イベント情報

※感染拡大予防の観点などから開催が 延期・中止されるイベントもございます。開催の有無につきましては、主催者へのお問い合わせをお願いいたします。

※現在、「まなびのめ」紙版第65号(2024年7月初旬発行予定)に掲載する「学び」イベントの情報(2024年7月中旬~10月初旬開催予定)を募集しています。
また、Web版掲載の情報は随時受け付けております。
編集部までお寄せいただきますようお願いいたします。
情報は問い合せ・投稿フォームからお送りいただけます。

10月 2 2023 – 6月 30 2024 全日
主催 仙台市天文台 内容 時代とともに変わりゆく人々の暮らしのなかには、いつの日も変わらずに星空を映し続けるプラネタリウムがありました。近代プラネタリウムの誕生から100年を機に、仙台のプラネタリウムの歴史をパネル展示でご紹介します。 開催場所・日時 仙台市天文台展示室 2023年10月2日 – 2024年6月30日 09:00 – 17:00 問合せ先 仙台市天文台 〒989-3123 仙台市青葉区錦ケ丘9丁目29-32 tel:022-391-1300 fax:022-391-1301 https://www.sendai-astro.jp https://www.sendai-astro.jp/event/2023/08/100.html 料金 展示室観覧料のみ
3月 17 – 6月 9 全日
主催 仙台市縄文の森広場 内容 縄文時代中期頃に宮城県仙台市で営まれた集落について、土器・石器等の出土資料を展示し、紹介します。 開催場所・日時 仙台市縄文の森広場 2024年3月17日(日)~6月9日(日) 9:00~16:45 問合せ先 仙台市縄文の森広場 〒982-0815 宮城県仙台市太白区山田上ノ台町 10番1号 【TEL】022-307-5665 【FAX】022-743-6771 【E-mail】j-hiroba[atmark]cap.ocn.ne.jp https://www.sendai-c.ed.jp/~bunkazai/~jyoumon/about/kikaku.html 料金 *見学には入館料が必要です。 https://www.sendai-c.ed.jp/~bunkazai/~jyoumon/access/
4月 2 – 5月 26 全日
主催 仙台市博物館 内容 再開館を祝し、大名家の婚礼調度をはじめ、おめでたいしるしを表した資料や縁起物などを体験とともにお楽しみいただく記念祭を開きます。松竹梅や七福神、福助などめでたいものが勢ぞろい。 本展では「福で笑おう」をテーマに、見るだけでなく、触れる・探すといった体験やあそびを通して、楽しみながら資料の魅力に迫ります。 開催場所・日時 (仙台市青葉区川内26番地<仙台城三の丸跡>) 2024年4月2日(火)~2024年5月26日(日) (休館日毎週月曜日 ただし、4月29日、5月6日は開館)、5月7日 9時00分~16時45分(入館は16時15分まで) 問合せ先 TEL:022-225-3074 観覧料 一般・大学生 460円(360円) 高校生 230円(180円) 小・中学生 110円(90円) ※( )内は30名以上の団体料金
4月 9 – 6月 9 全日
主催 東北歴史博物館 中国文物交流中心 河北新報社 khb東日本放送 内容 東洋と西洋を結ぶシルクロードは、古代から重要な交流、通商ルートであり、多様な民族が興亡した文化融合の地でした。本展覧会では中国の洛陽、西安、蘭州、敦煌、新疆地域など各地の主要な博物館、研究機関の所蔵する文物の中から、シルクロードの名宝を紹介します。 遣唐使など日本と縁が深い唐時代を中心とした名品を展観するとともに、あわせて世界遺産に登録された遺跡の遺品も紹介します。  開催場所・日時 東北歴史博物館(多賀城市高崎1-22-1) 2024年4月9日(火)~2024年6月9日(日) 9:30~17:00(発券は16:30まで) ※休館日:毎週月曜日 問合せ先 東北歴史博物館 管理部情報サービス班 〒985-0862 宮城県多賀城市高崎1-22-1 TEL:022-368-0106 FAX:022-368-0103 E-mail:thm-service{atmark}pref.miyagi.lg.jp 観覧料 一般1,600円(前売1,400円)、小中高校生800円(前売600円) ※常設展もご覧頂けます。 ※今回の特別展は、巡回展のため特別展観覧割引券はご利用いただけません。
