これからのオススメ★イベント情報

00:00
主催 せんだい環境学習館たまきさんサロン 開催場所・日時 たまきさんサロン(東北大学青葉山新キャンパス環境科学研究科本館) 2018年10月21日(日)13:30~15:30 講師 日本気象予報士会東北支部 内容 「大気圧を目で見る」「雲を作る」「竜巻を作る」実験を通して天気や天気図、気象予報士について学ぶほか、大雨や雷の危険性についても教わります。 申込・問合先 せんだい環境学習館たまきさんサロン 980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1 メール tamaki3salon[atmark]city.sendai.jp 電 話 022-214-1233 FAX 022-393-5038 詳しくは「ウェブサイトたまきさん」へ https://www.tamaki3.jp/ 申込方法 電子メールまたはハガキ、FAXでお申し込みください (必要事項:希望講座名、参加者氏名、住所、電話番号、年齢) 定員 小学生以上の子どもと保護者15組 ※抽選(当選者にのみ10/13までご連絡) 受講料 無料
00:00
主催 東北大学大学院国際文化研究科 開催場所・日時 東北大学川内北キャンパス マルチメディア教育研究棟 6階大ホール 2018年10月24日(水)15:30~17:00 内容 外務省から講師をお招きして、下記のとおり外交講座を開催します。 事前の申し込み等の必要はございませんので、本学学生、教職員、一般市民の皆様ぜひご参加ください。 講師 髙橋 直樹氏(外務省アジア大洋州局地域政策参事官室 地域政策参事官) 問合せ先 東北大学大学院国際文化研究科教務係 電話022-795-7556 http://www.intcul.tohoku.ac.jp/blog/news/course/18496.html 対象・定員 学生・一般の方 140名 無料
00:00
主催 日本海水学会若手会 開催場所・日時 石巻専修大学(〒986-8580 宮城県石巻市南境新水戸 1 番地 ) 2018年10月25日(木)13:00~ 内容 本行事は,学術交流,および東日本大震災の風化防止を目的としたシンポジウムです.第 1 回(2014 年)を岩手県一関市および陸前高田市で,第 2 回(2015 年)を宮城県石巻市, 第 3 回( 2016 年)を福島県郡山市,第 4 回(2017 年)を岩手県宮古市で開催してきました. 開催の様子は若手会ホームページ(http://www.swsj.org/wakatekai/index.html)にて掲載されて おります.本年度は再び宮城県石巻市で開催することとなりました.昨年に引き続き講演 会・交流会・見学会に加えて,小学生を対象とした理科教室を開催いたします.是非とも多 くの方に本シンポジウムの趣旨をご理解いただき,ご参加を賜りますようお願い申し上げ ます.なお,本シンポジウムで生じた余剰金はすべて東北復興支援のために寄附させていた だきます. 13:00 講演会開会(石巻専修大学 5 号館 3 階 5301 教室) 13:10 講演 「石巻圏域の産業復興と本学の取り組み」      石巻専修大学 経営学部 教授 杉田 博 氏 14:00 講演「南のシカ・北のシカ」        石巻専修大学 理工学部 客員教授  土屋 剛 氏 15:10 ポスター発表 16:40 講演「小さくても持続可能な地域をいかにつくるのか? -牡鹿半島における地域資源を     活用した次世代型循環社会の創生-」一般社団法人はまのね代表 亀山貴一 氏 申込先・問合せ先 日本海水学会若手会 石巻専修大学 高瀬清美(第 5 回海水・生活・化学連携シンポジウム担当) (公財)塩事業センター海水総合研究所 中村彰夫(申込受付担当) メール: wakatekai[atmark]swsj.org http://www.swsj.org/wakatekai/symposium5th.html 講演会 3,000 円(主催・共催・協賛団体会員),4,000 円(非会員) ※本務地が宮城県内の方は講演会参加費を無料とさせていただきます. 講演会のみ当日受付可
00:00
主催 東北大学 開催場所・時間 せんだいメディアテーク1階 オープンスクエア 2018年10月26日(金)18:00~19:45 内容 私たち多細胞生物を構成する細胞は、皆同じ遺伝子を持っています。しかし、癌細胞はどうも違っているようです。そして腫瘍という塊を作る細胞は癌細胞だけではありません。どうしてそのような事が起こるのか、少し考えてみましょう。 講師 中山 啓子 氏(東北大学大学院医学系研究科 教授) 問合せ先 東北大学 総務企画部社会連携課社会連携推進係 022-217-5132 http://cafe.tohoku.ac.jp/ 申込方法 申込不要 受講料 無料
00:00
主催 第77回日本公衆衛生学会総会 開催場所・時間 ビッグパレットふくしま 1階コンベンションホールA(福島県郡山市南2丁目52番地) 2018年10月26日(金)14:45~16:15 内容 最近よく見かけるようになった新型たばこ、“体への影響は?”“受動喫煙の問題はないの?”こういった受動喫煙対策や新型たばこに関する最新情報について学んでみませんか。 産業医をはじめとした保健医療従事者、行政関係者、学会参加者だけでなく、市民の皆様のご参加をお待ちしております。 プログラム 座長:星 北斗 氏(福島県医師会副会長、財団法人星総合病院理事長) 講演: 受動喫煙対策の法改正で何が変わるか? 「職場や地域でやらなくてはならないこと・やるべきこと」 大和 浩 氏(産業医科大学 産業生態学研究所 健康科学開発研究室 教授) 最近急速に流行する新型たばこの正体とは? 「新型たばこ使用者への対応に役立つエビデンス」 中村正和 氏(公益社団法人地域医療振興協会ヘルスプロモーション研究センター センター長) 問合せ先 第77回日本公衆衛生学会総会事務局 福島県立医科大学公衆衛生学講座内 TEL: 024-547-1180 参加費 無料
