イベント

民俗芸能講座第3回「山形県の田植踊」

いつ: 2020年3月15日 全日

主催 東北歴史博物館 開催場所・日時 東北歴史博物館1階研修室(多賀城市高崎1-22-1) 2020年3月15日(日)13:30~15:00 内容  今年の民俗芸能講座は,当館学芸員が「東北地方の田植踊」というテーマで,様々な資料を用いながら紹介します。仙台近郊の田植踊とは異なる系統のものを中心に紹介いたします。かつては農村の風景として当たり前の存在であった田植踊。東北地方にも,様々な系統があるようです。どのようなお話を聞くことができるのでしょうか。皆様のお越しをお待ちしております。 講師 小谷 竜介 氏(東北歴史博物館学芸職員) 申込み・問合せ先 東北歴史博物館 電話:022-368-0106 FAX:022-368-0103  E-mail: thm-service[atmark]pref.miyagi.lg.jp 申込み方法  館内総合案内に直接お申し込みいただくか,情報サービス班までお電話かFAX,又はメールでお申し込みください。なお,12月2日(月)から1月4日(土)まではメンテナンス期間のため休館となります。休館中のお申し込みは,情報サービス班宛てのお電話かファクシミリまたは電子メールでのお申し込みをお願いします。  ファクシミリ・電子メールでお申し込みの場合は,下記事項をご記載願います。 1 教室名(民俗芸能講座 第 回)    2 氏名(フリガナ),3 年齢,4 住所,5 電話・FAX番号 なお,お申し込み時点で定員に達している場合は当館よりご連絡を差し上げます。 ※本講座を何でお知りになったのかご記入願います。 募集人数 60名

民俗芸能講座第2回「八戸地方のエンブリ」

いつ: 2020年2月9日 全日

主催 東北歴史博物館 開催場所・日時 東北歴史博物館1階研修室(多賀城市高崎1-22-1) 2020年2月9日(日)13:30~15:00 内容  今年の民俗芸能講座は,当館学芸員が「東北地方の田植踊」というテーマで,様々な資料を用いながら紹介します。仙台近郊の田植踊とは異なる系統のものを中心に紹介いたします。かつては農村の風景として当たり前の存在であった田植踊。東北地方にも,様々な系統があるようです。どのようなお話を聞くことができるのでしょうか。皆様のお越しをお待ちしております。 講師 小谷 竜介 氏(東北歴史博物館学芸職員) 申込み・問合せ先 東北歴史博物館 電話:022-368-0106 FAX:022-368-0103  E-mail: thm-service[atmark]pref.miyagi.lg.jp 申込み方法  館内総合案内に直接お申し込みいただくか,情報サービス班までお電話かFAX,又はメールでお申し込みください。なお,12月2日(月)から1月4日(土)まではメンテナンス期間のため休館となります。休館中のお申し込みは,情報サービス班宛てのお電話かファクシミリまたは電子メールでのお申し込みをお願いします。  ファクシミリ・電子メールでお申し込みの場合は,下記事項をご記載願います。 1 教室名(民俗芸能講座 第 回)    2 氏名(フリガナ),3 年齢,4 住所,5 電話・FAX番号 なお,お申し込み時点で定員に達している場合は当館よりご連絡を差し上げます。 ※本講座を何でお知りになったのかご記入願います。 募集人数 60名

れきはく講座第8回「小池曲江の新出資料について」

いつ: 2020年3月14日 全日

主催 東北歴史博物館 開催場所・日時 東北歴史博物館3階講堂(多賀城市高崎1-22-1) 2020年3月14日(土)13:00~15:00 内容 仙台四大画家の一人で,江戸時代後期の絵師,小池曲江の絵画について,新出の絵画資料を中心にお話しします。 講師 大久保 春野 氏(東北歴史博物館学芸職員) 問合せ先 東北歴史博物館 022-368-0106 定員 280名