4月 27 – 7月 7 全日
主催 仙台市歴史民俗資料館 内容 仙台地方を中心に、近代の戦争と庶民のくらしのかかわりについて考えます。戊辰戦争、西南戦争、徴兵制と仙台鎮台(第二師団)、日清戦争、日露戦争、第一次世界大戦、満州事変、日中戦争、第二次世界大戦、戦時下のくらし、戦後の米軍占領下などに関する実物資料を展示し、戦前・戦中・戦後の移り変わりを振り返ります。  また当館の建物(旧歩兵第四連隊兵舎、宮城県指定有形文化財)が明治7年から数えると築150年を迎えることから、旧兵舎とその移り変わりについても紹介します。  関連行事  (1)展示解説     2024年5月18日(土)・5月25日(土)      各日とも【午前の部】11:00~11:30          【午後の部】14:00~14:30  (2)講座     ①「近代の戦争と庶民のくらし」      2024年6月29日(土)13:30~15:00      講師:当館学芸員     ②「近代仙台と戦没者祭祀」      2024年7月6日(土)13:30~15:00      講師:当館学芸員  (3)体験     ①「榴ヶ岡周辺の戦争遺跡を歩く」      2024年6月9日(日)、6月16日(日)、7月7日(日)      各日とも【午前の部】11:00~11:30 【午後の部】14:00~14:30      内容:学芸員の案内で、榴岡公園内の戦争遺跡を歩いてめぐります      ※小雨決行、熱中症対策のため帽子や飲み物等をご準備ください     ②「戦時資料を見てみよう、さわってみよう」      2024年6月22日(土)10:00~16:00      内容:展示ではご紹介しきれなかった当館所蔵の戦時資料を近くでご覧いただけます。 ※全てのイベント・講座は事前申込不要です。ただし入館料がかかります。 開催場所・日時 仙台市歴史民俗資料館(仙台市宮城野区五輪一丁目3-7 榴岡公園内) 2024年4月27日(土)~2024年7月7日(日) 問合せ先 TEL:022-295-3956 入館料 一般・大学生 240円 高校生 180円 小・中学生 120円
5月 21 – 5月 26 全日
主催 みやぎジョネット 内容 日々の生活の中で、女性たちは多様な製作をしています。 それらは家族や周囲の見る人や口にする人、触れる人の心や目を和ませ、無心になれる製作は被災した心の傷を癒す術ともなり、 何より己を豊かにしてくれます。 南三陸と仙台の女性たちの出展です。 開催場所・日時 東北電力グリーンプラザ アクアホール(仙台市青葉区一番町3丁目7−1) 2024年5月21日(火)~2024年5月26日(日)10:00~18:00(最終日は16:00まで) 問合せ先 080-1825-3084 入場料 無料
5月 24 全日
主催 Book Cafe火星の庭 内容 山内明美氏『痛みの〈東北〉』論:記憶が歴史に変わるとき』(青土社)+志賀理江子氏ほか『被災物』(かたばみ書房)ダブル刊行記念トーク https://twitter.com/kaseinoniwa/status/1785997294271344870 開催場所・日時 Book Cafe火星の庭(仙台市青葉区本町1-14-30 ラポール錦町1F) 2024年5月24日(金)19:00~20:30 申込・問合せ先 電話:022-716-5335 メール:kasei[atmark]cafe.email.ne.jp 定員 30名(要予約) 参加費 1500円(ドリンク代込)
5月 25 – 5月 29 全日
