イベント情報

旬の常設展2020秋・冬 特集展示「福島美術館の優品」

  • LINEで送る

主催

仙台市博物館

内容

仙台市若林区土樋(つちとい)にあった福島美術館(社会福祉法人共生福祉会運営)は、仙台で活躍した実業家・福島家が三代にわたり集めた約3,000点の美術工芸品を収蔵していました。その内容は、伊達家ゆかりの文化財をはじめ、仙台四大(しだい)画家による絵画、さらに福島家が支援した近代の画家・書家の作品や、茶道具・香道具といった工芸品など多岐にわたります。「街の小さな美術館」の愛称で親しまれてきた同館は平成30年に活動を休止し、文化財の多くが当館に寄託されました。
この特集展示では、福島美術館の資料の中から選りすぐりの優品を紹介します。
「伊達家ゆかりの品々」「仙台藩ゆかりの絵画」「工芸の優品」「福島家と近代の画家・書家」「福島美術館新春吉例「めでた掛け」」

開催場所・日時

仙台市博物館 特集展示室、コレクション2、総合展示室(近代都市仙台コーナー)
2020年12月1日(火)~2021年1月31日(日)
9:00~16:45(入館は16:15まで)
休館日:1/11を除く毎週月曜日、年末年始(12/28~1/4)、1/12

問合せ先

仙台市博物館
〒980-0862 仙台市青葉区川内26番地<仙台城三の丸跡>
TEL:022-225-3074(情報資料センター) FAX:022-225-2558
https://www.city.sendai.jp/museum/
ツイッター @sendai_shihaku

観覧料(常設展)

一般・大学生 460円(団体 360円)
高校生 230円(団体 180円)
小・中学生 110円(団体 90円)

※ メールアドレスは、スパムメール防止のため、「@」を「[atmark]」と表示しています。

  • LINEで送る