イベント

東北学院大学公開講座六軒丁学舎2024 第1回:栄養の世界に「ふれる」

いつ: 2024年6月15日 全日

テーマ 栄養の世界に「ふれる」 -栄養にまつわるそれホント?- 主催 東北学院大学研究支援課 開催場所・日時 日時:2024年6月15日(土) 10:00~12:00(受付開始:09:30) 場所:土樋キャンパス ホーイ記念館 コラトリエ・リエゾン 内容 健康を維持するにはバランスの良い食事が重要であることはよく知られています。一方で自分にとってどんな食生活が理想的であるのかを知る方法は限られています。世間には食と健康に関する情報が氾濫し玉石混合の状態となっています。本講座では最近流行っている糖質制限、あるいは筋トレののための食事など実際の身近な事例をもとにそれらに関するホント?ウソ??についてお話しします。また「日本人の食事摂取基準」を用いて個々人の必要な栄養量を求めていただき明日から使える栄養について参加者の皆さんと考えます。 ■スケジュール(※内容が変更になる場合がありますがご了承ください。) 受付開始:9:30- 講師紹介:10:00- 講  演:10:15- 質疑応答・アンケート記入:11:50- 終了予定:12:00 ※本講座ではグループワークを実施します。 ※本講座では講演の後にワークを実施します。 ※個人ワークで必要な栄養を計算をいたします。筆記用具、計算機(スマホ可)を持参してください。 ※参加者の人数等によって会場は変更になる場合がありますので事前に確認のうえ参加してください。 ※会場変更はホームページにてお知らせします。 講師 塩野崎 淳子 氏 (栄養士・管理栄養士 ) 2001年女子栄養大学卒。2013年から在宅訪問管理栄養士として活動。2022年訪問栄養指導での経験をもとに書いた『70歳からは超シンプル調理で「栄養がとれる」食事に変える!』が大ベストセラーとなる。2023年『体に良い食べ物・悪い食べ物大誤解』を出版。分かりやすく日々の生活の中で無理なく続けやすく栄養の取り方をコンセプトが多くの読者に支持されている。 申込・問合せ先 東北学院大学 研究支援課 TEL 022-264-6362   E-mail:k-soken[atmark]mail.tohoku-gakuin.ac.jp (件名には「六軒丁学舎の件」としてください。) 申込方法 申込フォームにてお申し込みください。 定員に達した時点で申込を終了させていただきます。 申込URL https://forms.gle/mPTXA9thk1vcAFhA9 定員・対象 30名 受講料 無料 URL https://www.tohoku-gakuin.ac.jp/research/compatibility/-4.html

東北学院大学公開講座六軒丁学舎2024 第2回:酒蔵文化の魅力に「ふれる」クラフトビールの世界

いつ: 2024年6月29日 全日

テーマ 酒蔵文化の魅力に「ふれる」クラフトビールの世界 -世嬉の一酒造の挑戦- 主催 東北学院大学研究支援課 開催場所・日時 日時:2024年6月29日(土) 15:00~17:00(受付開始:14:30) 場所:土樋キャンパス ホーイ記念館 コラトリエ・リエゾン 内容 岩手県の酒蔵世嬉の一酒造は大正7年創業し、何度も倒産の危機にあいながらも常に新しいことにチャレンジし続け、現在は「いわて蔵ビール」のブランドとして様々な取り組みを行っています。全国的にも有名な「全国地ビールフェスティバル」、震災を契機に立ち上げた「東北魂ビールプロジェクト」、直近での新しい仕組みとして酒蔵の立ち上げをスタートしています。本講座では伝統がありつつもベンチャー企業のように自由に活動する世嬉の一酒造の様々な活動について紹介します。またグループワークでは参加者のアイディアを活用し新たなビールの試作にも挑戦します。 ■スケジュール(※内容が変更になる場合がありますがご了承ください。) 受付開始:14:30- 講師紹介:15:00- 講  演:15:15- 質疑応答・アンケート記入:16:50- 終了予定:17:00 講座終了後、講師との懇親会を開催予定です。(会費が別途発生します。詳細は後日HPにて告知します。懇親会への参加は任意です。) ※本講座ではグループワークを実施します。 ※本講座では講演の後にワークを実施します。 ※本講座のグループワーク課題の発展講座として工場見学ワーク7/7(日)@蔵びーる(一関)と完成試飲会7/28@未定(仙台)を実施します。(それぞれのワークには別途費用が発生します。詳細については、参加者へ告知します。いずれも参加は任意です。) ※会場変更はホームページにてお知らせします。 講師 佐藤 航 (世嬉の一酒造   いわて蔵ビール 代表取締役) 1995年日本大学卒。大手コンサルタントを経て2000年世嬉の一酒造へ就職。2012年より4代目社長に就任。全国的に有名となった「全国地ビールフェスティバル」を盛り上げる他、2016年東日本大震災からの復興をテーマとして開始した「東北魂ビールプロジェクト」、2019年コロナウィルス感染拡大への取り組みとして始めたノンアルコールビールやクラフトジンなどの製造が多くのマスコミに取り上げられる。 申込・問合せ先 東北学院大学 研究支援課 TEL 022-264-6362   E-mail:k-soken[atmark]mail.tohoku-gakuin.ac.jp (件名には「六軒丁学舎の件」としてください。) 申込方法 申込フォームにてお申し込みください。 定員に達した時点で申込を終了させていただきます。 申込URL https://forms.gle/s6fxjvS5EQ1PfpwSA 定員・対象 30名 受講料 無料 URL https://www.tohoku-gakuin.ac.jp/research/compatibility/post-85.html

