イベント情報

宮城大学公開講座第2回:未来の食を考える上でのフレーム~新しい食のテクノロジーとどう向き合っていけばいいのか?~

  • LINEで送る

主催

宮城大学

開催場所・時間

宮城大学サテライトキャンパス SS30 2階 (宮城県仙台市青葉区中央4丁目6-1)
2019年5月18日(土)10:00~11:30

内容

SFの物語の世界で見た「未来の食」は,もう目の前に迫ってきています。たとえば,食糧問題を解決するための代替食の一つとして,細胞を培養して食肉とする「人工培養肉」は,もはや現実のものになっています。また,調理の世界では,調理機器と情報通信技術が融合し,知能化されたキッチンの「スマート化」や「ロボット化」も進んでいます。
本講座では,新しい食を考える上での三つの考え方(フレーム)をご紹介します。

講師

石川 伸一 氏(宮城大学食産業学群教授)
1998年,東北大学大学院農学研究科博士課程前期修了。日本学術振興会特別研究員,北里大学助手・講師,カナダゲルフ大学客員研究員,宮城大学准教授を経て,現職。博士(農学)。専門分野は分子調理学。著書に『料理と科学のおいしい出会い』(化学同人),『必ず来る! 大震災を生き抜くための食事学』(主婦の友社),「もしもに備える食(清流出版)」,共訳書に「The Kitchen as Laboratory 新しい「料理と科学」の世界」などがある。

講座内容のお問合せ先

宮城大学地域連携センター
Tel:022-377-8319 E-mail:renkei-kouza[atmark]myu.ac.jp

お申込み先

Fax:022-716-6693 E-mail:renkei-kouza[atmark]myu.ac.jp

申込み方法

受講する講座名,氏名,住所,電話番号,職業,年齢(○歳代)を記入の上,送信してください。
申込み後のキャンセルのご連絡は,上記申込先またはTel:022-716-6692にお願いします。
(電話での申込みは受け付けておりません。)
申込み〆切:開催日の3日前までとし,各回とも定員になり次第,締め切らせていただきます。

定員

30名(先着順)

受講料

無料

※ メールアドレスは、スパムメール防止のため、「@」を「[atmark]」と表示しています。

  • LINEで送る