「まなびのめ」ができるまで


第15回「文字・活字とのふれあいDay」で公開いたしました、「まなびのめ」制作過程の動画です。

これからのオススメ★イベント情報

※今般の新型コロナウイルス等の感染拡大予防の観点から開催が 延期・中止されるイベントもございます。開催の有無につきましては、主催者へのお問い合わせをお願いいたします。
00:00
主催 白鳥省吾記念館 内容 1890年(明治23年)2月27日誕生の省吾は、2020年(令和2年)に生誕130年を迎えました。 本企画展では、省吾の親族より寄贈された未公開写真と、30年前に開催された「白鳥省吾誕生100年記念祭」において展示された写真を中心に、白鳥省吾の生涯とその時代を紹介します。 また、省吾が作詞した旧築館高等学校の校歌の作曲は古関裕而が手がけました。 前回の企画展から引き続き、作曲を引き受けた古関裕而からの手紙と楽譜も特別に展示します。 https://www.kuriharacity.jp/w060/010/010/010/010/572.html 開催場所・日時 白鳥省吾記念館(栗原市築館薬師三丁目3-26) 2020年6月5日(金)~2021年3月31日(水) 9:00~16:30 問合せ先 白鳥省吾記念館 TEL 0228-23-7967 入館料 一般 210円 小・中・高校生 110円
00:00
主催 仙台市歴史民俗資料館 内容 ヤマセなどの天災による飢饉をはじめ、仙台地方では地震や洪水、火災などの災害にたびたび悩まされてきました。この展示では、会期中に東日本大震災から10年を迎えるにあたり、東北地方を全般に見通しながら、旧仙台藩領を中心にして江戸時代から現代にいたる様々な災害に対する備えや対策、信仰などについてご紹介します。 ●関連行事  (1)展示解説     2020年11月14日(土)     2021年1月9日(土)・2月14日(日)・3月20日(土・祝)     ・4月3日(土)・4月11日(日)     ※いずれも【午前の部】11:00~11:30        【午後の部】14:00~14:30  (2)特別展関連講座(予定)      【1】「江戸時代の飢饉のしくみ」         2021年1月23日(土) 13:30~15:00      【2】「飢饉を生き抜いた人々の姿」         2021年2月13日(土) 13:30~15:00 http://www.sendai-c.ed.jp/~bunkazai/~rekimin/kikakuten/index.html#saigai 開催場所・日時 仙台市歴史民俗資料館 (仙台市宮城野区五輪一丁目3-7・榴岡公園内) 2020年11月14日(土)~2021年4月11日(日) 問合せ先 仙台市歴史民俗資料館 TEL:022-295-3956  FAX:022-257-6401 http://www.sendai-c.ed.jp/~bunkazai/~rekimin/ E-mail:folkmuse[atmark]deluxe.ocn.ne.jp 入館料 一般・大学生/240円 高校生/180円 小・中学生/120円
00:00
主催 宮城大学 内容 感染症の歴史や,新型コロナウイルスにどのようにして感染するか等について説明した上で,生活の中で行うべき6つの新型コロナウイルス感染症対策について説明しています。特に,アルコール製剤で手を洗う際のポイントは必見です。 開催場所・日時 オンライン講座 https://youtu.be/eKi6WVLuSLg 2020年12月1日(火)~ 講師 松永早苗氏(宮城大学看護学群特任講師) 問合せ先 宮城大学地域連携センター Tel:022-377-8319 Fax:022-377-8421 E-mail:chiren[atmark]myu.ac.jp https://www.myu.ac.jp/research/news/4150/ 受講料 無料
00:00
主催 宮城大学 内容 新型コロナウイルス感染症に罹患した場合,持病を合併していると重症化しやすくなってしまいます。この持病には, 糖尿病や⾼⾎圧といった⽣活習慣病が含まれます。本講義では, 新型コロナウイルス感染症が重症化するメカニズムのほか, これらの⽣活習慣病がどのようにおき,どのように治療・予防すべきかについても説明しています。 開催場所・日時 オンライン講座 https://youtu.be/mgmjV6bdykY 2020年12月1日(火)~ 講師 風間逸郎氏(宮城大学看護学群教授) 問合せ先 宮城大学地域連携センター Tel:022-377-8319 Fax:022-377-8421 E-mail:chiren[atmark]myu.ac.jp https://www.myu.ac.jp/research/news/4150/ 受講料 無料
00:00
主催 宮城大学 内容 体の中に入ってきた病原体を防御する「生体バリア」について確認した上で,それでも入ってきた病原菌をたたく免疫について解説しています。感染症に打ち勝つためには,どんなものを食べて,どんな生活をするべきでしょうか。そのポイントについて説明しています。 開催場所・日時 オンライン講座 https://youtu.be/pa2U1IowG2I 2020年12月1日(火)~ 講師 森本素子氏(宮城大学食産業学群教授) 問合せ先 宮城大学地域連携センター Tel:022-377-8319 Fax:022-377-8421 E-mail:chiren[atmark]myu.ac.jp https://www.myu.ac.jp/research/news/4150/ 受講料 無料
00:00
主催 東北大学 x 読売新聞 (東北大学災害科学国際研究所) オンデマンド配信 開会/イントロダクション~ 講演1 今村文彦所長「はじめに 3.11で何が起きたのか?:広域複合災害の実像」 https://www.youtube.com/watch?v=Qu9pdpp87lU&list=PLzX95CXK46SIU7WgmB6_zO-PVwsi8SV04&index=1 講演2 マリ・エリザベス准教授「復興まちづくり:阪神淡路大震災との比較」 https://www.youtube.com/watch?v=fIe_19quz4s&list=PLzX95CXK46SIU7WgmB6_zO-PVwsi8SV04&index=2 講演3 門廻充侍助教「宮城県での震災犠牲者の記録:災害からの生存学 宮城県警震災データ1万人の記録から分かること」 https://www.youtube.com/watch?v=COYHOw0UVVM&list=PLzX95CXK46SIU7WgmB6_zO-PVwsi8SV04&index=3 講演4 佐藤祥輔准教授「震災伝承のこれまでとこれから:記憶と記録を残す活動 次世代の人材教育に」 https://www.youtube.com/watch?v=TnQS3M02CZ4&list=PLzX95CXK46SIU7WgmB6_zO-PVwsi8SV04&index=4 総合討論「感染症も含めた様々なグローバルリスクに対してレジリエントな社会を構築するために」 https://www.youtube.com/watch?v=CkZb6U-KR1k&list=PLzX95CXK46SIU7WgmB6_zO-PVwsi8SV04&index=5
00:00
