イベント情報

※今般の新型コロナウイルス等の感染拡大予防の観点から開催が 延期・中止されるイベントもございます。開催の有無につきましては、主催者へのお問い合わせをお願いいたします。

※現在、「まなびのめ」紙版第49号(2020年8-10月発行予定)に掲載する「学び」イベントの情報(9月~12月開催予定)を募集しています。編集部までお寄せいただきますようお願いいたします。

4月
7
2020
<延期>東北福祉大学・鉄道交流ステーション第39回企画展「大回りで行く やさしい鉄道探検隊」
4月 7 – 7月 4 全日

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、および、政府の緊急事態宣言を受けて、大学の方針として当面の間全事業を延期することになりました。つきましては、鉄道交流ステーションと鉄道模型館は当面臨時休館いたします。開館時期は現在のところ未定です。

主催

東北福祉大学・鉄道交流ステーション

内容

バリアフリー、アコモデーション(旅客車の車内設備)の改良…などなど、そんな言葉を耳にすることはあるけれど、鉄道ってどのくらいやさしい乗りものなのかな?大学で福祉を学ぶ学生が、JR仙山線・東北福祉大学前駅から出発し、お隣駅まで「大回り(※)」して、普通列車の車内や改札内の駅施設を探検します。
さあ、どんなコースで行こうかな?
学生らしい視点で、改札を出ない鉄道小旅行から気づいた鉄道利用の楽しさや、便利さ・不便さをレポートします。
(※JR路線において、大都市近郊区間内のみを普通乗車券または回数乗車券で利用する場合は、実際に乗車する経路にかかわらず、最も安くなる経路で計算した運賃で乗車することができる特例があり、この特例を利用して、逆コースで乗車することを「大回り」と呼ぶ。)

https://www.tfu.ac.jp/rmlc/exhibition/index.html

開催場所・日時

東北福祉大学ステーション・キャンパス間3F・鉄道交流ステーション(仙台市青葉区国見1丁目19-1)
2020年4月7日(火)~2020年7月4日(土)
10:00~16:00(日曜日・月曜日・祝日 休館)

問合せ先

022-728-6612

入場料

無料

5月
19
2020
<会期変更>企画展「作家・編集者 佐左木俊郎 農村と都市 昭和モダンの中で」
5月 19 – 8月 2 全日

※新型コロナウイルス感染拡大の防止のため、会期が変更となりました。

主催

仙台文学館

内容

モダニズム文化が花開いた昭和初期、日本の文学界でもその影響を受けた雑誌や作品が誕生しました。そのような時代、作家と編集者の二足のわらじを履いていた宮城県出身の人物がいました。その名は佐左木俊郎(1900(明治33)年~1933(昭和8))年。今年、生誕120年を迎えます。大崎市岩出山(旧・玉造郡一栗村)の農家出身の佐左木は、代表作「熊の出る開墾地」や「黒い地帯」「土龍」など、故郷を舞台に、農民の実像に迫る作品を著し農民文学の旗手と目される一方で、新潮社の『文学時代』編集者として、夢野久作や室生犀星、川端康成、サトウ・ハチローといった当時活躍の文学者の力を借りながら、昭和モダンの社会世相を誌面に掬い取っていきました。しかし多忙な生活がたたり32歳で早世。川端は「佐左木氏を失った今、農民作家として先づ誰を、私達は数へることが出来るか」とその才能を惜しみました。
本展では大正末から昭和初期の時代を俯瞰しながら、作家と編集者、そして農民文学とモダニズム文学という2つの道に生きた佐左木の足跡に迫ります。

◆学芸員による展示解説 ※新型コロナウイルス感染拡大の防止のため、中止となりました。
5月9日(土)、6月7日(日)各日11:00~12:00
申込み不要、直接会場へ。
※当日の企画展観覧券が必要です。

https://www.sendai-lit.jp/4512

開催場所・日時

仙台文学館 企画展示室(仙台市青葉区北根2-7-1)
2020年5月19日(火)~2020年8月2日(日)
9:00~17:00(入館は16:30まで)

問合せ先

022-271-3020

観覧料

一般580円 高校生230円 小・中学生110円

<会期変更>小企画展「海の生きものとわたしたち~3.11からの復興を目指して~」
5月 19 – 8月 31 全日

※新型コロナウイルス感染拡大予防のために、臨時休館中にて、会期延期いたします。日程は未定です。

主催

スリーエム仙台市科学館

内容

東日本大震災の前と後で海の生物がどのように変化したのかをクイズやパネル展示を通して紹介します。
https://www.smma.jp/event/%e5%b0%8f%e4%bc%81%e7%94%bb%e5%b1%95%e3%80%8c%e6%b5%b7%e3%81%ae%e7%94%9f%e3%81%8d%e3%82%82%e3%81%ae%e3%81%a8%e3%82%8f%e3%81%9f%e3%81%97%e3%81%9f%e3%81%a1%ef%bd%9e3%ef%bc%8e11%e3%81%8b%e3%82%89/

開催場所・日時

スリーエム仙台市科学館 3階 生活系展示室)
2020年05月19日(火) 〜 2020年08月30日(日)

申込・問合せ先

〒981-0903
仙台市青葉区台原森林公園4番1号
TEL:022-276-2201
FAX:022-276-2204
Mail:info[atmark]kagakukan.sendai-c.ed.jp

申込み

不要

料金

無料

6月
2
2020
<会期変更>企画展「オールドグラフィック~近代仙台のメディア文化~」
6月 2 – 7月 5 全日

※新型コロナウイルス感染拡大の防止のため、会期が変更となりました。

主催

仙台市歴史民俗資料館

内容

グラフィックとは、写真・絵画などを用いて視覚に訴える印刷物など、メディアとは情報媒体などのことです。これらは私たちの生活の中に身近に存在するものです。たとえば新聞、雑誌、チラシ、写真、絵葉書など、日々、目にしないことはありません。企画展では、仙台地方を中心に、幕末・明治時代以降から昭和初期、戦後、現代にかけて発行されたオールドグラフィックを通して、近代仙台のメディア文化の移り変わりを明らかにし、その歴史的な役割を考えます。

★関連イベント★
 (1)展示解説 中止
  2020年5月9日(土)・5月23日(土)
  いずれも【午前の部】11:00~11:30  【午後の部】14:00~14:30

 (2)体験「オールドグラフィックを見てみよう、さわってみよう」
  2020年6月6日(土)・6月20日(土) いずれも13:00~16:00

開催場所・日時

仙台市歴史民俗資料館(仙台市宮城野区五輪一丁目3-7 榴岡公園内)
2020年6月2日(火)~7月5日(日)
9:00~16:45(入館は16:15まで)

問合せ先

仙台市歴史民俗資料館
〒983-0842 仙台市宮城野区五輪一丁目3-7(榴岡公園内)
TEL:022-295-3956 FAX:022-257-6401

入館料

一般・大学生:240円 高校生:180円 小・中学生:120円

6月
5
2020
企画展「写真で見る省吾の生涯 -生誕130年を迎えて-」
6月 5 2020 – 3月 31 2021 全日

主催

白鳥省吾記念館

内容

1890年(明治23年)2月27日誕生の省吾は、2020年(令和2年)に生誕130年を迎えました。
本企画展では、省吾の親族より寄贈された未公開写真と、30年前に開催された「白鳥省吾誕生100年記念祭」において展示された写真を中心に、白鳥省吾の生涯とその時代を紹介します。

また、省吾が作詞した旧築館高等学校の校歌の作曲は古関裕而が手がけました。
前回の企画展から引き続き、作曲を引き受けた古関裕而からの手紙と楽譜も特別に展示します。

https://www.kuriharacity.jp/w060/010/010/010/010/572.html

開催場所・日時

白鳥省吾記念館(栗原市築館薬師三丁目3-26)
2020年6月5日(金)~2021年3月31日(水)
9:00~16:30

問合せ先

白鳥省吾記念館
TEL 0228-23-7967

入館料

一般 210円
小・中・高校生 110円

6月
26
2020
【企画展示】泉図書館30周年記念イベント 
6月 26 – 8月 26 全日

主催

泉図書館

内容

泉図書館は、現在の場所に新築移転して、今年の7月12日で30周年を迎えます。
みなさまへの感謝をこめて、下記のとおり記念イベントを行います。

◎ 企画展示◎
泉図書館の30年
みんなの思い出・メッセージ&おすすめの一冊
ベストセラーでふりかえる30年
サイン色紙展示
こどものほんの展示会

開催場所・日時

泉図書館(仙台市泉区泉中央1-8-6)
2020年6月26日(金)~2020年8月26日(水)

問合せ先

泉図書館
TEL:022-375-6161 
FAX:022-375-6165

7月
4
2020
<中止>小池光短歌講座2020 第123回
7月 4 全日

※新型コロナウイルス感染拡大予防のために「中止」となりました。

主催

仙台文学館

内容

歌人・小池光が、三十一文字に込められたことばの魅力について解説します。参加者の方には、毎回事前に課題作品を一首提出していただき、それらの作品をもとに講評を行ないます。

毎回の課題は、抽選後参加の決まった方に返信はがきでお知らせします。

開催場所・日時

仙台文学館 (仙台市青葉区北根2-7-1)
2020年7月4日(土)13:30~15:40(10分間の休憩をはさみます)

講師

小池 光氏(歌人) 

申込・問合せ先

仙台文学館(仙台市青葉区北根2-7-1)
022-271-3020

申込方法

往復はがきに【住所】【 氏名(ふりがな)】【 電話番号】【講座名「小池光短歌講座 第○回○月」】を明記の上、仙台文学館へ。申込み多数の場合は抽選になります。
6月10日(水)必着。
※連続講座ではありません。希望する回ごとに、毎回お申込みください。
※お寄せいただいた個人情報は、上記イベントのご連絡以外には使用いたしません。

定員

90人

受講料

1回1,000円

特別展「GIGA・MANGA 江戸戯画から近代漫画へ 」
7月 4 – 9月 6 全日

主催

東北歴史博物館、河北新報社、TBC東北放送、毎日新聞社

内容

江戸戯画(GIGA)から近代漫画(MANGA)までをたどる漫画の歴史!

 いまや世界共通言語となった日本の漫画=MANGA。その起源には,様々な説があります。本展監修者・清水勲氏は,印刷出版文化が発達した江戸時代の戯画を,現代日本で認識されている漫画的な表現の出発点としています。江戸時代には,木版技術が発展し,版本や浮世絵版画といった出版物が庶民の手に届く値段で販売され,生活文化の中に浸透していったためです。そうして,絵巻の中で熟成されてきた漫画的表現(戯画)が,大衆も楽しめる新しい絵画表現として完成しました。

 本展では,江戸戯画から明治・大正期の諷刺漫画雑誌,昭和戦中期の子ども漫画等,前・後期合わせて約320点の作品・資料を通じて日本の漫画の変遷を展覧します。

https://www.thm.pref.miyagi.jp/exhibition/4595/

開催場所・日時

東北歴史博物館 (多賀城市高崎1-22-1)

2020年7月4日(土)~2020年9月6日(日)
9:30~17:00(発券は16:30まで)

問合せ先

東北歴史博物館
TEL:022-368-0106

観覧料

一般1,200円、シルバー(65歳以上)1,100円、小・中・高校生600円

講座「オールドグラフィック~近代仙台のメディア文化~」
7月 4 全日

主催

仙台市歴史民俗資料館

内容

グラフィックとは、写真・絵画などを用いて視覚に訴える印刷物など、メディアとは情報媒体などのことです。これらは私たちの生活の中に身近に存在するものです。たとえば新聞、雑誌、チラシ、写真、絵葉書など、日々、目にしないことはありません。企画展では、仙台地方を中心に、幕末・明治時代以降から昭和初期、戦後、現代にかけて発行されたオールドグラフィックを通して、近代仙台のメディア文化の移り変わりを明らかにし、その歴史的な役割を考えます。

事前申込不要。直接資料館へ。ただし入館料がかかります。

講師

仙台市歴史民俗資料館 学芸員

開催場所・日時

仙台市歴史民俗資料館(仙台市宮城野区五輪一丁目3-7 榴岡公園内)
2020年7月4日(土) 13:30~15:00

問合せ先

仙台市歴史民俗資料館
〒983-0842 仙台市宮城野区五輪一丁目3-7(榴岡公園内)
TEL:022-295-3956 FAX:022-257-6401

入館料

一般・大学生:240円 高校生:180円 小・中学生:120円

7月
7
2020
市民公開講座 No.494 「激甚化する気象災害:私たちのまちと暮らしを守るには」(オンライン講座)
7月 7 全日

主催

東北工業大学

内容

地球規模の気候変動を背景に、局所的集中豪雨や極端な暑熱化が頻発しています。本講座では、気象災害の状況を振り返るとともに、私たちのまちと暮らしを守るためには何にどのように対処すべきなのか、ご参加の皆さんとともに考える機会といたします。

開催場所・日時

オンライン開講
2020年7月7日(火)18:00~19:30

講師

渡邉 浩文 氏(東北工業大学建築学科 教授)

問合せ先

東北工業大学 地域連携センター  
TEL:022-305-3817
E-mail:rc-center[atmark]tohtech.ac.jp

申込方法

下記の必要事項を記載してE-mail:kouza-grp[atmark]ml.tohtech.ac.jp宛に申込。
①氏名
②E-mail(当日のURLとミーティングIDをお送りします)
③希望講座(講座番号・講師名)
④会社名・学校名/学科名(任意・差し支えなければご記入ください。)
⑤その他(Zoomの説明書が必要な方もしくは、オンライン講座などについてご不明な点)

お申し込みは講座開催日の前日までとさせていただきます。
開講30分前より入室可能ですので、あらかじめインターネットの接続状況をご確認ください。開講より10分経ちましたら入室不可とさせていただきます。従来の市民公開講座同様、講座時間は質疑応答時間を含め各1時間30分ですが、講座時間1時間が経過しましたら講義により早めの終了となる場合もございますのでご了承ください。

受講料

無料

7月
10
2020
<中止>2020年度 東北復興農学センター開放講座「マイスターコース」第7期 (全10回)
7月 10 全日

※新型コロナウイルス感染拡大予防のために「中止」となりました。

主催

東北大学 大学院農学研究科

内容

東北大学で「復興」×「農林水産業」を学びませんか?
令和2年度 第7期受講生募集 3月23日(月)よりスタートします(4月20日まで)。
一般社会人・大学生、どなたでも受講できます。

◆復興農学マイスター(CAR)コース CAR: certificated agricultural reconstruction
震災からの復興,自然災害にかかわる農学および先端技術を「復興農学講義」・「復興農学フィールド実習(被災地エクステンション)」を通して理解し,それらを震災による被災地域などの現場で活用できる能力を磨きます。

◆IT農業マイスター(CAIT)コース CAIT: certificated agricultural information technology
震災からの復興に向けて必要とされる「IT」×「農業」の実用性や応用性について「復興農学講義」・「IT農学実習(被災地エクステンション)」を通して理解し,それらを震災による被災地域などの現場で活用できる能力を磨きます。

http://www.tascr.agri.tohoku.ac.jp/curriculum/

開催場所・日時

東北復興農学センター(仙台市青葉区荒巻字青葉468-1 E222)
通業講義:2020年5月15日(金)~2020年7月17日(金) 全10回
毎週金曜日 18:30〜20:00

実習:2020年6月13日(土)、7月11日(土)、7月18日(土)〜19日(日)、8月22日(土)〜23日(日)、8月29日(土)

申込・問合せ先

東北復興農学センター 事務局
電話・FAX 022-757-4195 (9:00〜17:00)
メール tascr-agri[atmark]ml.tohoku.ac.jp

申込方法

申込用紙にご記入の上、東北復興農学センター事務局へメール(tascr-agri[atmark]ml.tohoku.ac.jp )を送って頂くか、またはFAX(022-757-4195)でお申込みください。(申込締切: 4月20日(月))

※申込用紙はこちら:http://www.tascr.agri.tohoku.ac.jp/curriculum/

※学都仙台コンソーシアム加盟大学の学生は、下記を参照してください。

【東北大学(本学)の学生】
 通常の履修手続きと同じく、Webシステムにて履修登録を行ってください。

・復興農学マイスターコース:「復興農学」「復興農学フィールド実習」の2科目を履修登録
・IT農業マイスターコース :「復興農学」「IT農学実習」の2科目を履修登録
※両コース受講の場合は、3科目すべてを履修登録してください。

