「東日本大震災」関連アーカイブ

「東日本大震災」関連の記事を集めた、アーカイブ集を作成しました。
「東日本大震災」関連アーカイブ

これからのオススメ★イベント情報

※今般の新型コロナウイルス等の感染拡大予防の観点から開催が 延期・中止されるイベントもございます。開催の有無につきましては、主催者へのお問い合わせをお願いいたします。
00:00
主催 宮城学院女子大学附属キリスト教文化研究所 内容 2021年度宮城学院女子大学附属キリスト教文化研究所公開講演会企画は、京都精華大学学長ウスビ・サコ氏をお迎えし「日本の次世代のこれから~多様化する世界で活きよう~」をテーマに御講演いただきます。 学生世代の若者たちは前世代が経験してこなかったグローバル化、世界規模の危機、コミュニケーション方法の変化などを直面しながらも生き抜いています。本企画では、「空間人間学」を専門とし、世界においてさまざまな経験をしたウスビ・サコ学長からグローバル時代を活きるコミュニケーション、ライフスタイルのあり方についてのお話をうかがい、より多様なコミュニケーションやライフスタイルのあり方を探究できる可能性について考える機会としたいと思います。 開催場所・日時 オンライン(YouTubelive配信) 2021年12月4日(土)13:30~14:45 講師 京都精華大学学長 ウスビ・サコ氏 問合せ先 宮城学院女子大学附属キリスト教文化研究所 TEL:022-277-6210 E-mail:kiriken[atmark]mgu.ac.jp 申込方法 下記よりお申し込み頂き登録された方のみ視聴可能。 申込登録は、12/3(金)まで受付ます。 ご登録いただいた方には、後日、期間限定でアーカイブ視聴をご案内をいたします。 下記、ホームページより参加登録をお願いいたします。 https://news.mgu.ac.jp/educations/event/2101.html 受講料 無料
00:00
主催 学都仙台コンソーシアム・仙台青葉学院短期大学 内容 2003年の観光立国宣言以来、国策として推進されてきたインバウンド観光政策は、昨年度までの結果から見ると入国者数、消費金額ともに成功の部類に入り、日本の輸出を支える大きな部門となった。本講座では我が国にとってのインバウンド観光の意義やそれが必要とされた社会経済的背景、社会・文化・経済などに与えた影響などについて考察したい。 開催場所・日時 仙台市市民活動サポートセンター 6階セミナーホール(仙台市青葉区一番町4丁目1−3) 2021年12月4日(土)10:30~12:00 講師 成澤 広幸氏(仙台青葉学院短期大学観光ビジネス学科 教授) 申込・問合せ先 仙台青葉学院短期大学/事務局運営管理センター 〒984-0022 仙台市若林区五橋3-5-75 TEL:022-393-6453 FAX:022-215-0940 E-mail:gakuto_seiyo[atmark]seiyogakuin.ac.jp 申込方法 FAXまたはEメールに、講座名・氏名(フリガナ)・住所・電話番号を記入して、開催日の3日前までにお申し込みください。 定員 30名(先着) 受講料 無料
00:00
主催 学都仙台コンソーシアム・東北文化学園大学 内容 日本大震災では,情報通信システムも大きな被害を受け,被災状況の把握,復旧・復興を進めるうえで大きな障害になりました。この講義では,その反省のもとで進められてきた,災害への対応性に優れた情報通信技術(ICT)の研究開発を紹介します。 その中でも特に自身が取り組んで来た,屋外拡声システムについて詳しく講じます。東日本大震災では,半数の人が防災行政無線の屋外拡声システムを通じて大津波の警報を知った一方,20%ほどの人は良く聞き取れなかったことが知られています。良く聞き取れなかった原因,そしてそれを解決するための研究開発について解説します。 開催場所・日時 仙台市市民活動サポートセンター 6階セミナーホール(仙台市青葉区一番町4丁目1−3) 2021年12月4日(土)13:30~15:00 講師 鈴木 陽一氏((東北文化学園大学工学部知能情報システム学科 教授) 申込・問合せ先 東北文化学園大学 地域連携センター TEL:022-233-3451 FAX:022-233-6298 Eメール:liaison[atmark]office.tbgu.ac.jp 申込方法 Eメール(liaison[atmark]office.tbgu.ac.jp)、またはFAX(022-233-6298)に ●講座名 ●氏名 ●住所 ●電話番号 を記入の上、開催日1週間日前までにお申し込みください。 定員 30名(先着) 受講料 無料
00:00
主催 せんだい環境学習館たまきさんサロン 内容 毎日使っているプラスチック。とても便利で使いやすいからこそ、みんなが使うもの。半面、困ったものになってしまうこともあります。「プラスチックとのつきあいかた」を考えてみましょう。そして、海辺のマイクロプラスチックを使って万華鏡を作ります。 ※新型コロナウイルス感染症の発生状況によっては講座を中止する場合がありますのであらかじめご了承ください。 ※マスクを着用してのご参加をお願いします。また、発熱や風邪のような症状のある方の参加はご遠慮ください。 開催場所・日時 たまきさんサロン(東北大学青葉山新キャンパス環境科学研究科本館) 2021年12月4日(土)13時30分~15時00分 講師 松八重一代氏(東北大学大学院環境科学研究科先進社会環境学教授) 三橋正枝氏(NPO法人SesLab代表理事) 申込み・問合せ先 せんだい環境学習館たまきさんサロン 980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1 メール tamaki3salon[atmark]city.sendai.jp 電 話 022-214-1233 FAX 022-393-5038 詳しくは、ウェブサイトたまきさんへ https://www.tamaki3.jp/ 申込方法 電子メールまたはハガキ、FAXでお申し込みください (必要事項:希望講座名、参加者氏名、年齢、住所、電話番号) 申込締切:11月24日(水) 対象・定員 4~6年生の小学生と保護者のペア 8組16名 ※抽選(当選者にのみご連絡) 受講料 無料
00:00
主催 仙台市天文台 内容 土佐誠(名誉台長)が土曜の夜だけに開くサロン。 着席退席睡眠自由の氣軽な雰囲氣の中で宇宙をテーマにお話します。 (毎週土曜開催) 開催場所・日時 仙台市天文台オープンスペース 毎週土曜日 17:00-17:45 講師 土佐誠氏(名誉台長) 問合せ先 仙台市天文台 〒989-3123 仙台市青葉区錦ケ丘9丁目29-32 tel:022-391-1300 fax:022-391-1301 http://www.sendai-astro.jp 受講料 無料