主催 東北学院大学 東北産業経済研究所 内容 世界は現在、昨年末から今年初頭にかけて突如持ち上がった新型コロナウィルス感染症(COVID‒19)の渦中にある。人びとの交流の活発化は、感染症の拡大を随伴する。14世紀における「黒死病」、15~17世紀の「大航海時代」おける各種感染症の伝播、そして前世紀における「スペインかぜ」や「アジアかぜ」といったように、人びとの交流の歴史は、感染症拡大の歴史でもあった。とりわけ、前世紀末から顕著となっていたグローバリゼーションをうけて、世界保健機構(WHO)では、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」(Public Health Emergency of International Concern: PHEIC)を想定してはいた。とはいえ、やはり、今次の「コロナ禍」は青天の霹靂であったといえよう。日本においてもその影響は甚大であり、「緊急事態」のもとで模索されたさまざまな方策は、人の流れや街の風景を急速に変えていった。内需・外需の収縮によって、2020年度の日本経済は、大幅なマイナス成長が不可避といわれている(令和2(2020)年度 内閣府年央試算)。地域経済は、いまどのような状況にあるのだろうか。 先の見通しがきかないときにこそ、身近な〈いま〉を可能な限り正確に捉えておくことは、「コロナ禍」の先にまつ未来への備えとなろう。こうした観点から、2020年度シンポジウムのテーマを、「新型コロナウィルス感染症(COVID‒19)の地域経済への影響」と設定した。今後の社会生活のあり方を考察する契機とすべく、東北地方 の 産・官・学 の 各 所 から講 師をお 招きして 、〈 いま 〉を明確 に 切 り出 す 機 会 とした い 。 ①開会挨拶:本研究所 所長 前田 修也氏 ②趣旨説明:本学経済学部 教授 千葉 昭彦氏 ③パネラー報告:【司会】本学経済学部 准教授 田野 穂氏  1.岩手県立大学 総合政策学部 教授 桒田 但馬 氏  「新型コロナウイルス感染症と東北の地域経済の現況」について  2.宮城県農政部 農業政策室 室長 曾根 文浩 氏  「新型コロナウイルス感染症と農業の現況」について  3.宮城県水産林政部 水産業振興課 技術参事兼課長 生駒 潔 氏  「新型コロナウイルス感染症と水産業の現況」について  4.七十七リサーチ&コンサルティング株式会社  経済調査グループ 首席エコノミスト 田口 庸友 氏  「新型コロナウイルス感染症と製造業の現況」について  5.株式会社 食むすび 代表取締役 杉山 健一 氏  「新型コロナウイルス感染症と小売業の現況」について  6.南三陸ホテル観洋 女将(みやぎ女将会 会長) 阿部 憲子 氏  「新型コロナウイルス感染症と観光業の現況」について ④パネルディスカッション:【モデレーター】本学経済学部 准教授 田野 穂氏 ⑤閉会のあいさつ 開催場所・日時 オンライン配信 https://www.tohoku-gakuin.ac.jp/info/top/201204-1.html 2020年12月15日(火)~2021年3月31日(水) 講師 ※プログラム参照 問合せ先 東北学院大学 研究機関事務課 TEL:022-264-6362 FAX:022-264-6530 E-mail:shafuku[atmark]mail.tohoku-gakuin.ac.jp 受講料 無料
00:00
主催 仙台文学館 内容 『100万回生きたねこ』で知られる絵本作家・佐野洋子は、すぐれたエッセイストでもありました。自身の経験や日々の生活を率直に綴った文章は、佐野独自の世界でありながらも、読者であるわたしたちに共感と力を与えてくれます。 今回の展示では、エッセイから抜き出した佐野洋子のことばを軸に、人物像やエピソード、また絵の仕事などを通して、その作品と人の魅力をご紹介します。没後10年を経てますます小気味よい、佐野洋子のことばたちを味わいに来てください。 https://www.sendai-lit.jp/4951 開催場所・日時 仙台文学館 企画展示室(仙台市青葉区北根2-7-1) 2021年1月16日(土)~3月21日(日) ※休館日:月曜日、祝・休日の翌日(3月21日は開館)、第4木曜日 問合せ先 TEL 022-271-3020  FAX 022-271-3044 観覧料 一般800円、高校生460円、小・中学生230円(各種割引あり)
00:00
主催 仙台市博物館 内容 市制100周年記念事業として平成2年(1990)に始まり、平成27年(2015)まで行われた『仙台市史』編さん事業。仙台市博物館では、この市史編さん事業において、仙台の歴史・文化に関わる資料の調査・収集を行い、その成果を『仙台市史』全32巻で紹介してきました。 この特集展示では、20年以上にわたる市史編さん事業を通して収集した資料から、『仙台市史』(通史編・資料編・特別編)で活用したものや、未公開のものを紹介します。 開催場所 仙台市博物館 特集展示室 〒980-0862 仙台市青葉区川内26番地(仙台城三の丸跡) 日時 2021年2月2日(火曜日)~4月18日(日曜日) 9時00分から16時45分 (入館は16時15分まで) ※休館日  月曜日(祝日・振替休日の場合は開館)  祝日・振替休日の翌日(土曜日・日曜日、祝日の場合は開館) 問合せ先 仙台市博物館 TEL:022-225-3074(情報資料センター) FAX:022-225-2558 https://www.city.sendai.jp/museum//tenji/josetsuten/josetsuten.html ツイッター @sendai_shihaku 入館料 個人 一般・大学生 460円 高校生 230円 小・中学生 110円 団体 一般・大学生 360円 高校生 180円 小・中学生   90円
00:00
主催 地底の森ミュージアム 内容 地底の森ミュージアムの1年を振り返ります。 今回は、富沢遺跡の復元画を手掛けた細野修一さんのイラスト原画や、地底の森ならではのフォトスポットも登場!  【来場キャンペーン】  企画展にご来場いただいた方を対象にキャンペーンを開催します。 ご参加いただいた方には、オリジナルシールをプレゼント!  ※シールのお渡しは1人1枚まで。枚数がなくなり次第終了  ①どうぶつはっけん!  会場内にかくれている動物のイラストを見つけて、メッセージを完成させよう!  完成したメッセージをスタッフに伝えると、オリジナルシールをプレゼント!  ②SNS写真館  会場のフォトスポットで撮影した写真に【#地底の森ミュージアム】のハッシュタグをつけて、  SNSに投稿しよう!  投稿画面をスタッフにご提示いただくとオリジナルシールをプレゼント! 開催場所・日時 地底の森ミュージアム 企画展示室 2021年2月2日(火)~3月14日(日) 申込・問合せ先 地底の森ミュージアム 〒982-0012 宮城県仙台市太白区長町南 4-3-1【TEL】022-246-9153【FAX】022-246-9158【E-mail】 t-forest [atmark] coral.ocn.ne.jp 入館料 ・個人 一般 460円 高校生 230円 小学生・中学生 110円 ・団体(30名以上) 一般 360円 高校生 180円 小学生・中学生   90円 ・共通入場券(仙台市縄文の森広場と両館利用の際お得です) 一般 490円 高校生 280円 小学生・中学生 150円
イベント情報の一覧へ