東北学院大学公開講座六軒丁学舎2024 第4回:すっだいを実現する町”西川町”の街づくりに「ふれる」

いつ: 2024年7月13日 全日

テーマ すっだいを実現する町”西川町”の街づくりに「ふれる」 -山形県最年少町長の挑戦- 主催 東北学院大学研究支援課 開催場所・日時 日時:2024年7月13日(土) 15:00~17:00(受付開始:14:30) 場所:土樋キャンパス ホーイ記念館 コラトリエ・リエゾン 内容 本講座では「地方創生は、マーケティングと強みを活かした戦略が必要」という菅野町政の「水」を活用した実際の取り組みについてお話しいただきます。観光客から関係人口、移住への推進するため、若者をターゲットにサウナでの町おこしを展開しており、道の駅の水沢温泉館は利益20倍となり、全国3位の熱波士も地域おこし協力隊として移住、今後も水を活かした商品開発を検討していることから、こうした街づくりの裏側などもお話しいただく予定です。またもう一つの菅野氏の理念である「地方創生は競争を前提、地生ではチャレンジ精神の有無が勝負を分ける。不確実なつながりでも大事になくては!」よりグループワークを展開します。 ■スケジュール(※内容が変更になる場合がありますがご了承ください。) 受付開:14:30- 講師紹介:15:00- 講  演:15:15- 質疑応答・アンケート記入:16:50- 終了予定:17:00 ※本講座ではグループワークを行います。 ※講座終了後には、講師との懇親会を開催します。(参加は任意です。別途、参加費用が必要です。懇親会の詳細は参加者へ別途連絡します。) ※会場変更はホームページにてお知らせします。 講師 菅野 大志 (山形県西川町長) 2001年早稲田大学卒。2001年財務省東北財務局入局。金融庁経て、2021年内閣官房まちひとしごと創生本部、2022年内閣官房デジタル田園都市国家構想実現会議事務局。2022年一般社団法人ちいきん会を設立。同年、「すっだい」(やりたいこと)ことを実現し、活気を取り戻したい」を公約にし当選(山形県最年少)。2023年マニュフェスト大賞優秀賞受賞。 申込・問合せ先 東北学院大学 研究支援課 TEL 022-264-6362   E-mail:k-soken[atmark]mail.tohoku-gakuin.ac.jp (件名には「六軒丁学舎の件」としてください。) 申込方法 申込フォームにてお申し込みください。 定員に達した時点で申込を終了させていただきます。 申込URL https://forms.gle/nabJzSyHKtabLr9U8 定員・対象 30名 受講料 無料 URL https://www.tohoku-gakuin.ac.jp/research/compatibility/post-87.html

