読者の声

第29号へのご感想

  • LINEで送る
第29号へのご感想(1)

 学びのイベントがとても充実している。なぜ無料で配布できるのか、疑問です。

(仙台市若林区・54歳 男性)

 ありがとうございます。「なぜ無料配布できるのか」…それは「がんばっているから」です(いろんな意味で)。紙屋さん、製本屋さんのご協力、先生方、読者の皆様のご支援で成り立っております。今後ともよろしくお願いいたします。

「まなびのめ」編集部 川又進
29号へのご感想(2)

 毎回必ずチェックして、イベント情報の入手に大変役立っています。

(仙台市宮城野区・72歳 男性)

 そのようにご活用いただくことは、「情報誌」としての本望でございます。設置・配布時期が遅くなってご迷惑をかける部分もあるかと思いますが、Web版の「学び」イベント情報は即時的で詳細も掲載していますので、そちらもぜひご覧くださいませ。

「まなびのめ」編集部 川又進
29号へのご感想(3)

 毎回テーマをもった先生達のお話にとても興味があり面白く感じています。デザインで世界を変えることが出来ることがすばらしいですね。

(仙台市太白区・51歳 男性)

 おかげさまで、これまでのテーマはすべて「当たり」だったと自負しています。どのような分野の研究も、実は私たちの身近なこととつながっている、ということでもあります。

「まなびのめ」編集部 川又進
29号へのご感想(4)

 読者の声のコメントがとてもたのしいですね。共感することがいっぱい書かれていて読んでいるとハッピーになりますよ!!

(仙台市太白区・46歳 女性)

 Web版ではより多くの読者の声を掲載していますので、そちらもご覧いただいて、さらにハッピーになってください。

「まなびのめ」編集部 川又進
29号へのご感想(5)

 シンプルで暖かみのある北欧のデザインが大好きですが、興味あることが盛り沢山載っていて熟読しました。北欧のセンスの良さいいですネ~。

(仙台市宮城野区・47歳 女性)

 まだまだ知らないことも多いですが、お二人の先生のお話を伺い、私も「北欧」に惹かれました。

「まなびのめ」編集部 川又進
29号へのご感想(6)

 私の行く図書館にも、もちろん「まなびのめ」が設置されています。「まなびのめ」の輪が、もっともっと広がればと思います。

(石巻市・35歳 男性)

 季節ごとに街が「まなびのめ」でいっぱいになれるよう、日夜努力しております。

「まなびのめ」編集部 佐藤曜
29号へのご感想(7)

 デザインと言えば先進国イタリアやフランスを何となく思い浮かべるのが当然のように考えていました。IKEA仙台がオープン以来賑わいを先取りしていますが、梅田先生の文章をじっくり読むことで、ちょっぴり理解度を高くしました。北欧に旅したことはありませんが、西欧を何回か旅した以上に先生の優しい目でみた北欧の日常生活を身近に感じました。北欧に魅せられ、日本と共通するデザイン文化を理解してNARUKOブランドに携わる今後の活躍を期待しています。

(名取市・75歳 男性)

 シンプルでいて合理的、そこに伝統味が加わり三位一体の絶妙なバランスというところでしょうね。年に何回かは「NARUKO」のキャンドルを実際に灯して、家族や友人たちとくつろぎのひと時を過ごす、なんていうのも素敵でしょう。

「まなびのめ」編集部 佐藤曜
29号へのご感想(8)

 以前も手に取っていて「あっ!!」と思い入手。いつもマットな仕上がり感と独特の折り、縦長に良さを感じます。とかく内容重視で装丁やデザインでつまらないものが多いのですが、ちょっとキレイめで好きです。おしむらくは私眼が悪く、今回の色目はちょっときつかったように思います。しかし文字ならびレイアウトも字の小ささにしては行間や送りがナイスで読みやすいです。もちろん内容の充実感も氣に入ってます。(入院して退屈でいっぱい書いてしまいました)

(気仙沼市・52歳 女性)

 思い出していただきありがとうございます。その後お体の方はいかがでしょうか? 今後も内容の充実と一層の読み易さを追求して参ります。

「まなびのめ」編集部 佐藤曜
29号へのご感想(9)

 今回の「まなびのめ」を拝見し、我が家にも障害児がいるので、関心を持って拝読しましたが、北欧の教育に感心しました。日本にも早く取り入れてほしいと思いました。

(仙台市太白区・35歳 女性)

 「自分で考え・決め・行動する」というノーマライゼーションの理念は、現代にあっては等しく何人にも要請されているように思います。市民意識が高まりつながり合っていくことで、そういった国民的合意を形作っていきたいものです。

「まなびのめ」編集部 佐藤曜
29号へのご感想(10)