【学都仙台コンソーシアムの単位互換ネットワーク利用の大学生】
 在籍する大学の担当窓口より、お申込みください。

定員

1)復興農学マイスターコース(CAR)‥‥40名程度
2)IT農業マイスターコース(CAIT)‥‥‥40名程度
※両コースを同時に受講することができます。
※募集定員は、学生と一般社会人を合わせた人数です。

受講資格

18歳以上の大学生および一般社会人の方(高校生は不可)で、やむを得ない事情を除き、すべての講義・実習に参加できる方。

受講料

受講料は無料です。
但し実習にかかるバス代、食事代、宿泊費などの実費分は、別途徴収いたします。(両コース取ると、社会人2万円、学生1万円程度を予定)

<中止>サイエンスカフェ・スペシャル「地球温暖化、止められないならどうする?」:東北大学大学院環境科学研究科・宮城県環境生活部共催
7月 10 全日

※新型コロナウイルス感染拡大予防のために「中止」となりました。

主催

東北大学大学院環境科学研究科

共催

宮城県環境生活部

内容

地球温暖化の対策といえば二酸化炭素排出削減をまずイメージしますが、「適応策」についてはまだあまり知られてないように思います。適応策とはどんなものか、宮城県ではどういう対策を進めているのか、を元に、自分ならどんな行動が取れるのか一緒に考えてみましょう。

開催場所・日時

せんだいメディアテーク1階 オープンスクエア(仙台市青葉区春日町2-1)
2020年7月10日(金)18:00~19:45(開場17:30)

講師

村田 功(東北大学大学院環境科学研究科 准教授) 他

問合せ先

東北大学 総務企画部社会連携課社会連携推進係
022-217-5132
http://cafe.tohoku.ac.jp/

申込方法

申込不要

受講料

無料

7月
11
2020
<中止>2020年度 東北復興農学センター開放講座「マイスターコース」第7期 (全10回)
7月 11 全日

※新型コロナウイルス感染拡大予防のために「中止」となりました。

主催

東北大学 大学院農学研究科

内容

東北大学で「復興」×「農林水産業」を学びませんか?
令和2年度 第7期受講生募集 3月23日(月)よりスタートします(4月20日まで)。
一般社会人・大学生、どなたでも受講できます。

◆復興農学マイスター(CAR)コース CAR: certificated agricultural reconstruction
震災からの復興,自然災害にかかわる農学および先端技術を「復興農学講義」・「復興農学フィールド実習(被災地エクステンション)」を通して理解し,それらを震災による被災地域などの現場で活用できる能力を磨きます。

◆IT農業マイスター(CAIT)コース CAIT: certificated agricultural information technology
震災からの復興に向けて必要とされる「IT」×「農業」の実用性や応用性について「復興農学講義」・「IT農学実習(被災地エクステンション)」を通して理解し,それらを震災による被災地域などの現場で活用できる能力を磨きます。

http://www.tascr.agri.tohoku.ac.jp/curriculum/

開催場所・日時

東北復興農学センター(仙台市青葉区荒巻字青葉468-1 E222)
通業講義:2020年5月15日(金)~2020年7月17日(金) 全10回
毎週金曜日 18:30〜20:00

実習:2020年6月13日(土)、7月11日(土)、7月18日(土)〜19日(日)、8月22日(土)〜23日(日)、8月29日(土)

申込・問合せ先

東北復興農学センター 事務局
電話・FAX 022-757-4195 (9:00〜17:00)
メール tascr-agri[atmark]ml.tohoku.ac.jp

申込方法

申込用紙にご記入の上、東北復興農学センター事務局へメール(tascr-agri[atmark]ml.tohoku.ac.jp )を送って頂くか、またはFAX(022-757-4195)でお申込みください。(申込締切: 4月20日(月))

※申込用紙はこちら:http://www.tascr.agri.tohoku.ac.jp/curriculum/

※学都仙台コンソーシアム加盟大学の学生は、下記を参照してください。

【東北大学(本学)の学生】
 通常の履修手続きと同じく、Webシステムにて履修登録を行ってください。

・復興農学マイスターコース:「復興農学」「復興農学フィールド実習」の2科目を履修登録
・IT農業マイスターコース :「復興農学」「IT農学実習」の2科目を履修登録
※両コース受講の場合は、3科目すべてを履修登録してください。

【学都仙台コンソーシアムの単位互換ネットワーク利用の大学生】
 在籍する大学の担当窓口より、お申込みください。

定員

1)復興農学マイスターコース(CAR)‥‥40名程度
2)IT農業マイスターコース(CAIT)‥‥‥40名程度
※両コースを同時に受講することができます。
※募集定員は、学生と一般社会人を合わせた人数です。

受講資格

18歳以上の大学生および一般社会人の方(高校生は不可)で、やむを得ない事情を除き、すべての講義・実習に参加できる方。

受講料

受講料は無料です。
但し実習にかかるバス代、食事代、宿泊費などの実費分は、別途徴収いたします。(両コース取ると、社会人2万円、学生1万円程度を予定)

7月
12
2020
【GIGA・MANGA関連イベント】講演会 ①「葛飾北斎の画業と『北斎漫画』」
7月 12 全日

主催

東北歴史博物館、河北新報社、TBC東北放送、毎日新聞社

内容

特別展「GIGA・MANGA 江戸戯画から近代漫画へ」 関連イベント
https://www.thm.pref.miyagi.jp/exhibition/4595/

講演会「葛飾北斎の画業と『北斎漫画』」

※参加費無料
※特別展観覧チケットが必要。

開催場所・日時

東北歴史博物館 (多賀城市高崎1-22-1)
2020年7月12日(日)13:30~15:00

講師

竹村 誠 氏(すみだ北斎美術館 学芸員)

申込・問合せ先

東北歴史博物館情報サービス班
電話:022-368-0106   
FAX:022-368-0103
E-mail: thm-service[atmark]pref.miyagi.lg.jp

申込方法

東北歴史博物館総合案内に直接お申し込みいただくか,情報サービス班までお電話かファクシミリ又は電子メールでお申し込みください。
ファクシミリ・電子メールでお申し込みの場合は,下記事項をご記載願います。
なお,お申し込み時点で定員に達している場合は当館よりご連絡を差し上げます。

1 講演会名         
2 氏名(フリガナ)
3 年齢
4 住所
5 電話・FAX番号
 ※本講演会を何でお知りになったのかご記入願います。

定員

60名程度(事前申込み・先着順) ※6月12日(金)受付開始。

観覧料

一般1,200円、シルバー(65歳以上)1,100円、小・中・高校生600円

7月
14
2020
<中止>リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展 開幕記念講演会「リヒテンシュタイン侯爵家の美術コレクション」
7月 14 全日

※新型コロナウイルス感染拡大予防のために「中止」となりました。

主催

宮城県美術館

内容

展示会開催にあたって、記念講演会を開催。
テーマ:「リヒテンシュタイン侯爵家の美術コレクション」

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、予定が変更になる場合がございます。

講師

ヨハン・クレフトナー氏
(本展監修者、リヒテンシュタイン侯爵家コレクション、ファドゥーツ/ウィーン ディレクター)

開催場所・日時

宮城県美術館(仙台市青葉区川内元支倉34-1)
2020年7月14日(火)13時30分~(開場13時、聴講無料)

問合せ先

022-221-2115

当日券料金

一般1,500円、学生1,300円、小・中・高校生750円

定員

100名(先着順)

ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展 
7月 14 – 9月 6 全日

主催

宮城県美術館

内容

リヒテンシュタイン侯国は世界で唯一、侯爵家(君主)の家名を冠する国です。オーストリアとスイスにはさまれた小国ながら、世界屈指の規模を誇る美術品の個人コレクションを有し、その華麗さが宝石箱にもたとえられます。

本展では、侯爵家秘蔵のルーベンス、ヤン・ブリューゲル(父)、クラーナハ(父)を含む、北方ルネサンス、バロック、ロココを中心とする油彩画と、ヨーロッパ屈指の貴族の趣向が色濃く反映されたウィーン窯を中心とする優美な陶磁器、あわせて126点を紹介します。貴族の宮廷の空間を彷彿とさせるような優雅な西洋絵画と陶磁器の共演を是非お楽しみください。

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、本展覧会や関連イベントの予定が変更になる場合がございます。その場合は当館ホームページなどを通じて、随時お知らせいたします。ご理解頂きますようお願いいたします。

開催場所・日時

宮城県美術館(仙台市青葉区川内元支倉34-1)
2020年7月14日(火)~9月6日(日)

問合せ先

022-221-2115

当日券料金

一般1,500円、学生1,300円、小・中・高校生750円

市民公開講座 No.495 「炭素を使った地球温暖化防止へのアプローチ」(オンライン講座)
7月 14 全日

主催

東北工業大学

内容

地球温暖化の原因とされる二酸化炭素は炭素と酸素により形成される。本来は“脱酸素”をキーワードにして二酸化炭素を削減する技術が一般的に知られるが、本講座では炭素の特徴を紹介しつつ、積極的に炭素材料を活用した超省エネ型電気・電子素子の構築を試み、実際のエネルギー削減効果の成功例を紹介する。

開催場所・日時

オンライン開講
2020年7月14日(火)18:00~19:30

講師

下位 法弘 氏(東北工業大学電気電子工学科教授)

問合せ先

東北工業大学 地域連携センター  
TEL:022-305-3817
E-mail:rc-center[atmark]tohtech.ac.jp

申込方法

下記の必要事項を記載してE-mail:kouza-grp[atmark]ml.tohtech.ac.jp宛に申込。
①氏名
②E-mail(当日のURLとミーティングIDをお送りします)
③希望講座(講座番号・講師名)
④会社名・学校名/学科名(任意・差し支えなければご記入ください。)
⑤その他(Zoomの説明書が必要な方もしくは、オンライン講座などについてご不明な点)

お申し込みは講座開催日の前日までとさせていただきます。
開講30分前より入室可能ですので、あらかじめインターネットの接続状況をご確認ください。開講より10分経ちましたら入室不可とさせていただきます。従来の市民公開講座同様、講座時間は質疑応答時間を含め各1時間30分ですが、講座時間1時間が経過しましたら講義により早めの終了となる場合もございますのでご了承ください。

受講料

無料

7月
17
2020
<中止>2020年度 東北復興農学センター開放講座「マイスターコース」第7期 (全10回)
7月 17 全日

※新型コロナウイルス感染拡大予防のために「中止」となりました。

主催

東北大学 大学院農学研究科

内容

東北大学で「復興」×「農林水産業」を学びませんか?
令和2年度 第7期受講生募集 3月23日(月)よりスタートします(4月20日まで)。
一般社会人・大学生、どなたでも受講できます。

◆復興農学マイスター(CAR)コース CAR: certificated agricultural reconstruction
震災からの復興,自然災害にかかわる農学および先端技術を「復興農学講義」・「復興農学フィールド実習(被災地エクステンション)」を通して理解し,それらを震災による被災地域などの現場で活用できる能力を磨きます。

◆IT農業マイスター(CAIT)コース CAIT: certificated agricultural information technology
震災からの復興に向けて必要とされる「IT」×「農業」の実用性や応用性について「復興農学講義」・「IT農学実習(被災地エクステンション)」を通して理解し,それらを震災による被災地域などの現場で活用できる能力を磨きます。

http://www.tascr.agri.tohoku.ac.jp/curriculum/

開催場所・日時

東北復興農学センター(仙台市青葉区荒巻字青葉468-1 E222)
通業講義:2020年5月15日(金)~2020年7月17日(金) 全10回
毎週金曜日 18:30〜20:00

実習:2020年6月13日(土)、7月11日(土)、7月18日(土)〜19日(日)、8月22日(土)〜23日(日)、8月29日(土)

申込・問合せ先

東北復興農学センター 事務局
電話・FAX 022-757-4195 (9:00〜17:00)
メール tascr-agri[atmark]ml.tohoku.ac.jp

申込方法

申込用紙にご記入の上、東北復興農学センター事務局へメール(tascr-agri[atmark]ml.tohoku.ac.jp )を送って頂くか、またはFAX(022-757-4195)でお申込みください。(申込締切: 4月20日(月))

※申込用紙はこちら:http://www.tascr.agri.tohoku.ac.jp/curriculum/

※学都仙台コンソーシアム加盟大学の学生は、下記を参照してください。

【東北大学(本学)の学生】
 通常の履修手続きと同じく、Webシステムにて履修登録を行ってください。

・復興農学マイスターコース:「復興農学」「復興農学フィールド実習」の2科目を履修登録
・IT農業マイスターコース :「復興農学」「IT農学実習」の2科目を履修登録
※両コース受講の場合は、3科目すべてを履修登録してください。

【学都仙台コンソーシアムの単位互換ネットワーク利用の大学生】
 在籍する大学の担当窓口より、お申込みください。

定員

1)復興農学マイスターコース(CAR)‥‥40名程度
2)IT農業マイスターコース(CAIT)‥‥‥40名程度
※両コースを同時に受講することができます。
※募集定員は、学生と一般社会人を合わせた人数です。

受講資格

18歳以上の大学生および一般社会人の方(高校生は不可)で、やむを得ない事情を除き、すべての講義・実習に参加できる方。

受講料

受講料は無料です。
但し実習にかかるバス代、食事代、宿泊費などの実費分は、別途徴収いたします。(両コース取ると、社会人2万円、学生1万円程度を予定)

市民公開講座 No.496 「新美南吉童話の世界」(オンライン講座)
7月 17 全日

主催

東北工業大学

内容

「ごん狐」の作者として知られる新美南吉(1913~1943)は、「北の賢治、南の南吉」とも称され、その童話作品は子どものみならず大人をも引き付ける魅力を持つとされます。
本講座では南吉童話の多彩な作品世界を紹介するとともに、背景となる時代思潮をふまえた上でその魅力について考察します。

開催場所・日時

オンライン開講
2020年7月17日(金)18:00~19:30

講師

大木 葉子 氏(東北工業大学総合教育センター准教授)

問合せ先

東北工業大学 地域連携センター  
TEL:022-305-3817
E-mail:rc-center[atmark]tohtech.ac.jp

申込方法

下記の必要事項を記載してE-mail:kouza-grp[atmark]ml.tohtech.ac.jp宛に申込。
①氏名
②E-mail(当日のURLとミーティングIDをお送りします)
③希望講座(講座番号・講師名)
④会社名・学校名/学科名(任意・差し支えなければご記入ください。)
⑤その他(Zoomの説明書が必要な方もしくは、オンライン講座などについてご不明な点)

お申し込みは講座開催日の前日までとさせていただきます。
開講30分前より入室可能ですので、あらかじめインターネットの接続状況をご確認ください。開講より10分経ちましたら入室不可とさせていただきます。従来の市民公開講座同様、講座時間は質疑応答時間を含め各1時間30分ですが、講座時間1時間が経過しましたら講義により早めの終了となる場合もございますのでご了承ください。

受講料

無料

7月
18
2020
<中止>2020年度 東北復興農学センター開放講座「マイスターコース」第7期 (全10回)
7月 18 全日

※新型コロナウイルス感染拡大予防のために「中止」となりました。

主催

東北大学 大学院農学研究科

内容

東北大学で「復興」×「農林水産業」を学びませんか?
令和2年度 第7期受講生募集 3月23日(月)よりスタートします(4月20日まで)。
一般社会人・大学生、どなたでも受講できます。

◆復興農学マイスター(CAR)コース CAR: certificated agricultural reconstruction
震災からの復興,自然災害にかかわる農学および先端技術を「復興農学講義」・「復興農学フィールド実習(被災地エクステンション)」を通して理解し,それらを震災による被災地域などの現場で活用できる能力を磨きます。

◆IT農業マイスター(CAIT)コース CAIT: certificated agricultural information technology
震災からの復興に向けて必要とされる「IT」×「農業」の実用性や応用性について「復興農学講義」・「IT農学実習(被災地エクステンション)」を通して理解し,それらを震災による被災地域などの現場で活用できる能力を磨きます。

http://www.tascr.agri.tohoku.ac.jp/curriculum/

開催場所・日時

東北復興農学センター(仙台市青葉区荒巻字青葉468-1 E222)
通業講義:2020年5月15日(金)~2020年7月17日(金) 全10回
毎週金曜日 18:30〜20:00

実習:2020年6月13日(土)、7月11日(土)、7月18日(土)〜19日(日)、8月22日(土)〜23日(日)、8月29日(土)

申込・問合せ先

東北復興農学センター 事務局
電話・FAX 022-757-4195 (9:00〜17:00)
メール tascr-agri[atmark]ml.tohoku.ac.jp

申込方法

申込用紙にご記入の上、東北復興農学センター事務局へメール(tascr-agri[atmark]ml.tohoku.ac.jp )を送って頂くか、またはFAX(022-757-4195)でお申込みください。(申込締切: 4月20日(月))

※申込用紙はこちら:http://www.tascr.agri.tohoku.ac.jp/curriculum/

※学都仙台コンソーシアム加盟大学の学生は、下記を参照してください。

【東北大学(本学)の学生】
 通常の履修手続きと同じく、Webシステムにて履修登録を行ってください。

・復興農学マイスターコース:「復興農学」「復興農学フィールド実習」の2科目を履修登録
・IT農業マイスターコース :「復興農学」「IT農学実習」の2科目を履修登録
※両コース受講の場合は、3科目すべてを履修登録してください。

【学都仙台コンソーシアムの単位互換ネットワーク利用の大学生】
 在籍する大学の担当窓口より、お申込みください。

定員

1)復興農学マイスターコース(CAR)‥‥40名程度
2)IT農業マイスターコース(CAIT)‥‥‥40名程度
※両コースを同時に受講することができます。
※募集定員は、学生と一般社会人を合わせた人数です。

受講資格

18歳以上の大学生および一般社会人の方(高校生は不可)で、やむを得ない事情を除き、すべての講義・実習に参加できる方。

受講料

受講料は無料です。
但し実習にかかるバス代、食事代、宿泊費などの実費分は、別途徴収いたします。(両コース取ると、社会人2万円、学生1万円程度を予定)

<中止>宮城大学公開講座(第3回):あなたが病気になってしまった時、お子さんにどのように伝えますか!?
7月 18 全日

※新型コロナウイルス感染拡大予防のために「中止」となりました。

主催

宮城大学

内容

 子育て世代の親が病気になることは珍しいことではありません。病気といっても、がんや集中治療を要する疾患などその病態は様々で、重症度や緊急度も様々です。あなたやあなたの大切なご家族が急に病気になってしまった時に、あなたはお子さんにどのようにご病気について伝えますか?
 お子さんはあなたのかけがえのない家族です。あなたのお子さんが親や家族の病気について「何が起こっているのか」「どうしたらいいか」ということをお子さんの理解度や発達に合わせて正しく伝えられるコツをお話しさせて頂きます!

