編集部だより

編集部だより

緑さん的「光景」

 今月1日、「平成」に替わる新元号が「令和」と決定しました。『 万葉集』の「巻五 雑歌」の中の、「梅花の歌三十二首并に序」として、815番以降の歌に先立つ「序」の最初の方にある、「時に初春の令(よ)き月、氣淑(よ)く風和 […]

編集部だより

ある卒業式で

 先日、来賓としてある小学校の卒業式に参列しました。  式辞で校長先生が「ちょっとむずかしいことと思いますが、みなさんなら理解できるでしょう」と前置きして、人はそれぞれに違いがあり、まず違いを認めることが大事、そこから人 […]

編集部だより

誰かに向けて

 「名著への旅」を隔号で担当させていただいて何年もたちますが、お楽しみいただけていますでしょうか。毎回、どういう本が「まなびのめ」の読者のみなさまに喜ばれるのか、考えつつ選んでおります。  ここ数年、ちょこちょこ書評のお […]

編集部だより

たかが“ぬか”、されど“ぬか”

 2月上旬のある日、何氣なく仙台駅前をぶらぶらしていると、チャック付きのナイロン袋に入ったぬか床が販売されているのを見かけました。売り文句からすると、そのぬか床は特別な手間暇をかけなくても冷蔵庫で簡単にぬか漬けを作ること […]

編集部だより

わりと最近知った発達障害

 「聴覚情報処理障害」という発達障害をここ1年くらいの間に知りました。みなさんはご存じですか? 聴力は十分なのに、聞こえにくい、聞き取れないという問題が起こる障害を指すのだそうです。  具体的な特徴は  ・音は聞こえるが […]

編集部だより

次の三つは何でしょう?

 平成の時代もそろそろカウントダウンの段階に入ってきました。代が変わるということには、人それぞれに何がしかの感慨が伴うものでしょう。  何日か前のお昼のニュースを見ていたら、今上天皇即位の際の「剣璽等承継(けんじとうしょ […]

編集部だより

「まなびのめ」Web版閲覧数ランキング2018

新年あけましておめでとうございます。 2019年が皆様にとって幸多き年になりますようご祈念申し上げます。 さて、2018年は「まなびのめ」創刊10周年イヤーでしたが、 2018年のWeb版閲覧数ランキングは、以下のとおり […]

編集部だより

新しい学会

 「まなびのめ」最新号のテーマは「新しい学会・研究会」でした。そもそも読者の方々の「学会」のイメージってどういうものでしょうか?  「学会」はその分野の研究者たちが集まって、お互いに知見を深めたり批判をしあったり、知的な […]

編集部だより

「明治150年」の記念の仕方

 今年は「明治150年」として1868年から現在に至るまでの150年あまりの日本の歩みを振り返る催事が各地で行われています。そのためいたるところで「明治150年」というフレーズを耳にしました。それとともに、「明治150年 […]

編集部だより

素材あれこれ

 11月も終わりに近づき、だいぶ寒くなってまいりました。寒くなると暖かいセーターを着る方も多いと思います。では、それが何でできているかは氣にしていますか?  まずパッと思いつくのはウール、つまり羊毛ですが、がっしり系、も […]

編集部だより

のぼる、のぼる……。

 このところ某テレビ番組の人氣もあって、「ブラ〇〇」と銘打ったイベントや催しが各地で盛んなようです。段差、水路、眺望、道路の交差など、その土地土地に特徴的な地形や歴史的な背景を、実際に歩いて確かめながら学ぶ、というもので […]

編集部だより

<「まなびのめ」読者のつどい>開催の記

すっかり秋めいてまいりました。いかがお過ごしでしょうか。 さて、弊社(「まなびのめ」運営会社:笹氣出版印刷株式会社)恒例のイベント「文字・活字とのふれあいDay」が10月19日・20日に開催され、今年も180名ほどのお客 […]

編集部だより

切れました。

筋が。 これでは話の筋がわからないですね。順を追いましょう。 先日、乗り換え駅で階段を上っていたところ、ふくらはぎの筋を切りました。その結果、いわゆる肉離れ、というものになりました。このところの寒暖差の影響や、足の疲労度 […]

編集部だより

合計6,292キロの旅行

 先日、研究会に出席するため、中国の山東大学を訪れました。山東大学はその名の通り、山東省の済南(さいなん)という町に位置する大学で、 インターネットで検索すると学生数は6万人ほどの非常に規模の大きい学校です(ちなみに、東 […]

編集部だより

田んぼアート

 9月に入り、雨が続いたこともあって朝夕は涼しくなってきましたね。まだまだ暑かった8月中旬に青森県の田舎館村で行われている田んぼアートを見に行きました。今年のテーマは、「ローマの休日」と「手塚治虫キャラクター」です。   […]

編集部だより

こだえは こうでがすと

 お盆休みも終わりました。  ほうぼうで「暑い、暑い」の大合唱でしたが、県内では16日の雨を境として空氣が入れ替わった感じで、雲を見ても風を受けてもめっきり秋めいてきました。  さてさて、お盆期間中は実家や田舎へ帰省され […]

編集部だより

「新しい学会・研究会」

 先週までの猛暑がウソのように、仙台七夕の週は肌寒い日が続いております。熱中症にも、夏風邪にも、どうぞお氣をつけくださいませ。  7月5日付で発刊した「まなびのめ」第41号。「学びの庭におじゃまします」のテーマ「におい」 […]

編集部だより

前略、裏「名著への旅」

 もうすぐ8月になります。この夏にも、国内外に旅行に出かける読者のみなさんもいるかと思います。わたしはと言いますと、毎年恒例となりつつある学生引率で宮城県内を巡る他は特段出かける予定はなく、日々淡々と仕事をすることになり […]

編集部だより

宮内庁書陵部に行ってきました

 先月末、皇居にある宮内庁の書陵部へ史料調査のため行ってきました。明治時代に侍従長を務めた徳大寺実則の日記(『徳大寺実則日記』)の閲覧を目的としていました。  徳大寺実則は1840(天保10)年生まれ、侍従長として明治天 […]

編集部だより

だまされました

 先日、初めて福島県の諸橋近代美術館に行きました。あまりにきれいな美術館で驚きました。天氣が良かったこともあり、写真を撮らずにはいられませんでした。こちらの美術館はゼビオ株式会社の創立者である諸橋廷蔵氏により作られたそう […]