「東日本大震災」関連アーカイブ

「東日本大震災」関連の記事を集めた、アーカイブ集を作成しました。
「東日本大震災」関連アーカイブ

これからのオススメ★イベント情報

※今般の新型コロナウイルス等の感染拡大予防の観点から開催が 延期・中止されるイベントもございます。開催の有無につきましては、主催者へのお問い合わせをお願いいたします。
00:00
主催 仙台市歴史民俗資料館 内容  仙台地方の街・人・暮らしを中心に、明治時代、大正時代、昭和初め、戦後、現代における写真、絵葉書、写真帖などの写真資料のほか、8ミリフィルムなどに記録された映像資料を紹介し、街並みや人々の生活の移り変わりを明らかにしていきます。  また、写真資料や映像資料のもつ歴史的な意義についてもご紹介します。  なお、11月25日より本展の図録を販売します。※数量に限りがあります 開催場所・日時 仙台市歴史民俗資料館 2023年11月25日(土)~2024年4月14日(日) 9:00~16:45(入館は16:15まで) (休館日:毎週月曜日、第4木曜日、休日の翌日) 問合せ先 仙台市歴史民俗資料館 〒983-0842 仙台市宮城野区五輪一丁目3-7(榴岡公園内) TEL:022-295-3956 FAX:022-257-6401 https://www.sendai-c.ed.jp/~bunkazai/~rekimin/index.html 受講料 入館料 https://www.sendai-c.ed.jp/~bunkazai/~rekimin/riyouannai/index.html
00:00
主催 東北歴史博物館 内容 阿子島香館長が,「東北グローバル考古学:part3 ―いにしえから,今を考える―」をテーマに,令和5年度の館長講座を行います。 開催場所・日時 東北歴史博物館3階講堂(多賀城市高崎1丁目22−1) 2024年3月2日(土)13:30~15:00 講師 阿子島 香氏(東北歴史博物館 館長) 申込・問合せ先 電話:022-368-0106    FAX:022-368-0103 E-mail: thm-service[atmark]pref.miyagi.lg.jp 申込方法 東北歴史博物館 お申込みは,各講座ごと開催日の1ヶ月前(午前9時30分)から受付を開始いたします。 下記メールから E-mail: thm-service[atmark]pref.miyagi.lg.jp 定員 290名 (事前申込み・先着順) 受講料 無料
00:00
主催 仙台市歴史民俗資料館 開催場所・日時 仙台市歴史民俗資料館 2024年3月2日(土)13:30~15:00 申込み・問合せ先 仙台市歴史民俗資料館 〒983-0842 仙台市宮城野区五輪一丁目3-7(榴岡公園内) TEL:022-295-3956 FAX:022-257-6401 https://www.sendai-c.ed.jp/~bunkazai/~rekimin/index.html 受講料 入館料 https://www.sendai-c.ed.jp/~bunkazai/~rekimin/riyouannai/index.html
00:00
主催 仙台弁護士会 内容 現在の日本を取り巻く安全保障環境の実態と、そこから今後、東アジアの安定と平和はどのように構築されるべきなのか、またその過程における日本国憲法9条の存在意義についてお話していただきます。 開催場所・日時 仙台弁護士会館4階(仙台市青葉区一番町2-9-18)+オンライン併用 2024年3月2日(土)14:30~16:30 講師 羽場久美子氏(国際政治学者、青山学院大学名誉教授) 問合せ先 仙台弁護士会 TEL.022-223-1001 https://senben.org/archives/10607 オンラインURL https://us06web.zoom.us/j/89881799295 受講料 無料
00:00
