読者の声

第41号へのご感想

  • LINEで送る
第41号へのご感想(1)

 「まなびのめ」クイズは頭の体操に持って来いです。

(仙台市泉区・76歳 男性)

 「まなびのめ」クイズは、記事を素直を読んでいただければ答えがわかる問題を考えています。意識的に「ひっかけ問題」にすることはないのですが、たまに誤答が多い号があります。素直に、丁寧に読んでみてくださいね。

「まなびのめ」編集部 川又進
第41号へのご感想(2)

 冊子の大きさがユニークで電車の中でも邪魔にならないので読みやすい。多くの情報が嬉しい。とくに仙台市内在住の方は交通費の負担もなく参加できるのは羨ましいですね。

(多賀城市・77歳 女性)

 おほめの言葉、ありがとうございます。形も折り方も、内容も、独自性を出せればと考え、今のように続いております。「学び」イベントは、どうしても仙台開催のものが多くなっていますが、東北歴史博物館など多賀城市が会場になるものもございますので、ぜひ足をお運びくださいませ。

「まなびのめ」編集部 川又進
第41号へのご感想(3)

 仙南在住なので、仙南のイベントも掲載して欲しいです。宜しくお願いします。

(柴田町・35歳 女性)

 10月5日発行の紙版42号では、白石市教育委員会主催・歴史シンポジウムin白石「戊辰戦争 奥羽の選択~それぞれの列藩同盟~」の情報を掲載できました。仙南在住の皆様からの情報もぜひお寄せいただけたら幸いです。

「まなびのめ」編集部 川又進
第41号へのご感想(4)

 最近、透明飲料がマイブームで飲むことが多かったです。香りやブランド、経験値により錯覚しているという認識を改めて持ちました。高齢者のにおいに若者が否定的という状況は少し悲しいなと感じました。

(仙台市泉区・54歳 女性)

 嗅覚は慣れるのも早い感覚である、という話も聴いたことがあります。慣れてしまえば、それほどイヤなにおいではなくなる、となればよいのですが(高齢者のにおいは危険なにおいではないので)。

「まなびのめ」編集部 川又進
第41号へのご感想(5)

 第40回から見始めました。「学びの庭におじゃまします」に興味あります。

(名取市・68歳 男性)

 「まなびのめ」Web版では、「学びの庭におじゃまします」のバックナンバーも全てお読みいただけますので、じっくりとご覧になってみてください。

「まなびのめ」編集部 川又進
第41号へのご感想(6)

 自治体によって検診費用の負担額が違うのは残念です。検診以外でも保育料や、お祝い金、ふるさと納税等あまりに違うのはいかがなものでしょうか?

(仙台市青葉区・37歳 女性)

 どういう施策に予算をかけるか、自治体によって優先度が異なりますね。自分の住む自治体がどうなっているのか、まずは知ることが大切です。そして他も知ることで、「うちの自治体でもそうできるのではないか、そうしてほしい、そうしよう」という声をあげる住民が多くなれば、行政の考える優先順位も変えていくことにつながるでしょう。主権者意識をもった市民になりたいものです(参考文献:「まなびのめ」紙版第32号「政治について話すことも主権の行使です」 「主権者教育から見えてくる日本の問題」)。

「まなびのめ」編集部 川又進
第41号へのご感想(7)

 「名著への旅」で角川新書の本が掲載されていましたが、笹氣出版さんで過去に出した本の紹介もしてほしいです。

(大崎市・40歳 男性)

 自社での出版物では、「文化伝承叢書」シリーズがございます。それぞれに読みごたえがありますので、1冊1冊ぜひご一読くださいませ。

「まなびのめ」編集部 川又進
第41号へのご感想(8)

 毎回テーマをもった先生達のお話にとても興味があり、面白く感じています。

(仙台市太白区・54歳 男性)

 「研究」のお話は、思ったよりも私たちの「くらし」にも密接ですし、「研究をする」こと自体にも惹かれる要素がある氣がします。「真理の探究」への欲求は人間一人一人にある本能かもしれません。

