これからのオススメ★イベント情報

00:00
内容  動物や昆虫のありのままの姿を克明に表現した作品から、マンガのような表現の作品まで約50点をご紹介します。猫や犬、蛙といった実在の身近な動物や空想動物など、動物が芸術の世界でどのように表現されてきたのかを、動物図鑑をながめるように絵画・工芸品でお楽しみください。 関連イベント 1.「ギャラリートーク」  4月12日(水)、5月6日(土)14:00~15:00 要入館券 申込不要 2.「ギャラリートークはスイーツの日」4月15日(土)14:00~15:30  要入館券 参加費300円 事前申込制  ギャラリートークの後には、真空管ラヂオを聴きながらティータイム。 3.「動物朗読劇」<お話しの会「がじゅまるの樹」>  4月22日(土)14:00~15:00 要入館券 申込不要  4.「オリジナル動物スタンプで「手紙セット」を作ろう!」  5月5日(金)~7日(日)10:00~16:00  1階情報コーナー 無料 申込不要 随時受付 5.心と脳のコミュニケーション  「マジカルキャッツ&マジカルドッグズ~絵の中の動物たちとコラボレーション」  5月20日(土)13:30~15:00 講師:さとう芳子氏(臨床美術士)  事前申込制定員15名(小学生以上)応募締切5/17(水)参加費 500円  開催場所・時間 福島美術館 平成29年4月12日(水)~5月31日(水) ※5月7日(日)より一部展示替え ※休館日 : 毎週月曜日 問合せ先 福島美術館 〒984-0065 仙台市若林区土樋288-2 電話 022-266-1535  FAX 022-266-1536 http://www.fukushima-museum.jp/ 入館料 入館料 一般400円 学生・70歳以上300円 (高校生以下・障がい者は無料)
00:00
主催 地底の森ミュージアム 内容  郡山遺跡ではⅠ期とⅡ期の官衙(役所)が発見され、Ⅱ期官衙は奈良時代に陸奥の国府「多賀城」が設置される以前の飛鳥時代の「国府」と考えられています。今回の展示では、発掘調査によって発見された郡山遺跡にスポットをあて、周辺の長町駅東遺跡や西台畑遺跡の資料などを紹介します。 開催場所・時間 地底の森ミュージアム 企画展示室 4月14日(金)~6月18日(日) 9:00~16:45(入館は16:15まで) 問合せ先 地底の森ミュージアム 〒982-0012 仙台市太白区長町南4丁目3-1 TEL 022-246-9153 FAX 022-246-9158 E-mail:t-forest[atmark]coral.ocn.ne.jp 料金 入館料が必要。 一般 460円 高校生 230円 小学生・中学生 110円
00:00
主催 東北大学 内容 家庭で、学校で、そして職場で、エネルギーとして「水素」を使う。そう、水素社会の到来が現実味をおびてきました。いくつかの実験をとおして、私たちの暮らしを大きく変える「水素」を身近に体感して下さい。最新の研究で見えてきたその知られざる秘密についてもお話します。 講師 折茂慎一氏(東北大学教授[AIMR/金属材料研究所]) 開催場所・時間 せんだいメディアテーク 1F オープンスクエア 4月28日(金) 18:00~19:45 問合せ先 東北大学 総務企画部広報課社会連携推進室 022-217-5132 http://cafe.tohoku.ac.jp/ 申込方法 申込不要 受講料 無料
00:00
<企画展「伊達な優品勢ぞろいPartⅡ-この10年の新収蔵品-」>関連行事 この10年の新収蔵資料について、各分野のおすすめ資料を紹介します。 講師 仙台市博物館学芸員 開催場所・時間 仙台市博物館ホール 4月29日(土)13:30~15:00 問合せ先 仙台市博物館 情報資料センター 〒980-0862 仙台市青葉区川内26 TEL: 022-225-3074 FAX: 022-225-2558 http://www.city.sendai.jp/museum/ 定員 200名 受講料 無料
00:00
主催 仙台市歴史民俗資料館 内容  衣服や履物は、日常生活や生業、信仰、芸能など、使用する場や用途でさまざまのものが作り出されてきました。企画展では、仕事着や日常着などの衣服や、下駄、草鞋、草履、などの履物を紹介し、仙台地方の衣服や履物の生活文化についてご紹介します。 関連行事/展示解説  4月29日(土・祝) 11:00~、14:00~ 開催場所・時間 仙台市歴史民俗資料館 平成29年4月29日(土・祝)~7月2日(日) 9:00~16:45(入館は16:15まで) 問合先・申込先 仙台市歴史民俗資料館 〒983-0842 仙台市宮城野区五輪一丁目3-7(榴岡公園内) TEL:022-295-3956 FAX:022-257-6401 E-mai: folkmuse[atmark] deluxe.ocn.ne.jp 料金 入館料がかかります。 一般・大学生:240円 高校生:180円 小・中学生:120円
00:00
講師 佐藤 飛鳥氏(東北工業大学 経営コミュニケーション学科 准教授) 開催場所・時間 東北工業大学一番町ロビー2階ホール 16:00~17:30 申込・問合先 東北工業大学一番町ロビー Tel: 022-723-0538 Fax: 022-263-8606 E-mail: lobby[atmark]tohtech.ac.jp URL: http://www.tohtech.ac.jp/news/opencollege/ 定員 120名 参加費 無料
00:00
講師 海部 陽介 氏(国立科学博物館人類史研究グループ長) 開催場所・時間 東北歴史博物館3階講堂 5月13日(土) 13:30~  問合先 東北歴史博物館 管理部情報サービス班 Tel: 022-368-0106 Fax: 022-368-0103 E-mail:thm-service[atmark]pref.miyagi.jp URL: http://www.thm.pref.miyagi.jp/ 受講料 無料
00:00
講師 村田 陽子 氏(尚絅学院大学名誉教授) 開催場所・時間 仙台市歴史民俗資料館 5月13日(土) 13:30~15:00 問合先・申込先 仙台市歴史民俗資料館 〒983-0842 仙台市宮城野区五輪一丁目3-7(榴岡公園内) TEL:022-295-3956 FAX:022-257-6401 E-mai: folkmuse[atmark] deluxe.ocn.ne.jp 受講 入館料がかかります。 一般・大学生:240円 高校生:180円 小・中学生:120円
00:00
講師 佐藤 篤氏(東北工業大学 情報通信工学科 准教授) 開催場所・時間 東北工業大学一番町ロビー2階ホール 18:00~19:30 問合先 東北工業大学一番町ロビー Tel: 022-723-0538 Fax: 022-263-8606 E-mail: lobby[atmark]tohtech.ac.jp URL: http://www.tohtech.ac.jp/news/opencollege/ 定員 120名 参加費 無料
00:00
講師 和田 浩一氏(宮城県美術館 学芸員) 開催場所・時間 東北工業大学一番町ロビー2階ホール 13:30~15:00 問合先 東北工業大学一番町ロビー Tel: 022-723-0538 Fax: 022-263-8606 E-mail: lobby[atmark]tohtech.ac.jp URL: http://www.tohtech.ac.jp/news/opencollege/ 宮城県美術館 Tel:022-221-2111 URL: http://www.pref.miyagi.jp/site/mmoa/ 定員 120名 参加費 無料
イベント情報の一覧へ