開催場所・日時

宮城大学サテライトキャンパス SS30 2階(宮城県仙台市青葉区中央4丁目6-1)
2020年7月18日(土)10:00~11:30

講師

横山 佳世 氏(宮城大学看護学群 講師)
北海道札幌市出身、札幌医科大学大学院保健医療学研究科(看護学)修了。札幌医科大学附属病院で小児看護専門看護師として活動しておりました。2019年4月より宮城大学に赴任致しました。子どもの「知りたい」「わかりたい」を支えたく、病気の親をもつ子どもへの支援をテーマに研究を行っています。

講座内容のお問合せ先

宮城大学地域連携センター
Tel:022-716-6692 E-mail:renkei-kouza[atmark]myu.ac.jp
https://www.myu.ac.jp/site/renkei/

お申込み先

Fax:022-716-6692 E-mail:renkei-kouza[atmark]myu.ac.jp

申込方法

受講する講座名,氏名,住所,電話番号,職業,年齢(○歳代)を記入の上,送信してください。
申込み後のキャンセルのご連絡は,上記申込先またはTel:022-716-6692にお願いします。
(電話での申込みは受け付けておりません。)
申込み〆切:開催日の3日前までとし,各回とも定員になり次第,締め切らせていただきます。

受講料

無料

企画展「わらと生活」
7月 18 – 11月 3 全日

主催

仙台市歴史民俗資料館

内容

「わら(藁)」とは、稲、麦などの茎を乾燥したものです。昭和30年代までは、わらは衣食住、交易や交通、あるいは信仰や祭りなど、人々の生活に欠かすことのできないものとして、様々なところで使われてきました。そこには実用的な機能や役割とともに、その生活美は民芸としても評価されてきた側面があります。
 展示では、わら製品を中心に民衆の生活文化についてご紹介します。

開催場所・日時

仙台市歴史民俗資料館
2020年7月18日(土)~11月3日(火・祝)9:00~16:45(入館は16:15まで)
休館日:毎週月曜日(休日を除く)、休日の翌日(土・日・休日を除く)、毎月第4木曜日(12月を除く)

問合せ先

仙台市歴史民俗資料館
〒983-0842 仙台市宮城野区五輪一丁目3-7(榴岡公園内)
TEL:022-295-3956 FAX:022-257-6401
http://www.sendai-c.ed.jp/~bunkazai/~rekimin/
E-mail:folkmuse[atmark]deluxe.ocn.ne.jp

入館料

一般・大学生/240円
高校生/180円
小・中学生/120円

7月
19
2020
<中止>2020年度 東北復興農学センター開放講座「マイスターコース」第7期 (全10回)
7月 19 全日

※新型コロナウイルス感染拡大予防のために「中止」となりました。

主催

東北大学 大学院農学研究科

内容

東北大学で「復興」×「農林水産業」を学びませんか?
令和2年度 第7期受講生募集 3月23日(月)よりスタートします(4月20日まで)。
一般社会人・大学生、どなたでも受講できます。

◆復興農学マイスター(CAR)コース CAR: certificated agricultural reconstruction
震災からの復興,自然災害にかかわる農学および先端技術を「復興農学講義」・「復興農学フィールド実習(被災地エクステンション)」を通して理解し,それらを震災による被災地域などの現場で活用できる能力を磨きます。

◆IT農業マイスター(CAIT)コース CAIT: certificated agricultural information technology
震災からの復興に向けて必要とされる「IT」×「農業」の実用性や応用性について「復興農学講義」・「IT農学実習(被災地エクステンション)」を通して理解し,それらを震災による被災地域などの現場で活用できる能力を磨きます。

http://www.tascr.agri.tohoku.ac.jp/curriculum/

開催場所・日時

東北復興農学センター(仙台市青葉区荒巻字青葉468-1 E222)
通業講義:2020年5月15日(金)~2020年7月17日(金) 全10回
毎週金曜日 18:30〜20:00

実習:2020年6月13日(土)、7月11日(土)、7月18日(土)〜19日(日)、8月22日(土)〜23日(日)、8月29日(土)

申込・問合せ先

東北復興農学センター 事務局
電話・FAX 022-757-4195 (9:00〜17:00)
メール tascr-agri[atmark]ml.tohoku.ac.jp

申込方法

申込用紙にご記入の上、東北復興農学センター事務局へメール(tascr-agri[atmark]ml.tohoku.ac.jp )を送って頂くか、またはFAX(022-757-4195)でお申込みください。(申込締切: 4月20日(月))

※申込用紙はこちら:http://www.tascr.agri.tohoku.ac.jp/curriculum/

※学都仙台コンソーシアム加盟大学の学生は、下記を参照してください。

【東北大学(本学)の学生】
 通常の履修手続きと同じく、Webシステムにて履修登録を行ってください。

・復興農学マイスターコース:「復興農学」「復興農学フィールド実習」の2科目を履修登録
・IT農業マイスターコース :「復興農学」「IT農学実習」の2科目を履修登録
※両コース受講の場合は、3科目すべてを履修登録してください。

【学都仙台コンソーシアムの単位互換ネットワーク利用の大学生】
 在籍する大学の担当窓口より、お申込みください。

定員

1)復興農学マイスターコース(CAR)‥‥40名程度
2)IT農業マイスターコース(CAIT)‥‥‥40名程度
※両コースを同時に受講することができます。
※募集定員は、学生と一般社会人を合わせた人数です。

受講資格

18歳以上の大学生および一般社会人の方(高校生は不可)で、やむを得ない事情を除き、すべての講義・実習に参加できる方。

受講料

受講料は無料です。
但し実習にかかるバス代、食事代、宿泊費などの実費分は、別途徴収いたします。(両コース取ると、社会人2万円、学生1万円程度を予定)

7月
23
2020
第19回みちのくウイルス塾
7月 23 – 7月 24 全日

主催

仙台医療センター ウイルスセンター

内容

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ プ ロ グ ラ ム ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
https://nsmc.hosp.go.jp/Subject/26/juku/index.html

●7月23日(木)海の日 午後1時00分~5時00分

「開講のご挨拶」 独立行政法人国立病院機構仙台医療センター院長 上之原 広司

1.「エボラが大流行!そのとき何ができるのか、何をすべきなのか?」
  ・・・アフリカでのエボラ病の大流行での経験
  京都大学ウイルス・再生医科学研究所 特定助教 古瀬 祐気
2.「アフリカでのウイルスハンティング-出血熱ウイルスから未知のウイルスまで」・・・That’s field work!
  北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター国際疫学部門 助教 梶原 将大
3.「The age of phage 〜歴史的背景から人工ファージの創出まで〜」
  ・・・バクテリオファージ研究の今昔
  アステラス製薬(株)研究本部Principal Investigator
  岐阜大学医学系研究科ファージバイオロジクス研究講座 特任准教授 安藤 弘樹
4.「植物ウイルスからみた宿主–ウイルスの相互作用〜ウイルスと植物の共存と攻防〜」
  ・・・ 農業生態系の脅威となるウイルス病とそれを克服しようとする人類の攻防
  東北大学 農学研究科 植物病理学分野 教授 高橋 英樹

  ※例年行っていました終了後のフリーディスカッションと意見交換会は、時節柄今回は自粛させていただきます。

●7月24日(金)スポーツの日 午前9時00分~午後1時ころ終了

1.「ウイルス病制御への道~ポリオ」・・・ 根絶間近と言われつつも足踏み状態のポリオ。
  アジア・アフリカの現地での根絶事業の実体験とその考察 川崎医科大学小児科学 教授 中野 貴司
2.「環境ウイルス生態学―自然界の生物に潜むウイルスのはなし―」
  ・・・ようこそ環境のRNA ウイルスの世界へ!
  筑波大学生命環境系糸状菌相互応答講座 助教 浦山 俊一
3.「ウイルス塾恒例 おさらいクイズ」・・・めざせ高得点!
  獨協医科大学医学部・微生物学講座 教授 増田 道明

開催場所・日時

独立行政法人国立病院機構仙台医療センター 3階 大講堂(仙台市宮城野区宮城野2丁目11-12)
2020年7月23日(木祝)13:00~17:00
2020年7月24日(金祝)9:00~13:00(終了予定)

講師

古瀬 祐気氏(京都大学ウイルス・再生医科学研究所 特定助教)
梶原 将大氏(北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター国際疫学部門 助教)
安藤 弘樹氏(アステラス製薬(株)研究本部Principal Investigator、岐阜大学医学系研究科ファージバイオロジクス研究講座 特任准教授)
高橋 英樹氏(東北大学 農学研究科 植物病理学分野 教授)
中野 貴司氏(川崎医科大学小児科学 教授)
浦山 俊一氏(筑波大学生命環境系糸状菌相互応答講座 助教)
増田 道明氏(獨協医科大学医学部・微生物学講座 教授)

申込・問合せ先

仙台医療センター・ウイルスセンター
Tel& FAX: 022-293-1173
e-mail: 113-vrs.center[atmark]mail.hosp.go.jp

申込方法

下記宛てメールにて事前登録をお願いします。
直前に開催中止となったような場合にご連絡を差し上げますので、ご協力をお願いします。
室数は少ないですが学生さんには無料宿泊施設を準備しました。宿泊が必要な学生さんは早めにご相談ください。

e-mail: 113-vrs.center[atmark]mail.hosp.go.jp

受講料

無料

7月
26
2020
たまきさんサロン「川には魅力がたくさん!~川の環境と川釣りの基本を知ろう~」
7月 26 全日

主催

環境局環境共生課、経済局農業振興課

内容

川釣りの基本や釣り道具作りをとおして、仙台を流れる川の現状や魅力を学びます。
https://www.tamaki3.jp/

開催場所・日時

たまきさんサロン(東北大学青葉山新キャンパス環境科学研究科本館)
2020年7月26日(日)13:30~15:30

講師

棟方 有宗 氏(宮城教育大学 准教授)

申込・問合せ先

せんだい環境学習館たまきさんサロン
メール tamaki3salon[atmark]city.sendai.jp
電 話 022-214-1233 FAX 022-393-5038

申込方法

電子メールまたはハガキ、FAXでお申し込みください
(必要事項:希望講座名、参加者氏名、年齢、住所、電話番号)
※申込締切 7月15日(水)

定員

15名 ※抽選(当選者にのみご連絡)

受講料

無料

8月
1
2020
復興大学県民講座 復興の社会学:地域防災のための地理情報活用(オンライン講座)
8月 1 全日

主催

学都仙台コンソーシアム復興大学部会

開催場所・日時

オンライン開講(Web会議システムZoomを使用)
2020年8月1日(土)13:30~14:30

講師

小田 隆史 氏(宮城教育大学)

申込・問合先

東北工業大学 地域連携センター(復興大学事務局)
〒982-8577 仙台市太白区八木山香澄町35番1号(東北工業大学八木山キャンパス1号館)
TEL:022-305-3818 FAX:022-305-3808 E-mail:fukkoudaigaku[atmark]tohtech.ac.jp
http://www.fukkou-daigaku.gakuto-sendai.jp/

申込方法

・メール/FAXでのお申し込み
必要事項:氏名(フリガナ)、所属(学生・一般、学生の場合は大学・学部・学科・学年)、連絡先(E-mail、TEL/携帯)、住所]を明記して、
上記のE-mailかFAXにて送信してください。

・WEBサイトでのお申し込み
http://www.fukkou-daigaku.gakuto-sendai.jp/jinzai/form/
※応募フォームは、Googleフォームとなります。アクセスできない方がいらっしゃいましたら、お手数ですがメールにてお申込み下さい。

申込締切

講座日週の木曜日 昼12:00締切

受講料

無料

復興大学県民講座 復興の社会学:津波避難における自動車と道路の使い方を考える(オンライン講座)
8月 1 全日

主催

学都仙台コンソーシアム復興大学部会

開催場所・日時

オンライン開講(Web会議システムZoomを使用)
2020年8月1日(土)14:45~15:45

講師

奥村 誠 氏(東北大学)

申込・問合先

東北工業大学 地域連携センター(復興大学事務局)
〒982-8577 仙台市太白区八木山香澄町35番1号(東北工業大学八木山キャンパス1号館)
TEL:022-305-3818 FAX:022-305-3808 E-mail:fukkoudaigaku[atmark]tohtech.ac.jp
http://www.fukkou-daigaku.gakuto-sendai.jp/

申込方法

・メール/FAXでのお申し込み
必要事項:氏名(フリガナ)、所属(学生・一般、学生の場合は大学・学部・学科・学年)、連絡先(E-mail、TEL/携帯)、住所]を明記して、
上記のE-mailかFAXにて送信してください。

・WEBサイトでのお申し込み
http://www.fukkou-daigaku.gakuto-sendai.jp/jinzai/form/
※応募フォームは、Googleフォームとなります。アクセスできない方がいらっしゃいましたら、お手数ですがメールにてお申込み下さい。

申込締切

講座日週の木曜日 昼12:00締切

受講料

無料

8月
2
2020
【GIGA・MANGA関連イベント】ギャラリートーク
8月 2 全日

主催

東北歴史博物館、河北新報社、TBC東北放送、毎日新聞社

内容

特別展「GIGA・MANGA 江戸戯画から近代漫画へ」 関連イベント
https://www.thm.pref.miyagi.jp/exhibition/4595/

ギャラリートーク

※参加費無料
※特別展観覧チケットが必要。

開催場所・日時

東北歴史博物館 (多賀城市高崎1-22-1)
2020年8月2日(日)13:30~14:30

講師

伊藤 遊 氏(京都精華大学 准教授)

問合せ先

東北歴史博物館情報サービス班
電話:022-368-0106   
FAX:022-368-0103
E-mail: thm-service[atmark]pref.miyagi.lg.jp

定員

60名程度(当日受付)※当日先着順。

観覧料

一般1,200円、シルバー(65歳以上)1,100円、小・中・高校生600円

たまきさんサロン「仙台七夕の由来と再生紙~8万羽の折り鶴のゆくえ~」
8月 2 全日

主催

環境局環境共生課、経済局農業振興課

内容

仙台七夕まつりの由来や、東日本大震災以降に市内商店街の中心に飾られる様になった【伝説の飾り】と言われる仙台市立の小中学校に通う児童生徒による故郷復興プロジェクトの折り鶴吹き流し飾りが再生紙に生まれ変わる過程を教わります。七夕飾りに込められた願いを学びながらの「ミニ七夕飾りづくり」も行います。

https://www.tamaki3.jp/

開催場所・日時

たまきさんサロン(東北大学青葉山新キャンパス環境科学研究科本館)
2020年8月2日(日)10:00~12:00

講師

鳴海 幸一郎 氏(鳴海屋紙商事株式会社 部長)