東北学院大学公開講座六軒丁学舎2024 第3回:ジャズの流れる街仙台の魅力に「ふれる」仙臺はじめて物語

いつ: 2024年7月6日 全日

テーマ ジャズの流れる街仙台の魅力に「ふれる」仙臺はじめて物語 -楽都仙台の誕生- 主催 東北学院大学研究支援課 開催場所・日時 日時:2024年7月 6日(土) 10:00~12:00(受付開始:09:30) 場所:土樋キャンパス ホーイ記念館 コラトリエ・リエゾン 内容 本講座では楽都仙台がいかにしてはじまったのかお話しさせていただきます。日本の芸能史において、クレージーキャッツやシャボン玉ホリデーは一世風靡、芸能界を牽引しました。そして、そこには仙台に大きな関りがあったことはあまり知られていません。定禅寺ストリートジャズフェスティバルに代表される街を舞台にした音楽イベントがいかにして始まったのか、その前身となった国分町に多くあったジャズバーがどうやってできていったのか。仙台の音楽史が一年を通じてジャンルを超えた多彩な音楽が彩る街仙台になったなりたちのはじまりの物語をお話しします。 ■スケジュール(※内容が変更になる場合がありますがご了承ください。) 受付開:9:30- 講師紹介:10:00- 講  演:10:15- 質疑応答・アンケート記入:11:50- 終了予定:12:00 ※公開講座終了後、ジャズ喫茶へ移動してジャズを楽しむワークを開催します。(参加は任意です。) ※ジャス体験ワークは7/6(土)13時半~15時 会場を移動して行います。(参加には別途費用が発生します。詳細については、別途、参加者へ連絡します。) ※会場変更はホームページにてお知らせします。 講師 千葉 富次男 (郷土歴史家) 1959年仙台生。ジャズバーCrosbyオーナーを経て2011年地域密着の情報共有フリーペーパー 038(おみや)プレス、2019年センダイマガジンを創刊。タピオ館立オープン大学、仙台ふららんなどでも講師を歴任。座学だけでなく実際の街を歩きながらより深く仙台の街の魅力を知る講座として人気となっている。仙台を知る手掛かりになる、人に話したくなるをコンセプトにした活動で幅広く活躍している。 申込・問合せ先 東北学院大学 研究支援課 TEL 022-264-6362   E-mail:k-soken[atmark]mail.tohoku-gakuin.ac.jp (件名には「六軒丁学舎の件」としてください。) 申込方法 申込フォームにてお申し込みください。 定員に達した時点で申込を終了させていただきます。 申込URL https://forms.gle/virCQXPKVtN5x6399 定員・対象 30名 受講料 無料 URL https://www.tohoku-gakuin.ac.jp/research/compatibility/post-86.html

東北学院大学公開講座六軒丁学舎2024 第5回:「ふれる」!石河Pの魅力を引き出す魔法の応援術

いつ: 2024年7月20日 全日

テーマ 「ふれる」!石河Pの魅力を引き出す魔法の応援術 主催 東北学院大学研究支援課 開催場所・日時 日時:2024年7月20日(土) 10:00~12:00(受付開始:09:30) 場所:土樋キャンパス ホーイ記念館 コラトリエ・リエゾン 内容 スポーツの応援を中心としたチアリーディングから始まり、人材教育、地域活動、そして家業の青果店を通じて、「応援」の力で人々と社会を繋ぎ、支える人生を歩んできました。この講座では、応援がもたらす無限の可能性について、私の実体験を元にお話しします。スタジアムでの一体感、個人の成長、地域社会への貢献、そして日々の生活の中での小さな「応援」の大きな力。応援することで、どのように自分自身も成長し、周囲との強い絆を築くことができるのかを、具体的なエピソードと共にご紹介しながら、個人がコミュニティにどのように貢献し、輝き続けることができるかをお伝えします。 ■スケジュール(※内容が変更になる場合がありますがご了承ください。) 受付開:9:30- 講師紹介:10:00- 講  演:10:15- 質疑応答・アンケート記入:10:50- 終了予定:11:00 ※本講座ではグループワークを行います。 ※講座終了後には、講師との懇親会を開催します。(参加は任意です。別途、参加費用が必要です。懇親会の詳細は参加者へ別途連絡します。) ※会場変更はホームページにてお知らせします。 講師 石河美奈 (ベガルタチアリーダー初代プロヂューサー) 大妻女子短期大学卒。学生時代にチアリーダー同好会を設立後、社会人アメリカンフットボールチアリーダーチーム、東北初のチアリーダーチームクラップス、ベガルタチアリーダーズ、チアーズコミュニケーション、89ERSチアーズを設立。また家業を引継ぎ代表に就任後、福島県いわき市でドリンクスタンドやカフェバーを展開。これまでの経験とネットワークを活用したスポーツ、栄養、コミュニティーで活動は多岐に渡っている。 申込・問合せ先 東北学院大学 研究支援課 TEL 022-264-6362   E-mail:k-soken[atmark]mail.tohoku-gakuin.ac.jp (件名には「六軒丁学舎の件」としてください。) 申込方法 申込フォームにてお申し込みください。 定員に達した時点で申込を終了させていただきます。 申込URL https://forms.gle/9qiHyd7XSUATGQbF9 定員・対象 30名 受講料 無料 URL https://www.tohoku-gakuin.ac.jp/research/compatibility/post-88.html