「まなびのめ」編集部 川又進
第41号へのご感想(9)

 学びについてまじめに取り組んでいる内容に「フリーペーパーでいいの?」と思ってしまいます。毎回期待して見ていますよ。

(仙台市太白区・50歳 女性)

 「フリーペーパーでいいんです!」 次回もご期待ください。

「まなびのめ」編集部 川又進
第41号へのご感想(10)

 「におい」おもしろかったです。

(仙台市泉区・52歳 女性)

 今回も取材に同行しましたが、おもしろかったです。取材でのおもしろみが、読者の皆様にも伝わって、大変うれしいです。

「まなびのめ」編集部 川又進
第41号へのご感想(11)

 毎月、泉図書館から雑誌「ニュートン」をお借りし眺めています。息子と孫はネットで読んでいますが、私はパソコンをやめましたので。「名著への旅」発見があります。

(仙台市泉区・86歳 男性)

 紙媒体もデジタル媒体も、知識を得る欲求、好奇心を満たしてくれるありがたい存在です。どちらもうまく活用して、これからも「学び」を得ていきましょう。

「まなびのめ」編集部 川又進
第41号へのご感想(12)

 坂井信之先生:「嗅覚こそ五感の中心だ」と脳との関連しているの説に、読めてよかった。
 藤村務先生:「呼氣のにおいと食道がんのお話」では、研究を進め、昨年に特許取得との内容。今後に期待いたします。

(仙台市宮城野区・76歳 女性)

 視覚や聴覚の陰に隠れて見過ごされがちな「におい」ですが、「におい」のすごさや効用が、決してそれらに引けを取らないことは大きな発見でしたね。

「まなびのめ」編集部 佐藤曜
第41号へのご感想(13)

 これからも好きなコーヒーを味わっていこう。コーヒーの香りが人の行動を変える、最初の文字を目で追った。何の根拠もわからないまま、ずっと続けていたコーヒーに大きな親しみを覚えました。子どもの間に感覚の幅を広げるという提言にも納得してしまいました。坂井先生の日常の中を見つめる姿勢を学びました。がんの早期発見は新聞等から何とか知識を得ていますが、面倒でつい検診逃れを口実にしているのも現状です。家族も社会も救う早期発見。藤村先生の優しい言葉が、耳に強く聞こえました。

(名取市・78歳 男性)

 私もコーヒー党なのでとても嬉しい氣分です。老化防止にもいいと聞いていますので。「におい」ががんの早期発見につながる、というのも意外でしたし、大いに期待したいところです。

「まなびのめ」編集部 佐藤曜
第41号へのご感想(14)

 「学び」イベント情報が役立ちます。「文字・活字とのふれあいDay」に一度訪れてみたいと思っています。

(仙台市太白区・52歳 女性)

 「学び」イベント情報は一度利用し出すとやめられなくなります。また、秋の一日、「文字・活字とのふれあいDay」にお出でくだされば、何かいい発見があるはずです。

「まなびのめ」編集部 佐藤曜
第41号へのご感想(15)

 ポケモンの神話学という本がおもしろそう。ポケモン世代なので。

(角田市・33歳 男性)

 クールジャパンの代名詞の一つでもあるポケモン。根強い人氣がありますね。ところで、ひところ大騒ぎした「ポケモンGO」、最近聞かなくなりましたね……。

「まなびのめ」編集部 佐藤曜
第41号へのご感想(16)

 食道がん以外でも「呼氣」で特有なにおいの研究に期待。動物(犬)も活用期待。

(仙台市青葉区・69歳 男性)

 最近ネットで調べてみて分かったのですが、犬の優れた嗅覚を利用したがんの発見は、既にいろいろと進んでいるようです。フランスのパリでも乳がんの発見率が99%にも達した、という臨床実験の全国ニュースを8月に聞きました。