れきはく講座第7回「貞観津波堆積層の構造と珪藻分析」

いつ: 2020年3月7日 全日

主催 東北歴史博物館 開催場所・日時 東北歴史博物館3階講堂(多賀城市高崎1-22-1) 2020年3月7日(土)13:00~15:00 内容  多賀城下の山王遺跡東西大路南側溝と山元町熊の作遺跡で検出された貞観津波(869年)堆積層固有の構造と珪藻分析について,遺跡(人)と津波の関係を中心に,最新成果を詳しくお話しします。 講師 相原 淳一 氏(東北歴史博物館学芸職員) 問合せ先 東北歴史博物館 022-368-0106 定員 280名

れきはく講座第6回「阿弖流為(アテルイ)と坂上田村麻呂」

いつ: 2020年2月29日 全日

主催 東北歴史博物館 開催場所・日時 東北歴史博物館3階講堂(多賀城市高崎1-22-1) 2020年2月29日(土)13:00~15:00 内容  古代の東北を舞台に躍動した2人の“英雄”,阿弖流為と田村麻呂。古代史学の観点から,2人の“英雄”について詳しくお話しします。 講師 相澤 秀太郎 氏(東北歴史博物館学芸職員) 問合せ先 東北歴史博物館 022-368-0106 定員 280名

れきはく講座第5回「まだまだあった!!東北の仏像と仏画」

いつ: 2020年2月22日 全日

主催 東北歴史博物館 開催場所・日時 東北歴史博物館3階講堂(多賀城市高崎1-22-1) 2020年2月22日(土)13:00~15:00 内容  東北地方各地域には平安時代以来,木彫りの仏像が多くまつられています。この講座では,当館の20年にわたる調査成果のなかから,近年,新たに知ることができた仏像などについて,鮮明な画像をふんだんに見ながら,その秘密に迫ってみたいと思います。 講師 政次 浩 氏(東北歴史博物館学芸職員) 問合せ先 東北歴史博物館 022-368-0106 定員 280名

れきはく講座第4回「なんでも聞いてやろう!~BCLブームと若者の時代~」

いつ: 2020年2月8日 全日

主催 東北歴史博物館 開催場所・日時 東北歴史博物館3階講堂(多賀城市高崎1-22-1) 2020年2月8日(土)13:00~15:00 内容  当館所蔵のトランジスタラジオ・コレクションを通じて,1970年から1980年代初めにかけて,日本の若者を中心に巻き起こった,海外の短波放送を聴取する「BCLブーム」を中心に,当時の若者文化について,お話しします。 講師 渡邊 直樹 氏 (東北歴史博物館学芸職員) 問合せ先 東北歴史博物館 022-368-0106 定員 280名

れきはく講座第3回「建築を伝えるわざ」

いつ: 2020年2月1日 全日

主催 東北歴史博物館 開催場所・日時 東北歴史博物館3階講堂(多賀城市高崎1-22-1) 2020年2月1日(土)13:00~15:00 内容  近世以前の日本において,建築の意匠や構造といった情報はどのように伝わったのでしょうか。本講座では,図面や模型といった建築を表象した資料を紹介しながら,日本建築における情報の伝わり方や,建築を伝えるわざについて考えます。 講師 西松 秀記 氏(東北歴史博物館学芸職員) 問合せ先 東北歴史博物館 022-368-0106 定員 280名

れきはく講座第2回「文化財を真似(まね)る~文化財の複製・レプリカの技術について~」

いつ: 2020年1月25日 全日

主催 東北歴史博物館 開催場所・日時 東北歴史博物館3階講堂(多賀城市高崎1-22-1) 2020年1月25日(土)13:00~15:00 内容  博物館でも活躍する文化財のレプリカには,レプリカだからこその様々な技術とおもしろさがつまっています。文化財の複製技術についてご紹介しながら,レプリカの魅力について探ります。 講師 芳賀 文絵 氏(東北歴史博物館学芸職員) 問合せ先 東北歴史博物館 022-368-0106 定員 280名

