附属人文社会科学研究所 Email: jinsha[atmark]mgu.ac.jp TEL:022-277-6210 本学ホームページ: https://news.mgu.ac.jp/educations/event/2570.html 申込方法 参加希望者は、上記人文社会科学研究所までお申し込みください。 その際、氏名・所属・連絡先・参加方法(対面/オンライン)をお知らせください。 新型コロナ感染症の感染状況により、開催方法に変更が生じた場合は、ご登録いただいたご連絡先にご連絡いたします。 要事前申込(10/6締切) 受講料 無料
10月 7 全日
主催 東北工業大学地域連携センター 内容  不正アクセス・ランサムウェア・フィッシング・・・、様々なサイバー攻撃が世界中で発生しています。これらは決して対岸の火事ではなく、我々自身の身に迫る問題であり、みんなで取り組むべき課題です。本講座では近年の事例を紹介しつつ、セキュリティに対して我々みんなができることを考えていきたいと思います。 開催場所・日時 オンライン開講 2022年10月7日(金)18:00~19:15 講師 角田裕氏(東北工業大学情報通信工学科教授) 問合せ先 東北工業大学 地域連携センター 〒982-8577 仙台市太白区八木山香澄町35-1(1号館1階) Tel: 022-305-3810 Fax: 022-305-3808 E-mail: rc-center[atmark]tohtech.ac.jp https://www.tohtech.ac.jp/topics/opencollege 申込方法 申込フォーム: https://forms.office.com/pages/responsepage.aspx?id=vjI6qurSzEWRnoPeMtX7pAkdHxoxnxhAhNKIOAeVbBBUMzQyQ1BWQllXNFBVNjVVTjBOVTE4Tk41Vy4u 開催前日までにお申し込みください。 受講料 無料
10月 8 全日
主催 仙台市男女共同参画推進センター 内容 世界各地で多発している自然災害。 女性や子ども、高齢者、しょうがい者など社会的に弱い立場に置かれている人は、より深刻な被害を受けると言われています。 気候危機対策に女性の声が反映されることの重要性について、国内外の取り組みなどから考えます。 開催場所・日時 エル・パーク仙台 セミナーホール(仙台市青葉区一番町4丁目11−1仙台三越定禅寺通り館(141ビル)5階) 2022年10月8日(土)14:30~16:30 講師 長谷川公一氏(尚絅学院大学 特任教授、東北大学 名誉教授) 問合せ先 エル・パーク仙台 管理事業課 電話番号:022-268-8301 ファックス:022-268-8316 申込方法 8月8日(月曜日)9時00分から申込受付開始(先着順/定員になり次第締切) イベント申込フォームからお申し込みください。→https://www.sendai-l.jp/event/10067.html 定員 60名 受講料 1,000円(学生500円) 参加費は当日受付でいただきます。学生の方は学割が適用されますので、学生証をご提示ください。(※高校生以下無料)
10月 8 全日
主催 仙台文学館 内容 井上ひさしの故郷である山形県川西町の遅筆堂文庫には、井上が存命中から寄贈した膨大な旧蔵書が所蔵されています。長年にわたりその資料に触れ、貴重な書き込みの数々を目にしてきた講師が、文庫のお宝資料を紹介しながら、井上作品を語ります。 1 井上芝居「たいこどんどん」と江戸の旅日記「筆満可勢(ふでまかせ)」について 2 てんぷくトリオのコント -その創作ノートから- 3 遅筆堂文庫で卒論が書けちゃう⁉ -その本ならここにあります! 膨大な文庫資料から テキスト:テキストは指定しません。こちらが準備した資料で講座を進めます。  仙台文学館ゼミナール2022 開催場所・日時 仙台文学館(仙台市青葉区北根2-7-1) 2021年10月8日 11月12日 12月10日 (各土曜日・全3回) 13:30~14:45 講師 遠藤 敦子氏(遅筆堂文庫副 館長) 申込・問合せ先 仙台文学館 〒981-0902 仙台市青葉区北根2-7-1 TEL 022-271-3020 申込方法 ◆往復はがきに、住所、氏名、電話・ファックス番号(講座日変更などの連絡に必要)、 希望する講座名を記入の上、仙台文学館にお送りください。 はがき1枚につき、1人、1講座の申込みとします。