読者の声

第40号へのご感想

  • LINEで送る
第40号へのご感想(1)

 今回、参加体験記を採用して頂きました。ありがとうございました! 記念に保存します。そして、これからも「学び」イベントに参加して、自分の知識と教養を深めていこうと思います。

(柴田郡柴田町・34歳 女性)

 参加体験記の投稿ありがとうございます。市民の声を学術の世界に届け、双方向の「つながり」をつくっていくことを追求していますので、その意味でも参加体験記は大変貴重です。今後も「参加体験記」をお待ちしています。

「まなびのめ」編集部 川又進
第40号へのご感想(2)

 主人が歴史好きなこともあり、話を聞いているうちに仙台藩の話に興味が出ていた頃でした。モリス先生の仙台の人は自信がなさすぎだったというお話は今を生きる私でも心のどこかで思い当たる話でした。

(仙台市太白区・35歳 女性)

 興味がわいた時が「学び時」かもしれませんね。「まなびのめ」過去記事でも歴史関係のものがございますので、ぜひご覧ください。

「まなびのめ」編集部 川又進
第40号へのご感想(3)

 モリス先生の戊辰戦争や東北地方の人々についての考え方は面白いなと思った。

(角田市・33歳 男性)

 自分と違う視点に出会えるのも「学び」の醍醐味かもしれません。いろんな角度で物事も見ることができるようになりたいものです。

「まなびのめ」編集部 川又進
第40号へのご感想(4)

 今号では、外国人研究者による近世・近代、特に仙台地区の歴史的な話題が掲載されています。研究者、研究内容に感心いたしました。

(仙台市青葉区・65歳 男性)

 以前から外国出身研究者のインタビュー記事を作れたら、と構想していましたが、「明治150年」のテーマで実現できたのは、「まなびのめ」らしさかな、と思います。

「まなびのめ」編集部 川又進
第40号へのご感想(5)

 外国出身で日本の歴史を研究している先生方へ。日本に興味を持ち、宮城を好きになってくれてありがとうという氣持ちです。

(仙台市泉区・54歳 女性)

 本当にそうですね。私たちも、日本の歴史、地域の歴史をもっと学ばねば、と思わされます。

「まなびのめ」編集部 川又進
第40号へのご感想(6)

 内容が、世にあまり流布していないもので、長さもすぐ読みきれるので、氣軽に読むことができます。

(仙台市泉区・60歳 男性)

 ありがとうございます。そういう内容を、より身近に感じていただけるような記事になっていたら幸いです。これからもご愛読ください。

「まなびのめ」編集部 川又進
第40号へのご感想(7)

 祝・40号…おめでとうございます。今後も期待しています。

(石巻市・35歳 男性)

 ありがとうございます。思えば、ほぼ10年。今後もご愛顧くださいませ。

「まなびのめ」編集部 川又進
第40号へのご感想(8)

 大崎市在所なので、鎌田三之助翁のことが書かれていて良かったです。

(大崎市・40歳 男性)

 地元の話題はそれだけで親しみ深く、うれしいものですよね。喜んでいただけてよかったです。

「まなびのめ」編集部 川又進
第40号へのご感想(9)

 外国の人がこれほど地元のことを研究していることに、とても敬意を表します。

(仙台市宮城野区・45歳 男性)

 そうなのです。それぞれのいきさつがあり、ですが、ありがたいことです。

「まなびのめ」編集部 川又進
第40号へのご感想(10)

 読みやすいし内容が充実している。

(仙台市宮城野区・37歳 女性)

 このように簡単明瞭に言っていただくのが一番で、何よりの褒め言葉です。

「まなびのめ」編集部 佐藤曜
第40号へのご感想(11)

 拝読し、クイズ1&2を解くと、幾分知的になったように思えます。次号も期待しています。「氣」について40号で理解しました。

(仙台市若林区・74歳 男性)

 記事を読んでクイズを解くことで、内容の理解が一層深まりますね。「まなびのめ」、いつも「氣」にかけていてください。

「まなびのめ」編集部 佐藤曜
第40号へのご感想(12)

 東北に住んでいるのにいかに不勉強か! 感銘をうけました。明治150年…“まなびのめ”に期待!

(塩竈市・71歳 男性)

 明治150年に関心のある方が多いのか、We版でもいつになく閲覧数が高くなっています。今回の記事でもっともっと東北のことを知りたくなってきます。

「まなびのめ」編集部 佐藤曜
第40号へのご感想(13)

 JR品井沼駅から元禄潜穴と明治潜穴を巡るまち歩きをしたばかりです。当日はボランティアガイドさんの解説や、松島町教委の好意で普段は開けていない資料館も職員さんに開けていただきました。長い年月をかけての大工事が手作業で行われていたことに驚きを禁じえませんでした。クレイグ先生の記事がすっと入ってきました。

(仙台市太白区・67歳 男性)

 ちょうどタイムリーな40号発行となったようで何よりでした。このように行動と知識がうまい具合に繋がると、本当に嬉しいものです。どちらも楽しんでいるお姿が目に浮かぶようです。

「まなびのめ」編集部 佐藤曜
第40号へのご感想(14)

 「学び」イベントは、日付順で大変参考になります。「学びの庭におじゃまします」も非常にコンパクトにまとめられています。

(岩沼市・77歳 男性)

 どちらも「まなびのめ」の看板記事なので、お褒めにあずかり嬉しく思います。

「まなびのめ」編集部 佐藤曜
第40号へのご感想(15)

