編集部だより

ノーベル文学賞と日本の文学

  • LINEで送る

 先日、今年のノーベル文学賞が決定しました。受賞されたのはイギリスの作家カズオ・イシグロさんです。イシグロさんの作品はイギリスをはじめ世界中で高く評価されています。『わたしを離さないで(原題 Never Let Me Go)』は日本でもドラマ化され、実際に作品を読んだことがない方でも、ドラマを観たことがある方はいらっしゃるかもしれません。
 
 受賞決定後、連日のようにテレビのニュース番組では「英国在住」の「日系」である作家の栄誉を讃えています。日本に住んではいないが「日系」の作家が受賞したということが、日本にとってとても嬉しいこととされています。
 
 さて、一つ考えてみたいことがあります。少し意地の悪い質問になりますが、イシグロさんの作品はどの国の言葉で書かれているでしょうか。ご存知のように、イシグロさんは自分の国の言葉である英語で作品を書かれています。日本語ではありません。『わたしを離さないで』は日本語に翻訳されて日本で出版されています。付け加えるならば、イシグロさんの国籍は日本ではなくイギリスです。

 私はイシグロさんのお仕事を否定しようとしているわけではありません。考えてみたいことというのは、私たちが普段、日本の文学と考えるものは何なのだろうか、ということです。

 日本語で書かれた作品が日本の文学なのでしょうか? それとも、今回のように日本語以外で書かれた作品も日本の文学なのでしょうか?
 はたまた、日本人作家が書けばそれは日本の文学なのでしょうか? そうではなく、日本人作家以外が書いてもそれは日本の文学なのでしょうか?

 今回のイシグロさんの受賞を受けて、私たちは日本の文学とは一体何を意味しているのかを考える機会を与えられたのではないかと思います。

「まなびのめ」編集部 佐々木 隼相

  • LINEで送る