東北学院大学公開講座六軒丁学舎2024 第6回:いつもの会話が楽しくなるプロっぽい聴き方、伝え方

いつ: 2024年7月27日 全日

テーマ いつもの会話が楽しくなるプロっぽい聴き方、伝え方 -相手の感性「ふれて」”引き出す””「ふれて」伝える”プロのテクニック 主催 東北学院大学研究支援課 開催場所・日時 日時:2024年7月27日(土) 14:30~17:00(受付開始:14:00) 場所:土樋キャンパス ホーイ記念館 コラトリエ・リエゾン 内容 「話しが膨らまない」「初めて会う人との会話に緊張しちゃう「「沈黙って気まずい」「そんなつもりじゃなかったのにどうして伝われないんだろう」「そういうこと言ったつもりなかったのに」「わかってたくれたはずのなのに」こういうことって皆さん一度は経験しことがあるのではないでしょうか。本講座は聴きだすプロ、伝えるプロであるキャスターのお二人をお迎えして、日常やビジネスシーンのいつもの何気ない会話がより楽しくなるようなコミニケーションについてワークを取り入れながら体感いただきます。参加者の皆さんが次に誰かと話すのが楽しくなるをコンセプトとして講座を展開します。 ■スケジュール(※内容が変更になる場合がありますがご了承ください。) 受付開:14:00- 講師紹介:14:30- 講  演:14:45- 質疑応答・アンケート記入:16:50- 終了予定:17:00 ※本講座ではグループワークを行います。 ※講座終了後には、講師との懇親会を開催します。(参加は任意です。別途、参加費用が必要です。懇親会の詳細は参加者へ別途連絡します。) ※会場変更はホームページにてお知らせします。 講師 佐々木 成美 (NHK仙台放送局キャスター) 2016年に東北学院大学卒業。NHK盛岡放送局に勤務。夕方のローカルニュース番組「おばんですいわて」でスポーツコーナーを担当。2021年からはNHK仙台放送局の夕方のローカルニュース番組「てれまさ」のフィールドキャスターを務める。2024年からは同番組のスポーツコーナー「スポまさ」のキャスターを務める。取材・構成・ロケ・制作・キャスターとしてのリポート・原稿は5年間で500本を超える。 高山 香織 (フリーアナウンサー・尚絅学院大学客員講師) 2003年獨協大学卒業。名古屋アナウンス部に勤務。2008年よりフリーアナウンサーとして活躍。東日本放送と山形テレビでニュースキャスターを務める。震災後は河北新報社と共に「今できることプロジェクト」を進めミヤギテレビで復興番組を担当する。仙台市長杯フィギュアスケート大会の司会を六大会連続で務める他、企業CMや県政広報、ベガルタ仙台の番組等でナレーターを務めるなど多方面で活躍している。 申込・問合せ先 東北学院大学 研究支援課 TEL 022-264-6362   E-mail:k-soken[atmark]mail.tohoku-gakuin.ac.jp (件名には「六軒丁学舎の件」としてください。) 申込方法 申込フォームにてお申し込みください。 定員に達した時点で申込を終了させていただきます。 申込URL https://forms.gle/wU9DeHAjahDdDbpZ8 定員・対象 30名 受講料 無料 URL https://www.tohoku-gakuin.ac.jp/research/compatibility/post-89.html