 文字を読むのが好きだから読んでるけど、毎回面白みに欠ける。真面目過ぎる。

(仙台市青葉区・48歳 女性)

 ご意見として今後の紙面づくりの参考とさせていただきます。

「まなびのめ」編集部 佐藤曜
第40号へのご感想(16)

 明治150年。外国出身で仙台に係わる2人の先生に共感しました。まず新しい目で現在の姿を見ていることです。地道な活動で大衆の心をつかんだ、わらじ村長の鎌田三之助。私たちの目から全く忘れられた存在ですが、農民の活動に密着したことをあらためて知りました。次に仙台藩への評価について述べたモリス先生。古文書から歴史を語ることに歴史の重みを知り、オーストラリアとの共通性をさらに深めたこと等、仙台藩への評価を知る契機となりました。

(名取市・78歳 男性)

 海外出身の研究者が大変深いところまで東北を捉えられていることにまず驚きます。こういった記事を読むことで、私たちも自分たちの住む東北について、より深く考えていく契機としたいものです。

「まなびのめ」編集部 佐藤曜
第40号へのご感想(17)

 初めて読みました。また勉強してみたくなりました。知識を増やしたいです。

(柴田郡柴田町・50歳 男性)

 新たに出逢えてよかったです。良質でコンパクトな学びをどんどん発信していきます。お知り合いやお友達にもご紹介ください。

「まなびのめ」編集部 佐藤曜
第40号へのご感想(18)

 J.F.モリス先生については存じあげておりましたがクレイグ・クリストファー先生は今回初めて知りました。お二人とも日本人以上に日本のことを理解し評価していることに感心しました。特にモリス先生の「東北の人たちは自分たちに自信がない」との指摘は全くそのとおりで、私たちは大いに反省しなければならないと思いました。

(仙台市青葉区・78歳 男性)

 誇りを持ち、正々堂々と前を向いて自分と東北を主張していいのだと勇氣と希望をいただきました。

「まなびのめ」編集部 佐藤曜
第40号へのご感想(19)

 イベント情報を、集める際にいつも、利用しています。非常に助かります。

(仙台市若林区・18歳 男性)

 Web版には、紙版に掲載しきれなかったイベントも多数掲載しています。スマートフォンからもご覧いただけますので、どうぞご利用ください。

「まなびのめ」編集部 三上志穂
第40号へのご感想(20)

 150年前の明治維新から戦争に至る約80年の間、近代化の中で変貌していく社会基盤の実証を元に、東北と中央との関係を明快に捉えられた興味深い切り口です。研究ノートに魅力を感じます。

(仙台市宮城野区・66歳 男性)

 これまで勉強してきた歴史が、当然のように中央視点だったことに初めて氣が付きました。宮城・仙台で魅力的な研究をしている研究者をどんどんご紹介してまいります。

「まなびのめ」編集部 三上志穂
第40号へのご感想(21)

 学びについてまじめに取り組んでいる内容に「フリーペーパーでいいの?」と思ってしまします。毎回期待して見ていますよ。

(仙台市太白区・50歳 女性)

 いろんな分野にスポットを当てられるように考えてテーマを決めています。次号もまた期待通り(以上かも!?)の記事がご提供できそうです。

「まなびのめ」編集部 三上志穂
第40号へのご感想(22)

 毎回テーマをもった先生たちのお話にとても興味があり面白く感じています。

(仙台市太白区・54歳 男性)

 ありがとうございます。1つのテーマをもとに、なるべく異分野から2編になるように意識して取材をしています。

「まなびのめ」編集部 三上志穂
第40号へのご感想(23)

 とても勉強になります。

(仙台市宮城野区・38歳 男性)

 学生でなくなると自分が主体的に学ぼうとしたもの以外は得にくくなりますよね。「まなびのめ」で勉強の幅を広げていただければと思います。

「まなびのめ」編集部 三上志穂
第40号へのご感想(24)

 「学び」イベント情報を毎号楽しみにしています。

(仙台市泉区・65歳 女性)

 「学び」イベントに参加されましたら参加体験記のコーナーへご感想をお寄せください。

「まなびのめ」編集部 三上志穂
第40号へのご感想(25)

 毎号楽しみに読ませていただき感謝しているところですが、今回は特に外国出身学者が日本の明治維新や仙台藩のことについての話をしていただき、なるほどと勉強することができ、あらためて御礼申し上げます。ありがとうございます。

(仙台市宮城野区・91歳 男性)

 外国出身の研究者は初めて登場して頂きましたが、外国出身だからこその視点がより一層研究を深めているかもしれませんね。

「まなびのめ」編集部 三上志穂
第40号へのご感想(26)

 今回の「学びの庭におじゃまします」は、最近、歴史に興味津々なのでじっくり拝読しました。イベントも出来るだけ参加したいです。

(仙台市若林区・49歳 女性)

 編集部としても、興味をお持ちの分野にフォーカスできて嬉しいです。予約不要・無料の「学び」イベントもありますので、お氣軽にご参加ください。

「まなびのめ」編集部 三上志穂
第40号へのご感想(27)

 宮城県や仙台市を外国人が研究しているのがおもしろかった。

(仙台市宮城野区・10歳 女性)

 面白いと感じていただけて幸いです。研究内容はさすがに難しかったでしょうか? わたしは、外国出身でなぜ東北・宮城・仙台の歴史を研究しようと思ったのか氣になっていたので、それが聞けて良かったです。

「まなびのめ」編集部 三上志穂
  • LINEで送る