複数講座に参加ご希望の方は、それぞれにお申込みください。 ◆締切は必着で、各講座それぞれ違いますので、ご注意ください。  ※8月30日(火)必着 ◆カリキュラムは、全回参加して1講座が終了するように組んでありますので、基本的に、各講座とも毎回ご参加ください。 ◆申込みが定員を超える場合は抽選となります。なお余裕のある場合は、締切後も受付けますので、お問合せ下さい。 ◆返信は、締切後にお送りします(先着順ではありません) ◆新型コロナウィルス感染症の影響で、中止・延期となる可能性があります。最新情報はホームページ等でご確認ください。 *いただいた個人情報はゼミナールに関するご連絡以外には使用しません。 定員 50人 受講料 1回500円 
10月 8 全日
主催 学都仙台コンソーシアム・東北学院大学 内容  アメリカでは、保守(トランプ)とリベラル(バイデン)の2項対立がある。アメリカは、保守が主流で、それゆえ付加価値税は導入されていない。保守とリベラルの観点から、付加価値税について考えていく。後半は、日本で導入された軽減税率の問題点について、例題を使って、説明していく。 開催場所・日時 仙台市市民活動サポートセンター 6階セミナーホール 2022年10月8日(土) 10:30~12:00 講師 小池和彰氏(東北学院大学経営学部教授)  申込み・問合せ先 東北学院大学/研究機関事務課 〒981-8511 仙台市青葉区土樋1-3-1 TEL:022-264-6362 FAX:022-264-6530 E-mail:k-soken[atmark]mail.tohoku-gakuin.ac.jp 申込方法 FAXまたはEメールに講座名・氏名・電話番号を明記の上、開催日の1週間前までに上記へ。 Eメールで申込の場合は、件名に「公開講座申し込み」と明記願います。 定員 30名 受講料 無料
10月 15 全日
主催 宮城学院女子大学地域子ども学研究センター 共催:宮城学院女子大学発達科学研究所 大学祭企画:Pisto(児童教育専攻3年生有志) 内容 2022国際シンポジウムは、フィンランドにあるエスポー市小学校の校長先生であるユッカ・サルピラ先生をご招待し、フィンランドの小学校教育についてご講演いただきます。ディスカッションを通して、フィンランドの基礎学力に対する考え方などを理解することを目指します。 対面・オンラインZOOM併用での開催となり、テーマに興味関心のある方は、どなたでも参加できます。ぜひ、ご参加ください。 開催場所・日時 宮城学院女子大学 講義館C202 対面/オンラインZOOM併用(ハイフレックス方式) 2022年10月15日(土)10:00-12:00 講師 ユッカ・サルピラ先生(フィンランド・エスポー市小学校校長) 問合せ先 発達科学研究所  電話:022-277-6210  E-mail:child[atmark]mgu.ac.jp https://news.mgu.ac.jp/educations/event/2609.html 申込方法 下記URL(googleフォーム)より、お申込ください。10/12(水)申込〆切。 https://forms.gle/KMjBgXfA1MupQ4zM6 定員 対面参加100名・ZOOM参加100名 受講料 無料
10月 15 全日
主催 せんだい環境学習館たまきさんサロン 内容 青葉の森緑地のレンジャーさんに自然の楽しさやおもしろさを教えてもらう講座第2弾!! 青葉の森緑地の森を歩きながら、自然を「みて」「きいて」「かいで」「さわって」探検してみましょう。 (天候の状況により当日中止となる場合もあります。) 開催場所・日時 仙台市青葉の森緑地 10月15日(土) 10:00~12:00 講師 仙台市青葉の森緑地 レンジャー 申込・問合せ先 せんだい環境学習館たまきさんサロン メール tamaki3salon[atmark]city.sendai.jp 電 話 022-214-1233 FAX 022-393-5038 申込方法 電子メールまたはハガキ、FAXでお申し込みください (必要事項:希望講座名、参加者氏名、年齢、住所、電話番号) ※申込締切 10月5日(水) 【必着】 定員 小学1~3年生の子どもと保護者ペア 5組10名 ※抽選 参加費 無料
10月 15 全日