 障害児者教育に関わっている立場で高橋先生のインタビューを読みました。福祉や障害児教育は税制・政策の小手先でどうにかなるものでありませんね。そういった福祉マネーとも言えるような利権に飛びつく人たちを何とかする必要があると感じています。それは社会全体の大きな変革が必要です。

(茨城県つくば市・35歳 男性)

 現場からの生のご意見に臨場感を覚えました。為政者も私たち市民も、「福祉・公共の利益とは何か」ということについて一層真剣に考え、変革を成して行くことが求められているようです。

「まなびのめ」編集部 佐藤曜
29号へのご感想(11)

 イベントの情報により私自身の学びの心に氣づかせていただき感謝いたしております。直近の講座では、渡辺和子シスターのお話(仙台白百合女子大学公開講座)は、本当に大切なことについて再確認することができました。ありがとうございました。これからも宜しくお願いいたします。

(黒川郡富谷町・63歳 女性)

 「学び」へのきっかけをご提供できたようで、幸甚に存じます。楽しんでいただける誌面づくりに励んで参りますので、今後ともご愛顧頂けましたら幸いです。

「まなびのめ」編集部 齋藤麻実
29号へのご感想(12)

 「学び」イベントは様々なものが紹介されていて楽しみです。福岡伸一さんの講演会へ行きました。その時のレポートが載っていて、書いた方の無駄のない文章もとても勉強になりました。

(仙台市青葉区・42歳 女性)

 参加された方との繋がりを感じてしまいますね。「まなびのめ」では、学びの証や記録として、また、市民の声を学術の世界に伝える方法の一つとして、参加体験記をおススメしております。研究者からも人氣のあるコーナーですので、ぜひぜひ、体験記もお寄せくださいませ!

「まなびのめ」編集部 齋藤麻実
29号へのご感想(13)

 わかりやすい。

(仙台市宮城野区・54歳 女性)

 テーマに沿ってわかりやすい記事をお届けできるよう、心がけております。次号もどうぞ、お楽しみください。

「まなびのめ」編集部 齋藤麻実
29号へのご感想(14)

 高橋まゆみ先生のデンマークの「フォルケホイスコーレ」という教育制度にはびっくりしています。国民大学という「教育」の力の入れ方に感銘を受けました。

(柴田郡柴田町・63歳 女性)

 「フォルケホイスコーレ」について私も初めて知り、新鮮な驚きがありました。日本とはまた違った、伸び伸びと自由な感性を育んだり人間として成長することが出来る場なのではないかな、と感じます。

「まなびのめ」編集部 齋藤麻実
29号へのご感想(15)

 高橋まゆみ先生のお話は大変興味深かったです。デンマークの市民意識を理解するとともに、日本もデンマークの福祉・教育をもっと見習うべきだと思いました。私の若い頃は今のように知的障がい者のための施設や学校は少なく、知的障がい者やその家族は周囲から偏見の目で見られていて、非常に肩身の狭い思いをしていた時代でした。今でこそ施設、学校も増え、健常者と同じように社会で活躍できる場が増えたように思えます。しかし今回の先生のお話を読み、日本はデンマークに比べて、ノーマライゼーションの点ではまだまだ遅れているなと実感しました。文中に「日本の仕組みを変えるのは難しい」とありましたが、確かに昔からのやり方をいきなり変えるのは一筋縄ではいかないかもしれません。でも近い将来、デンマークを見習い、今以上に障がい者と健常者が対等に生きられる時代になればと思っています。

(仙台市泉区・85歳 女性)

 近年では「バリアフリー」という言葉だけではなく、「ユニバーサルデザイン」という言葉もよく目にするようになりました。特定の誰かだけを対象としたものではなく「すべての人のためのデザイン」と言えるそれは、「ノーマライゼーション」への一歩へと確実に繋がっているでしょう。そういった社会を作るためにも、福祉や教育・社会や意識のあり方について私たちが学ぶことは、まだまだあるのだと考えます。

「まなびのめ」編集部 齋藤麻実
29号へのご感想(16)

 『和食の良さと宮城の魚介類を学ぼう!』『世界をはばたく日本の発酵文化』に行って来ました~。どちらも日常の和食に関係し内容もわかりやすく楽しい時間でした。退職後趣味で3年弱料理教室に通っていますが、正に『医食同源』…感銘

(塩竈市・68歳 男性)

 「まなびのめ」へのご感想、並びに参加体験記のご投稿ありがとうございました! 趣味に学びに充実していらっしゃいますね。これからも、どうぞよろしくお願いします。

「まなびのめ」編集部 三上志穂
29号へのご感想(17)

 「名著への旅」で紹介された『井上ひさし 子どもにつたえる日本国憲法』を読みました。とても分かりやすく、ためになりました。

(仙台市宮城野区・34歳 女性)

