編集部だより

わりと最近知った発達障害

  • LINEで送る

 「聴覚情報処理障害」という発達障害をここ1年くらいの間に知りました。みなさんはご存じですか? 聴力は十分なのに、聞こえにくい、聞き取れないという問題が起こる障害を指すのだそうです。

 具体的な特徴は
 ・音は聞こえるが、言葉が聞き取りづらい。
 ・騒音下で特に聞きづらい。
 ・相手の話すスピードが速いとついていけない。
 ・無線や電話での音声が特に聞き取りづらい。
 ・複数の人に話しかけられると、どちらの話もわからなくなる。
 ・カクテルパーティー効果(雑音を排除して、聴きたい音だけを聴き取る)を感じにくい。
 ・音源の定位が困難。 
 などあるようです。

 実はわたしは上記の特徴の全てが当てはまります。病院で診断を受けたわけではないので聴覚情報処理障害の可能性アリ、くらいの認識ですが。聴覚情報処理障害能力の存在を知るまで、ずっと自分は耳が悪いのだと思っていました。でも、そういえば聴力検査で引っかかったことは1度も無いんでした。

 きちんと聞き取れなくても、何度も聞き返されたら迷惑かと思って文脈から察してみたりするのですが、相手が早口や抑揚のない話し方の場合は大部分が聞き取れず、仕方なく何度も聞き返すことになります。学生時代、早口氣味の先生の授業中に聞き取れなかったことをすぐ隣の席の人に聞き直し、(たぶん私語だと思われて)叱責されたこともあったな~と思い返されます。「質問があるなら先生に聞きなさい」と言われても、何度も何度も授業を遮る勇氣はなく、かといって分からないままにするとどんどん置いていかれてしまいますし。また、アルバイトをしていた頃に電話注文で聞き返しが多すぎてお客様に怒られたのはわりとトラウマです。チキンの数は文脈から察せないんですもの。

 障害というと大問題のようですが、身体的な障害も含めて、その人の特性だと思って接していくのが良さそうだな、と思うようになりました。自分の特性に氣付いてからは、職場ではかなり開き直って何度も(人によってはほぼ毎回)聞き返しても許容してもらえているので、いまは学生の時よりは生きるのが楽になりました。「まなびのめ」編集部 三上にご用の際は、電話の場合は意識的にゆっくりハキハキと、可能であればメールでご連絡いただけますと幸いです。

「まなびのめ」編集部 三上 志穂

  • LINEで送る