仙台白百合女子大学 カトリック研究所 オンライン・シンポジウム「キャリアとスピリチュアリティ」

いつ: 2024年8月10日 全日

講師 前田 信彦 氏(立命館大学教授) 下村 英雄 氏(独立行政法人 労働政策研究・研修機構 職業構造・職業指導部門統括研究員) 岩崎久美子 氏(放送大学教養学部・文化科学研究科教授) コーディネーター 加藤 美紀 氏(仙台白百合女子大学学長) 開催日時 2024年8月10日(土) 13:30~15:30 会場 オンライン(Zoom) 申込方法 Googleフォーム https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScv-Sa8V-8LdYcXtJkGRnA2XVWK8a6EjJ7f-Kgv4WsdpRpkug/viewform?usp=sf_link 申込締切 8月7日 (水) 問合せ先 仙台白百合女子大学 庶務課 (TEL)022-372-3254 詳細URL https://sendai-shirayuri.ac.jp/event/event20240523_01

大崎市民ギャラリー緒絶の館 所蔵作品展2024 ―美術と生活―

いつ: 2024年8月1日 – 2024年8月12日 全日

主催者 大崎市教育委員会 開催概要 この度、大崎市民ギャラリー緒絶の館では、下記の通り「大崎市民ギャラリー緒絶の館 所蔵作品展2024 ―美術と生活―」を開催いたします。所蔵品展は、市民ギャラリーで所蔵している地元ゆかりの作家の絵画・書などの作品340点の中から毎年一部を公開し、地元作家とその作品を紹介することで美術を身近に感じ、より多くの市民が美術への関心を高めることを目的としています。 本展では、書家・加藤翠柳をはじめ、洋画家・澁谷栄太郎、白鳥兵一ら地域ゆかりの当館所蔵作品約30点をご紹介します。今回のテーマは、「美術と生活」です。美術作品のなかには、しばしば生活の一場面がモチーフとなり、作家の身近な人々やゆかりある場所、詩や言葉などが登場します。作家たちが生活の一場面にどんな眼差しを向け表現したのか、そしてその作品に描かれた様子と私たちの生活がどのように重なるのか、様々な視点でご鑑賞をお楽しみください。 会期 令和6年8月1日(木)~8月12日(月祝) 12日間 会期中無休 場所 大崎市民ギャラリー緒絶の館  第1・2・3展示室、回廊 開館時間 午前10時~午後5時  ※「おおさき古川まつり」交通規制のため、3日、4日のみ午前9時から開館。 展示内容 書、洋画、日本画  約30点 会期中イベント 担当学芸員によるギャラリートーク(各回約30分) 8/1(木)、8/10(土) いずれも10時30分より  ※予約不要 お問合せ先 大崎市民ギャラリー緒絶の館(をだえのやかた) TEL 0229‐21‐1466 観覧料 無料

講演会「性の関係性」の行方は?~性行動の消極課、不活発化が進む日本社会~

いつ: 2024年7月6日 全日

講 師 村口 喜代 氏 「村口きよ女性クリニック」院長 リプロネットみやぎ顧問 日 時 2024年7月6日(土) 14:00~15:30 会 場 東京エレクトロンホール宮城 (旧県民会館)6階会議室602 仙台市青葉区国分町3丁目3-7 (入り口は正面玄関右) 参加費 500円 (高校生以下 無料) 講師プロフィール 東北大学医学部卒業 医学博士 1980~1999年 仙台市立病院産婦人科医長 1986~2013年 宮城教育大学他の非常勤講師 1999年6月~ 村口きよ女性クリニック院長 リプロネットみやぎ顧問 日本性科学理事,せんだい男女共同参画財団理事等を務める 「人間と性」に関する講演・講義活動多数 主 催 県立高校共学教育の充実を求める会 連絡先 022-244-6711(事務局 柳澤方)

令和6年みやぎ県民大学~持続可能な未来社会を創る材料の科学と技術~(全5回)