更新情報

研究者インタビュー

学びの庭におじゃまします

1

コミュニティはスイカ型からブドウ型へ

学びの庭におじゃまします

新井 信幸 先生

あの「3.11」からまもなく10年。「まなびのめ」のシリーズ「東日本大震災」も10回目となります。
今回は私たちの「暮らし方」に大きく関わる「コミュニティ」について学び、考えてみます。
お一人目は、研究とともにNPOでの実践も続けている東北工業大学・新井信幸先生です。

インタビュー記事へ

2

災害によるコミュニティの移転を考える

学びの庭におじゃまします

井内加奈子 先生

災害後のコミュニティ移転や維持が大きな課題となることは日本だけのことではありません。
国内外の事例から教訓を学ぶことも大切、ということで、海外事例の調査・研究をされている東北大学災害科学国際研究所・井内加奈子先生にお話を伺いました。

インタビュー記事へ

その他コーナー

参加体験記

読者の皆様が参加された「学び」イベントの感想やレポート(「学び」イベントに行ってきました) をご紹介。
「学び」イベントに参加したら、参加体験記を書こう!

参加体験記へ

名著への旅

編集部イチオシの「名著」をご紹介します。
さて、今回の名著は……?

名著への旅へ

運営会社

Company

会社名
笹氣出版印刷株式会社
住所
〒984-0011 宮城県 仙台市若林区六丁の目西町8番45号
電話番号
022-288-5555
URL
http://www.sasappa.co.jp/