読者の声

第3号へのご感想

  • LINEで送る
第3号へのご感想(1)

 心のこもったお便りとまなびのめ3号をありがとうございました。内容は勿論のこと、襲色目の色使いの美しさも大変氣に入ってます。

(亘理郡亘理町・44歳 女性)

 ひきつづきクイズの応募もお待ちしています。「2回目の応募だから是非抽選に当たってほしい」と編集部員でも願ったりしますが、ホントに厳正に抽選しているので、思うようにはなりません。どうぞ根氣づよく、挑戦してみて下さい。

「まなびのめ」編集部 川又 進
第3号へのご感想(2)

 まなびのイベントの感想がわかったから参加しやすい。

(仙台市太白区・50歳 男性)

 今回、初めて「まなびのめ」を拝見いたしましが、今後、イベント体験などに参加してみたいと思いました。

(仙台市青葉区・28歳・大学事務 女性)

 「学び」イベントに参加された方の体験記が、他の方の参加意欲につながっていくと、編集部としても嬉しいです。「学術の世界」側にとっても励みや刺激になると思いますので、ぜひ参加したイベントの感想等を体験記としてお寄せ下さい。

「まなびのめ」編集部 川又 進
第3号へのご感想(3)

 MEMSについて、今後の進歩を一層期待します。形状記憶合金これにも使われていることも知り驚きでした。高齢者が多いとはいえ、誰でも寿命が全うできるようにと思います。

(大崎市古川・66歳 男性)

 最先端の研究・開発をされている先生が、こんなにも近くの大学にいらっしゃるもので、より身近に感じていただけたら幸いです。
 今回ご登場の先生に限らず、「患者さんのため」という熱い想いで日々研究を進める先生方の存在は心強いですね。

「まなびのめ」編集部 川又 進
第3号へのご感想(4)

 まなびのめ第3号、せんだいメディアテークで初めてのTAKE FREEありがとう、サンキュー、メルシー、ダンケ、スパシーボ、シェシェ!!! ターゲットではないであろう前期高齢者というじいさんで~す。が、しかし、「学び」イベント2月1日(日)、2月18日(水)、3月27日(金)へ行かせてもらいます~。
 頭は悪いが身体は丈夫と神様がバランスをとってくれた事に感謝している年寄りが無理やり感想を書きます。今日び企画が99%なのは素人の私にも分かりますが、言葉を組版するプロに対し、たかが「表記」で重箱の隅をつついて御免なさい。『「学び」イベントに行ってきました』のグリーンベタ文字白抜で『エルパーク仙台ギャラリーホール』『エル・パーク仙台5Fセミナーホール』とあります。一応ネーミングとしては、どちらも中黒が入りますネ。芳賀洋一先生の一番上のリード的な文章の2行目に「くらしとの関り……」とありますが、私的には「関わり」としたかった。PHOTO 3点載っている上の文字部分の「下から5行目」に「関わりながら……」とあったので、同じ意味あいかなぁ~と思っちゃったもんで。
 もしかしたら抽選で当たるかもしれないチャンスをはなからふいにしてしまう、俺はお馬鹿老人だァ。毎日が日曜日だからボールペンをとった事もあるが、「まなびのめ」は学術の世界と市民をつなぎ、心も体も元氣溌剌にしてくれる事に反応しました。重ねてゴメン。「ハガキ」という表記がありますが、キモい私ごとき的には格調高く「はがき」としたぁ~い。訴求力が一番の見解だとは思いますが、現物(官製・私製)も、市政だより、県政だより、全国紙&河北新報も、トヨタ自動車&パナソニックの印刷物も東京の共同通信社の用字用語集も「はがき」でしゅ……お尻を叩かれそう(謝)

(仙台市青葉区・68歳 男性)

 ご指摘誠にありがとうございます。
 表記上の問題点、氣づかずに反省しております。「校正おそるべし」胆に銘じる一方、細かくご覧いただいていることに感謝します。

「まなびのめ」編集部 川又 進
第3号へのご感想(5)

 今注目されている学問についての特集記事が載っていて読み応えがありました。特に芳賀洋一先生の記事はとても面白く、興味深く読ませてもらいました。また、博物館などのイベントが掲載されていてとても良かったです。

(仙台市青葉区・28歳 女性)

 「まなびのめ」の想いを正面から受けとめていただきありがとうございます。
芳賀先生も畑岡先生も、穏やかな語り口の中にも熱い想いのこもった人間味あふれる先生でした。研究の内容と共に、先生方のお人柄なども伝われば本望です。

「まなびのめ」編集部 川又 進
  • LINEで送る