00:00
主催 学都仙台コンソーシアム・東北学院大学 開催場所・日時 仙台市市民活動サポートセンター 6階セミナーホール 2018年10月27日 (土)15:00 ~16:30 内容 本講座では、東日本大震災の被災地における地域ステークホルダー(SH)主体の地域おこし活動を考察していく。その際に、共生と共有の価値観が地域SHに形成され、地域社会全体で来訪客を迎えるためのおもてなしが実践されることの重要性である。具体的な事例として、①蔵王町において仙台真田氏の歴史資源に基づいて観光ボランティア活動を実施する住民団体・矢附真田の会、②石巻市において牡鹿半島蛤浜の再生を目指して循環型ビジネスの構築に取り組む一般社団法人はまのね、③気仙沼市や南三陸町において漁業者や地域商店との連携により水産・観光の再建を目指す株式会社阿部長商店などを取り上げる。これによって、共生と共有の価値観に基づく地域おこしが、地域社会の復興や望ましい発展に貢献することを述べていく。 講師 矢口 義教 氏(東北学院大学経営学部教授) 申込・問合先 東北学院大学 研究機関事務課 〒980-8511 仙台市青葉区土樋1-3-1 TEL:022-264-6406 FAX:022-264-6530 E-mai: k-soken[atmark]mail.tohoku-gakuin.ac.jp 申込方法 往復はがき、FAXまたはEメールに講座名、氏名、住所、電話番号を記入して開催日の1週間前までにお申し込みください。 定員 80名(先着) 料金 無料
00:00
主催 学都仙台コンソーシアム・東北学院大学 開催場所・日時 仙台市市民活動サポートセンター 6階セミナーホール 2018年10月27日 (土)13:00 ~14:30 内容 私たちが日々使っている通貨ですが、その存在は大変謎に満ちたものです。通貨とは何か。通貨はどのように生まれたのか。いずれの問いも明確な答えは存在しません。そうした中で、電子マネーや仮想通貨といった新たな通貨が次々と誕生し、私たちの生活を大きく変えようとしています。本講座では、地域通貨というあまり聞き慣れない通貨を取り上げます。地域通貨とは何か、それを利用して地域経済を盛り上げようとする事例について解説します。 講師 伊鹿倉 正司 氏(東北学院大学経済学部教授) 申込・問合先 東北学院大学 研究機関事務課 〒980-8511 仙台市青葉区土樋1-3-1 TEL:022-264-6406 FAX:022-264-6530 E-mai: k-soken[atmark]mail.tohoku-gakuin.ac.jp 申込方法 往復はがき、FAXまたはEメールに講座名、氏名、住所、電話番号を記入して開催日の1週間前までにお申し込みください。 定員 80名(先着) 料金 無料
00:00
主催 (公財)せんだい男女共同参画財団 開催場所・日時 エル・パーク仙台 5階 セミナーホール 2018年10月27日(土)13:30~15:00 講師 田中東子氏(大妻女子大学文学部コミュニケーション文化学科准教授) 問合せ先 エル・パーク仙台(代表) TEL 022-268-8300 エル・ソーラ仙台(代表) TEL 022-268-8041 せんだい男女共同参画財団 総務企画課 TEL 022-212-1627 申込フォーム https://ssl.sendai-l.jp/cgi-local/index3.cgi 定員 70名 受講料 1,000円
00:00
主催 宮城大学 開催場所・時間 宮城大学大和キャンパス交流棟2階オープンスタジオ  2018年10月27日(土)10:30~12:00 内容 人々が思い描くイメージは行動に大きく反映します。そのため、地域や組織にとって、実態以上に、イメージづくりの重要性がクローズアップされてきています。特に、目に訴えるビジュアルデザイン、ビジュアルブランディングの優劣は、大きな影響を与えるため、ポイントとなります。宮城大学伊藤真市研究室の在校生・卒業生らと共に行ってきた事例を紹介しながら、成功へと導くイメージづくり、デザインについてお話します。 講師 伊藤真市氏(宮城大学事業構想学群准教授) お問合せ先 宮城大学サテライトキャンパス TEL:022-716-6692 FAX:022-716-6693 Email:renkei-kouza[atmark]myu.ac.jp (講座内容に関する問い合わせ) 宮城大学地域連携センター TEL:022-377-8319 http://www.myu.ac.jp/ お申込み先 宮城大学サテライトキャンパス FAX:022-716-6693 Email:renkei-kouza[atmark]myu.ac.jp 申込み方法 FAXまたはEメールに受講する講座名、氏名、住所、電話番号、職業、年齢(○歳代)を記入して、開催日の3日前までにお申込みください。 定員 30名(先着順) 受講料 無料
00:00
主催 学都仙台コンソーシアム復興大学部会 開催場所・日時 東北工業大学一番町ロビー 2階ホール 2018年10月27日(土) 13:30~14:30 講師 窪 俊一 氏(東北大学大学院情報科学研究科准教授) 概要 震災の記憶の風化が進む中、山元町を中心に震災を体験した人たちの「物語」を収集している櫻井みや子さんをゲストスピーカーに迎え、被災した地域の記憶をいかに継承して残していくのかについて考える。 問合・申込先 東北工業大学 地域連携センター(復興大学事務局) 〒982-8577 仙台市太白区八木山香澄町35番1号(八木山キャンパス1号館) TEL:022-305-3818 / FAX:022-305-3808 E-mail : fukkoudaigaku[atmark]tohtech.ac.jp 受講料 無料
イベント情報の一覧へ

