イベント情報

00:00
仙台市博物館の収蔵品から、人物や動物、福の神をはじめとする個性豊かなキャラクターが大集合する展示会です。 近年様々なキャラクターがブームになっていますが、実は昔の人々もキャラクターが大好きでした。たとえば江戸時代の物語や歌舞伎には、主役はもちろん、悪役・わき役に至るまで魅力的なキャラクターが数多く登場します。こうしたキャラクターは浮世絵の題材としても好まれ、強くてかっこいい人物だけではなく、個性的な登場人物たちが人氣を博していたのです。 展示会ではほかにも、ほのぼのとした雰囲氣の動物や、無邪氣に遊ぶ子供、ゆかいな表情の福の神など、印象的なキャラクターがたくさん登場します。可愛いものから、思わずくすっと笑ってしまうものまで盛りだくさん。会場の最後には、お化けや妖怪たちも登場します。 昔の人が想像したり、楽しみながら表現してきたキャラクターたちに、ぜひ会いに来てください。 開催場所・時間 仙台市博物館 9:00~16:45(入館は閉館30分前まで) ※7月22日(金)、29日(金)は19:00まで(最終入館18:30) 問合せ先 仙台市博物館 情報資料センター 〒980-0862 仙台市青葉区川内26 TEL: 022-225-3074 FAX: 022-225-2558 http://www.city.sendai.jp/kyouiku/museum/ 会期中の休館日 毎週月曜日(7/18, 8/8は会館)、7/19(火)、8/12(金) 観覧料 常設展料金でご覧いただけます。 一般・大学生 400円、高校生 200円、小・中学生 100円
00:00
主催 地底の森ミュージアム 内容 地底の森ミュージアム開館20周年を記念し、東北地方の遺跡から出土した石の道具を取り上げます。後期旧石器時代から古墳時代の人々が石の道具に込めた想い「ココロ」をご紹介します。 開催場所・時間 地底の森ミュージアム 企画展示室ほか 9:00~16:45 問合せ先 地底の森ミュージアム 〒982-0012 仙台市太白区長町南4丁目3-1 TEL 022-246-9153 FAX 022-246-9158 E-mail:t-forest[atmark]coral.ocn.ne.jp 入館料 一般400円、高校生200円、小中学生100円
00:00
内容  明治から戦後にかけて、村田町内には多くの医院がありました。それらの医院に保存されていました医学書、薬箱、人体骨格標本、手術器具などの医学資料を展示いたします。合わせて、村田町中心部に現存する、洋風医院建築の特徴なども紹介いたします。 開催場所・時間 村田町歴史みらい館 企画展示室 9:00~17:00(展示室への入室は16:30まで) 問合せ先 〒989-1305 宮城県柴田郡村田町村田迫85 TEL: 0224-83-6822 FAX: 0224-83-6844 E-mail miraikan[atmark]town.murata.miyagi.jp 休館日 休館日 毎週月曜日(祝日の場合は開館)、祝日の翌日 観覧料 無料
00:00
内容 9~15世紀にかけて現在のカンボジアを中心に強大な勢力を誇ったアンコール王朝は世界遺産アンコール・ワットに代表される豪壮華麗なヒンドゥー教、仏教の石造美術を各地に残しました。本展では、石彫像など約100点の文化財を一堂に公開し、アンコール彫刻の造形美の変遷の「みち」をたどります。 職員による展示解説 7/20, 8/3, 8/17, 8/31, 9/14 いずれも水曜日 午前11時に開催 開催場所・時間 東北歴史博物館 1階特別展示室 9:30~17:00(発券は16:30まで) 問合先 東北歴史博物館 管理部情報サービス班 Tel: 022-368-0106 Fax: 022-368-0103 E-mail:thm-service[atmark]pref.miyagi.jp URL: http://www.thm.pref.miyagi.jp/ 観覧料 一般1,200円(前売1,000円) シルバー・学生1,000円(前売800円) 小中高校生500円(前売300円) ※前売券は7月15日まで当館及び各プレイガイドで販売
00:00
主催 東北福祉大学・鉄道交流ステーション 内容  鉄道の駅は私たちの暮らしと密着した身近なものです。今回はそんな駅の姿の移り変わりを、航空写真を手がかりに見ていこうという展覧会。 開催場所・時間 東北福祉大学・鉄道交流ステーション 展示室 8月 2日(火) ~ 11月 5日(土) 午前10:00〜午後4:00 休館日 毎週 日曜日、月曜日、祝日 ただし、10月30日(日)は臨時開館(国見街道まつりのため) 8月11日〜17日(お盆休みのため)、11月1日(火)は臨時休館 *その他、悪天候や大学行事等で臨時に休館する場合があります。詳しくはHP等でお知らせします。 問合せ先 〒981-8523 宮城県仙台市青葉区国見1丁目19−1 東北福祉大学ステーションキャンパス館3F TEL(ダイヤルイン):022-728-6612 FAX:022-728-6616 http://www.tfu.ac.jp/rmlc/ 会期中の休館日 毎週月曜日(9月19日、10月10日は開館)、9月20日(火)、9月23日(金) 入場料 無料
00:00
平成28年度は、「縄文いろは語り」というテーマに15回にわたってお話をします。 講師 鷹野 光行氏(東北歴史博物館館長) 開催場所・時間 東北歴史博物館 3階講堂 13:30~15:00 問合先 東北歴史博物館 管理部情報サービス班 Tel: 022-368-0106 Fax: 022-368-0103 E-mail:thm-service[atmark]pref.miyagi.jp URL: http://www.thm.pref.miyagi.jp/ 受講料 無料
10:00
主催 宮城県教育委員会、東北生活文化大学短期大学部 内容 調理は科学であることを再認識し,実験を通して学習します。また,家庭で起きやすい食中毒について と,その防止法を実践的に学びます。 第1回「調理の科学 1.植物色素の色の変化」8月27日(土) 10:00~12:00(第1回) 第2回「食の安全 1.家庭で起きやすい食中毒」8月28日(日) 10:00~12:00(第2回) 第3回「食の安全 2.家庭調理で行う食中毒防止法」9月3日(土)10:00~12:00(第3回) 第4回「調理の科学 2.異なる油による揚げ物の食感差」9月3日(土)12:30~14:30(第4回) 開催場所 東北生活文化大学短期大学部 申込み・問合せ先 〒981-8585 仙台市泉区虹の丘1-18-2 東北生活文化大学企画課「みやぎ県民大学講座」 TEL:022-272-7513 FAX:022-301-5602 E-mail:kikaku[atmark]mishima.ac.jp 対象 県民 申込み方法 はがき,FAX,E-mail(住所・氏名・年齢・性別・電話番号・職業をご記入ください) 受付期間 7月25日(月)~8月22日(月) 募集人数 40名 受講料 無料
00:00
第2回「アンコール時代の遺跡と美術」 講師 後藤 恒氏(福岡市美術館学芸員) 開催場所・時間 東北歴史博物館3階講堂 13:30~15:00 問合先 東北歴史博物館 管理部情報サービス班 Tel: 022-368-0106 Fax: 022-368-0103 E-mail:thm-service[atmark]pref.miyagi.jp URL: http://www.thm.pref.miyagi.jp/ 受講料 無料
10:00
主催 宮城県教育委員会、東北生活文化大学短期大学部 内容 調理は科学であることを再認識し,実験を通して学習します。また,家庭で起きやすい食中毒について と,その防止法を実践的に学びます。 第1回「調理の科学 1.植物色素の色の変化」8月27日(土) 10:00~12:00(第1回) 第2回「食の安全 1.家庭で起きやすい食中毒」8月28日(日) 10:00~12:00(第2回) 第3回「食の安全 2.家庭調理で行う食中毒防止法」9月3日(土)10:00~12:00(第3回) 第4回「調理の科学 2.異なる油による揚げ物の食感差」9月3日(土)12:30~14:30(第4回) 開催場所 東北生活文化大学短期大学部 申込み・問合せ先 〒981-8585 仙台市泉区虹の丘1-18-2 東北生活文化大学企画課「みやぎ県民大学講座」 TEL:022-272-7513 FAX:022-301-5602 E-mail:kikaku[atmark]mishima.ac.jp 対象 県民 申込み方法 はがき,FAX,E-mail(住所・氏名・年齢・性別・電話番号・職業をご記入ください) 受付期間 7月25日(月)~8月22日(月) 募集人数 40名 受講料 無料
00:00
主催 宮城県教育委員会、東北大学大学院環境科学研究科 内容 環境理解に資する環境分析・バイオセンシングや持続可能な循環型社会形成に資するリサイクル・エネルギー技術の実際を取りあげ,環境への化学的なアプローチの可能性を考えます。 第1回「化学反応を利用した環境保全と資源循環」8月24日(水) 第2回「化学分析による環境理解」8月31日(水) 第3回「健康と環境を見守るセンシング技術」9月7日(水) 第4回「高性能二次電池のフロンティア」9月14日(水) 開催場所・時間 東北大学 環境科学研究科本館 17:30~19:00(全回) 申込み・問合せ先 〒980-8579仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-20 東北大学大学院環境科学研究科 教務係「みやぎ県民大学講座」 TEL 022-752-2235 FAX 022-752-2236 E-mail:kankyo.kyomu[atmark]grp.tohoku.ac.jp 対象 県民 申込み方法 往復はがき又はFAX若しくは E-mail 受付期間 6月13日(月)~7月29日(金) 募集人数 30名 受講料 無料
イベント情報の一覧へ

