編集部だより

函館周辺に行ってきました

  • LINEで送る

ゴールデンウィークに函館周辺に行ってきました。北海道新幹線が開通し、以前よりは本州から北海道へ行きやすくなったものの、北斗市にある新函館北斗駅から函館駅までは電車で20分ほどと、それほど近くありません。目的地までの交通費・所要時間・乗り換え回数を調べ、木古内駅で新幹線を降り、バスで函館市内まで行くという経路が決定しました。木古内駅前には道の駅もあり、木古内町公式キャラクター「キーコ」が出迎えてくれます。道の駅の外に屋台も出ており、にぎわっていました。

 函館では、金森赤レンガ倉庫や五稜郭公園など定番の観光名所を巡りました。バスと路面電車の両方で使える1日乗車券があり、なかなか便利です。わたしを含め観光客が多いシーズンのせいか路面電車は大混雑だったので、路面電車1度しか乗りませんでした。また、五稜郭公園はちょうど桜が満開で、壮観でした。

 余談ですが、わたしは4月頭に埼玉県への出張があり、その際に電車の中から満開の桜並木を眺め、4月中旬からは仙台で桜を見て、4月下旬には地元青森県で散り際の桜を見かけ、ゴールデンウィークには函館で満開の桜を愛でる、という桜前線とともに移動した感じの1ヵ月となりました。
 海鮮やジンギスカンも堪能し、帰りは新函館北斗駅から新幹線に乗りました。北斗市公式キャラクター「ずーしーほっきー」がポストの上に座っていました。キャラクターの差…(かわいさ・インパクトなどあらゆる意味で)と思いながら北海道を後にしました。
 以上、特に「まなびのめ」とは関係ありませんが、函館周辺旅行記でした。

「まなびのめ」編集部 三上 志穂

  • LINEで送る