主催 学都仙台コンソーシアム・仙台白百合女子大学 内容  顧客からの理不尽なクレーム,要求に対して「言い返したいのに言えなかった」ことや,怒りを感じているのに笑顔で応対した経験はありませんか? このような労働のことを「感情労働」といい,日本の就労人口の約70%がサービス産業に従事している中で,就労者の精神的・身体的健康を脅かす要因の一つとして注目されています。  本講座では,肉体労働,頭脳労働に次ぐ第三の労働として感情労働を取り上げ,感情労働のメカニズムと感情労働によるストレスの対処法について考えていきます。 開催場所・日時 仙台市市民活動サポートセンター 6階セミナーホール 2022年10月15日 13:30~15:00 講師 結城裕也氏(仙台白百合女子大学心理福祉学科准教授) 申込み・問合せ先 仙台白百合女子大学/地域貢献研究センター 〒981-3107 仙台市泉区本田町6-1 TEL:022-374-5090 FAX:022-374-4577 E-mail:event[atmark]sendai-shirayuri.ac.jp 申込方法 氏名(ふりがな)、年齢、郵便番号、住所、電話番号(またはE-mailアドレス)を明記の上、 開催1週間前までに、仙台白百合女子大学/地域貢献研究センターへ。 定員 30名 受講料 無料
10月 15 全日
主催 学都仙台コンソーシアム・尚絅学院大学 内容  昨年度に続き「内臓としての骨」第2弾(ver.2.0)です!前回参加された方も、今回初めて参加される方も、「骨=硬い」というイメージを壊してもらって、「骨=内臓」であるという柔らかい発想をゲットしましょう!今回はさらなる最新知識を加えるとともに、コロナ禍における「骨の今」と「骨の健康の増進法」を考えます。 開催場所・日時 仙台市市民活動サポートセンター 6階セミナーホール 2022年10月15日(土) 10:30~12:00 講師 東門田誠一氏(尚絅学院大学健康栄養部門准教授)  申込み・問合せ先 尚絅学院大学/地域連携交流プラザ 〒981-1294 名取市杜せきのした5-3-1 イオンモール名取あおばコート3階 TEL:022-381-1490 FAX:022-381-1491 E-mail:kouza[atmark]shokei.ac.jp 申込方法 FAXまたはEメールに講座名・氏名(フリガナ)・住所・電話番号を明記の上、開催日の2週間前までに上記へ。 定員 30名 受講料 無料
10月 15 全日
主催 東北学院大学英語英文学研究所 内容 オセローの妻デズデモーナが歌う「柳の歌(Willow)」も、精神を病んだオフィーリアが歌う小唄にも元歌があり、いずれもシェイクスピア時代における大ヒット曲の歌詞を作り替えたものでした。 オフィーリアやデズデモーナが死の直前に口ずさんだ小唄の元歌はどういうものだったのでしょうか? 今回の講演ではシェイクスピア時代の歌謡文化に焦点を当て、シェイクスピア劇における女性登場人物の小唄が果たした効果を分析します。 開催場所・日時 東北学院大学 土樋キャンパス ホーイ記念館ホール(仙台市青葉区土樋一丁目3-1) 2022年10月15日(土)14:40~16:10(受付開始時間 14:00) 講師 中野 春夫 氏(学習院大学文学部英語英米文化学科教授) 申込・問合せ先 東北学院大学研究機関事務課 TEL 022-264-6401 Email:c1511023[atmark]mail.tohoku-gakuin.ac.jp 申込方法 必要事項をご記入の上、メールでお申込みください。 宛 先:c1511023[atmark]mail.tohoku-gakuin.ac.jp 件 名:「2022英語英文学研究所 学術講演会申込」 本 文:①住所 ②氏名 ③電話番号 ④メールアドレス 申込締切:2022年10月7日(金) ※コロナの感染状況に応じて実施形態が変更になることがあります。 ※zoomでの出席を希望の際は申込みの時にお知らせください。 定員 100名 受講料 無料
10月 21 全日