いつ: 2024年6月24日 – 2024年6月28日 全日

内容 この講座では、持続可能な循環型社会で私たちが必要とする材料―エネルギーを作る・貯める・送る・使う材料―について、金研の研究者がその基礎から材料開発の現状、さらに将来展望までをわかりやすくお話しします。ぜひお気軽にご参加ください。 日時 6/24(月)~6/28(金) 各日18:00~19:30 (1日からの参加歓迎) 場所 東北大学金属材料研究所2号館講堂またはZoomウェビナー(オンライン) 主催 東北大学金属材料研究所 参加費 無料 演題・講師 6 月24日(月) 「超伝導と強磁場が拓く未来社会」淡路智教授 6 月25日(火) 「蓄電デバイス電極材料の高性能化」加藤秀実教授 6 月26日(水) 「核融合エネルギー開発の状況とその実現に向けた材料課題」笠田竜太教授 6 月27日(木) 「太陽電池用多結晶シリコンの結晶成長」藤原航三教授 6 月28日(金) 「磁性材料研究の基礎と応用」梅津理恵教授 問合せ・申込先 〒980-8577 仙台市青葉区片平2-1-1 東北大学金属材料研究所総務課総務係「みやぎ県民大学」担当 TEL: 022-215-2181 FAX: 022-215-2184 E-mail: imr-som[atmark]grp.tohoku.ac.jp 申込方法 下記の情報を申込先へお知らせください。 ①参加希望日 ②住所(郵便番号) ③氏名(フリガナ) ④性別 ⑤年齢 ⑥職業(学年) ⑦電話番号またはメールアドレス ⑧現地またはオンラインの希望

「仙台ふるさとの杜再生プロジェクト」 育樹会・生きものかんさつイベントのお知らせ♪

いつ: 2024年6月15日 全日

主催 仙台ふるさとの杜再生プロジェクト連絡会議 内容 海岸に植えた苗木の手入れを一緒にやってみませんか?小さなお子さんも一緒に楽しめる活動です。 また、育樹会に参加した方を対象として、ミニイベント「わくわく生きものかんさつ」も開催します。 ♪育樹会について♪ 除草を中心とした活動でお子さんも一緒に参加できます。 開催場所・日時 開催日程:令和6年6月15日(土)(雨天時は16日(日)に順延) 時間  :9時~12時の間で自由参加 会場  :海岸防災林岡田砂原地区(海岸公園野球場・テニスコート奥) 申込方法 事前申込不要 持ち物 汚れてもよい服装、帽子、手袋、長靴、飲み物、タオル ♪ミニイベントについて♪ 会場の虫や草花などを、専門家と一緒に観察します。 申込  :育樹会に参加した方対象 当日9時から現地にて受付 時間  :10時半~11時半 人数  :先着15名 詳細ページ 会場場所など詳しくは、ふるさとの杜再生プロジェクトHPをご覧ください! https://sendai-furumori.org/archives/15

山内明美『痛みの〈東北〉』論:記憶が歴史に変わるとき』(青土社)+志賀理江子ほか『被災物』(かたばみ書房)ダブル刊行記念トーク

いつ: 2024年5月24日 全日

主催 Book Cafe火星の庭 内容 山内明美氏『痛みの〈東北〉』論:記憶が歴史に変わるとき』(青土社)+志賀理江子氏ほか『被災物』(かたばみ書房)ダブル刊行記念トーク https://twitter.com/kaseinoniwa/status/1785997294271344870 開催場所・日時 Book Cafe火星の庭(仙台市青葉区本町1-14-30 ラポール錦町1F) 2024年5月24日(金)19:00~20:30 申込・問合せ先 電話:022-716-5335 メール:kasei[atmark]cafe.email.ne.jp 定員 30名(要予約) 参加費 1500円(ドリンク代込)

