イベント情報

川内キャンパスのむかしむかしⅠ ~仙台城跡二の丸~

  • LINEで送る

主催

東北大学埋蔵文化財調査室

開催場所・日時

東北大学史料館(月~金曜開館。土・日・祝は閉館)
2018年1月15日(月)~2月9日(金) 10:00~17:00

内容

「 川内キャンパスは、江戸時代には南側が仙台城跡二の丸、北側が武家屋敷として使用されてきました。そして、この土地は明治時代になると陸軍第二師団が駐屯し、終戦後には米軍が進駐した後に、大学のキャンパスとなりました。
 また、江戸時代以前の痕跡はあまり多くはないのですが、縄文土器や弥生土器、石器、古代の瓦片等の古い時代の遺物も確認されています。中世には、川内キャンパス周辺一帯を含めた土地が、霊場「青葉山」として板碑が建立され、寺院などが建設された可能性が高いものと考えられています。これらのことから、川内キャンパスが位置する場所は、先史時代から継続して使用されてきたことがわかります。
 今回の展示では、川内南キャンパスに焦点を当て、建物が建設される際等に行われる埋蔵文化財の発掘調査の概要を紹介することにより、このような歴史的環境の一端を紹介します。初めて公開される資料も多数ありますので、この機会にご覧いただければと思います。」

問合せ先

東北大学埋蔵文化財調査室
電話:022-217-4995
Fax:022-217-5103
http://web.tohoku.ac.jp/maibun/

受講料

無料

※ メールアドレスは、スパムメール防止のため、「@」を「[atmark]」と表示しています。

  • LINEで送る