更新情報

研究者インタビュー

学びの庭におじゃまします

1

なぜ研究者がラーメンを開発するのか?

学びの庭におじゃまします

石原 慎士 先生

読者の皆様は、「産学連携」と聞いてどんなことを思い浮かべますか?
「研究」からは主に技術・開発のイメージでしょうか。つくるだけにとどまらず、地方創生、経済活性化につながる実のある「産学連携」には、研究者と産業人のより深い結びつきがあるようです。地域産業論・地域経営論が専門の石巻専修大学・石原慎士先生にまずはお話を伺いましょう。

インタビュー記事へ

2

なぜ研究者の方から企業を訪ねるのか?

学びの庭におじゃまします

堀切川 一男

「産学」にとどまらず「産学官」連携で続々と成果を生み出す「堀切川モデル」。
東北大学・堀切川一男先生のお話は聴けば聴くほど引き込まれます。
産学官連携・地域連携のトップランナーは人を巻き込む力が強いのですね。
根底にある「人が好き」をひしひしと感じます

インタビュー記事へ

その他コーナー

参加体験記

読者の皆様が参加された「学び」イベントの感想やレポート(「学び」イベントに行ってきました) をご紹介。
「学び」イベントに参加したら、参加体験記を書こう!

参加体験記へ

名著への旅

編集部イチオシの「名著」をご紹介します。
さて、今回の名著は……?

名著への旅へ

運営会社

Company

会社名
笹氣出版印刷株式会社
住所
〒984-0011 宮城県 仙台市若林区六丁の目西町8番45号
電話番号
022-288-5555
URL
http://www.sasappa.co.jp/