主催 東北大学学際科学フロンティア研究所 後援:株式会社サンクアール、米沢市教育委員会、喜多方市教育委員会 協力:東北学院大学博物館、株式会社アートフリーク 内容 企画展示「学際研究で蘇る東北の豪族達」 併設展示「知の交差点:異分野との出会いから続く未来への道」 URL:https://www.fris.tohoku.ac.jp/feature/study_group_info/detail—id-1416.html 東北大学学際科学フロンティア研究所は、2024年5月25日(土)~29日(水)に、せんだいメディアテーク1Fオープンスクエアにて、企画展示「学際研究で蘇る東北の豪族達」と、関連する学術講演を開催します。 学際研究は、異なる学問分野の専門知識や方法論を組み合わせ、互いに協力 することで、より広い視野から新しい解決策を生み出す研究アプローチです。本企画展では、考古学・人類学・遺伝学・理化学的解析といった最新の研究手法を駆使し学際研究で甦った東北地方の豪族を紹介します。 併設展示「知の交差点:異分野との出会いから続く未来への道」では、若手研究者たちが学際研究をすすめている東北大学学際科学フロンティア研究所の活動を展示します。 展示、学術講演ともに入場無料で、どなたでもご参加いただけます。ご参加を心よりお待ちしております。 ■展示(ご自由にご覧いただけます) 概要:急速なデジタル技術の革新により、昨今では精巧な模型作成にとどまらず、まるでそこに実物があるかのような3D空間体験が可能になりました。本展示では、広域空間再現ディスプレイやVRといったデジタル技術を用いた全く新しい体験を通して、研究成果や研究者の生活を知ってもらいたいと考えています。 内容: ・精巧な3Dプリンターによる発掘人骨の模型展示 ・古代人が甦るまで(SONY空間ディスプレイ) ・FRIS CoREってどういうところ?実験室をのぞいてみよう(VR展示) ■学術講演(当日入場可・事前申込優先) 2024年5月25日(土)10:30-12:00 「形態と文化と道具で探る古代の人々」 演者:波田野悠夏・鈴木敏彦・伊豆原月絵・山極海嗣 概要:人類学や考古学を専門とする4名の研究者が、出土した遺物を手がかりに過去の人々の姿や文化に迫ります。 2024年5月26日(日)13:00-15:00 「研究者になるってどんな感じ? -世界を変える仕事への旅人-」 演者:岡本泰典・松林英明・市之瀬敏晴・中安祐太・安井浩太郎・齋藤勇士・波田野悠夏・村越ふみ 概要:8人の研究領域の異なる若手研究者が、これまでの人生を振り返りながら、研究者の生活を紹介します。(対象年齢:小学生以上) 2024年5月29日(水)18:00-19:30 サイエンスカフェ「王達の棺:考古学からみた東北の豪族たち」 演者:辻秀人・鈴木敏彦 概要:東北地方の弥生時代から古墳時代への変遷過程を研究されている辻秀人氏を招き、展示されている灰塚山古墳発掘調査を中心に古墳時代の王たちの姿に迫ります。 開催場所・日時 せんだいメディアテーク1Fオープンスクエア 〒980-0821 宮城県仙台市青葉区春日町2-1 2024年5月25日(土)~29日(水)9:30-18:00 (一部デジタル展示は10:00より。最終日は19:30閉場。) 申込・問合せ先 主催事務局(波田野:022-717-8269) 申込方法 ■学術講演参加お申込み(当日入場可・事前申込優先) 下記URLまたは右記QRコードのWEBフォームからお申し込みください。 https://forms.gle/LHNdyKwiBHDYnndK9 WEBフォームをご利用になれない場合は主催事務局まで参加のご希望を電話でご連絡ください。 (月・火・金13:00-17:00にお願いいたします。)
5月 25 全日
主催 川崎町・川崎町教育委員会・川崎町文化財保護委員会 内容 川崎町には城館跡が多数あり、特に遺構がしっかり残った歴史的価値がある城跡が4つあります。「城跡の町かわさき」と言ってよいほど、城郭専門家やマニアの方が見学に訪れインターネットで紹介されたり、講演会や専門書にも取り上げられ注目を浴びています。それら城跡の調査結果を紹介するとともに、城がつくられた時代背景、近隣諸国との地理的背景から、当時の人々の生活を考察し、地元の歴史を多くの方と共に考える機会にできればと存じます。 開催場所・日時 川崎町山村開発センター3階 2024年5月25日(土)13時~16時(受付12時30分~) 演題・講師 講演①「柴田郡西部の戦国時代」  菅野正道氏(郷土史家) 講演②「川崎の城跡を訪ねて」  吉井宏氏(東北福祉大学名誉教授) 問合せ先 川崎町生涯学習課 TEL:0224-84-2311 定員 一般参加300名 受講料 無料
6月 5 全日