「まなびのめ」編集部 佐藤曜
第41号へのご感想(17)

 「におい」いつのまにか人工のニオイに囲まれています。自然のにおいがなくなっているようで淋しいです。庭の草刈りをした後の草のにおい、なんとなく落ち着きますが、玄関に入るとツーンとくる芳香剤のニオイ、鼻を押さえてしまうときもあります。蚊取り線香と蚊帳の中で寝たあのころが懐かしいです。

(仙台市太白区・73歳 男性)

 ホントにホントに同感です。「昭和は遠くになりにけり」という感慨ひとしきりです。

「まなびのめ」編集部 佐藤曜
第41号へのご感想(18)

 興味のある「学びイベント」が県外開催。ちょこっと旅氣分で、出掛けてみたくなりました。

(石巻市・35歳 男性)

 県外へ出かけるのは氣分転換になりますし、その上更に学びが出来ると来れば、言うことなしですね。

「まなびのめ」編集部 佐藤曜
第41号へのご感想(19)

 すごく勉強になった(特にがんの早期発見)。

(仙台市宮城野区・64歳 男性)

 がん検診が手軽で安価に短時間で出来るようになれば、いまよりも受診率が上がるでしょうし、また、発展途上国の人たちにも受診の機会がどんどん生まれてくるのだと思います。

「まなびのめ」編集部 佐藤曜
第41号へのご感想(20)

 「学びの庭におじゃまします」は読みごたえがあり、難しいことを分かり易くお話下されて次回も楽しみにしております。

(仙台市太白区・63歳 男性)

 学びの機会は老若男女を問わず、一般市民の誰にでも分かり易い形で与えられるべきと考えていますし、そこがまた苦心のしどころでもあります。

「まなびのめ」編集部 佐藤曜
第41号へのご感想(21)

 人間の感覚には五感があるとは知っていたけど、一つ一つの意義は簡単にしか知らず、特に嗅覚が人間に深くかかわっているとは思わなかった。

(大崎市・75歳 男性)

 医療や健康面のみならず、味覚や情緒面にも深く関わっているのが「におい」だということが、今回よく判りました。各個人個人の生活や仕事の中で「におい」についてアクティブに関わっていこう、という前向きな発想を抱かせてくれました。

「まなびのめ」編集部 佐藤曜
第41号へのご感想(22)

 イベント情報の質と量、取材インタビューの内容ともに読みごたえがあり、なぜ、これだけのものが無料で発行できるのか、驚いています。笹氣出版とは何者か? 「まなびのめ」発行のために裏で悪いことをやっているに違いない!と思っています。紙面の形、色、大きさもなかなか他になく、おしゃれなものです。これからも裏の悪事がばれないよう、頑張って発行を続けてください。期待しています。

(仙台市若林区・55歳 男性)

 笹氣出版は今年創立97周年になる、とりわけ学術系において信用と信頼をいただいている企業です。そういう我々が、社会や一般市民の方たちに出来ることは何かということを自らに問いかけ、「学術の世界と市民をつなぐ」という使命感に燃え、各々の工程でプロフェッショナルが担当しているので出来てしまうのです。

「まなびのめ」編集部 佐藤曜
第41号へのご感想(23)

 部屋に芳香剤を設置したり、制汗スプレーを使ったりと氣を使っているものの、その実際について深く考えることはありませんでした。騙されている部分もあるのですね。私自身、「風邪氣味の人のにおい」というのを感じるので、今回のテーマは大変おもしろかったです。

(栃木県宇都宮市・38歳 男性)

 わたしは強い香りで氣分が悪くなるため、においを消すタイプの商品を好んで使っていたのですが、人の嗅覚を鈍らせているのだと知りショックでした。「風邪氣味の人のにおい」とはどんな感じなのでしょうか。それを感じられる嗅覚を大切にしてください。

「まなびのめ」編集部 三上志穂
第41号へのご感想(24)