れきはく講座第1回「多賀城碑の里程と国号の謎に挑む」

いつ: 2020年1月18日 全日

主催 東北歴史博物館 開催場所・日時 東北歴史博物館3階講堂(多賀城市高崎1-22-1) 2020年1月18日(土)13:00~15:00 内容 多賀城碑の里程や国号の謎に挑みます。里程は実態で,順番は東・南・西・北の順で,東夷の蝦夷国,北狄の靺鞨国を対置させ,日本型華夷思想を示すことを明らかにしました。 講師 柳澤 和明 氏(東北歴史博物館学芸職員) 問合せ先 東北歴史博物館 022-368-0106 定員 280名

第33回耳の日のイベント 講演「耳鳴りって治るの?」

いつ: 2020年3月1日 全日

※新型コロナウイルス感染拡大予防のために「中止」となりました。 主催 日本耳鼻咽喉科学会宮城県地方部会・宮城県耳鼻咽喉科医会 開催場所・日時 仙台市急患センター・仙台市医師会館2階ホール 2020年3月1日(日)10:00~12:00 内容 講演会 10:00~11:00  「耳鳴りって治るの?」 大和耳鼻咽喉科医院 髙梨 芳崇 先生  「がんの基礎から最近のがん治療まで。頭頸部癌を中心に」   宮城県立がんセンター 頭頸部外科 浅田 行紀 先生 ※講演中、演者が話す内容は同時に字幕でも表示します(要約筆記) 質疑応答 11:00~11:30 相談コーナー 11:30~12;00 ※無料医療相談には人数制限がございます。 問合せ先 日本耳鼻咽喉科学会宮城県地方部会・宮城県耳鼻咽喉科医会 022-717-7304

縄文講座第3回「最新技術が解き明かす縄文漆工の技」

いつ: 2020年2月16日 全日

主催 仙台市縄文の森広場 開催場所・日時 仙台市縄文の森広場(仙台市太白区山田上ノ台町 10-1) 2020年2月16日(土)13:30~15:00 内容 縄文時代研究の最前線で活躍する講師が、最新の調査成果をわかりやすく、おもしろく! 講師 片岡 太郎 氏 (弘前大学人文社会科学部専任講師) 申込・問合せ先 仙台市縄文の森広場 022-307-5665 定員 80名

縄文講座第2回「柵に囲まれた縄文集落を掘る-秋田市上新城中学校遺跡」

いつ: 2020年1月19日 全日

主催 仙台市縄文の森広場 開催場所・日時 仙台市縄文の森広場(仙台市太白区山田上ノ台町 10-1) 2020年1月19日(土)13:30~15:00 内容 縄文時代研究の最前線で活躍する講師が、最新の調査成果をわかりやすく、おもしろく! 講師 根岸 洋 氏 (国際教養大学准教授) 申込・問合せ先 仙台市縄文の森広場 022-307-5665 定員 80名

小企画展「ケミカルパズル&ケミカルすごろく~化学物質と上手につきあおう!~」

いつ: 2020年1月25日 – 2020年3月22日 全日

主催 スリーエム仙台市科学館 開催場所・日時 スリーエム仙台市科学館3階生活系展示室(仙台市青葉区台原森林公園4-1) 2020年1月25日(土)~2020年3月22日(日) 9:00~16:45(入館は16:00まで) 内容 身近な化学物質について,パズルやすごろくを使って,遊びながら楽しく学びます。 問合せ先 スリーエム仙台市科学館 022-276-2201 料金 有料 入館料 一般 550円 高校生 320円 中学生・小学生 210円

ろうさい医イはなし「認知症」

いつ: 2020年2月12日 全日

主催 東北労災病院地域医療連携室 開催場所・日時 東北労災病院1階 待合ホール 2020年2月12日(水) 13:30~14:15 講師 柏原茂樹氏(東北労災病院 脳神経外科・脳卒中科部長) 問合先 東北労災地域医療連携室 ℡022-275-1467 https://www.tohokuh.johas.go.jp/ 料金 無料