主催 東北工業大学地域連携センター 内容  発酵した食品は紫外線などの強い光を当てると蛍光を発して光ります。日本酒も発酵食品なので光ります。そしてその光は蔵や日本酒の種類によって様々です。私たちの研究室では現在宮城県の蔵で作られた日本酒の光り方と日本酒の化学分析をしています。それらの結果と日本酒の味との関係などを講座ではお話しします。 開催場所・日時 オンライン開講 2022年10月21日(金)18:00~19:15 講師 丸尾容子(東北工業大学環境応用化学科教授) 問合せ先 東北工業大学 地域連携センター 〒982-8577 仙台市太白区八木山香澄町35-1(1号館1階) Tel: 022-305-3810 Fax: 022-305-3808 E-mail: rc-center[atmark]tohtech.ac.jp https://www.tohtech.ac.jp/topics/opencollege 申込方法 申込フォーム: https://forms.office.com/pages/responsepage.aspx?id=vjI6qurSzEWRnoPeMtX7pAkdHxoxnxhAhNKIOAeVbBBUMzQyQ1BWQllXNFBVNjVVTjBOVTE4Tk41Vy4u 開催前日までにお申し込みください。 受講料 無料
10月 22 全日
主催 学都仙台コンソーシアム・東北学院大学 内容  しばしば「社会を映す鏡」と言われるように、建築には、それが建った時代の雰囲氣が色濃く反映されます。本講座では、写真資料を中心に、幕末・明治から現代に至る約150年間の日本の建築デザインを振り返り、その特徴と思想を探ります。現代は、コンクリート造の建築が文化財になる時代です。そうした視点も交えつつ、古建築に勝るとも劣らない近現代建築の魅力や見方を考える機会にしたいと思います。 開催場所・日時 仙台市市民活動サポートセンター 6階セミナーホール 2022年10月22日(土) 13:30~15:00 講師 﨑山俊雄氏(東北学院大学工学部准教授)  申込み・問合せ先 東北学院大学/研究機関事務課 〒981-8511 仙台市青葉区土樋1-3-1 TEL:022-264-6362 FAX:022-264-6530 E-mail:k-soken[atmark]mail.tohoku-gakuin.ac.jp 申込方法 FAXまたはEメールに講座名・氏名・電話番号を明記の上、開催日の1週間前までに上記へ。 Eメールで申込の場合は、件名に「公開講座申し込み」と明記願います。 定員 30名 受講料 無料
10月 22 全日
主催 東北学院大学ヨーロッパ文化総合研究所 内容 初期ルネサンスを代表する画家、フィリッポ・リッピ(1406-69)が最晩年にイタリアの中部ウンブリア地方のスポレート大聖堂内陣に描いた壁画を概観する。 同内陣には、聖母伝が描かれているが、一見普通に見える描写には隠された意味が込められている。 とりわけ《受胎告知》、《聖母の葬儀》(聖母被昇天)、《聖母の戴冠》に焦点を当てつつ、これらの物語に込められたメッセージを読み解く。 講演者はこの壁画に教皇庁とフランチェスコ会の思惑を読み取り、無原罪の御宿りとの関係性を示すと同時に、 プログラムの考案者として、スポレート司教兼枢機卿であったベラルド・エロリ(1409-79)の存在を提案する。 開催場所・日時 東北学院大学土樋キャンパス ホーイ記念館ホール(仙台市青葉区土樋1-3-1) およびZoom併用 2022年10月22日(土)14:00~15:30(受付開始時間 13:30) 講師 渡辺 有美氏(東北学院大学文学部総合人文学科講師) 申込・問合せ先 ヨーロッパ文化総合研究所 TEL 022-264-6379 Email:europe[atmark]mail.tohoku-gakuin.ac.jp 申込方法 申込フォームまたはお電話にてお申し込みください。 なお、定員に達した時点で申込を終了させていただきます。 定員 80名 受講料 無料
10月 26 全日
主催 宮城学院女子大学附属キリスト教文化研究所 内容 2022年度第2回宮城学院女子大学附属キリスト教文化研究所公開研究会「悲しみを語り伝えるために 旧約聖書にみる語り部の格闘」を対面・オンラインZOOM併用で開催いたします。テーマに興味関心のある方は、どなたでも参加できます。ぜひ、ご参加ください。 開催場所・日時 宮城学院女子大学講義館4階C403/オンラインZOOM 併用 2022年10月26日(水)13時~14時30分 講師 左近豊氏(青山学院大学教授・旧約聖書学) 司 会:松本周氏(宮城学院女子大学准教授・キリスト教社会倫理学) 問合せ先 キリスト教文化研究所 Email: kiriken[atmark]mgu.ac.jp TEL/FAX:022-277-6210 https://news.mgu.ac.jp/educations/event/2599.html 申込方法 テーマに興味のある方は、どなたでも参加できます。 参加費無料・要事前申込(10/24締切) 参加希望者は、キリスト教文化研究所までお申し込みください。 その際、氏名・所属・連絡先・参加方法をお知らせください。 新型コロナ感染症の感染状況により、開催方法に変更が生じた場合は、 ご登録いただいたご連絡先にご連絡いたします。 受講料 無料
