研究者インタビュー

「身体的に豊かな生き方」を楽しむために

  • LINEで送る

 ご覧の通り、私の研究室には様々な古いスポーツ用具があります。そのラクロスのスティックは19世紀以前のものですし、今とは形の違うこの卓球のラケットは、どうしても欲しくて結構なお金を出して買いました。収集は研究のためでもありますが、実は自分の趣味でもあります(笑)。

 私のコレクションは日本では珍しがられますが、欧米ではスポーツ用品のアンティークが、生活やマーケットに根付いています。優れた古い焼き物が、実用的な価値を超えて高く評価されるのと全く変わりません。古いスポーツ用品に価値を認めるかどうかということは、実はスポーツを文化として見るか否かという問題に深く関わっています。学問や芸術と同様、スポーツも歴史に学び、未来に伝えるべき大切な文化なのですが、こうした意識が高まってきたのは、日本では近年のことです。

 昨年の12月、「仙台市 : スポーツの史跡を訪ねる」という題で市民向けの講座を行いました。今の八木山動物公園は、かつて野球場などのスポーツ施設があった場所です。1934年にはベーブルースを含む米国の選手たちが来て、日米野球が開催されました。勾当台公園にある、谷風像はご存じでしょうか。江戸時代の1700年代後半に活躍した大横綱で、今の仙台市の出身です。幸いこうしたお話が受講者の皆さんに好評でしたので、今度は「せんだい豊齢学園」でお話をすることになっています。

 しかし地方のスポーツ史研究は、まだこれからの段階です。私は今、仙台の古い地図を集め、スポーツ施設を見つけては記録するという作業に取り組んでいます。かつて市の中心部にあった競馬場や自転車トラックは、今は跡形もありません。しかし地図から拾い上げてまとめることで、街の再発見につながればと思っています。歴史が明らかになることで市民的な関心が高まり、そのことによってまた忘れられた歴史が掘り起こされるという好循環を期待しています。

 このように私の研究するスポーツ史は、ルールや用具の移り変わりを調べるだけでなく、社会のあり方や他の文化との関係を明らかにする学問です。実はスポーツの起源については、地域社会の一体感を作り出すための宗教的な祈りや踊りから発生したという「宗教起源説」の他に、遊びや労働を起源とする説などがあって、確定はしていません。

 しかし発生当初から、スポーツは個人的な営みではなく社会的な営みであり、その時代の社会のあり方と深く結びついた文化であることは確かです。

 スポーツのとらえ方によっては、その歴史はまだ100年から200年ほどしかないと言うこともできます。私たちが今したり見たりしている主なスポーツは、近代社会が成立し、それまで貴族だけのものだった文化が一般に開放されたことによって広まり、その過程で現在のような形になってきたからです。

(取材=2010年8月5日/仙台大学A棟3階・中房研究室にて)

研究者プロフィール

仙台大学 体育学部 教授 専攻 スポーツ史

中房 敏朗 先生

(なかふさ・としろう)1962年大阪府生まれ。奈良教育大学卒業。奈良教育大学大学院修了(保健体育専修)。教育学修士。仙台大学講師、助教授を経て、2009年より現職。

  • LINEで送る