00:00
主催 仙台文学館 内容 歌人・小池光が、三十一文字に込められたことばの魅力について解説します。参加者の方には、毎回事前に課題作品を一首提出していただき、それらの作品をもとに講評を行ないます。 小池光短歌講座2021 第137回 開催場所・日時 仙台文学館 (仙台市青葉区北根2-7-1) 2021年12月 4日(土)13:30~15:40(10分間の休憩をはさみます) 講師 小池 光氏(歌人)  申込・問合せ先 仙台文学館(仙台市青葉区北根2-7-1) 022-271-3020 申込方法 往復はがきに【住所】【 氏名(ふりがな)】【 電話番号】【講座名「小池光短歌講座 第○回○月」】を明記の上、仙台文学館へ。申込み多数の場合は抽選になります。 11月10日(水)必着。 ※連続講座ではありません。希望する回ごとに、毎回お申込みください。 ※お寄せいただいた個人情報は、上記イベントのご連絡以外には使用いたしません。 ※新型コロナウィルス感染症の影響で、中止となる可能性があります。最新の情報はホームページ等でご確認ください。 定員 50人 受講料 1回1,000円
00:00
主催 学都仙台コンソーシアム・東北文化学園大学 内容 近年話題の持続可能な開発目標(SDGs)は、「誰も取り残さない」ことを基本理念としています。先進国として多くのSDGs指標を達成しつつある日本ですが、日本社会は「誰も取り残されない」社会となっているでしょうか?この講座では、災害という観点からこうした問いに切り込みます。誰もが災害の当事者になりうる一方で、特に大きな被害を受けたり、復興過程で取り残されがちになる人々がいるのだとしたら、「誰も取り残さない」災害復興はいかにして可能か。一緒に探っていきましょう。 開催場所・日時 仙台市市民活動サポートセンター 6階セミナーホール(仙台市青葉区一番町4丁目1−3) 2021年12月11日(土)10:30~12:00 講師 山﨑 真帆氏 (東北文化学園大学現代社会学部現代社会学科 助教) 申込・問合せ先 東北文化学園大学 地域連携センター TEL:022-233-3451 FAX:022-233-6298 Eメール:liaison[atmark]office.tbgu.ac.jp 申込方法 Eメール(liaison[atmark]office.tbgu.ac.jp)、またはFAX(022-233-6298)に ●講座名 ●氏名 ●住所 ●電話番号 を記入の上、開催日1週間日前までにお申し込みください。 定員 30名(先着) 受講料 無料
00:00
主催 東北工業大学 地域連携センター地域未来構築事業​ 内容 10年前の東日本大震災を引き起こした巨大地震を中心に、東北地方太平洋沖での地震発生のしくみを解説します。 https://www.rc-center.tohtech.ac.jp/topics/news/202106041018_947/ 開催場所・日時 2021年12月11日(土)13:30~14:30 ※オンライン開講(会議アプリZoom使用) 講師 日野 亮太氏(東北大学大学院理学研究科 教授) 申込・問合せ先 東北工業大学 地域連携センター 仙台市太白区八木山香澄町35番1号 TEL 022-305-3818 E-mail rc-mirai[atmark]tohtech.ac.jp 申込方法 下記フォームへ必要事項を入力してください。  ↓ https://forms.office.com/r/D4vjLGCa4p ※申込締切:講座日の2日前まで 受講料 無料
00:00
主催 東北工業大学 地域連携センター地域未来構築事業​ 内容 災害時に私たちは何を思い、どんな判断や行動を行うのでしょうか。災害を乗り越えるためにどのような能力や知力が必要でしょうか。講義では、警報が発表されても住民の迅速な避難行動に結びつかないことが多いのはなぜかをお話します。次に、緊急事態で人間の認知機能がどのような特徴を示すのか解説します。最後に、今後のために私たちひとりひとりができることは何かを考えます。 https://www.rc-center.tohtech.ac.jp/topics/news/202106041018_947/ 開催場所・日時 2021年12月11日(土)14:45~15:45 ※オンライン開講(会議アプリZoom使用) 講師 邑本 俊亮氏(東北大学災害科学国際研究所災害人文社会研究部門 教授) 申込・問合せ先 東北工業大学 地域連携センター 仙台市太白区八木山香澄町35番1号 TEL 022-305-3818 E-mail rc-mirai[atmark]tohtech.ac.jp 申込方法 下記フォームへ必要事項を入力してください。  ↓ https://forms.office.com/r/D4vjLGCa4p ※申込締切:講座日の2日前まで 受講料 無料
00:00
主催 せんだい環境学習館たまきさんサロン 内容 色をつけていない「紙」の色って何色だと思いますか?手漉き和紙の技術はユネスコの無形文化遺産に登録されています。手漉き和紙と育くんできた伝統の技を知り、塚原さんが育てた材料で紙漉きをして天然素材の他にはない葉っぱを漉き込んだポストカードを作りましょう♪ ※新型コロナウイルス感染症の発生状況によっては講座を中止する場合がありますのであらかじめご了承ください。 ※マスクを着用してのご参加をお願いします。また、発熱や風邪のような症状のある方の参加はご遠慮ください。 開催場所・日時 たまきさんサロン(東北大学青葉山新キャンパス環境科学研究科本館) 2021年12月12日(日)10時00分~12時30分 講師 塚原英男氏(手漉き和紙工房 潮紙 代表) 申込み・問合せ先 せんだい環境学習館たまきさんサロン 980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1 メール tamaki3salon[atmark]city.sendai.jp 電 話 022-214-1233 FAX 022-393-5038 詳しくは、ウェブサイトたまきさんへ https://www.tamaki3.jp/ 申込方法 電子メールまたはハガキ、FAXでお申し込みください (必要事項:希望講座名、参加者氏名、年齢、住所、電話番号) 申込締切:12月1日(水) 対象・定員 1~4年生の小学生と保護者のペア 8組16名 ※抽選(当選者にのみご連絡) 受講料 1,000円/手漉きハガキ2枚(1セット)※当日徴収
イベント情報の一覧へ
また、Web版掲載の情報は随時受け付けております。情報は、編集部まで問い合せ・投稿フォームからお寄せいただきますようお願いいたします。