10月 27 全日
主催 公益財団法人仙台市健康福祉事業団 内容 認知症を正しく理解し、認知症の方との関わり方を学ぶことで、本人とその家族を地域全体で支える事の大切さを学びます。 ①「認知症に関する医学知識」 ②「認知症の人との接し方と本人・家族の支援 ~認知症の人を理解し、地域で支えよう~」 開催場所・日時 仙台市シルバーセンター7階 第1研修室 (仙台市青葉区花京院1-3-2) 2022年10月27日(木) 10:00~15:00 講師 ①古川勝敏氏(東北医科薬科大学病院 認知症疾患医療センターセンター長/東北医科薬科大学医学部 地域医療学教授) ②和泉香奈氏(JR仙台病院 認知症看護認定看護師 キャラバン・メイト) 申込・問合せ先 公益財団法人仙台市健康福祉事業団 介護研修室(仙台市シルバーセンター5階) TEL:022-215-3711 FAX:022-215-3718 E-mail:senkaigo[atmark]nifty.com 申込方法 電話・FAX・Eメールまたは直接窓口へどうぞ(事前申込制) 定員 50名(先着) 参加費 105円(認知症サポーター養成講座テキスト代)
10月 28 全日
主催 東北工業大学地域連携センター 内容  日本列島に暮らした我々の先祖は森林資源を巧みに使いながら住環境をデザインしてきました。循環型社会の形成が目指される昨今において、再生可能な森林資源は再び脚光を浴びています。今回の講座では、東北地方の今昔の事例を概観しながら、森林資源をキーワードとした未来の住環境デザインのあり方についてお話しします。 開催場所・日時 オンライン開講 2022年10月28日(金)18:00~19:15 講師 栗原広佑氏(東北工業大学生活デザイン学科講師) 問合せ先 東北工業大学 地域連携センター 〒982-8577 仙台市太白区八木山香澄町35-1(1号館1階) Tel: 022-305-3810 Fax: 022-305-3808 E-mail: rc-center[atmark]tohtech.ac.jp https://www.tohtech.ac.jp/topics/opencollege 申込方法 申込フォーム: https://forms.office.com/pages/responsepage.aspx?id=vjI6qurSzEWRnoPeMtX7pAkdHxoxnxhAhNKIOAeVbBBUMzQyQ1BWQllXNFBVNjVVTjBOVTE4Tk41Vy4u 開催前日までにお申し込みください。 受講料 無料
10月 29 全日
主催 学都仙台コンソーシアム・仙台白百合女子大学 内容  日本は海産物が豊富な国であるにも関わらず、海産物の消費量は畜産物に比べて近年は下回っています。海産物には、機能性油脂やたんぱく質を豊富に含み、日本人の食卓には欠かせないものです。このため、海産物、特に魚の消費量を増やすために、「三つ子の魂百まで」子どもの時からの魚食の習慣化が重要なテーマです。今回は保育園児を対象に「食育」研究で欠落している教育学的アプローチの一例を紹介します。保育園児と大学教員の愉快な格闘の足跡をお楽しみください。 開催場所・日時 仙台市市民活動サポートセンター 6階セミナーホール 2022年10月29日 10:30~12:00 講師 大久保剛氏(仙台白百合女子大学健康栄養学科准教授) 申込み・問合せ先 仙台白百合女子大学/地域貢献研究センター 〒981-3107 仙台市泉区本田町6-1 TEL:022-374-5090 FAX:022-374-4577 E-mail:event[atmark]sendai-shirayuri.ac.jp 申込方法 氏名(ふりがな)、年齢、郵便番号、住所、電話番号(またはE-mailアドレス)を明記の上、開催1週間前までに、仙台白百合女子大学/地域貢献研究センターへ。 定員 30名 受講料 無料
10月 30 全日
