イベント情報

【Web開催】もしも君が杜の都で天文学者になったら(通称もし天2020)

  • LINEで送る

主催

東北大学

内容

実施期間中は皆さん新進気鋭の天文学者です。実習は、onlineで行います。まず4人1チームとなり、自分たちで解き明かしたい宇宙の謎(研究テーマ)を決めます。次にそれを解き明かすための観測計画を考え、観測計画書を書き、プロの天文学者の前でプレゼンします。無事にその審査に通れば、仙台市天文台が誇る1.3mひとみ望遠鏡で天文観測をします。実習生自身が立案した観測計画に沿って、onlineで繋がった実習生の指示に従って仙台市天文台の職員が遠鏡を操作して観測データを所得します。そして残りの期間で得られたデータを解析し、最終日には一般市民に公開したzoom会議で研究成果発表をします。期間中は、宇宙研究の最先端で活躍する研究者達からアドバイスや指導を受ける機会がタップリ用意されています。全国の個性豊かな宇宙好き高校生達と過ごす宇宙漬けの時間は、掛けがいのない財産になることと思います。

開催場所・日時

令和2年11月22日(日)~12月28日(月)の日曜祝日及び冬休み期間
※時間は開催日によって異なるため、下記[詳細]をご確認ください。

https://www.tohoku.ac.jp/japanese/2020/09/event20200910-01.html

※Zoom会議システムを利用したオンライン開催

講師

服部 誠氏(東北大学大学院理学研究科 准教授)

問合せ先

東北大学大学院理学研究科天文学専攻
服部 誠(はっとり まこと)
TEL 022-795-6509
FAX 022-795-6513
E-mail  hattori[atmark]astr.tohoku.ac.jp

申込方法

下記より

https://www.astr.tohoku.ac.jp/MosiTen/apply.html
※2020年10月23日(金)締切

対象・定員

高校生 12名
※当プログラムは定員を超えた場合は申込締切日後に「もし天2020」HPに記載された応募要領に沿って応募時に提出した作文の審査結果により選考を行います。選考結果は11月10日(火)までに郵便(またはメール)にて全員にご連絡します。

受講料

無料

※ メールアドレスは、スパムメール防止のため、「@」を「[atmark]」と表示しています。

  • LINEで送る