企画展示「学際研究で蘇る東北の豪族達」・併設展示「知の交差点:異分野との出会いから続く未来への道」

いつ: 2024年5月25日 – 2024年5月29日 全日

主催 東北大学学際科学フロンティア研究所 後援:株式会社サンクアール、米沢市教育委員会、喜多方市教育委員会 協力:東北学院大学博物館、株式会社アートフリーク 内容 企画展示「学際研究で蘇る東北の豪族達」 併設展示「知の交差点:異分野との出会いから続く未来への道」 URL:https://www.fris.tohoku.ac.jp/feature/study_group_info/detail—id-1416.html 東北大学学際科学フロンティア研究所は、2024年5月25日(土)~29日(水)に、せんだいメディアテーク1Fオープンスクエアにて、企画展示「学際研究で蘇る東北の豪族達」と、関連する学術講演を開催します。 学際研究は、異なる学問分野の専門知識や方法論を組み合わせ、互いに協力 することで、より広い視野から新しい解決策を生み出す研究アプローチです。本企画展では、考古学・人類学・遺伝学・理化学的解析といった最新の研究手法を駆使し学際研究で甦った東北地方の豪族を紹介します。 併設展示「知の交差点:異分野との出会いから続く未来への道」では、若手研究者たちが学際研究をすすめている東北大学学際科学フロンティア研究所の活動を展示します。 展示、学術講演ともに入場無料で、どなたでもご参加いただけます。ご参加を心よりお待ちしております。 ■展示(ご自由にご覧いただけます) 概要:急速なデジタル技術の革新により、昨今では精巧な模型作成にとどまらず、まるでそこに実物があるかのような3D空間体験が可能になりました。本展示では、広域空間再現ディスプレイやVRといったデジタル技術を用いた全く新しい体験を通して、研究成果や研究者の生活を知ってもらいたいと考えています。 内容: ・精巧な3Dプリンターによる発掘人骨の模型展示 ・古代人が甦るまで(SONY空間ディスプレイ) ・FRIS CoREってどういうところ?実験室をのぞいてみよう(VR展示) ■学術講演(当日入場可・事前申込優先) 2024年5月25日(土)10:30-12:00 「形態と文化と道具で探る古代の人々」 演者:波田野悠夏・鈴木敏彦・伊豆原月絵・山極海嗣 概要:人類学や考古学を専門とする4名の研究者が、出土した遺物を手がかりに過去の人々の姿や文化に迫ります。 2024年5月26日(日)13:00-15:00 「研究者になるってどんな感じ? -世界を変える仕事への旅人-」 演者:岡本泰典・松林英明・市之瀬敏晴・中安祐太・安井浩太郎・齋藤勇士・波田野悠夏・村越ふみ 概要:8人の研究領域の異なる若手研究者が、これまでの人生を振り返りながら、研究者の生活を紹介します。(対象年齢:小学生以上) 2024年5月29日(水)18:00-19:30 サイエンスカフェ「王達の棺:考古学からみた東北の豪族たち」 演者:辻秀人・鈴木敏彦 概要:東北地方の弥生時代から古墳時代への変遷過程を研究されている辻秀人氏を招き、展示されている灰塚山古墳発掘調査を中心に古墳時代の王たちの姿に迫ります。 開催場所・日時 せんだいメディアテーク1Fオープンスクエア 〒980-0821 宮城県仙台市青葉区春日町2-1 2024年5月25日(土)~29日(水)9:30-18:00 (一部デジタル展示は10:00より。最終日は19:30閉場。) 申込・問合せ先 主催事務局(波田野:022-717-8269) 申込方法 ■学術講演参加お申込み(当日入場可・事前申込優先) 下記URLまたは右記QRコードのWEBフォームからお申し込みください。 https://forms.gle/LHNdyKwiBHDYnndK9 WEBフォームをご利用になれない場合は主催事務局まで参加のご希望を電話でご連絡ください。 (月・火・金13:00-17:00にお願いいたします。)

第73回高分子学会年次大会 高分子科学市民講座

いつ: 2024年6月5日 全日

内容  NHK「チコちゃんに叱られる!」講師で高分子ゲル世界トップ研究者である東大 酒井崇匡先生、 東工大 中嶋健先生、伊東家の食卓で好評を博された東大 伊藤耕三会長、山形大 古川英光先生により、 「いまからできる脱プラ…まず身近なプラスティックを知ることから」と題し、身近なプラスティックに関する分かり易い話題を講演して貰います。是非沢山のご参加をお待ちしております。 プログラム・講師名 1)生き物ってゲルなの? 東京大学大学院工学研究科 酒井 崇匡 氏 2)ゴムが伸び縮みするのはなぜ? 東京工業大学物質理工学院 中嶋  健 氏 3)人工クラゲから未来の食事まで!? ~高分子3Dプリンターが創るやわらか未来~ 山形大学大学院理工学研究科 古川 英光 氏 4)しなやかなタフポリマー 東京大学大学院新領域創成科学研究科 伊藤 耕三 氏 日時 2024年6月5日(水) 17:00~19:05 場所 仙台国際センター 会議棟2階 桜1 主催者 高分子学会 問合せ先 高分子学会第73回高分子学会年次大会市民講座係 〒104-0042 東京都中央区入船3-10-9 新富町ビル6F 電話 03-5540-3771 https://main.spsj.or.jp/nenkai/73nenkai/ 参加費 無料 申込方法 https://member.spsj.or.jp/event/index.php?id=601 からお申込みください。 当日のご参加も受付けます。会場前の受付まで直接お越しください。 定員 150名