申込・問合せ先

せんだい環境学習館たまきさんサロン
メール tamaki3salon[atmark]city.sendai.jp
電 話 022-214-1233 FAX 022-393-5038

申込方法

電子メールまたはハガキ、FAXでお申し込みください
(必要事項:希望講座名、参加者氏名、年齢、住所、電話番号)
※申込締切 7月22日(水)

定員

15名 ※抽選(当選者にのみご連絡)

受講料

無料

8月
16
2020
【GIGA・MANGA関連イベント】講演会 ②「時代で見る近代漫画のカタチ」
8月 16 全日

主催

東北歴史博物館、河北新報社、TBC東北放送、毎日新聞社

内容

特別展「GIGA・MANGA 江戸戯画から近代漫画へ」 関連イベント
https://www.thm.pref.miyagi.jp/exhibition/4595/

講演会「時代で見る近代漫画のカタチ」

※参加費無料
※特別展観覧チケットが必要。

開催場所・日時

東北歴史博物館 (多賀城市高崎1-22-1)
2020年8月16日(日)13:30~15:00

講師

新美 琢真 氏(川崎市市民ミュージアム 学芸員)

申込・問合せ先

東北歴史博物館情報サービス班
電話:022-368-0106   
FAX:022-368-0103
E-mail: thm-service[atmark]pref.miyagi.lg.jp

申込方法

東北歴史博物館総合案内に直接お申し込みいただくか,情報サービス班までお電話かファクシミリ又は電子メールでお申し込みください。
ファクシミリ・電子メールでお申し込みの場合は,下記事項をご記載願います。
なお,お申し込み時点で定員に達している場合は当館よりご連絡を差し上げます。

1 講演会名         
2 氏名(フリガナ)
3 年齢
4 住所
5 電話・FAX番号
 ※本講演会を何でお知りになったのかご記入願います。

定員

60名程度(事前申込み・先着順) ※7月16日(木)受付開始。

観覧料

一般1,200円、シルバー(65歳以上)1,100円、小・中・高校生600円

8月
22
2020
<中止>2020年度 東北復興農学センター開放講座「マイスターコース」第7期 (全10回)
8月 22 全日

※新型コロナウイルス感染拡大予防のために「中止」となりました。

主催

東北大学 大学院農学研究科

内容

東北大学で「復興」×「農林水産業」を学びませんか?
令和2年度 第7期受講生募集 3月23日(月)よりスタートします(4月20日まで)。
一般社会人・大学生、どなたでも受講できます。

◆復興農学マイスター(CAR)コース CAR: certificated agricultural reconstruction
震災からの復興,自然災害にかかわる農学および先端技術を「復興農学講義」・「復興農学フィールド実習(被災地エクステンション)」を通して理解し,それらを震災による被災地域などの現場で活用できる能力を磨きます。

◆IT農業マイスター(CAIT)コース CAIT: certificated agricultural information technology
震災からの復興に向けて必要とされる「IT」×「農業」の実用性や応用性について「復興農学講義」・「IT農学実習(被災地エクステンション)」を通して理解し,それらを震災による被災地域などの現場で活用できる能力を磨きます。

http://www.tascr.agri.tohoku.ac.jp/curriculum/

開催場所・日時

東北復興農学センター(仙台市青葉区荒巻字青葉468-1 E222)
通業講義:2020年5月15日(金)~2020年7月17日(金) 全10回
毎週金曜日 18:30〜20:00

実習:2020年6月13日(土)、7月11日(土)、7月18日(土)〜19日(日)、8月22日(土)〜23日(日)、8月29日(土)

申込・問合せ先

東北復興農学センター 事務局
電話・FAX 022-757-4195 (9:00〜17:00)
メール tascr-agri[atmark]ml.tohoku.ac.jp

申込方法

申込用紙にご記入の上、東北復興農学センター事務局へメール(tascr-agri[atmark]ml.tohoku.ac.jp )を送って頂くか、またはFAX(022-757-4195)でお申込みください。(申込締切: 4月20日(月))

※申込用紙はこちら:http://www.tascr.agri.tohoku.ac.jp/curriculum/

※学都仙台コンソーシアム加盟大学の学生は、下記を参照してください。

【東北大学(本学)の学生】
 通常の履修手続きと同じく、Webシステムにて履修登録を行ってください。

・復興農学マイスターコース:「復興農学」「復興農学フィールド実習」の2科目を履修登録
・IT農業マイスターコース :「復興農学」「IT農学実習」の2科目を履修登録
※両コース受講の場合は、3科目すべてを履修登録してください。

【学都仙台コンソーシアムの単位互換ネットワーク利用の大学生】
 在籍する大学の担当窓口より、お申込みください。

定員

1)復興農学マイスターコース(CAR)‥‥40名程度
2)IT農業マイスターコース(CAIT)‥‥‥40名程度
※両コースを同時に受講することができます。
※募集定員は、学生と一般社会人を合わせた人数です。

受講資格

18歳以上の大学生および一般社会人の方(高校生は不可)で、やむを得ない事情を除き、すべての講義・実習に参加できる方。

受講料

受講料は無料です。
但し実習にかかるバス代、食事代、宿泊費などの実費分は、別途徴収いたします。(両コース取ると、社会人2万円、学生1万円程度を予定)

8月
23
2020
<中止>2020年度 東北復興農学センター開放講座「マイスターコース」第7期 (全10回)
8月 23 全日

※新型コロナウイルス感染拡大予防のために「中止」となりました。

主催

東北大学 大学院農学研究科

内容

東北大学で「復興」×「農林水産業」を学びませんか?
令和2年度 第7期受講生募集 3月23日(月)よりスタートします(4月20日まで)。
一般社会人・大学生、どなたでも受講できます。

◆復興農学マイスター(CAR)コース CAR: certificated agricultural reconstruction
震災からの復興,自然災害にかかわる農学および先端技術を「復興農学講義」・「復興農学フィールド実習(被災地エクステンション)」を通して理解し,それらを震災による被災地域などの現場で活用できる能力を磨きます。

◆IT農業マイスター(CAIT)コース CAIT: certificated agricultural information technology
震災からの復興に向けて必要とされる「IT」×「農業」の実用性や応用性について「復興農学講義」・「IT農学実習(被災地エクステンション)」を通して理解し,それらを震災による被災地域などの現場で活用できる能力を磨きます。

http://www.tascr.agri.tohoku.ac.jp/curriculum/

開催場所・日時

東北復興農学センター(仙台市青葉区荒巻字青葉468-1 E222)
通業講義:2020年5月15日(金)~2020年7月17日(金) 全10回
毎週金曜日 18:30〜20:00

実習:2020年6月13日(土)、7月11日(土)、7月18日(土)〜19日(日)、8月22日(土)〜23日(日)、8月29日(土)

申込・問合せ先

東北復興農学センター 事務局
電話・FAX 022-757-4195 (9:00〜17:00)
メール tascr-agri[atmark]ml.tohoku.ac.jp

申込方法

申込用紙にご記入の上、東北復興農学センター事務局へメール(tascr-agri[atmark]ml.tohoku.ac.jp )を送って頂くか、またはFAX(022-757-4195)でお申込みください。(申込締切: 4月20日(月))

※申込用紙はこちら:http://www.tascr.agri.tohoku.ac.jp/curriculum/

※学都仙台コンソーシアム加盟大学の学生は、下記を参照してください。

【東北大学(本学)の学生】
 通常の履修手続きと同じく、Webシステムにて履修登録を行ってください。

・復興農学マイスターコース:「復興農学」「復興農学フィールド実習」の2科目を履修登録
・IT農業マイスターコース :「復興農学」「IT農学実習」の2科目を履修登録
※両コース受講の場合は、3科目すべてを履修登録してください。

【学都仙台コンソーシアムの単位互換ネットワーク利用の大学生】
 在籍する大学の担当窓口より、お申込みください。

定員

1)復興農学マイスターコース(CAR)‥‥40名程度
2)IT農業マイスターコース(CAIT)‥‥‥40名程度
※両コースを同時に受講することができます。
※募集定員は、学生と一般社会人を合わせた人数です。

受講資格

18歳以上の大学生および一般社会人の方(高校生は不可)で、やむを得ない事情を除き、すべての講義・実習に参加できる方。

受講料

受講料は無料です。
但し実習にかかるバス代、食事代、宿泊費などの実費分は、別途徴収いたします。(両コース取ると、社会人2万円、学生1万円程度を予定)

文学講座~「文都」仙台ゆかりの作家20人~
8月 23 全日

主催

泉図書館

内容

泉図書館は、現在の場所に新築移転して、今年の7月12日で30周年を迎えます。みなさまへの感謝をこめて、記念イベントを行います。

江戸時代から現代まで、仙台にゆかりのある作家20人を紹介します。

講師

高橋三也氏(泉図書館長)

開催場所・日時

泉図書館泉図書館2階大研修室(仙台市泉区泉中央1-8-6)
2020年8月23日(日)14:00~15:30

申込方法

8月6日(木曜日)9:30から電話で受付

申込・問合せ先

泉図書館
TEL:022-375-6161 
FAX:022-375-6165

定員

30名(先着)

参加費

無料

8月
25
2020
2020年度宮城大学公開講座第4回:乳酸菌と健康のサイエンス
8月 25 全日

主催

宮城大学

内容

 乳酸菌は善玉菌と呼ばれるなど、健康に良いイメージがあります。コマーシャルでも、悪玉菌をやっつける、免疫機能改善などなど、様々な機能性を見ると思います。こういった機能のほとんどが腸の中で起こりますが、私たちの体と乳酸菌の間では一体何が起こっているのでしょう。腸活という言葉もありますが、乳酸菌が活躍する腸のお話、乳酸菌の個性と健康についてのお話を紹介したいと思います。

開催場所・日時

宮城大学サテライトキャンパス SS30 2階(宮城県仙台市青葉区中央4丁目6-1)
2020年8月25日(火)13:30~15:00

講師

島津 朋之 氏(宮城大学食産業学群 助教)
大阪府出身。帯広畜産大学卒業後、東北大学大学院農学研究科博士課程後期修了。その後、米国(ポスドク)、東北大学農学部助教、東京理科大学助教を経て現職。専門分野は食品微生物利用学。これまで乳酸菌の可能性を引き出すべく、乳酸菌が働く腸と健康の関わりについて研究を行ってきました。

講座内容のお問合せ先

宮城大学地域連携センター
Tel:022-377-8319 E-mail:renkei-kouza[atmark]myu.ac.jp
https://www.myu.ac.jp/site/renkei/

お申込み先

Fax:022-716-6693 E-mail:renkei-kouza[atmark]myu.ac.jp

申込方法

受講する講座名,氏名,住所,電話番号,職業,年齢(○歳代)を記入の上,送信してください。
申込み後のキャンセルのご連絡は,上記申込先またはTel:022-716-6692にお願いします。
(電話での申込みは受け付けておりません。)
申込み〆切:開催日の3日前までとし,各回とも定員になり次第,締め切らせていただきます。

受講料

無料

8月
29
2020
<中止>2020年度 東北復興農学センター開放講座「マイスターコース」第7期 (全10回)
8月 29 全日

※新型コロナウイルス感染拡大予防のために「中止」となりました。

主催

東北大学 大学院農学研究科

内容

東北大学で「復興」×「農林水産業」を学びませんか?
令和2年度 第7期受講生募集 3月23日(月)よりスタートします(4月20日まで)。
一般社会人・大学生、どなたでも受講できます。

◆復興農学マイスター(CAR)コース CAR: certificated agricultural reconstruction
震災からの復興,自然災害にかかわる農学および先端技術を「復興農学講義」・「復興農学フィールド実習(被災地エクステンション)」を通して理解し,それらを震災による被災地域などの現場で活用できる能力を磨きます。

◆IT農業マイスター(CAIT)コース CAIT: certificated agricultural information technology
震災からの復興に向けて必要とされる「IT」×「農業」の実用性や応用性について「復興農学講義」・「IT農学実習(被災地エクステンション)」を通して理解し,それらを震災による被災地域などの現場で活用できる能力を磨きます。

http://www.tascr.agri.tohoku.ac.jp/curriculum/

開催場所・日時

東北復興農学センター(仙台市青葉区荒巻字青葉468-1 E222)
通業講義:2020年5月15日(金)~2020年7月17日(金) 全10回
毎週金曜日 18:30〜20:00

実習:2020年6月13日(土)、7月11日(土)、7月18日(土)〜19日(日)、8月22日(土)〜23日(日)、8月29日(土)

申込・問合せ先

東北復興農学センター 事務局
電話・FAX 022-757-4195 (9:00〜17:00)
メール tascr-agri[atmark]ml.tohoku.ac.jp

申込方法

申込用紙にご記入の上、東北復興農学センター事務局へメール(tascr-agri[atmark]ml.tohoku.ac.jp )を送って頂くか、またはFAX(022-757-4195)でお申込みください。(申込締切: 4月20日(月))

※申込用紙はこちら:http://www.tascr.agri.tohoku.ac.jp/curriculum/

※学都仙台コンソーシアム加盟大学の学生は、下記を参照してください。

【東北大学(本学)の学生】
 通常の履修手続きと同じく、Webシステムにて履修登録を行ってください。

・復興農学マイスターコース:「復興農学」「復興農学フィールド実習」の2科目を履修登録
・IT農業マイスターコース :「復興農学」「IT農学実習」の2科目を履修登録
※両コース受講の場合は、3科目すべてを履修登録してください。

【学都仙台コンソーシアムの単位互換ネットワーク利用の大学生】
 在籍する大学の担当窓口より、お申込みください。

定員

1)復興農学マイスターコース(CAR)‥‥40名程度
2)IT農業マイスターコース(CAIT)‥‥‥40名程度
※両コースを同時に受講することができます。
※募集定員は、学生と一般社会人を合わせた人数です。

受講資格

18歳以上の大学生および一般社会人の方(高校生は不可)で、やむを得ない事情を除き、すべての講義・実習に参加できる方。

受講料

受講料は無料です。
但し実習にかかるバス代、食事代、宿泊費などの実費分は、別途徴収いたします。(両コース取ると、社会人2万円、学生1万円程度を予定)

復興大学県民講座 復興の科学技術:平時から向き合う災害廃棄物処理(オンライン講座)
8月 29 全日

主催

学都仙台コンソーシアム復興大学部会

開催場所・日時

オンライン開講(Web会議システムZoomを使用)
2020年8月29日(土)14:45~15:45

講師

吉岡 敏明 氏(東北大学)

申込・問合先

東北工業大学 地域連携センター(復興大学事務局)
〒982-8577 仙台市太白区八木山香澄町35番1号(東北工業大学八木山キャンパス1号館)
TEL:022-305-3818 FAX:022-305-3808 E-mail:fukkoudaigaku[atmark]tohtech.ac.jp
http://www.fukkou-daigaku.gakuto-sendai.jp/

申込方法

・メール/FAXでのお申し込み
必要事項:氏名(フリガナ)、所属(学生・一般、学生の場合は大学・学部・学科・学年)、連絡先(E-mail、TEL/携帯)、住所]を明記して、
上記のE-mailかFAXにて送信してください。

・WEBサイトでのお申し込み
http://www.fukkou-daigaku.gakuto-sendai.jp/jinzai/form/
※応募フォームは、Googleフォームとなります。アクセスできない方がいらっしゃいましたら、お手数ですがメールにてお申込み下さい。

申込締切

講座日週の木曜日 昼12:00締切

受講料

無料

8月
30
2020
仙台文学館ゼミナール2020-『万葉集』を味わうー
8月 30 全日

主催

仙台文学館

内容

この講座では『万葉集』の旅の歌を取り上げます。旅の歌は「羈旅歌」とも称され、三大部立のうち「雑歌」に分類されることの多いものです。異郷の地で、古代の旅人が味わった苦難や、強い望郷の思い、また旅先で目にした風物への感慨などが真直な言葉で歌われています。古代の歴史や風土を踏まえながら読んでいきます。

開催場所・日時

仙台文学館 (仙台市青葉区北根2-7-1)
2020年8月30日、9月6日、9月13日、9月20日、9月27日(各日曜日・全5回)
10:30~12:00

締切

2020年7月28日(火)必着

講師

津田 大樹 氏(一関工業高等専門学校総合科学人文社会領域 教授)

