研究者インタビュー

眠れない悩みを持つ方々へ

  • LINEで送る

健康づくりのための睡眠指針2014

健康づくりのための睡眠指針2014 ~睡眠12箇条~

  1. 良い睡眠で、からだもこころも健康に。
  2. 適度な運動、しっかり朝食、ねむりとめざめのメリハリを。
  3. 良い睡眠は、生活習慣病予防につながります。
  4. 睡眠による休養感は、こころの健康に重要です。
  5. 年齢や季節に応じて、ひるまの眠氣で困らない程度の睡眠を。
  6. 良い睡眠のためには、環境づくりも重要です。
  7. 若年世代は夜更かし避けて、体内時計のリズムを保つ。
  8. 勤労世代の疲労回復・能率アップに、毎日十分な睡眠を。
  9. 熟年世代は朝晩メリハリ、ひるまに適度な運動で良い睡眠。
  10. 眠くなってから寝床に入り、起きる時刻は遅らせない。
  11. いつもと違う睡眠には、要注意。
  12. 眠れない、その苦しみをかかえずに、専門家に相談を。

 定年退職などで時間ができても、「眠くなってから寝床に入り、起きる時刻は遅らせない」が第10条です。世代別では、若年世代は夜更かしを避けて体内時計のリズムを保つ、勤労世代は仕事の能率アップのため毎日十分な睡眠をとって疲労を回復する、そして熟年世代は朝晩の行動にメリハリをつけ日中に適度な運動をする、となります。

 第2条の解説にあるのですが、アルコール、カフェイン、ニコチンも、睡眠の質を低下させます。中でもお酒は、コーヒー・紅茶やタバコと違って「飲むと眠れる」と思っている人が多いのですが、実は逆です。入眠困難や中途覚醒に悩んでいる方は、寝酒や晩酌をしばらく控えてみてはいかがでしょうか。

 看護や介護において、睡眠の適切な保健指導ができる人材の育成も課題です。私は昨年、「健康づくりのための睡眠指針2014」にもとづいて保健指導をするための、ハンドブックを作成しました。表やグラフを多用し、指導を行う側がまず深く理解した上で、分かりやすく説明・指導ができるようになっています。これもインターネットで公開中です。(健康づくりのための睡眠指針2014 ~睡眠12箇条~ に基づいた保健指導ハンドブック
(取材=2017年5月29日/東北大学星陵キャンパス医学部保健学科D棟2階 老年・在宅看護学分野会議室にて)

研究者プロフィール

東北大学大学院 医学系研究科 教授
専門=在宅看護学

尾﨑 章子 先生

《プロフィール》(おざき・あきこ)福島県生まれ。千葉大学看護学部卒業後、看護師として病院に勤務。退職後に専業主婦を経て、東京医科歯科大学大学院 医学系研究科 博士後期課程修了。博士(看護学)。国立精神・神経センター精神保健研究所の研究員を経て、東邦大学医学部准教授、看護学部教授。2015年より現職。

  • LINEで送る