編集部だより

「まなびのめ」が取材を受けました。

  • LINEで送る

仙台市公募のワークショップ「仙台まちづくり若者ラボ」に参加して、
「学生と社会人が地域の中で学びあえる環境を作ろう」というテーマのグループで
調査をしているというお二人から、「まなびのめ」について「取材」を受ける機会がありました。
「まなびのめ」はWebで見つけたとのこと。

私たちが「まなびのめ」を始めたそもそものきっかけ、どのように編集をしているのか、
おもしろみはどんなことか、等々お答えするとともに、
市民、特に若い人の主体的な学びを引き出すには、など問題意識も共有するなど、
いろいろとお互いに考えを深めることにもつながったかと思います。

ワークショップ自体は他にもいくつかのところを取材をして発表をまとめて終了となるようですが、
何かしら新しい「学び」のネットワークにつながるとおもしろいかもしれないと感じました。

話の中で過去に開催した「まなびのめ」Live版(「まなびのめ」主催の「学び」イベント)
のことも振り返り、
今は単独での開催はむずかしいなあと考えていますが、
外部とのネットワークの中でなら何かできるかも、と思ったり。

おかげさまで若いお二人から刺激をいただけました。
「まなびのめ」の役割、意義をさらに深めて、みなさまのお役に立てるようさらに尽力してまいります。
ありがとうございます。

「まなびのめ」編集長 川又進

  • LINEで送る