申込・問合せ先

仙台文学館(〒981-0902 仙台市青葉区北根2-7-1)
022-271-3020

申込方法

◆往復はがきに、住所、氏名、電話・ファックス番号(講座日変更などの連絡に必要)、
 希望する講座名を記入の上、仙台文学館にお送りください。はがき1枚につき、1人、1講座の申込みとします。
◆カリキュラムは、全回参加して1講座が終了するように組んでありますので、基本的に、
 各講座とも毎回ご参加ください。
◆申込みが定員を超える場合は抽選となります。なお余裕のある場合は、締切後も受付けますので、お問合せください。
◆返信は、締切後にお送りします。(先着順ではありません。)

定員

80人

受講料

1回500円

企画展「わらと生活」関連講座「藁と生活-藁の文化のあたたかさを伝えよう-」
8月 30 全日

主催

仙台市歴史民俗資料館

講師

宮崎 清 氏(千葉大学名誉教授)

開催場所・日時

仙台市歴史民俗資料館
2020年8月30日(日)13:30~15:00

問合せ先

仙台市歴史民俗資料館
〒983-0842 仙台市宮城野区五輪一丁目3-7(榴岡公園内)
TEL:022-295-3956 FAX:022-257-6401
http://www.sendai-c.ed.jp/~bunkazai/~rekimin/
E-mail:folkmuse[atmark]deluxe.ocn.ne.jp

入館料

一般・大学生/240円
高校生/180円
小・中学生/120円

9月
5
2020
2020年度ジェンダー論講座
9月 5 2020 – 2月 27 2021 全日

主催

公益財団法人せんだい男女共同参画財団

内容

災害時に拡大する、格差や不平等。コロナ禍においても、ジェンダーに起因するあらゆる困難や課題が生じています。様々な角度から「ジェンダー視点」を養うことで、社会課題を解決する糸口を探ります。

【第1回】9月5日(土曜日)13時30分から15時00分
「ジェンダーとは」
講師:遠藤恵子氏
(東北学院大学名誉教授、公益財団法人せんだい男女共同参画財団アドバイザリー・フェロー)

【第2回】9月26日(土曜日)13時30分から15時00分
「男性問題の背景」
講師:遠藤恵子氏

【第3回】10月17日(土曜日)13時30分から15時30分
公開講座「気候変動・エネルギー問題とジェンダー」
講師:長谷川公一氏
(尚絅学院大学大学院特任教授、東北大学名誉教授)

【第4回】10月31日(土曜日)13時30分から15時00分
「家と戸籍」
講師:水野紀子氏
(白鷗大学法学部教授、東北大学名誉教授、公益財団法人せんだい男女共同参画財団理事長)

【第5回】10月31日(土曜日)15時15分から16時45分
「結婚とは」
講師:水野紀子氏

【第6回】11月14日(土曜日)18時00分から20時00分
公開講座「『わがまま』と社会運動」
講師:富永京子氏
(立命館大学産業社会学部准教授)

【第7回】11月28日(土曜日)13時30分から15時00分
「親子とは」
講師:水野紀子氏

【第8回】12月12日(土曜日)13時30分から15時30分
公開講座「家族への公的介入」
講師:水野紀子氏

【第9回】2021年1月23日(土曜日)13時30分から15時30分
公開講座「現代産業社会とジェンダー」
講師:遠藤恵子氏

【第10回】2021年2月13日(土曜日)13時30分から15時30分
公開講座「女性受刑者の困難とジェンダー」
講師: 佐藤理絵氏(元東北地方更生保護委員会委員)

【第11回】2021年2月27日(土曜日)13時30分から15時00分
「卒業生に学ぶ・まとめ」

開催場所・日時

エル・パーク仙台 セミナーホール(141 ビル(仙台三越定禅寺通り館)5F)
【9月26日(土曜日)・11月28日(土曜日)は、エル・ソーラ仙台 大研修室】
2020年9月5日(土)~2021年2月27日(土)

講師

※内容を参照

申込・問合せ先

エル・パーク仙台 管理事業課
電話番号:022-268-8300 ファックス:022-268-8304

申込方法

7月1日(水曜日)9時00分から申込受付開始(先着順・定員になり次第締切)
イベント申込フォームからお申し込みください。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSc4j-Lt4ay8kN1pxLqUs8DplE_SEfP4pkCIkkuDbonb0j0S2g/viewform

定員

20名

受講料

10,000円(学生5,000円)
参加費は初回の受付でいただきます。学生の方は学割が適用されますので、学生証をご提示ください。減額制度対象講座です。条件・手続き等はお問い合わせください。

小池光短歌講座2020 第124回
9月 5 全日

主催

仙台文学館

内容

歌人・小池光が、三十一文字に込められたことばの魅力について解説します。参加者の方には、毎回事前に課題作品を一首提出していただき、それらの作品をもとに講評を行ないます。

毎回の課題は、抽選後参加の決まった方に返信はがきでお知らせします。

開催場所・日時

仙台文学館 (仙台市青葉区北根2-7-1)
2020年9月5日(土)13:30~15:40(10分間の休憩をはさみます)

講師

小池 光氏(歌人) 

申込・問合せ先

仙台文学館(仙台市青葉区北根2-7-1)
022-271-3020

申込方法

往復はがきに【住所】【 氏名(ふりがな)】【 電話番号】【講座名「小池光短歌講座 第○回○月」】を明記の上、仙台文学館へ。申込み多数の場合は抽選になります。
8月7日(金)必着。
※連続講座ではありません。希望する回ごとに、毎回お申込みください。
※お寄せいただいた個人情報は、上記イベントのご連絡以外には使用いたしません。

定員

90人

受講料

1回1,000円

復興大学県民講座 復興の生活構築学:コミュニティ創成に向けた社会改革事業の在り方(オンライン講座)
9月 5 全日

主催

学都仙台コンソーシアム復興大学部会

開催場所・日時

オンライン開講(Web会議システムZoomを使用)
2020年9月5日(土)14:45~15:45

講師

風見 正三 氏(宮城大学)

申込・問合先

東北工業大学 地域連携センター(復興大学事務局)
〒982-8577 仙台市太白区八木山香澄町35番1号(東北工業大学八木山キャンパス1号館)
TEL:022-305-3818 FAX:022-305-3808 E-mail:fukkoudaigaku[atmark]tohtech.ac.jp
http://www.fukkou-daigaku.gakuto-sendai.jp/

申込方法

・メール/FAXでのお申し込み
必要事項:氏名(フリガナ)、所属(学生・一般、学生の場合は大学・学部・学科・学年)、連絡先(E-mail、TEL/携帯)、住所]を明記して、
上記のE-mailかFAXにて送信してください。

・WEBサイトでのお申し込み
http://www.fukkou-daigaku.gakuto-sendai.jp/jinzai/form/
※応募フォームは、Googleフォームとなります。アクセスできない方がいらっしゃいましたら、お手数ですがメールにてお申込み下さい。

申込締切

講座日週の木曜日 昼12:00締切

受講料

無料

復興大学県民講座 復興の社会学:東日本大震災の復興を考える(オンライン講座)
9月 5 全日

主催

学都仙台コンソーシアム復興大学部会

開催場所・日時

オンライン開講(Web会議システムZoomを使用)
2020年9月5日(土)13:30~14:30

講師

田中 重好 氏(尚絅学院大学)

申込・問合先

東北工業大学 地域連携センター(復興大学事務局)
〒982-8577 仙台市太白区八木山香澄町35番1号(東北工業大学八木山キャンパス1号館)
TEL:022-305-3818 FAX:022-305-3808 E-mail:fukkoudaigaku[atmark]tohtech.ac.jp
http://www.fukkou-daigaku.gakuto-sendai.jp/

申込方法

・メール/FAXでのお申し込み
必要事項:氏名(フリガナ)、所属(学生・一般、学生の場合は大学・学部・学科・学年)、連絡先(E-mail、TEL/携帯)、住所]を明記して、
上記のE-mailかFAXにて送信してください。

・WEBサイトでのお申し込み
http://www.fukkou-daigaku.gakuto-sendai.jp/jinzai/form/
※応募フォームは、Googleフォームとなります。アクセスできない方がいらっしゃいましたら、お手数ですがメールにてお申込み下さい。

申込締切

講座日週の木曜日 昼12:00締切

受講料

無料

9月
6
2020
仙台文学館ゼミナール2020-『万葉集』を味わうー
9月 6 全日

主催

仙台文学館

内容

この講座では『万葉集』の旅の歌を取り上げます。旅の歌は「羈旅歌」とも称され、三大部立のうち「雑歌」に分類されることの多いものです。異郷の地で、古代の旅人が味わった苦難や、強い望郷の思い、また旅先で目にした風物への感慨などが真直な言葉で歌われています。古代の歴史や風土を踏まえながら読んでいきます。

開催場所・日時

仙台文学館 (仙台市青葉区北根2-7-1)
2020年8月30日、9月6日、9月13日、9月20日、9月27日(各日曜日・全5回)
10:30~12:00

締切

2020年7月28日(火)必着

講師

津田 大樹 氏(一関工業高等専門学校総合科学人文社会領域 教授)

申込・問合せ先

仙台文学館(〒981-0902 仙台市青葉区北根2-7-1)
022-271-3020

申込方法

◆往復はがきに、住所、氏名、電話・ファックス番号(講座日変更などの連絡に必要)、
 希望する講座名を記入の上、仙台文学館にお送りください。はがき1枚につき、1人、1講座の申込みとします。
◆カリキュラムは、全回参加して1講座が終了するように組んでありますので、基本的に、
 各講座とも毎回ご参加ください。
◆申込みが定員を超える場合は抽選となります。なお余裕のある場合は、締切後も受付けますので、お問合せください。
◆返信は、締切後にお送りします。(先着順ではありません。)

定員

80人

受講料

1回500円

9月
11
2020
2020年度宮城大学公開講座第5回:コミュニティ施設のつくり方:場の役割、機能の面から考える
9月 11 全日

主催

宮城大学

内容

 2016年に利府駅前に設置した公共施設「tsumiki(愛称)」をモデルに、コミュニティ施設のつくり方についてお話します。tsumikiの設置過程では、機能や役割といった施設の使われ方の面から、施設の特徴を考え出していきました。現在、公共施設の設置に際して、ワークショップを開催し、住民の意見を取り入れることが主流となっています。効果的に住民の意見を取り入れ、魅力ある施設にするために必要なことは何か、参加者の皆様と一緒に考えていきます。

開催場所・日時

宮城大学サテライトキャンパス SS30 2階(宮城県仙台市青葉区中央4丁目6-1)
2020年9月11日(金)13:30~15:00

講師

佐々木 秀之 氏(宮城大学事業構想学群 准教授)
1974年、仙台市生まれ。2011年東北学院大学大学院経済学研究科博士後期課程修了。2016年より現職。博士(経済学)。主な講義科目は「社会起業論」、「地域資源論」。著書に、「復興から学ぶ市民参加型のまちづくりⅡ-ソーシャルビジネスと地域コミュニティ」(2020、創成社)などがある。

講座内容のお問合せ先

宮城大学地域連携センター
Tel:022-377-8319 E-mail:renkei-kouza[atmark]myu.ac.jp
https://www.myu.ac.jp/site/renkei/

お申込み先

Fax:022-716-6693 E-mail:renkei-kouza[atmark]myu.ac.jp

申込方法

受講する講座名,氏名,住所,電話番号,職業,年齢(○歳代)を記入の上,送信してください。
申込み後のキャンセルのご連絡は,上記申込先またはTel:022-716-6692にお願いします。
(電話での申込みは受け付けておりません。)
申込み〆切:開催日の3日前までとし,各回とも定員になり次第,締め切らせていただきます。

受講料

無料

9月
12
2020
仙台文学館ゼミナール2020ー川柳実作講座ー
9月 12 全日

主催

仙台文学館

内容

江戸文化の爛熟期、江戸に生まれた五七五の文芸川柳は、いまや現代人の癒しの文芸として、多くの老若男女に親しまれています。今年の講座は、高名川柳作家(濱夢助・鶴彬・時実新子・川上三太郎etc)の作品などを紹介して、その作風から17音字の基礎を学びたいと思います。川柳の発生から現代川柳までを探り、川柳の世界を楽しみましょう。

開催場所・日時

仙台文学館 (仙台市青葉区北根2-7-1)
2020年9月12日、10月24日、11月21日、12月12日(各土曜日・全4回)
13:30~15:00

締切

2020年8月12日(水)必着

講師

雫石 隆子 氏(「川柳宮城野」主幹)

申込・問合せ先

仙台文学館(〒981-0902 仙台市青葉区北根2-7-1)
022-271-3020

申込方法

◆往復はがきに、住所、氏名、電話・ファックス番号(講座日変更などの連絡に必要)、
 希望する講座名を記入の上、仙台文学館にお送りください。はがき1枚につき、1人、1講座の申込みとします。
◆カリキュラムは、全回参加して1講座が終了するように組んでありますので、基本的に、
 各講座とも毎回ご参加ください。
◆申込みが定員を超える場合は抽選となります。なお余裕のある場合は、締切後も受付けますので、お問合せください。
◆返信は、締切後にお送りします。(先着順ではありません。)

定員

30人

受講料

1回1,000円

9月
13
2020
仙台文学館ゼミナール2020-『万葉集』を味わうー
9月 13 全日

主催

仙台文学館

内容

この講座では『万葉集』の旅の歌を取り上げます。旅の歌は「羈旅歌」とも称され、三大部立のうち「雑歌」に分類されることの多いものです。異郷の地で、古代の旅人が味わった苦難や、強い望郷の思い、また旅先で目にした風物への感慨などが真直な言葉で歌われています。古代の歴史や風土を踏まえながら読んでいきます。

開催場所・日時

仙台文学館 (仙台市青葉区北根2-7-1)
2020年8月30日、9月6日、9月13日、9月20日、9月27日(各日曜日・全5回)
10:30~12:00

締切

2020年7月28日(火)必着

講師

津田 大樹 氏(一関工業高等専門学校総合科学人文社会領域 教授)

申込・問合せ先

仙台文学館(〒981-0902 仙台市青葉区北根2-7-1)
022-271-3020

申込方法

◆往復はがきに、住所、氏名、電話・ファックス番号(講座日変更などの連絡に必要)、
 希望する講座名を記入の上、仙台文学館にお送りください。はがき1枚につき、1人、1講座の申込みとします。
◆カリキュラムは、全回参加して1講座が終了するように組んでありますので、基本的に、
 各講座とも毎回ご参加ください。
◆申込みが定員を超える場合は抽選となります。なお余裕のある場合は、締切後も受付けますので、お問合せください。
◆返信は、締切後にお送りします。(先着順ではありません。)

定員

80人

受講料

1回500円

東北医科薬科大学附属薬用植物園見学会
9月 13 全日

主催

東北医科薬科大学

開催場所・時間

東北医科薬科大学附属薬用植物園
2020年9月13日(日)10:00~12:00

講師

佐々木健郎氏(東北医科薬科大学生薬学教授)
小林匡子氏・村田敏拓氏(東北医科薬科大学生薬学講師)

内容

当日について
午前10:00に大学正門前にお集まりください。
(誘導の者が集合場所及び会場へとご案内致します。)
雨天でも行います。気候に合わせて帽子、飲み物などをご用意ください。

申込・問合先

東北医科薬科大学生薬学教室
はがきで→住所:〒981-8558 仙台市青葉区小松島4-4-1
(住所・氏名・電話番号をご記入ください。)
電話で→022-727-0086
受付担当者 村田
E-mailで→murata-t[atmark]tohoku-mpu.ac.jp
(土、日曜日など不在の時間帯があります。どうぞご了承ください。)

受講料

無料

9月
18
2020
<中止>第174回サイエンスカフェ:薬の情報を科学する
9月 18 全日

※新型コロナウイルス感染拡大予防のために「中止」となりました。

主催

東北大学

内容

巷には扱いきれないほどの情報が溢れ、自分に必要な情報の収集・精査を行うことは容易ではありません。自身の健康維持・増進または疾病の予防・治療に必要な薬に関する情報に関しても同様です。本講では、身近な事例を交えて、サイエンスに基づいて薬の情報を精査する術を身につけていただきます。

開催場所・日時

東北大学片平さくらホール 2階会議室(仙台市青葉区片平2丁目1-1)
2020年9月18日(金)18:00~19:45(開場17:30)

講師

小原 拓 氏(東北メディカル・メガバンク機構 准教授)