 早速お読みになったのですね。わたしはまだなのですが、読んでみようと思っています。憲法や政治を語るには、まず正しく理解することから。今後の「名著への旅」もお楽しみに。

「まなびのめ」編集部 三上志穂
29号へのご感想(18)

 フィンランドのデザインのものが、世界にはやるのも政治家の肩入れがあるのだなー、政治家もそういうものに敏感じゃないと…と思いました。

(仙台市太白区・47歳 女性)

 資源に乏しい寒冷地で何を強みとしていくか。日本でも寒冷地には木材の伝統工芸品が多い氣がします。フィンランドでは地方にとどまらず政府も力を入れた結果、デザインで世界的に成功を収めているということですよね。見習う点は多そうです。

「まなびのめ」編集部 三上志穂
29号へのご感想(19)

 北欧の福祉制度に関心があるので、高橋先生のお話を大変興味深く読みました。

(仙台市青葉区・48歳 女性)

 福祉と言えば北欧、というイメージがあります。文中に「『保障が行き届いている代わりに税金も高い』という単純な捉え方」とありますが、わたしの捉え方そのものでした。日本とデンマークでは様々な点で制度が異なりますが、その裏には市民の意識の違いがあるのだとハッとさせられました。

「まなびのめ」編集部 三上志穂
29号へのご感想(20)

 他国や他者の良いと思われる点に目を向け、学び、活力ある社会づくりに役立つと考えます。

(仙台市太白区・45歳 男性)

 「人の振り見て我が振り直せ」ですね。新たに見つけた他者の良いところを、それぞれに適した形で活かしていくのが理想です。

「まなびのめ」編集部 三上志穂
29号へのご感想(21)

 存じ上げている(日頃お世話になっている)先生のイベント・講演などの参考に。

(大崎市・67歳 男性)

 ご活用いただきまして、ありがとうございます。「まなびのめ」は多くの施設や研究者にもお届けしており、読者の皆さまからのご感想を楽しみにしている先生方は少なくありません。「学び」イベントに参加されましたら、ぜひご感想をお寄せください。

「まなびのめ」編集部 三上志穂
29号へのご感想(22)

 デンマークが「世界一幸せな国」ということがとても印象に残りました! 自分の意見に自信を持ち、それを伝え合うことは大人にとっても難しいことですが~これからの子供達には大切にしてほしいコトです!!

(仙台市泉区・33歳 女性)

 「自分の意見に自信を持ち、伝えあうこと」は本当に大変な事だと日々感じます。大人も子どもも一緒に学べる機会を、もっとお伝えできるように頑張ります!

「まなびのめ」編集部 小塙理恵子
29号へのご感想(23)

 「北欧」の学びにふれることができてとてもよかったです。

(仙台市青葉区・65歳 女性)

 海外の学びにふれると、自分たちの当たり前が当たり前ではないと氣づけました。次号もよろしくお願いします。

「まなびのめ」編集部 小塙理恵子
29号へのご感想(24)

 いろいろと勉強になることがまだまだあるなと思います。

(仙台市宮城野区・42歳 男性)

 いろいろ、毎日を彩り豊かにする「まなび」をお届けできるように頑張ります。

「まなびのめ」編集部 小塙理恵子
29号へのご感想(25)

 「学び」イベントがまとまっている冊子はあると思わず、仙台に行く際に参考にして持っていきたいと思います。

(山形県山形市・27歳 男性)

 こっそり鞄に忍ばせていただいて、さりげない時間に使っていただけたら大変嬉しいです。これからもよろしくお願いします。

「まなびのめ」編集部 小塙理恵子
29号へのご感想(26)

 今回は「北欧に学ぶ」との題、デンマークそしてフィンランド、地図を見ればわかりますが、そう簡単に行けるところではありませんから、この冊子を読ませていただき、なるほどそのようなすばらしいところがあるのだなと、とてもよい勉強になりました。ありがとうございます。

(仙台市宮城野区・88歳 男性)

 確かに「北欧」とだけ聞くと簡単に行ける場所ではなく、遠いおとぎ話の世界のような印象を受ける氣がします。先生方のお話のおかげで、遠くの国で抱えている問題も我々が抱えている問題も同じなんだなと個人的に感じました。ご感想ありがとうございます。

「まなびのめ」編集部 小塙理恵子
29号へのご感想(27)

