イベント情報

公開シンポジウム「東日本大震災後の10年を見据えて」

  • LINEで送る

主催

日本学術会議第一部・東北地区会議・東北大学

開催場所・日時

東北大学川内南キャンパス 文科系総合講義棟2階 法学部第1講義室
2018年7月29日(日)13:00~16:45

主な内容

報告1(14:00~)
「ひとつの復興、いくつもの復興-社会学からのアジェンダ設定に向けて-」
 吉原直樹氏(日本学術会議連携会員、横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院教授)

報告2(14:30~)
「『ふるさとの歴史』を救う意味-心理社会的支援としての歴史資料保全の可能性-」
 佐藤大介氏(東北大学災害科学国際研究所准教授)

報告3(15:00~)
「復旧・復興のプロセスから見た今後の課題-現場の視点から」
 奥山美恵子氏(前仙台市長)

総合討論(15:45~)
 司会:佐藤嘉倫氏(日本学術会議第一部会員、東北大学大学院文学研究科副研究科長)
 討論者:吉原直樹氏、佐藤大介氏、奥山美恵子氏
     町村敬志氏(日本学術会議第一部幹事、一橋大学大学院社会学研究科教授)
     島田明夫氏(東北大学公共政策大学院・法学研究科・災害科学国際研究所教授)

問合せ先

東北大学研究推進部研究推進課 TEL:022-217-4840 E-mail:kenkyo[atmark]grp.tohoku.ac.jp

申込フォーム

http://www.bureau.tohoku.ac.jp/kenkyo/gakujyutsukaigi/form1.html

受講料

無料

※ メールアドレスは、スパムメール防止のため、「@」を「[atmark]」と表示しています。

  • LINEで送る