問合せ先

東北大学 総務企画部社会連携課社会連携推進係
022-217-5132
http://cafe.tohoku.ac.jp/

申込方法

申込不要

受講料

無料

仙台文学館ゼミナール2020-『源氏物語』を読むー
9月 18 全日

主催

仙台文学館

内容

紫式部の『源氏物語』は今日、世界文学となって多くの読者に親しまれています。時空を超えて現代の私たちに深い共感と感銘をもたらす『源氏物語』の魅力とは何でしょうか。本講座では、光源氏の須磨からの帰還と明石母娘の上京の物語を主軸に、藤壺、紫の上、六条御息所、前斎宮といった女性たちにも光を当てながら、光源氏の栄華の物語を読み進めていきます。

開催場所・日時

仙台文学館 (仙台市青葉区北根2-7-1)
2020年9月18日、9月25日、10月9日、10月30日、11月27日(各金曜日・全5回)
10:30~12:00

締切

2020年8月12日(水)必着

講師

横溝 博 氏(東北大学大学院文学研究科教授)

申込・問合せ先

仙台文学館(〒981-0902 仙台市青葉区北根2-7-1)
022-271-3020

申込方法

◆往復はがきに、住所、氏名、電話・ファックス番号(講座日変更などの連絡に必要)、
 希望する講座名を記入の上、仙台文学館にお送りください。はがき1枚につき、1人、1講座の申込みとします。
◆カリキュラムは、全回参加して1講座が終了するように組んでありますので、基本的に、
 各講座とも毎回ご参加ください。
◆申込みが定員を超える場合は抽選となります。なお余裕のある場合は、締切後も受付けますので、お問合せください。
◆返信は、締切後にお送りします。(先着順ではありません。)

定員

80人

受講料

1回500円

9月
20
2020
仙台文学館ゼミナール2020-『万葉集』を味わうー
9月 20 全日

主催

仙台文学館

内容

この講座では『万葉集』の旅の歌を取り上げます。旅の歌は「羈旅歌」とも称され、三大部立のうち「雑歌」に分類されることの多いものです。異郷の地で、古代の旅人が味わった苦難や、強い望郷の思い、また旅先で目にした風物への感慨などが真直な言葉で歌われています。古代の歴史や風土を踏まえながら読んでいきます。

開催場所・日時

仙台文学館 (仙台市青葉区北根2-7-1)
2020年8月30日、9月6日、9月13日、9月20日、9月27日(各日曜日・全5回)
10:30~12:00

締切

2020年7月28日(火)必着

講師

津田 大樹 氏(一関工業高等専門学校総合科学人文社会領域 教授)

申込・問合せ先

仙台文学館(〒981-0902 仙台市青葉区北根2-7-1)
022-271-3020

申込方法

◆往復はがきに、住所、氏名、電話・ファックス番号(講座日変更などの連絡に必要)、
 希望する講座名を記入の上、仙台文学館にお送りください。はがき1枚につき、1人、1講座の申込みとします。
◆カリキュラムは、全回参加して1講座が終了するように組んでありますので、基本的に、
 各講座とも毎回ご参加ください。
◆申込みが定員を超える場合は抽選となります。なお余裕のある場合は、締切後も受付けますので、お問合せください。
◆返信は、締切後にお送りします。(先着順ではありません。)

定員

80人

受講料

1回500円

企画展「わらと生活」関連講座「畳業の観点からみたわら」
9月 20 全日

主催

仙台市歴史民俗資料館

講師

佐々木 正悦 氏(株式会社和楽会長)

開催場所・日時

仙台市歴史民俗資料館
2020年9月20日(日)13:30~14:30

問合せ先

仙台市歴史民俗資料館
〒983-0842 仙台市宮城野区五輪一丁目3-7(榴岡公園内)
TEL:022-295-3956 FAX:022-257-6401
http://www.sendai-c.ed.jp/~bunkazai/~rekimin/
E-mail:folkmuse[atmark]deluxe.ocn.ne.jp

入館料

一般・大学生/240円
高校生/180円
小・中学生/120円

9月
25
2020
仙台文学館ゼミナール2020-『源氏物語』を読むー
9月 25 全日

主催

仙台文学館

内容

紫式部の『源氏物語』は今日、世界文学となって多くの読者に親しまれています。時空を超えて現代の私たちに深い共感と感銘をもたらす『源氏物語』の魅力とは何でしょうか。本講座では、光源氏の須磨からの帰還と明石母娘の上京の物語を主軸に、藤壺、紫の上、六条御息所、前斎宮といった女性たちにも光を当てながら、光源氏の栄華の物語を読み進めていきます。

開催場所・日時

仙台文学館 (仙台市青葉区北根2-7-1)
2020年9月18日、9月25日、10月9日、10月30日、11月27日(各金曜日・全5回)
10:30~12:00

締切

2020年8月12日(水)必着

講師

横溝 博 氏(東北大学大学院文学研究科教授)

申込・問合せ先

仙台文学館(〒981-0902 仙台市青葉区北根2-7-1)
022-271-3020

申込方法

◆往復はがきに、住所、氏名、電話・ファックス番号(講座日変更などの連絡に必要)、
 希望する講座名を記入の上、仙台文学館にお送りください。はがき1枚につき、1人、1講座の申込みとします。
◆カリキュラムは、全回参加して1講座が終了するように組んでありますので、基本的に、
 各講座とも毎回ご参加ください。
◆申込みが定員を超える場合は抽選となります。なお余裕のある場合は、締切後も受付けますので、お問合せください。
◆返信は、締切後にお送りします。(先着順ではありません。)

定員

80人

受講料

1回500円

9月
26
2020
仙台文学館ゼミナール2020-井上ひさしの小説を読むー
9月 26 全日

主催

仙台文学館

内容

1934年生まれの井上ひさしは、その多くの作品で日本の「戦後」をテーマに据えています。本講座では、3つの小説作品を取り上げ、「戦後」に対して井上がどのような認識を持っていたかを、作品が書かれた当時の日本の社会的状況もふまえながら、お話したいと思います。

開催場所・日時

仙台文学館 (仙台市青葉区北根2-7-1)
2021年9月26日、10月10日、11月14日(各土曜日・全3回)
13:30~15:00

締切

2020年8月18日(火)必着

講師

成田 龍一 氏(歴史学者)

申込・問合せ先

仙台文学館(〒981-0902 仙台市青葉区北根2-7-1)
022-271-3020

申込方法

◆往復はがきに、住所、氏名、電話・ファックス番号(講座日変更などの連絡に必要)、
 希望する講座名を記入の上、仙台文学館にお送りください。はがき1枚につき、1人、1講座の申込みとします。
◆カリキュラムは、全回参加して1講座が終了するように組んでありますので、基本的に、
 各講座とも毎回ご参加ください。
◆申込みが定員を超える場合は抽選となります。なお余裕のある場合は、締切後も受付けますので、お問合せください。
◆返信は、締切後にお送りします。(先着順ではありません。)

定員

50人

受講料

1回500円

傾聴ボランティア公開講座  引きこもりへのアプローチⅡ~短期療法・家族療法の視点~
9月 26 全日

主催

NPO法人仙台傾聴の会

内容

2019年3月、内閣府は、「40~64歳の引きこもりが約61万人」と調査結果を発表、「8050問題」として、引きこもりの高齢化、長期化が社会問題になっています。昨年、好評を頂きましたので、「引きこもりへのアプローチⅡ」を開催します。更に詳しく内容をお伝えしていきます。家族・友達、そしてあなたの問題として、一緒に考えてみませんか?
お気軽に、お誘い合わせの上ご来場ください。

開催場所・日時

仙台市シルバーセンター 第1研修室(仙台市青葉区花京院1丁目3−3−2)
2020年9月26日(土)10:00~12:00

講師

若島 孔文氏(東北大学大学院 教授)

問合せ先

〒981-1232 名取市大手町5-6-1
名取市市民活動支援センター内
携帯:070-2025-8200
FAX:022-343-9705
E-mai:moriyama-e@tulip.sannet.ne.jp

参加費

500円(資料代)

復興大学県民講座 復興の生活構築学:復興キュレーション -ミュージアム思考からの復興まちづくり-(オンライン講座)
9月 26 全日

主催

学都仙台コンソーシアム復興大学部会

開催場所・日時

オンライン開講(Web会議システムZoomを使用)
2020年9月26日(土)13:30~14:30

講師

加藤 幸治 氏(武蔵野美術大学)

申込・問合先

東北工業大学 地域連携センター(復興大学事務局)
〒982-8577 仙台市太白区八木山香澄町35番1号(東北工業大学八木山キャンパス1号館)
TEL:022-305-3818 FAX:022-305-3808 E-mail:fukkoudaigaku[atmark]tohtech.ac.jp
http://www.fukkou-daigaku.gakuto-sendai.jp/

申込方法

・メール/FAXでのお申し込み
必要事項:氏名(フリガナ)、所属(学生・一般、学生の場合は大学・学部・学科・学年)、連絡先(E-mail、TEL/携帯)、住所]を明記して、
上記のE-mailかFAXにて送信してください。

・WEBサイトでのお申し込み
http://www.fukkou-daigaku.gakuto-sendai.jp/jinzai/form/
※応募フォームは、Googleフォームとなります。アクセスできない方がいらっしゃいましたら、お手数ですがメールにてお申込み下さい。

申込締切

講座日週の木曜日 昼12:00締切

受講料

無料

復興大学県民講座 復興の経済学:どこまで進んでいるの? 津波被災地の農業・農村復興(オンライン講座)
9月 26 全日

主催

学都仙台コンソーシアム復興大学部会

開催場所・日時

オンライン開講(Web会議システムZoomを使用)
2020年9月26日(土)14:45~15:45

講師

伊藤 房雄 氏(東北大学)

申込・問合先

東北工業大学 地域連携センター(復興大学事務局)
〒982-8577 仙台市太白区八木山香澄町35番1号(東北工業大学八木山キャンパス1号館)
TEL:022-305-3818 FAX:022-305-3808 E-mail:fukkoudaigaku[atmark]tohtech.ac.jp
http://www.fukkou-daigaku.gakuto-sendai.jp/

申込方法

・メール/FAXでのお申し込み
必要事項:氏名(フリガナ)、所属(学生・一般、学生の場合は大学・学部・学科・学年)、連絡先(E-mail、TEL/携帯)、住所]を明記して、
上記のE-mailかFAXにて送信してください。

・WEBサイトでのお申し込み
http://www.fukkou-daigaku.gakuto-sendai.jp/jinzai/form/
※応募フォームは、Googleフォームとなります。アクセスできない方がいらっしゃいましたら、お手数ですがメールにてお申込み下さい。

申込締切

講座日週の木曜日 昼12:00締切

受講料

無料

復興大学県民講座 復興の経済学:東日本大震災後の宮城県内都市の経済活動 -域内生産とエネルギーを中心にー(オンライン講座)
9月 26 全日

主催

学都仙台コンソーシアム復興大学部会

開催場所・日時

オンライン開講(Web会議システムZoomを使用)
2020年9月26日(土)16:00~17:00

講師

小祝 慶紀 氏(東北工業大学)

申込・問合先

東北工業大学 地域連携センター(復興大学事務局)
〒982-8577 仙台市太白区八木山香澄町35番1号(東北工業大学八木山キャンパス1号館)
TEL:022-305-3818 FAX:022-305-3808 E-mail:fukkoudaigaku[atmark]tohtech.ac.jp
http://www.fukkou-daigaku.gakuto-sendai.jp/

申込方法

・メール/FAXでのお申し込み
必要事項:氏名(フリガナ)、所属(学生・一般、学生の場合は大学・学部・学科・学年)、連絡先(E-mail、TEL/携帯)、住所]を明記して、
上記のE-mailかFAXにて送信してください。

・WEBサイトでのお申し込み
http://www.fukkou-daigaku.gakuto-sendai.jp/jinzai/form/
※応募フォームは、Googleフォームとなります。アクセスできない方がいらっしゃいましたら、お手数ですがメールにてお申込み下さい。

申込締切

講座日週の木曜日 昼12:00締切

受講料

無料

9月
27
2020
仙台文学館ゼミナール2020-『万葉集』を味わうー
9月 27 全日

主催

仙台文学館

内容

この講座では『万葉集』の旅の歌を取り上げます。旅の歌は「羈旅歌」とも称され、三大部立のうち「雑歌」に分類されることの多いものです。異郷の地で、古代の旅人が味わった苦難や、強い望郷の思い、また旅先で目にした風物への感慨などが真直な言葉で歌われています。古代の歴史や風土を踏まえながら読んでいきます。

開催場所・日時

仙台文学館 (仙台市青葉区北根2-7-1)
2020年8月30日、9月6日、9月13日、9月20日、9月27日(各日曜日・全5回)
10:30~12:00

締切

2020年7月28日(火)必着

講師

津田 大樹 氏(一関工業高等専門学校総合科学人文社会領域 教授)

申込・問合せ先

仙台文学館(〒981-0902 仙台市青葉区北根2-7-1)
022-271-3020

申込方法

◆往復はがきに、住所、氏名、電話・ファックス番号(講座日変更などの連絡に必要)、
 希望する講座名を記入の上、仙台文学館にお送りください。はがき1枚につき、1人、1講座の申込みとします。
◆カリキュラムは、全回参加して1講座が終了するように組んでありますので、基本的に、
 各講座とも毎回ご参加ください。
◆申込みが定員を超える場合は抽選となります。なお余裕のある場合は、締切後も受付けますので、お問合せください。
◆返信は、締切後にお送りします。(先着順ではありません。)

定員

80人

受講料

1回500円

10月
3
2020
小池光短歌講座2020 第125回
10月 3 全日

主催

仙台文学館

内容

歌人・小池光が、三十一文字に込められたことばの魅力について解説します。参加者の方には、毎回事前に課題作品を一首提出していただき、それらの作品をもとに講評を行ないます。

毎回の課題は、抽選後参加の決まった方に返信はがきでお知らせします。

開催場所・日時

仙台文学館 (仙台市青葉区北根2-7-1)
2020年10月3日(土)13:30~15:40(10分間の休憩をはさみます)

講師

小池 光氏(歌人) 

申込・問合せ先

仙台文学館(仙台市青葉区北根2-7-1)
022-271-3020

申込方法

往復はがきに【住所】【 氏名(ふりがな)】【 電話番号】【講座名「小池光短歌講座 第○回○月」】を明記の上、仙台文学館へ。申込み多数の場合は抽選になります。
9月10日(木)必着。
※連続講座ではありません。希望する回ごとに、毎回お申込みください。
※お寄せいただいた個人情報は、上記イベントのご連絡以外には使用いたしません。

定員

90人

受講料

1回1,000円

10月
8
2020
2020年度宮城大学公開講座第6回:生活習慣病について知っておくとよいこと
10月 8 全日

主催

宮城大学

内容

 若いうちならどんなに不摂生していても大丈夫でしょうか?しかし、偏った食事や運動不足・飲酒・喫煙・ストレス過多などの生活習慣を続けていると、実は自分でも気がつかない間に体がむしばまれていってしまうのです。本講義では、生活習慣病に至るメカニズムとともに、それらを放っておいてはいけない理由、さらには、どうしたら予防できるかについても勉強していきます。

開催場所・日時

宮城大学サテライトキャンパス SS30 2階(宮城県仙台市青葉区中央4丁目6-1)
2020年10月8日(木)13:30~15:00

講師

風間 逸郎 氏(宮城大学看護学群 教授)
東北大学医学部卒。総合内科専門医・腎臓専門医。博士号取得後に米国ハーバード大学に留学し、主に基礎医学系の研究に従事。帰国後は母校の東北大学に所属し、病態生理学を専攻。あくまで“患者さんあっての医学”にこだわり続け、これまでも臨床に直結した基礎医学研究および学生教育を行ってきた。東北大学大学院医学系研究科准教授を経て2018年より現職。一般病院での内科診療も続けている。

講座内容のお問合せ先

宮城大学地域連携センター
Tel:022-377-8319 E-mail:renkei-kouza[atmark]myu.ac.jp
https://www.myu.ac.jp/site/renkei/

お申込み先

Fax:022-716-6693 E-mail:renkei-kouza[atmark]myu.ac.jp

申込方法

受講する講座名,氏名,住所,電話番号,職業,年齢(○歳代)を記入の上,送信してください。
申込み後のキャンセルのご連絡は,上記申込先またはTel:022-716-6692にお願いします。
(電話での申込みは受け付けておりません。)
申込み〆切:開催日の3日前までとし,各回とも定員になり次第,締め切らせていただきます。