主催 日本国際政治学会 内容 日本国際政治学会では、仙台国際センターで開催する研究大会の最終日のパネルを仙台市民の皆さまに一般公開いたします。入場無料・事前登録不要です。奮ってご参加ください。 開催場所・日時 仙台国際センター 展示棟会議室4 2022年10月30日(日)14:00~16:30 講師等 司会 宇山智彦氏(北海道大学) 報告 大串敦氏(慶應義塾大学) 「脆弱な中央・強靭な地方――独立後ウクライナの政治構造」 松嵜英也氏(津田塾大学) 「冷戦終焉とウクライナの秩序観――主権擁護の構想の歴史的変遷」 立石洋子氏(同志社大学) 「ロシアのアイデンティティと歴史――ウクライナとの関係の観点から」 討論 浜由樹子氏(静岡県立大学)・熊倉潤氏(法政大学) 問合せ先 仙台大会実行委員会 jair2022sendai[atmark]gmail.com https://jair.or.jp/event/2022index.html 受講料 無料
11月 3 全日
主催 仙台文学館 内容 仙台文学館館長の佐伯一麦が、各分野で活躍されている方、注目している方をお迎えするシリーズ企画。 今年は『樹は語る』の著者で東北大学名誉教授の清和研二氏をお招きし、樹の声に耳を傾けて見えてきたもの、また人と樹との関係などについて、お話を伺います。 開催場所・日時 仙台文学館講習室(仙台市青葉区北根2‐7‐1) 2022年11月3日(木・祝) 13:30~15:00  講師 清和研二氏(東北大学名誉教授)  佐伯一麦氏(作家・仙台文学館館長) 申込・問合せ先 仙台文学館  〒981-0902 仙台市青葉区北根2‐7‐1 北根ダイアローグ係 申込方法 往復はがきにイベント名、お名前、ご住所、お電話番号をご記入の上、仙台文学館へ。 往復はがき1枚につき1名の申し込み。申込多数の場合は抽選となります。 ※締切 10月12日(水)必着。 定員 60名(抽選) 受講料 無料
11月 5 全日
主催 日本学術会議 開催場所・日時 オンラインによる開催 2022年11月5日(土)13:30-16:55 問合せ先 日本学術会議 東北地区会議事務局(東北大学 研究推進課内) E-mail:kenkyo[atmark]grp.tohoku.ac.jp 申込方法 10/30(日)まで下記URLより事前申込をお願いいたします。 ※定員になり次第、事前申込の受付は終了します https://forms.gle/dPQkDNYKt1rPp94F9 受講料 無料
11月 5 全日
主催 学都仙台コンソーシアム・仙台白百合女子大学 内容  コロナ禍に世界的ベストセラーを記録したカミユの『ペスト』を取り上げ、不条理と闘う人間の群像劇を解説しながら、同時期に発表されたフランクルの『夜と霧』との対比も織り交ぜて、不条理体験から人はどう立ち上がれるのかをご一緒に考えてみましょう。 開催場所・日時 仙台市市民活動サポートセンター 6階セミナーホール 2022年11月5日(土) 10:30~12:00 講師 加藤美紀氏(仙台白百合女子大学カトリック研究所所長) 申込み・問合せ先 仙台白百合女子大学/地域貢献研究センター 〒981-3107 仙台市泉区本田町6-1 TEL:022-374-5090 FAX:022-374-4577 E-mail:event[atmark]sendai-shirayuri.ac.jp 申込方法 氏名(ふりがな)、年齢、郵便番号、住所、電話番号(またはE-mailアドレス)を明記の上、開催1週間前までに、仙台白百合女子大学/地域貢献研究センターへ。 定員 30名 受講料 無料
11月 11 全日
主催 東北工業大学地域連携センター 内容  子育てにおいて家庭と地域社会との関わりが重要とされていますが、少子化や社会状況の変遷により、子育てにまつわる環境は大きく変化しています。本講座では、昨年からの文化・教育施設での乳幼児親子の行動調査をご紹介しつつ、そこから浮かび上がってくる子どもとおとな双方の居場所についてかんがえたいと思います。 開催場所・日時 オンライン開講 2022年11月11日(金)18:00~19:15 講師 錦織真也氏(東北工業大学建築学科准教授) 問合せ先 東北工業大学 地域連携センター 〒982-8577 仙台市太白区八木山香澄町35-1(1号館1階) Tel: 022-305-3810 Fax: 022-305-3808 E-mail: rc-center[atmark]tohtech.ac.jp https://www.tohtech.ac.jp/topics/opencollege 申込方法 申込フォーム: https://forms.office.com/pages/responsepage.aspx?id=vjI6qurSzEWRnoPeMtX7pAkdHxoxnxhAhNKIOAeVbBBUMzQyQ1BWQllXNFBVNjVVTjBOVTE4Tk41Vy4u 開催前日までにお申し込みください。 受講料 無料