 嗅覚と認知症との関りには強い関心を持っています。汗が流れる時期には家族から「くさい」と指摘されるときも多いです。自分の体臭ににぶくなっているだけではないことが恐ろしいことですし、対策にいろんなにおいに関心を持とうとしています。

(仙台市太白区・67歳 男性)

 自分の体臭に鈍感になるのは生物として自然なことだそうです。しかし周囲への配慮は心がけたいものです。指摘してくれる人がいることも、機嫌を悪くせずきちんと対策しようとする意識も素敵ですね。

「まなびのめ」編集部 三上志穂
第41号へのご感想(25)

 先生の解説も分かりやすく自分の子供の病氣への偏見も少し解消できました。字の大きさも小さくなくて読みやすいです。

(仙台市宮城野区・30歳 女性)

 お役に立てて幸いです。今回も「とても興味深いお話が聞けた!」と編集部も大満足の記事になりました。

「まなびのめ」編集部 三上志穂
第41号へのご感想(26)

 齢を重ねても興味、好奇心、学ぶ姿勢を持続したいと思います。次号も楽しみにしておりますので、よろしくお願いいたします。

(仙台市若林区・74歳 男性)

 学術の世界は日進月歩です。いくつになっても最新の「学び」と出会うために「まなびのめ」をご活用いただければ幸いです。

「まなびのめ」編集部 三上志穂
第41号へのご感想(27)

 「学び」イベントを見るのが楽しみです。なかなか足を運ぶことができませんが、興味深い講座が沢山あり、都合をつけて行きたいです。

(仙台市青葉区・45歳 女性)

 氣になる講座の日に限って予定が、ということは結構ありますよね。「まなびのめ」紙版では発行から約3か月以内のイベントが見られますので、翌月、翌々月のイベントも早めに確認しておくことをオススメします。Web版では紙版発行後に寄せられたイベント情報も随時更新しております。急に予定が空いた日の「学び」イベント検索にもご利用ください。

「まなびのめ」編集部 三上志穂
第41号へのご感想(28)

 7月21日講演<「夜と霧」に学ぶ>を聴きました。もう少し時間があれば講演の内容が生きたように思いました。今後もいろいろな「学び」に参加してみようと思っています。

(仙台市泉区・70歳 女性)

 わたしは今年のお盆休みに「夜と霧」を初めて読みましたので講演の内容が氣になります。参加体験記のコーナーへ投稿してみませんか?

「まなびのめ」編集部 三上志穂
第41号へのご感想(29)

 「がんの早期発見」の話を興味深く拝読いたしました。なぜかといいますと、先々月肺がん検診で「異常なし」と安心したところだったからです。

(仙台市青葉区・66歳 男性)

 タイムリーな話題だったのですね。「異常なし」で何よりです。今後もぜひ毎年検診を受けてください。たまに「学び」イベントへお出かけしてみるのも健康に良さそうですよ。

「まなびのめ」編集部 三上志穂
第41号へのご感想(30)

 いつも大変楽しみに読ませていただいております。今回、初めてクイズに応募してみました。当たったら嬉しいです。これからも、身近に学べる内容を希望致します。貴社の益々のご発展をお祈り申しあげます。

(仙台市青葉区・47歳 女性)

 ご愛読ありがとうございます。第41号のテーマは特に身近に感じられる内容だったと思いますが、ご満足いただけましたか? 今回当選してもしなくても、ぜひまたクイズに応募してくださいね。

「まなびのめ」編集部 三上志穂
第41号へのご感想(31)

 学習系のイベントの多くが解りやすくまとまっていてとても良かったです。なかなか学習系のみをまとめているところはみないので……。毎号ひとつのテーマに対して二つの視点・二人の先生からお話を頂いているらしいところも、物事は二点以上からみるべきと感じて素晴らしいと思いました。

(仙台市太白区・27歳 女性)