受講料

無料

10月
9
2020
仙台文学館ゼミナール2020-『源氏物語』を読むー
10月 9 全日

主催

仙台文学館

内容

紫式部の『源氏物語』は今日、世界文学となって多くの読者に親しまれています。時空を超えて現代の私たちに深い共感と感銘をもたらす『源氏物語』の魅力とは何でしょうか。本講座では、光源氏の須磨からの帰還と明石母娘の上京の物語を主軸に、藤壺、紫の上、六条御息所、前斎宮といった女性たちにも光を当てながら、光源氏の栄華の物語を読み進めていきます。

開催場所・日時

仙台文学館 (仙台市青葉区北根2-7-1)
2020年9月18日、9月25日、10月9日、10月30日、11月27日(各金曜日・全5回)
10:30~12:00

締切

2020年8月12日(水)必着

講師

横溝 博 氏(東北大学大学院文学研究科教授)

申込・問合せ先

仙台文学館(〒981-0902 仙台市青葉区北根2-7-1)
022-271-3020

申込方法

◆往復はがきに、住所、氏名、電話・ファックス番号(講座日変更などの連絡に必要)、
 希望する講座名を記入の上、仙台文学館にお送りください。はがき1枚につき、1人、1講座の申込みとします。
◆カリキュラムは、全回参加して1講座が終了するように組んでありますので、基本的に、
 各講座とも毎回ご参加ください。
◆申込みが定員を超える場合は抽選となります。なお余裕のある場合は、締切後も受付けますので、お問合せください。
◆返信は、締切後にお送りします。(先着順ではありません。)

定員

80人

受講料

1回500円

10月
10
2020
仙台文学館ゼミナール2020-井上ひさしの小説を読むー
10月 10 全日

主催

仙台文学館

内容

1934年生まれの井上ひさしは、その多くの作品で日本の「戦後」をテーマに据えています。本講座では、3つの小説作品を取り上げ、「戦後」に対して井上がどのような認識を持っていたかを、作品が書かれた当時の日本の社会的状況もふまえながら、お話したいと思います。

開催場所・日時

仙台文学館 (仙台市青葉区北根2-7-1)
2021年9月26日、10月10日、11月14日(各土曜日・全3回)
13:30~15:00

締切

2020年8月18日(火)必着

講師

成田 龍一 氏(歴史学者)

申込・問合せ先

仙台文学館(〒981-0902 仙台市青葉区北根2-7-1)
022-271-3020

申込方法

◆往復はがきに、住所、氏名、電話・ファックス番号(講座日変更などの連絡に必要)、
 希望する講座名を記入の上、仙台文学館にお送りください。はがき1枚につき、1人、1講座の申込みとします。
◆カリキュラムは、全回参加して1講座が終了するように組んでありますので、基本的に、
 各講座とも毎回ご参加ください。
◆申込みが定員を超える場合は抽選となります。なお余裕のある場合は、締切後も受付けますので、お問合せください。
◆返信は、締切後にお送りします。(先着順ではありません。)

定員

50人

受講料

1回500円

10月
11
2020
仙台文学館ゼミナール2020ー太宰治『津軽』を読むー
10月 11 全日

主催

仙台文学館

内容

戦況の悪化が誰の目にも明らかだった昭和19年に刊行された太宰治『津軽』を取り上げます。東京からきた旅人、貧乏文士、津軽人など自在に立場をかえながら語られる数々の出会いと津軽の今昔。そこにうかび上がる希望と仕掛けられた笑いを皆さんと味わい、楽しみたいと思います。

開催場所・日時

仙台文学館 (仙台市青葉区北根2-7-1)
2020年10月11日、10月25日、11月1日、11月18日(各日曜日・全4回)
10:30~12:00

締切

2020年9月10日(木)必着

講師

高橋 秀太郎 氏(東北工業大学 准教授)

申込・問合せ先

仙台文学館(〒981-0902 仙台市青葉区北根2-7-1)
022-271-3020

申込方法

◆往復はがきに、住所、氏名、電話・ファックス番号(講座日変更などの連絡に必要)、
 希望する講座名を記入の上、仙台文学館にお送りください。はがき1枚につき、1人、1講座の申込みとします。
◆カリキュラムは、全回参加して1講座が終了するように組んでありますので、基本的に、
 各講座とも毎回ご参加ください。
◆申込みが定員を超える場合は抽選となります。なお余裕のある場合は、締切後も受付けますので、お問合せください。
◆返信は、締切後にお送りします。(先着順ではありません。)

定員

80人

受講料

1回500円

10月
17
2020
2020年度ジェンダー論講座 公開講座「気候変動・エネルギー問題とジェンダー」
10月 17 全日

主催

公益財団法人せんだい男女共同参画財団

内容

災害時に拡大する、格差や不平等。コロナ禍においても、ジェンダーに起因するあらゆる困難や課題が生じています。様々な角度から「ジェンダー視点」を養うことで、社会課題を解決する糸口を探ります。

★公開講座「気候変動・エネルギー問題とジェンダー」

開催場所・日時

エル・パーク仙台 セミナーホール(141 ビル(仙台三越定禅寺通り館)5F)
2020年10月17日(土)13:30~15:30

講師

長谷川 公一氏(尚絅学院大学大学院特任教授、東北大学名誉教授)

申込・問合せ先

エル・パーク仙台 管理事業課
電話番号:022-268-8300 ファックス:022-268-8304

申込方法

イベント申込フォームからお申し込みください。(先着順・定員になり次第締切)

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSc4j-Lt4ay8kN1pxLqUs8DplE_SEfP4pkCIkkuDbonb0j0S2g/viewform

定員

20名

受講料

1,000 円(学生 500 円)

10月
24
2020
仙台文学館ゼミナール2020ー川柳実作講座ー
10月 24 全日

主催

仙台文学館

内容

江戸文化の爛熟期、江戸に生まれた五七五の文芸川柳は、いまや現代人の癒しの文芸として、多くの老若男女に親しまれています。今年の講座は、高名川柳作家(濱夢助・鶴彬・時実新子・川上三太郎etc)の作品などを紹介して、その作風から17音字の基礎を学びたいと思います。川柳の発生から現代川柳までを探り、川柳の世界を楽しみましょう。

開催場所・日時

仙台文学館 (仙台市青葉区北根2-7-1)
2020年9月12日、10月24日、11月21日、12月12日(各土曜日・全4回)
13:30~15:00

締切

2020年8月12日(水)必着

講師

雫石 隆子 氏(「川柳宮城野」主幹)

申込・問合せ先

仙台文学館(〒981-0902 仙台市青葉区北根2-7-1)
022-271-3020

申込方法

◆往復はがきに、住所、氏名、電話・ファックス番号(講座日変更などの連絡に必要)、
 希望する講座名を記入の上、仙台文学館にお送りください。はがき1枚につき、1人、1講座の申込みとします。
◆カリキュラムは、全回参加して1講座が終了するように組んでありますので、基本的に、
 各講座とも毎回ご参加ください。
◆申込みが定員を超える場合は抽選となります。なお余裕のある場合は、締切後も受付けますので、お問合せください。
◆返信は、締切後にお送りします。(先着順ではありません。)

定員

30人

受講料

1回1,000円

10月
25
2020
仙台文学館ゼミナール2020ー太宰治『津軽』を読むー
10月 25 全日

主催

仙台文学館

内容

戦況の悪化が誰の目にも明らかだった昭和19年に刊行された太宰治『津軽』を取り上げます。東京からきた旅人、貧乏文士、津軽人など自在に立場をかえながら語られる数々の出会いと津軽の今昔。そこにうかび上がる希望と仕掛けられた笑いを皆さんと味わい、楽しみたいと思います。

開催場所・日時

仙台文学館 (仙台市青葉区北根2-7-1)
2020年10月11日、10月25日、11月1日、11月18日(各日曜日・全4回)
10:30~12:00

締切

2020年9月10日(木)必着

講師

高橋 秀太郎 氏(東北工業大学 准教授)

申込・問合せ先

仙台文学館(〒981-0902 仙台市青葉区北根2-7-1)
022-271-3020

申込方法

◆往復はがきに、住所、氏名、電話・ファックス番号(講座日変更などの連絡に必要)、
 希望する講座名を記入の上、仙台文学館にお送りください。はがき1枚につき、1人、1講座の申込みとします。
◆カリキュラムは、全回参加して1講座が終了するように組んでありますので、基本的に、
 各講座とも毎回ご参加ください。
◆申込みが定員を超える場合は抽選となります。なお余裕のある場合は、締切後も受付けますので、お問合せください。
◆返信は、締切後にお送りします。(先着順ではありません。)

定員

80人

受講料

1回500円

10月
28
2020
ブッダの世界 -原始仏典に学ぶ-(全3回)
10月 28 全日

主催

東北福祉大学

内容

今からおよそ2500年前のインド。ゴータマ・ブッダは仏教を開かれ、伝道の旅を続けました。80年の生涯を閉じるまで、その記録は今もなお、パーリ語やチベット語、漢訳などの原始仏典として現代に受け継がれています。このたびはその貴重なブッダの教えについて、現代法に訳されてきたテキストを用いて、わかりやすく読み解きます。きっと私達も人生を生きる知恵を学ぶことが出来るでしょう。

開催場所・日時

2020年10月28日(水)、11月25日(水)、12月23日(水)【全3回】
14:00~15:30

講師

千葉 公慈氏(東北福祉大学学長)

申込・問合せ先

東北福祉大学生涯学習支援室(〒983-8511 仙台市宮城野区榴岡2-5‐26) 
電話:022-766-8834
FAX : 022-766-8835
E-mail : life@tfu-mail.tfu.ac.jp

申込方法

申込書に必要事項をご記入の上、講座開催日の15日前までに、はがき、FAX、電子メールでお申込ください。定員に達した場合、お断りする場合があります。受講決定者には振込み方法についてお知らせします。

<申込書>
https://www.tfu.ac.jp/llc/s9n3gg000000t4hd-att/a1585642611791.pdf

定員

各200名

受講料

各500円(事前振込。手数料はご負担ください)

10月
30
2020
仙台文学館ゼミナール2020-『源氏物語』を読むー
10月 30 全日

主催

仙台文学館

内容

紫式部の『源氏物語』は今日、世界文学となって多くの読者に親しまれています。時空を超えて現代の私たちに深い共感と感銘をもたらす『源氏物語』の魅力とは何でしょうか。本講座では、光源氏の須磨からの帰還と明石母娘の上京の物語を主軸に、藤壺、紫の上、六条御息所、前斎宮といった女性たちにも光を当てながら、光源氏の栄華の物語を読み進めていきます。

開催場所・日時

仙台文学館 (仙台市青葉区北根2-7-1)
2020年9月18日、9月25日、10月9日、10月30日、11月27日(各金曜日・全5回)
10:30~12:00

締切

2020年8月12日(水)必着

講師

横溝 博 氏(東北大学大学院文学研究科教授)

申込・問合せ先

仙台文学館(〒981-0902 仙台市青葉区北根2-7-1)
022-271-3020

申込方法

◆往復はがきに、住所、氏名、電話・ファックス番号(講座日変更などの連絡に必要)、
 希望する講座名を記入の上、仙台文学館にお送りください。はがき1枚につき、1人、1講座の申込みとします。
◆カリキュラムは、全回参加して1講座が終了するように組んでありますので、基本的に、
 各講座とも毎回ご参加ください。
◆申込みが定員を超える場合は抽選となります。なお余裕のある場合は、締切後も受付けますので、お問合せください。
◆返信は、締切後にお送りします。(先着順ではありません。)

定員

80人

受講料

1回500円

11月
1
2020
仙台文学館ゼミナール2020ー太宰治『津軽』を読むー
11月 1 全日

主催

仙台文学館

内容

戦況の悪化が誰の目にも明らかだった昭和19年に刊行された太宰治『津軽』を取り上げます。東京からきた旅人、貧乏文士、津軽人など自在に立場をかえながら語られる数々の出会いと津軽の今昔。そこにうかび上がる希望と仕掛けられた笑いを皆さんと味わい、楽しみたいと思います。

開催場所・日時

仙台文学館 (仙台市青葉区北根2-7-1)
2020年10月11日、10月25日、11月1日、11月18日(各日曜日・全4回)
10:30~12:00

締切

2020年9月10日(木)必着

講師

高橋 秀太郎 氏(東北工業大学 准教授)

申込・問合せ先

仙台文学館(〒981-0902 仙台市青葉区北根2-7-1)
022-271-3020

申込方法

◆往復はがきに、住所、氏名、電話・ファックス番号(講座日変更などの連絡に必要)、
 希望する講座名を記入の上、仙台文学館にお送りください。はがき1枚につき、1人、1講座の申込みとします。
◆カリキュラムは、全回参加して1講座が終了するように組んでありますので、基本的に、
 各講座とも毎回ご参加ください。
◆申込みが定員を超える場合は抽選となります。なお余裕のある場合は、締切後も受付けますので、お問合せください。
◆返信は、締切後にお送りします。(先着順ではありません。)

定員

80人

受講料

1回500円

11月
7
2020
小池光短歌講座2020 第126回
11月 7 全日

主催

仙台文学館

内容

歌人・小池光が、三十一文字に込められたことばの魅力について解説します。参加者の方には、毎回事前に課題作品を一首提出していただき、それらの作品をもとに講評を行ないます。

毎回の課題は、抽選後参加の決まった方に返信はがきでお知らせします。

開催場所・日時

仙台文学館 (仙台市青葉区北根2-7-1)
2020年11月7日(土)13:30~15:40(10分間の休憩をはさみます)

講師

小池 光氏(歌人) 

申込・問合せ先

仙台文学館(仙台市青葉区北根2-7-1)
022-271-3020

申込方法

往復はがきに【住所】【 氏名(ふりがな)】【 電話番号】【講座名「小池光短歌講座 第○回○月」】を明記の上、仙台文学館へ。申込み多数の場合は抽選になります。
10月9日(金)必着。
※連続講座ではありません。希望する回ごとに、毎回お申込みください。
※お寄せいただいた個人情報は、上記イベントのご連絡以外には使用いたしません。

定員

90人

受講料

1回1,000円

11月
8
2020
仙台文学館ゼミナール2020ー太宰治『津軽』を読むー
11月 8 全日

主催

仙台文学館

内容

戦況の悪化が誰の目にも明らかだった昭和19年に刊行された太宰治『津軽』を取り上げます。東京からきた旅人、貧乏文士、津軽人など自在に立場をかえながら語られる数々の出会いと津軽の今昔。そこにうかび上がる希望と仕掛けられた笑いを皆さんと味わい、楽しみたいと思います。

開催場所・日時

仙台文学館 (仙台市青葉区北根2-7-1)
2020年10月11日、10月25日、11月1日、11月18日(各日曜日・全4回)
10:30~12:00

締切

2020年9月10日(木)必着

講師

高橋 秀太郎 氏(東北工業大学 准教授)

申込・問合せ先

仙台文学館(〒981-0902 仙台市青葉区北根2-7-1)
022-271-3020

申込方法

◆往復はがきに、住所、氏名、電話・ファックス番号(講座日変更などの連絡に必要)、
 希望する講座名を記入の上、仙台文学館にお送りください。はがき1枚につき、1人、1講座の申込みとします。
◆カリキュラムは、全回参加して1講座が終了するように組んでありますので、基本的に、
 各講座とも毎回ご参加ください。
◆申込みが定員を超える場合は抽選となります。なお余裕のある場合は、締切後も受付けますので、お問合せください。
◆返信は、締切後にお送りします。(先着順ではありません。)

定員

80人

受講料

1回500円

11月
14
2020
2020年度ジェンダー論講座 公開講座「『わがまま』と社会運動」
11月 14 全日

主催

公益財団法人せんだい男女共同参画財団

内容

災害時に拡大する、格差や不平等。コロナ禍においても、ジェンダーに起因するあらゆる困難や課題が生じています。様々な角度から「ジェンダー視点」を養うことで、社会課題を解決する糸口を探ります。

★公開講座「『わがまま』と社会運動」

開催場所・日時

エル・パーク仙台 セミナーホール(141 ビル(仙台三越定禅寺通り館)5F)
2020年11月14日(土)18:00~20:00

講師

富永 京子氏(立命館大学産業社会学部 准教授)

申込・問合せ先

エル・パーク仙台 管理事業課
電話番号:022-268-8300 ファックス:022-268-8304

申込方法

イベント申込フォームからお申し込みください。(先着順・定員になり次第締切)

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSc4j-Lt4ay8kN1pxLqUs8DplE_SEfP4pkCIkkuDbonb0j0S2g/viewform

定員

20名

受講料

1,000 円(学生 500 円)