更新情報

研究者インタビュー

学びの庭におじゃまします

1

生徒の自治を育む「部活動学」の確立へ

学びの庭におじゃまします

神谷 拓先生

スポーツ庁が活動時間等のガイドラインを示したことで話題となっている「部活動」。
部員や保護者、指導者として関わっている当事者の方もいれば、自分の部活動時代を懐かしむ方もいると思いますが、「部活動」を研究する学会ができたことをご存じでしょうか。学会副会長の宮城教育大学・神谷拓先生にお話を伺いました。

インタビュー記事へ

2

日本食=健康食を世界に証明する

学びの庭におじゃまします

都築 毅先生

「日本食は健康によい」という話はよく耳にしますので、「何となくそうなんだろうな」と思ってしまっていますが、どんな日本食が、身体の何によいのか、など考えるとよくわかっていなかった、という方も多いのではないでしょうか。
昨年できた「日本食と健康研究会」の東北大学・都築毅先生に詳しく伺ってみましょう。

インタビュー記事へ

その他コーナー

参加体験記

読者の皆様が参加された「学び」イベントの感想やレポート(「学び」イベントに行ってきました) をご紹介。
「学び」イベントに参加したら、参加体験記を書こう!

参加体験記へ

名著への旅

編集部イチオシの「名著」をご紹介します。
さて、今回の名著は……?

名著への旅へ

運営会社

Company

会社名
笹氣出版印刷株式会社
住所
〒984-0011 宮城県 仙台市若林区六丁の目西町8番45号
電話番号
022-288-5555
URL
http://www.sasappa.co.jp/