 1つのテーマを違う分野から見ると、視野が広がり「学び」が深まります。「まなびのめ」らしさ、こだわりポイントが伝わって嬉しいです。

「まなびのめ」編集部 三上志穂
第41号へのご感想(32)

 今回初めて手にしました。ガンの早期発見をにおいでできれば、手軽にできてとてもいいですね! 早く実用化して一般的になる日が来てほしいです。

(仙台市若林区・43歳 女性)

 胃がん検診や乳がん検診のマンモグラフィなどは「検診自体がツライ」というイメージもあります。ツライ上に時間や費用もかかるため検診の受診率が上がらない面もあるのでしょう。においによる検診の実用化に期待したいですね。

「まなびのめ」編集部 三上志穂
第41号へのご感想(33)

 藤村先生の記事は参考になったし、とても興味深い記事だった。

(仙台市宮城野区・45歳 男性)

 藤村先生のお姉さんのお話は、読んでいて胸が締め付けられるようでした。1度だけ仕事を優先してしまった、という点も日本人にありがちな理由のように感じます。研究が進むことで検診の身体的・時間的な負担が減り、早期発見・早期治療の徹底が実現されることを願います。

「まなびのめ」編集部 三上志穂
第41号へのご感想(34)

 においは言葉で表現することが難しく他の人と共有できにくいのに、快・不快に大きく影響する最も重要な機能の1つだと感じます。
 坂井先生のコーヒーの香りを使った実験は興味深かったです。
 においとは直結しませんが、私は以前、 coffee などのコーヒーに関する看板を見ただけで、コーヒーを飲んでいる時のような寛ぎを感じていた時期がよくあって、この記事を読んで謎が解けました。
 子どものうちに感覚の幅を広げよう、これは自分の子にも積極的に実践したいと思いました。実物を見せてあげたい、などとはよく言うけど視覚以外の感覚も全開にして感じとることをもっと大切にしたいです。
 藤村先生の、呼氣のにおいによるがんの早期発見の研究については、実用化を期待しつつ、簡便にガン宣告された時の心構えについても考えさせられました。
 より良い社会にするために、さまざまな研究が行われていることを知ることができました。これからも分かりやすくてためになる記事を期待しています。

(仙台市宮城野区・42歳 女性)

 子どもの感覚の幅を広げる、と言った時に、においはあまり意識されてこなかったかもしれませんね。わたしは夏のにおい、冬のにおい、など「季節のにおい」を感じるのですが、同じにおいを嗅いでいるはずなのに共感できる人が案外少ないです。これも育った環境によるものなのかな、と思います。

「まなびのめ」編集部 三上志穂
第41号へのご感想(35)

 毎号楽しみに読ませていただき感謝しているところですが、私たちの身体のことの話をしていただき、「なるほど」と勉強することができ、あらためて御礼申し上げます。

(仙台市宮城野区・91歳 男性)

 いつもしっかりとお読みいただいているようで、大変ありがたく感じております。生涯学び続けられるように、私たちもがんばります。

「まなびのめ」編集部 川又進
第41号へのご感想(36)

  「維新150年」福島市文化センターの展示物には政府の処分<仕置>の全容が垣間見えました。

(石巻市・58歳 男性)

 私も2015年8月8日(土)に東北歴史博物館で開催されていた特別展示「徳川将軍家と東北 ─ 泰平の世の歴史と名宝 ─」に行った際に、奥羽越列藩同盟旗の複製を観てきましたが、その大きさの迫力もさることながら、胸を締め付けるように漂ってくる悲壮感に圧倒されたのを覚えています。

「まなびのめ」編集部 佐藤曜
第41号へのご感想(37)

 内容よく、イベント、セミナーに参加した氣分になる。時間を作り「学び」イベントへ参加したい。

(仙台市泉区・60歳 女性)

ぜひ「学び」イベントにご参加ください。Web版のTOPには「これからのオススメ★イベント情報」を10件掲載していますので、イベント選びのご参考にどうぞ。

「まなびのめ」編集部 三上志穂
  • LINEで送る