内容  NHK「チコちゃんに叱られる!」講師で高分子ゲル世界トップ研究者である東大 酒井崇匡先生、 東工大 中嶋健先生、伊東家の食卓で好評を博された東大 伊藤耕三会長、山形大 古川英光先生により、 「いまからできる脱プラ…まず身近なプラスティックを知ることから」と題し、身近なプラスティックに関する分かり易い話題を講演して貰います。是非沢山のご参加をお待ちしております。 プログラム・講師名 1)生き物ってゲルなの? 東京大学大学院工学研究科 酒井 崇匡 氏 2)ゴムが伸び縮みするのはなぜ? 東京工業大学物質理工学院 中嶋  健 氏 3)人工クラゲから未来の食事まで!? ~高分子3Dプリンターが創るやわらか未来~ 山形大学大学院理工学研究科 古川 英光 氏 4)しなやかなタフポリマー 東京大学大学院新領域創成科学研究科 伊藤 耕三 氏 日時 2024年6月5日(水) 17:00~19:05 場所 仙台国際センター 会議棟2階 桜1 主催者 高分子学会 問合せ先 高分子学会第73回高分子学会年次大会市民講座係 〒104-0042 東京都中央区入船3-10-9 新富町ビル6F 電話 03-5540-3771 https://main.spsj.or.jp/nenkai/73nenkai/ 参加費 無料 申込方法 https://member.spsj.or.jp/event/index.php?id=601 からお申込みください。 当日のご参加も受付けます。会場前の受付まで直接お越しください。 定員 150名
6月 15 全日
主催 仙台ふるさとの杜再生プロジェクト連絡会議 内容 海岸に植えた苗木の手入れを一緒にやってみませんか?小さなお子さんも一緒に楽しめる活動です。 また、育樹会に参加した方を対象として、ミニイベント「わくわく生きものかんさつ」も開催します。 ♪育樹会について♪ 除草を中心とした活動でお子さんも一緒に参加できます。 開催場所・日時 開催日程:令和6年6月15日(土)(雨天時は16日(日)に順延) 時間  :9時~12時の間で自由参加 会場  :海岸防災林岡田砂原地区(海岸公園野球場・テニスコート奥) 申込方法 事前申込不要 持ち物 汚れてもよい服装、帽子、手袋、長靴、飲み物、タオル ♪ミニイベントについて♪ 会場の虫や草花などを、専門家と一緒に観察します。 申込  :育樹会に参加した方対象 当日9時から現地にて受付 時間  :10時半~11時半 人数  :先着15名 詳細ページ 会場場所など詳しくは、ふるさとの杜再生プロジェクトHPをご覧ください! https://sendai-furumori.org/archives/15
6月 15 全日
内容 市内で活動している子どもたちによるステージ発表、中学生による少年の主張発表、景品が当たるお楽しみ抽選会などを予定しています。どなたでもご参加いただけます!詳細は市ホームページをご覧ください♪ 開催場所 名取市文化会館 中ホール 日時 令和6年6月15日(土)14:00~16:00 料金 無料(事前申込必要) ホームページ https://makiart.jp/ma-playguide/#anchor202406 申込方法 申込は「電話」または「申込フォーム」 申込フォームURL https://docs.google.com/forms/d/12PGAHub4CMpDqZJJKBCO0iWEcIyOztHJqrwYSJSAATg/viewform?edit_requested=true 電 話:022-724-7173(受付:平日8時30分~17時15分) 申込締切:6月12日(水曜日)まで お問い合わせ 名取市生涯学習推進本部(名取市教育委員会生涯学習課)
6月 23 全日
主催 食と農を考える講演会実行委員会 後援:石巻市・石巻教育委員会・JAいしのまき 開催場所・日時 マルホンまきあーとテラス 中ホール 2024年6月23日(日) 第一部 14:00 開演(開場13:30) 第二部 15:40 質疑・意見交換など 講師 鈴木宣弘氏(東京大学大学院教授) 問合せ先 https://makiart.jp/ma-playguide/#anchor202406 申込方法 https://shoku-nou-ishinomaki.peatix.com/ 受講料 一般1,000円 学生500円 中学生以下無料