更新情報

研究者インタビュー

学びの庭におじゃまします

1

豆の食べ方から食卓の未来を考える

学びの庭におじゃまします

正木 恭介 先生

皆様よくご存じのとおり今年2016年は「国際豆年」なのですが、
身近すぎて「豆」のことはあまり氣にしていなかったかも。
ということで、あらためてこの機会に「豆」のことを学ぼう、と考えました。
お一人目の正木恭介先生からは栄養学の観点からのお話を伺います。

インタビュー記事へ

2

豆の作り方から地球の未来を考える

学びの庭におじゃまします

國分 牧衛 先生

「豆」にもいろいろありますが、やっぱり「大豆」は主役級なのですね。
作物学の國分牧衛先生からお聞きするのも、主に「大豆」のお話です。
ちなみに学術界では、作物(植物)名を示すときはカタカナ表記、
食材としては漢字でよいのだそうで、本記事でも使い分けております。

インタビュー記事へ

その他コーナー

参加体験記

読者の皆様が参加された「学び」イベントの感想やレポート(「学び」イベントに行ってきました) をご紹介。
「学び」イベントに参加したら、参加体験記を書こう!

参加体験記へ

名著への旅

編集部イチオシの「名著」をご紹介します。
さて、今回の名著は……?

名著への旅へ

運営会社

Company

会社名
笹氣出版印刷株式会社
住所
〒984-0011 宮城県 仙台市若林区六丁の目西町8番45号
電話番号
022-288-5555
URL
http://www.sasappa.co.jp