イベント情報

企画展「灯りのかたち」

  • LINEで送る

主催

仙台市歴史民俗資料館

開催場所・日時

仙台市歴史民俗資料館
2018年年4月28日(土)~7月1日(日) 9:00-16:45

内容

かつて電氣がなかった時代、人々は灯りを手に入れるために松の木や椿油・荏胡麻・菜種油などの植物油、魚油などを燃料とし、またそれらを燃やすための様々な道具を作り出しました。この企画展では、行灯やロウソク、提灯、ランプなどの資料を通じて、今日の電氣にいたる灯りの原料や灯火具の変遷、生活の移り変わりについて考えます。

関連行事
 (1)展示解説
    4月28日(土) 11:00~、14:00~
 (2)「行灯の灯りを見てみよう」
    5月12日(土)、5月26日(土)、6月16日(土)、6月30日(土)
    いずれも 11:00~、14:00~
 (3)講座「灯りとくらしの移り変わり」
    6月23日 13:30~15:00

問合先

仙台市歴史民俗資料館
〒983-0842 仙台市宮城野区五輪一丁目3-7(榴岡公園内)
TEL:022-295-3956 FAX:022-257-6401
http://www.sendai-c.ed.jp/~bunkazai/~rekimin/

料金

入館料 ()内は団体料金
一般・大学生:240円(190円)
高校生:180円(140円)
小・中学生:120円(90円)

※ メールアドレスは、スパムメール防止のため、「@」を「[atmark]」と表示しています。

  • LINEで送る