 いつも楽しく読ませていただいております。さて、今回は北欧に学ぶという切り口から、教育・福祉のあり方と意匠デザインの世界といった分野のお話がとても面白く読ませていただきました。高橋まゆみ先生のお話では、「社会が責任を持とう」というデンマークの考え方に新鮮な驚きを持ちました。私は幼少の頃から、日本では責任を持つという意識が希薄な氣がしてなりませんでした。企業しかり、行政しかり、社会そのものしかり。自分が子どもを持ってからは、自分の子も他人の子も子どもは神さまからのお預かりした、未来の戦士。彼らを育てるのは社会の責任、と自分の中では感じていました。それが個人レベルではなく、個の集合として社会の中できちんと成り立っている国がデンマークなのだと知りました。せっかくデンマークで学んだ生徒たちも、帰国して愕然とするのもわかる氣がします。「日本人は身を縮めているように見える」と、高橋先生の夫君から指摘があるように、北欧は日本に比べ、個々人がのびのびと主体的に生きているようです。近年、ときめかないものは置かない、というのが断捨離の極意としてはやりましたが、目先の欲得でいたずらにものを消費したり、もらえる賃金の多寡で職業を選んだりすることの、心の貧しさを感じました。長くなってしまいましたが、よその文化を知ることで、自分たちの生き方を見つめ直す機会になるのだと実感しました。また、楽しいお話をお知らせください。

(仙台市宮城野区・45歳 女性)

 ご感想ありがとうございます。弊社は8月にKidsDoという幼児向け学習フリーペーパーを発刊したのですが、配布のために幼稚園・保育園を直接訪問する中で「本当に子どもは国の宝物なんだなぁ」と感じる事が数多くありました。その宝物を守るために、「社会が責任を持つ」ーひいては自分自身が責任を持つために、いったいどんな事が出来るだろうと悩んだ事を思い出しました。これからもよろしくお願いいたします。また、ご感想お待ちしております!

「まなびのめ」編集部 小塙理恵子
29号へのご感想(28)

 主人が「まなびのめ」を好きで私もよく読んでいます。今回、福祉や教育等の制度の先進国である北欧のデンマークについて興味深く読ませていただきました。日本も今以上に福祉に対する制度や仕組みの拡充が必要とされ、今後もデンマークのみならず北欧諸国の国の制度をより理解して、政府に対して意見を述べてゆく必要があると思いました。

(塩竈市・43歳 女性)

 ご夫婦そろってのご愛読、誠にありがとうございます。
 そうですね、変えてくれるのを待つだけでなく、政治・行政に働きかけて変えていく意識が大切ですね。そのような主権者意識も、北欧などから「学ぶところ大」かもしれません。

「まなびのめ」編集部 川又進
29号へのご感想(29)

 初めて読ませて頂きました。沢山の「学び」イベントが詳しく載っていて驚きました! 今回特に惹かれたイベントは「ご覧あれ 浮世絵の華」関連行事の浮世絵摺り実演でした! 浮世絵を実際摺る所は中々見る機会がないのでとてもいい経験になると思いました。「学び」イベント参加後の皆さんの感想が載っているのもイベントの雰囲氣が伝わってとてもいいと思いました!

(柴田郡大河原町・32歳 女性)

 
 お氣に入っていただけて何よりです。興味・関心のある分野について有効に時間を使うためにも、「これからの主な『学び』イベント」は必ずや貴重な情報源になると確信しております。

「まなびのめ」編集部 佐藤 曜
29号へのご感想(30)

 マイキャラを考えて、パラパラマンガや紙ねんどで作ってみたりしています。梅田先生のような分野があることを知り、とても興味を持ちました。

(仙台市宮城野区・10歳 女性)

 マイキャラ、氣になります!今度ぜひ、また感想と一緒に送ってきてくださいね。

「まなびのめ」編集部 齋藤麻実
29号へのご感想(31)

 お姉ちゃん(小5)のマネをして、マイキャラづくりをがんばっています。マイキャラが商品になったら楽しいと思います。

(仙台市宮城野区・7歳 女性)

 マイキャラ、初耳です。いつか本当に商品化できるといいですね。お姉ちゃんに倣って、いろいろなことに挑戦してみてください!

「まなびのめ」編集部 三上志穂
29号へのご感想(32)

 かたひらまつりがたのしみです。

(仙台市宮城野区・5歳 女性)

 わたしもとっても楽しみです。感想お待ちしております!

「まなびのめ」編集部 小塙理恵子
29号へのご感想(33)

 こんなにおもしろい冊子があることを今まで知りませんでした。特に北欧には日本が学ぶことは多々あると思っているので、今回の特集がとても興味深く感じられました。観光だけでは知ることができない北欧を学べ、ますます興味が湧いてきました。今後も楽しみにしています! よろしくお願いします。

(青森県青森市・33歳 女性)

 はじめまして。扱ったテーマに興味を持っていただけて嬉しいです。第30号のテーマは「装い」です。こちらもきっとご満足いただけるものと思います。ご期待ください。

「まなびのめ」編集部 三上志穂
  • LINEで送る