編集部だより

青空将棋

  • LINEで送る

 ここ10年くらいの傾向をみていくと、わたしはどうやら3~4年くらいの周期でマイブームが推移していくようです。一昨年くらいまでは熱心に映画を観ていましたが、最近では忙しさもあってめっきり観に行く回数が減りました。

 他方で、将棋(特にネット配信などで観る将棋)は相変わらず続いております。これもおそらくは再来年くらいまででしょうが。最近は応援している棋士がタイトル戦で調子が悪く、「あまり応援しないほうがよいのかな?」とも思ったりしています。

 先日、研究会で池袋に行った際に、池袋西口公園(かの有名な「ウェスト・ゲート・パーク」!)を通りかかると、面白い光景を目にしました。10人強くらいのグループが青空将棋をしている景色でした。ポータブルな将棋盤だったり、場合によっては手書きの将棋セット(文字通り、吹けば飛ぶような)だったりと、3組くらいのグループにわかれて熱戦を繰り広げていました。その様子は、3時間後に研究会を終えて同じ場所を通りかかった時にも見られました。

 最近ある人が「平成は『昭和じゃない』で続いてきた」と書かれていましたが、青空将棋のどことなく「昭和っぽい」雰囲氣に、「平成の続き」を感じました。

「まなびのめ」編集部 寺田征也

  • LINEで送る