仙台文学館ゼミナール2020-井上ひさしの小説を読むー
11月 14 全日

主催

仙台文学館

内容

1934年生まれの井上ひさしは、その多くの作品で日本の「戦後」をテーマに据えています。本講座では、3つの小説作品を取り上げ、「戦後」に対して井上がどのような認識を持っていたかを、作品が書かれた当時の日本の社会的状況もふまえながら、お話したいと思います。

開催場所・日時

仙台文学館 (仙台市青葉区北根2-7-1)
2021年9月26日、10月10日、11月14日(各土曜日・全3回)
13:30~15:00

締切

2020年8月18日(火)必着

講師

成田 龍一 氏(歴史学者)

申込・問合せ先

仙台文学館(〒981-0902 仙台市青葉区北根2-7-1)
022-271-3020

申込方法

◆往復はがきに、住所、氏名、電話・ファックス番号(講座日変更などの連絡に必要)、
 希望する講座名を記入の上、仙台文学館にお送りください。はがき1枚につき、1人、1講座の申込みとします。
◆カリキュラムは、全回参加して1講座が終了するように組んでありますので、基本的に、
 各講座とも毎回ご参加ください。
◆申込みが定員を超える場合は抽選となります。なお余裕のある場合は、締切後も受付けますので、お問合せください。
◆返信は、締切後にお送りします。(先着順ではありません。)

定員

50人

受講料

1回500円

11月
21
2020
仙台文学館ゼミナール2020ー川柳実作講座ー
11月 21 全日

主催

仙台文学館

内容

江戸文化の爛熟期、江戸に生まれた五七五の文芸川柳は、いまや現代人の癒しの文芸として、多くの老若男女に親しまれています。今年の講座は、高名川柳作家(濱夢助・鶴彬・時実新子・川上三太郎etc)の作品などを紹介して、その作風から17音字の基礎を学びたいと思います。川柳の発生から現代川柳までを探り、川柳の世界を楽しみましょう。

開催場所・日時

仙台文学館 (仙台市青葉区北根2-7-1)
2020年9月12日、10月24日、11月21日、12月12日(各土曜日・全4回)
13:30~15:00

締切

2020年8月12日(水)必着

講師

雫石 隆子 氏(「川柳宮城野」主幹)

申込・問合せ先

仙台文学館(〒981-0902 仙台市青葉区北根2-7-1)
022-271-3020

申込方法

◆往復はがきに、住所、氏名、電話・ファックス番号(講座日変更などの連絡に必要)、
 希望する講座名を記入の上、仙台文学館にお送りください。はがき1枚につき、1人、1講座の申込みとします。
◆カリキュラムは、全回参加して1講座が終了するように組んでありますので、基本的に、
 各講座とも毎回ご参加ください。
◆申込みが定員を超える場合は抽選となります。なお余裕のある場合は、締切後も受付けますので、お問合せください。
◆返信は、締切後にお送りします。(先着順ではありません。)

定員

30人

受講料

1回1,000円

11月
25
2020
ブッダの世界 -原始仏典に学ぶ-(全3回)
11月 25 全日

主催

東北福祉大学

内容

今からおよそ2500年前のインド。ゴータマ・ブッダは仏教を開かれ、伝道の旅を続けました。80年の生涯を閉じるまで、その記録は今もなお、パーリ語やチベット語、漢訳などの原始仏典として現代に受け継がれています。このたびはその貴重なブッダの教えについて、現代法に訳されてきたテキストを用いて、わかりやすく読み解きます。きっと私達も人生を生きる知恵を学ぶことが出来るでしょう。

開催場所・日時

2020年10月28日(水)、11月25日(水)、12月23日(水)【全3回】
14:00~15:30

講師

千葉 公慈氏(東北福祉大学学長)

申込・問合せ先

東北福祉大学生涯学習支援室(〒983-8511 仙台市宮城野区榴岡2-5‐26) 
電話:022-766-8834
FAX : 022-766-8835
E-mail : life@tfu-mail.tfu.ac.jp

申込方法

申込書に必要事項をご記入の上、講座開催日の15日前までに、はがき、FAX、電子メールでお申込ください。定員に達した場合、お断りする場合があります。受講決定者には振込み方法についてお知らせします。

<申込書>
https://www.tfu.ac.jp/llc/s9n3gg000000t4hd-att/a1585642611791.pdf

定員

各200名

受講料

各500円(事前振込。手数料はご負担ください)

11月
27
2020
仙台文学館ゼミナール2020-『源氏物語』を読むー
11月 27 全日

主催

仙台文学館

内容

紫式部の『源氏物語』は今日、世界文学となって多くの読者に親しまれています。時空を超えて現代の私たちに深い共感と感銘をもたらす『源氏物語』の魅力とは何でしょうか。本講座では、光源氏の須磨からの帰還と明石母娘の上京の物語を主軸に、藤壺、紫の上、六条御息所、前斎宮といった女性たちにも光を当てながら、光源氏の栄華の物語を読み進めていきます。

開催場所・日時

仙台文学館 (仙台市青葉区北根2-7-1)
2020年9月18日、9月25日、10月9日、10月30日、11月27日(各金曜日・全5回)
10:30~12:00

締切

2020年8月12日(水)必着

講師

横溝 博 氏(東北大学大学院文学研究科教授)

申込・問合せ先

仙台文学館(〒981-0902 仙台市青葉区北根2-7-1)
022-271-3020

申込方法

◆往復はがきに、住所、氏名、電話・ファックス番号(講座日変更などの連絡に必要)、
 希望する講座名を記入の上、仙台文学館にお送りください。はがき1枚につき、1人、1講座の申込みとします。
◆カリキュラムは、全回参加して1講座が終了するように組んでありますので、基本的に、
 各講座とも毎回ご参加ください。
◆申込みが定員を超える場合は抽選となります。なお余裕のある場合は、締切後も受付けますので、お問合せください。
◆返信は、締切後にお送りします。(先着順ではありません。)

定員

80人

受講料

1回500円

12月
5
2020
小池光短歌講座2020 第127回
12月 5 全日

主催

仙台文学館

内容

歌人・小池光が、三十一文字に込められたことばの魅力について解説します。参加者の方には、毎回事前に課題作品を一首提出していただき、それらの作品をもとに講評を行ないます。

毎回の課題は、抽選後参加の決まった方に返信はがきでお知らせします。

開催場所・日時

仙台文学館 (仙台市青葉区北根2-7-1)
2020年12月5日(土)13:30~15:40(10分間の休憩をはさみます)

講師

小池 光氏(歌人) 

申込・問合せ先

仙台文学館(仙台市青葉区北根2-7-1)
022-271-3020

申込方法

往復はがきに【住所】【 氏名(ふりがな)】【 電話番号】【講座名「小池光短歌講座 第○回○月」】を明記の上、仙台文学館へ。申込み多数の場合は抽選になります。
11月10日(火)必着。
※連続講座ではありません。希望する回ごとに、毎回お申込みください。
※お寄せいただいた個人情報は、上記イベントのご連絡以外には使用いたしません。

定員

90人

受講料

1回1,000円

12月
12
2020
2020年度ジェンダー論講座 公開講座「家族への公的介入」
12月 12 全日

主催

公益財団法人せんだい男女共同参画財団

内容

災害時に拡大する、格差や不平等。コロナ禍においても、ジェンダーに起因するあらゆる困難や課題が生じています。様々な角度から「ジェンダー視点」を養うことで、社会課題を解決する糸口を探ります。

★公開講座「家族への公的介入」

開催場所・日時

エル・パーク仙台 セミナーホール(141 ビル(仙台三越定禅寺通り館)5F)
2020年12月12日(土)13:30~15:30

講師

水野 紀子 氏(白鷗大学法学部教授、東北大学名誉教授、公益財団法人せんだい男女共同参画財団理事長)

申込・問合せ先

エル・パーク仙台 管理事業課
電話番号:022-268-8300 ファックス:022-268-8304

申込方法

イベント申込フォームからお申し込みください。(先着順・定員になり次第締切)

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSc4j-Lt4ay8kN1pxLqUs8DplE_SEfP4pkCIkkuDbonb0j0S2g/viewform

定員

20名

受講料

1,000 円(学生 500 円)

仙台文学館ゼミナール2020ー川柳実作講座ー
12月 12 全日

主催

仙台文学館

内容

江戸文化の爛熟期、江戸に生まれた五七五の文芸川柳は、いまや現代人の癒しの文芸として、多くの老若男女に親しまれています。今年の講座は、高名川柳作家(濱夢助・鶴彬・時実新子・川上三太郎etc)の作品などを紹介して、その作風から17音字の基礎を学びたいと思います。川柳の発生から現代川柳までを探り、川柳の世界を楽しみましょう。

開催場所・日時

仙台文学館 (仙台市青葉区北根2-7-1)
2020年9月12日、10月24日、11月21日、12月12日(各土曜日・全4回)
13:30~15:00

締切

2020年8月12日(水)必着

講師

雫石 隆子 氏(「川柳宮城野」主幹)

申込・問合せ先

仙台文学館(〒981-0902 仙台市青葉区北根2-7-1)
022-271-3020

申込方法

◆往復はがきに、住所、氏名、電話・ファックス番号(講座日変更などの連絡に必要)、
 希望する講座名を記入の上、仙台文学館にお送りください。はがき1枚につき、1人、1講座の申込みとします。
◆カリキュラムは、全回参加して1講座が終了するように組んでありますので、基本的に、
 各講座とも毎回ご参加ください。
◆申込みが定員を超える場合は抽選となります。なお余裕のある場合は、締切後も受付けますので、お問合せください。
◆返信は、締切後にお送りします。(先着順ではありません。)

定員

30人

受講料

1回1,000円

12月
23
2020
ブッダの世界 -原始仏典に学ぶ-(全3回)
12月 23 全日

主催

東北福祉大学

内容

今からおよそ2500年前のインド。ゴータマ・ブッダは仏教を開かれ、伝道の旅を続けました。80年の生涯を閉じるまで、その記録は今もなお、パーリ語やチベット語、漢訳などの原始仏典として現代に受け継がれています。このたびはその貴重なブッダの教えについて、現代法に訳されてきたテキストを用いて、わかりやすく読み解きます。きっと私達も人生を生きる知恵を学ぶことが出来るでしょう。

開催場所・日時

2020年10月28日(水)、11月25日(水)、12月23日(水)【全3回】
14:00~15:30

講師

千葉 公慈氏(東北福祉大学学長)

申込・問合せ先

東北福祉大学生涯学習支援室(〒983-8511 仙台市宮城野区榴岡2-5‐26) 
電話:022-766-8834
FAX : 022-766-8835
E-mail : life@tfu-mail.tfu.ac.jp

申込方法

申込書に必要事項をご記入の上、講座開催日の15日前までに、はがき、FAX、電子メールでお申込ください。定員に達した場合、お断りする場合があります。受講決定者には振込み方法についてお知らせします。

<申込書>
https://www.tfu.ac.jp/llc/s9n3gg000000t4hd-att/a1585642611791.pdf

定員

各200名

受講料

各500円(事前振込。手数料はご負担ください)

1月
9
2021
小池光短歌講座2020 第128回
1月 9 全日

主催

仙台文学館

内容

歌人・小池光が、三十一文字に込められたことばの魅力について解説します。参加者の方には、毎回事前に課題作品を一首提出していただき、それらの作品をもとに講評を行ないます。

毎回の課題は、抽選後参加の決まった方に返信はがきでお知らせします。

開催場所・日時

仙台文学館 (仙台市青葉区北根2-7-1)
2021年1月9日(土)13:30~15:40(10分間の休憩をはさみます)

講師

小池 光氏(歌人) 

申込・問合せ先

仙台文学館(仙台市青葉区北根2-7-1)
022-271-3020

申込方法

往復はがきに【住所】【 氏名(ふりがな)】【 電話番号】【講座名「小池光短歌講座 第○回○月」】を明記の上、仙台文学館へ。申込み多数の場合は抽選になります。
12月10日(木)必着。
※連続講座ではありません。希望する回ごとに、毎回お申込みください。
※お寄せいただいた個人情報は、上記イベントのご連絡以外には使用いたしません。

定員

90人

受講料

1回1,000円

1月
23
2021
2020年度ジェンダー論講座 公開講座「現代産業社会とジェンダー」
1月 23 全日

主催

公益財団法人せんだい男女共同参画財団

内容

災害時に拡大する、格差や不平等。コロナ禍においても、ジェンダーに起因するあらゆる困難や課題が生じています。様々な角度から「ジェンダー視点」を養うことで、社会課題を解決する糸口を探ります。

★公開講座「現代産業社会とジェンダー」

開催場所・日時

エル・パーク仙台 セミナーホール(141 ビル(仙台三越定禅寺通り館)5F)
2021年1月23日(土)13:30~15:30

講師

遠藤 恵子氏(東北学院大学名誉教授、公益財団法人せんだい男女共同参画財団アドバイザリー・フェロー)

申込・問合せ先

エル・パーク仙台 管理事業課
電話番号:022-268-8300 ファックス:022-268-8304

申込方法

イベント申込フォームからお申し込みください。(先着順・定員になり次第締切)

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSc4j-Lt4ay8kN1pxLqUs8DplE_SEfP4pkCIkkuDbonb0j0S2g/viewform

定員

20名

受講料

1,000 円(学生 500 円)

2月
6
2021
小池光短歌講座2020 第129回
2月 6 全日

主催

仙台文学館

内容

歌人・小池光が、三十一文字に込められたことばの魅力について解説します。参加者の方には、毎回事前に課題作品を一首提出していただき、それらの作品をもとに講評を行ないます。

毎回の課題は、抽選後参加の決まった方に返信はがきでお知らせします。

開催場所・日時

仙台文学館 (仙台市青葉区北根2-7-1)
2021年2月6日(土)13:30~15:40(10分間の休憩をはさみます)

講師

小池 光氏(歌人) 

申込・問合せ先

仙台文学館(仙台市青葉区北根2-7-1)
022-271-3020

申込方法

往復はがきに【住所】【 氏名(ふりがな)】【 電話番号】【講座名「小池光短歌講座 第○回○月」】を明記の上、仙台文学館へ。申込み多数の場合は抽選になります。
1月9日(土)必着。
※連続講座ではありません。希望する回ごとに、毎回お申込みください。
※お寄せいただいた個人情報は、上記イベントのご連絡以外には使用いたしません。

定員

90人

受講料

1回1,000円

2月
13
2021
2020年度ジェンダー論講座 公開講座「女性受刑者の困難とジェンダー」
2月 13 全日

主催

公益財団法人せんだい男女共同参画財団

内容

災害時に拡大する、格差や不平等。コロナ禍においても、ジェンダーに起因するあらゆる困難や課題が生じています。様々な角度から「ジェンダー視点」を養うことで、社会課題を解決する糸口を探ります。

★公開講座「女性受刑者の困難とジェンダー」

開催場所・日時

エル・パーク仙台 セミナーホール(141 ビル(仙台三越定禅寺通り館)5F)
2021年2月13日(土)13:30~15:30

講師

佐藤 理絵 氏(元東北地方更生保護委員会委員)

申込・問合せ先

エル・パーク仙台 管理事業課
電話番号:022-268-8300 ファックス:022-268-8304

申込方法

イベント申込フォームからお申し込みください。(先着順・定員になり次第締切)

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSc4j-Lt4ay8kN1pxLqUs8DplE_SEfP4pkCIkkuDbonb0j0S2g/viewform

定員

20名

受講料

1,000 円(学生 500 円)

3月
6
2021
小池光短歌講座2020 第130回
3月 6 全日

主催

仙台文学館

内容

歌人・小池光が、三十一文字に込められたことばの魅力について解説します。参加者の方には、毎回事前に課題作品を一首提出していただき、それらの作品をもとに講評を行ないます。

毎回の課題は、抽選後参加の決まった方に返信はがきでお知らせします。

開催場所・日時

仙台文学館 (仙台市青葉区北根2-7-1)
2021年3月6日(土)13:30~15:40(10分間の休憩をはさみます)

講師

小池 光氏(歌人) 

申込・問合せ先

仙台文学館(仙台市青葉区北根2-7-1)
022-271-3020

申込方法

往復はがきに【住所】【 氏名(ふりがな)】【 電話番号】【講座名「小池光短歌講座 第○回○月」】を明記の上、仙台文学館へ。申込み多数の場合は抽選になります。
2月9日(火)必着。
※連続講座ではありません。希望する回ごとに、毎回お申込みください。
※お寄せいただいた個人情報は、上記イベントのご連絡以外には使用いたしません。

定員

90人

受講料

1回1,000円