11月 12 全日
主催 学都仙台コンソーシアム・仙台大学 内容  スポーツ活動をする際のパフォーマンス能力を最大限にするために必要な要素は沢山あります。その中で、「栄養」という要素は、パフォーマンスに対してどのように関わっているのかを学んでいきます。  また、バランスよく食べる事の重要性と、パフォーマンスにおける目的別に応じた栄養摂取方法についても、スポーツ現場における栄養サポートの実践例を踏まえて、お話をさせていただきます。 開催場所・日時 仙台市市民活動サポートセンター 6階セミナーホール 2022年11月12日(土) 10:30~12:00 講師 山田大進氏(仙台大学助手) 申込み・問合せ先 仙台大学/公開講座担当 FAX:0224-55-3116 E-mail:kikou[atmark]sendai-u.ac.jp 申込方法 FAXまたはEメールに講座名、氏名、住所、電話番号を明記して開催1週間前までに、仙台大学講座担当へ。 なお、Eメールで申込する場合は、件名に「公開講座申し込み」と明記願います。 定員 30名
11月 18 全日
主催 東北工業大学地域連携センター 内容  このクラスでは、英語コミュニケーション能力を向上させるための方法についてお話します。そのために参加者が利用できるリソースをいくつか紹介します。クラスでは、和やかな雰囲気の中で英語を練習する機会も多くあります。 ※こちらの講座はカメラ・マイクを使用します。受講希望の方は可能な限りカメラ・マイクをONにしてください。 開催場所・日時 オンライン開講 2022年11月18日(金)18:00~19:15 講師 サイモン・クック氏(東北工業大学総合教育センター准教授) 問合せ先 東北工業大学 地域連携センター 〒982-8577 仙台市太白区八木山香澄町35-1(1号館1階) Tel: 022-305-3810 Fax: 022-305-3808 E-mail: rc-center[atmark]tohtech.ac.jp https://www.tohtech.ac.jp/topics/opencollege 申込方法 申込フォーム: https://forms.office.com/pages/responsepage.aspx?id=vjI6qurSzEWRnoPeMtX7pAkdHxoxnxhAhNKIOAeVbBBUMzQyQ1BWQllXNFBVNjVVTjBOVTE4Tk41Vy4u 開催前日までにお申し込みください。 受講料 無料
11月 19 全日
主催 仙台白百合女子大学カトリック研究所 開催場所・日時 オンライン(Zoom)講演 2022年11月19日(土)15:00~17:00 講師 加藤一二三 氏(仙台白百合女子大学客員教授) 【講師プロフィール】 1940年1月1日生まれ。福岡県嘉麻市特別名誉市民。早稲田大学出身。将棋棋士九段。第40期名人。1954年史上初の中学生棋士として最年少でプロ棋士デビュー。最速昇段、最多対局数2505局、最長現役年数63年、最高齢勝利など歴代1位記録を多数樹立した将棋界のレジェンド。カトリック信者で、1986年バチカンより聖シルベストロ騎士団勲章受章。2000年紫綬褒章受章。2018年旭日小綬章受章。 著書は『鬼才伝説』『挑み続ける人生』『一二三の玉手箱』『負けて強くなる』『老いと勝負と信仰と』『ひふみんの将棋入門』『加藤一二三名局集』『ひふみんのワクワク詰め将棋』『将棋名人血風録』『幸福の一手』『ひふみの言葉』『感情の整理術 123』『だから私は、神を信じる』など多数。 問合せ先 仙台白百合女子大学 図書館・カトリック研究所 (TEL)022-374-5090 【大学HP】 http://sendai-shirayuri.ac.jp ※詳細については本学ホームページをご覧ください。 申込方法 本学ホームページのGoogleフォーム(視聴申込みURL)、 https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSc4aABOJooG-NKm36S2PzwKL-JBP-b-ZjC7w7Sr5aCQGJ74tQ/viewform?usp=sf_link またはポスター記載のQRコードからお申込み下さい。 申込締切:11月16日(水) 定員 300名(先着順) 受講料 無料