放送大学宮城学習センター公開講演会「『日本的』人事管理とサラリーマンの誕生」

いつ: 2020年2月8日 全日

主催 放送大学宮城学習センター 開催場所・時間 放送大学宮城学習センター 2020年2月8日(土) 14:00~15:40 講師 菅山真次 氏(東北学院大学経営学部教授) 内容 和製英語である「サラリーマン」という言葉が作られたのは昭和初期のころ。 背後には、日本の会社の人事管理システムが国際相場とは異なる、ユニークな発展をとげていったという事実があった。この講演では、日立製作所の事例を取り上げて、創業から日中戦争勃発に至るまでの人事戦略の生成・発展をたどり、「日本的」雇用慣行がどのようにして生まれたのか、誕生の謎に迫る。 申込み・問合せ先 放送大学宮城学習センター 〒980-8577 仙台市青葉区片平2-1-1 東北大学片平キャンパス内 TEL:022-224-0651 Eメール:miyagi-sc[atmark]ouj.ac.jp https://www.sc.ouj.ac.jp/center/miyagi/about/open.html 申込方法 電話、Eメールにてお申し込みください。 定員 50名(事前申込制) 受講料 無料

開館40周年記念特別展「堤焼と堤人形」関連企画 座談会「堤人形の魅力、その美しさ」

いつ: 2020年2月8日 全日

主催 仙台市歴史民俗資料館 開催場所・日時 仙台市歴史民俗資料館 2020年2月8日(土) 13:30~15:00 内容   講師の髙橋俊秋氏(仙臺庫主宰)と、堤人形の魅力と美しさについての座談会 を行います。 講師 髙橋俊秋氏(仙臺庫主宰) 問合せ先 仙台市歴史民俗資料館 〒983-0842 仙台市宮城野区五輪一丁目3-7(榴岡公園内) TEL:022-295-3956 FAX:022-257-6401 入館料 一般・大学生:240円 高校生:180円 小・中学生:120円 申込み方法 事前申込不要。直接資料館へ。ただし入館料がかかります。

開館40周年記念特別展「堤焼と堤人形」

いつ: 2019年11月23日 – 2020年4月12日 全日

主催 仙台市歴史民俗資料館 開催場所・日時 仙台市歴史民俗資料館 2019年11月23日(土・祝)~2020年4月12日(日) 9:00~16:45(入館は16:15まで) 内容 300年以上の歴史を持つ堤焼と伝統工芸品として親しまれてきた堤人形について館蔵資料を中心に、生活の道具あるいは愛玩具として人々のくらしに深くかかわっていた様子をご紹介します。  また、堤焼職人の関 善内(せき ぜんない)が残した堤人形の下絵や堤焼の製造工程などの絵画資料もあわせて展示し、仙台郊外で作られていた堤焼と堤人形の変遷をご紹介します。 問合せ先 仙台市歴史民俗資料館 〒983-0842 仙台市宮城野区五輪一丁目3-7(榴岡公園内) TEL:022-295-3956 FAX:022-257-6401 入館料 一般・大学生:240円 高校生:180円 小・中学生:120円

2019年度グリーフケアの公開講座 8人の専門家・実践家からグリーフケアを学ぶ 「ケアする人のケア」

いつ: 2020年3月7日 全日

主催 NPO法人グリーフケア研究会、佐藤利憲研究室(福島県立医科大学看護学部) 開催場所・日時 調整中 2020年3月7日(土) 10:00~12:00 内容 8人の専門家・実践家から『グリーフケア』について学びます。 興味のある方はどなたでも受講することができます。 講師 瀬藤 乃理子氏(福島県立医科大学 災害こころの医学講座 准教授) 申込・問合先 NPO法人グリーフケア研究会事務局 Tel: 070-5548-2186 E-mail: griefoffice[atmark]gmail.com 申込方法 NPO法人グリーフケア研究会事務局へ 電話またはメールにて申込み 定員 調整中 料金 一般:3,000円  会員:1,000円