青少年健全育成名取市民のつどい

いつ: 2024年6月15日 全日

内容 市内で活動している子どもたちによるステージ発表、中学生による少年の主張発表、景品が当たるお楽しみ抽選会などを予定しています。どなたでもご参加いただけます!詳細は市ホームページをご覧ください♪ 開催場所 名取市文化会館 中ホール 日時 令和6年6月15日(土)14:00~16:00 料金 無料(事前申込必要) ホームページ https://makiart.jp/ma-playguide/#anchor202406 申込方法 申込は「電話」または「申込フォーム」 申込フォームURL https://docs.google.com/forms/d/12PGAHub4CMpDqZJJKBCO0iWEcIyOztHJqrwYSJSAATg/viewform?edit_requested=true 電 話:022-724-7173(受付:平日8時30分~17時15分) 申込締切:6月12日(水曜日)まで お問い合わせ 名取市生涯学習推進本部(名取市教育委員会生涯学習課)

食と農を考える講演会 迫る!! 日本の食料・農業危機

いつ: 2024年6月23日 全日

主催 食と農を考える講演会実行委員会 後援:石巻市・石巻教育委員会・JAいしのまき 開催場所・日時 マルホンまきあーとテラス 中ホール 2024年6月23日(日) 第一部 14:00 開演(開場13:30) 第二部 15:40 質疑・意見交換など 講師 鈴木宣弘氏(東京大学大学院教授) 問合せ先 https://makiart.jp/ma-playguide/#anchor202406 申込方法 https://shoku-nou-ishinomaki.peatix.com/ 受講料 一般1,000円 学生500円 中学生以下無料

川崎町・上廣歴史文化フォーラム「伊達と最上の境目~川崎の城跡を訪ねて~」

いつ: 2024年5月25日 全日

主催 川崎町・川崎町教育委員会・川崎町文化財保護委員会 内容 川崎町には城館跡が多数あり、特に遺構がしっかり残った歴史的価値がある城跡が4つあります。「城跡の町かわさき」と言ってよいほど、城郭専門家やマニアの方が見学に訪れインターネットで紹介されたり、講演会や専門書にも取り上げられ注目を浴びています。それら城跡の調査結果を紹介するとともに、城がつくられた時代背景、近隣諸国との地理的背景から、当時の人々の生活を考察し、地元の歴史を多くの方と共に考える機会にできればと存じます。 開催場所・日時 川崎町山村開発センター3階 2024年5月25日(土)13時~16時(受付12時30分~) 演題・講師 講演①「柴田郡西部の戦国時代」  菅野正道氏(郷土史家) 講演②「川崎の城跡を訪ねて」  吉井宏氏(東北福祉大学名誉教授) 問合せ先 川崎町生涯学習課 TEL:0224-84-2311 定員 一般参加300名 受講料 無料

宮城こどもホスピスのこれから~2024年度中の開設を目指して~

いつ: 2024年4月28日 全日

主催 NPO法人宮城こどもホスピスプロジェクト 開催場所・日時 日立システムズホール仙台3階エッグホール 2024年4月28日(日)14:00~17:00 講師 足立智昭氏(宮城学院女子大学名誉教授) 問合/申込先 宮城こどもホスピスプロジェクト 〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央1-7-1 スウィング6F(株)よくする内 E-mail: info.miyagi.khp[atmark]gmail.com https://miyagikodomohospice.jimdofree.com/ 定員 80名(先着) 受講料 有料

令和6年度 館長講座「歴史博物館グローバル紀行」 第1回

いつ: 2024年4月27日 全日

主催 東北歴史博物館 開催場所・日時 東北歴史博物館3階講堂 講師 阿子島香氏(東北歴史博物館館長) 問合・申込先 東北歴史博物館 管理部情報サービス班 〒985-0862 宮城県多賀城市高崎1-22-1 TEL:022-368-0106 FAX:022-368-0103 E-mail:thm-service[atmark]pref.miyagi.lg.jp https://www.thm.pref.miyagi.jp/ 定員 280名(先着) 受講料 無料