更新情報

研究者インタビュー

学びの庭におじゃまします

1

お坊さんが唱えるお経も「音楽」です

学びの庭におじゃまします

大内 典 先生

音楽の専門教育といえば地元には宮城学院女子大学さんがあります。
その中で音楽で大学と地域をつなぐ活動を広げている音楽リエゾンセンター長の大内典先生にお話をお聴きしました。
すると「音の世界」の広がり、深みを感じる大内先生の研究の一端にふれることができました。

インタビュー記事へ

2

あなたは「耳撃者」になれますか?

学びの庭におじゃまします

木戸 博 先生

「音の世界」は音楽だけではないだろう、と探っていたら、「音声情報科学」という研究分野があり、
大学研究一筋ではない経歴をお持ちの東北工業大学・木戸博先生の存在にたどりつきました。
お話をうかがうと想像以上にユニークな経歴と、「音声」研究の興味深さを知ることに…。

インタビュー記事へ

その他コーナー

参加体験記

読者の皆様が参加された「学び」イベントの感想やレポート(「学び」イベントに行ってきました) をご紹介。
「学び」イベントに参加したら、参加体験記を書こう!

参加体験記へ

名著への旅

編集部イチオシの「名著」をご紹介します。
さて、今回の名著は……?

名著への旅へ

運営会社

Company

会社名
笹氣出版印刷株式会社
住所
〒984-0011 宮城県 仙台市若林区六丁の目西町8番45号
電話番号
022-288-5555
URL
http://www.sasappa.co.jp/