主催 宮城県復興・危機管理部復興支援・ 伝承課 東北大学災害科学国際研究所 内容 震災からの復興の過程において最前線で活躍されている方からの講話をいただき,東日本大震災における新たな学び・気づきを参加者と共有する。 津波常襲地帯で互いに支え合って暮す人々 開催場所・日時 みやぎ東日本大震災津波伝承館 多目的スペース(石巻市南浜町2丁目1-56) 2024年3月3日(日)13:30~14:30 講師 小野寺 寛 氏(歌津地区復興支援の会一燈代表) 問合せ先 東北大学災害科学国際研究所 みやぎ東日本大震災津波伝承館共同事業担当 (防災実践推進部門防災社会推進分野内) TEL:022-752-2140 mail:irides-e502[atmark]grp.tohoku.ac.jp 申込方法 申込不要 受講料 無料
00:00
主催 仙台文学館 内容 歌人・小池光が、三十一文字に込められたことばの魅力について解説します。参加者の方には、毎回事前に課題作品を一首提出していただき、それらの作品をもとに講評を行ないます。 開催場所・日時 仙台文学館 2024年3月9日(土)13:30~15:40(10分間の休憩をはさみます) 講師 小池光氏(こいけ ひかる) 1947年宮城県柴田町生まれ。東北大学理学部大学院修了。1972年「短歌人会」に入会。第2代仙台文学館館長(2007年4月~2020年3月)。2011年4月、『山鳩集』で第3回小野市詩歌文学賞を受賞。2012年、『うたの動物記』で第60回日本エッセイスト・クラブ賞を受賞。2013年春、紫綬褒章を受章。2016年2月、『思川の岸辺』で第67回読売文学賞を受賞。2020年秋、旭日小綬章を受章。2022年、『サーベルと燕』で現代短歌大賞を受賞。おもな歌集に『バルサの翼』『時のめぐりに』『梨の花』、評論集に『茂吉を読む 五十代五歌集』『石川啄木の百首』など。読売新聞、北国新聞などの歌壇選者をつとめる。 問合・申込先 仙台文学館 〒981-0902 仙台市青葉区北根2-7-1 TEL.022-271-3020 ※お寄せいただいた個人情報は、上記イベントのご連絡以外には使用しません。 ※新型コロナウィルス感染症の影響で、中止となる可能性があります。最新の情報はホームページ等でご確認ください。 申込方法 ※連続講座ではありません。希望する回ごとに、毎回お申込みください。 往復はがきに住所、氏名(ふりがな)、電話番号、講座名、参加を希望する回・月を明記の上、仙台文学館へ。はがき1枚につき1人、1講座の申込み。締切は、それぞれ必着になります。申込み多数の場合は抽選になります。 <申込締切:2024年2月14日(水)> 定員 60人(抽選) 受講料 1回 1,000円
00:00
主催 東北歴史博物館 内容  近年の研究では、石器石材をはじめとして各種資源の産地の追求が盛んに行われています。これらの研究から、物資の移動の様相が明らかになりつつあり、当時の集団規模・生活領域・文化圏についてより詳細な検討が可能となってきました。東北地方の旧石器時代から縄文時代における物資の移動について検討し、当時の交流・物流の実態に迫ります。 開催場所・日時 東北歴史博物館3階講堂 2024年3月9日(土)13:30~15:00 講師 小野章太郎氏(東北歴史博物館企画部) 問合先 東北歴史博物館情報サービス班 電話:022-368-0106 FAX:022-368-0103 E-mail: thm-service[atmark]pref.miyagi.lg.jp 申込方法 https://www.thm.pref.miyagi.jp/event/7188/ 上記ページ内の「お申し込みはこちら」ボタンより ※電子申請で申し込めない場合は、上記問合先までお問い合わせください。 定員 各回280名(事前申込み・先着順) 受講料 無料
00:00
主催 地底の森ミュージアム 開催場所・日時 地底の森ミュージアム研修室+オンライン(Zoom) 2024年3月10日(日)13:30~15:00 講師 山口 未花子氏 (北海道大学文学研究院 准教授) 問合せ先 地底の森ミュージアム TEL:022-246-9153 申込方法 往復はがき・FAX・E-mailのいずれかに、イベント名・参加者の氏名(学年)・住所・電話番号・会場かオンライン参加希望かを明記し、2/25までに地底の森ミュージアムまでお申し込みください。応募者多数の場合は抽選とします。 〒982-0012 宮城県仙台市太白区長町南 4-3-1 【FAX】022-246-9158 【E-mail】t-forest[atmark]coral.ocn.ne.jp 定員 会場40名+オンライン80名 受講料 無料 ※入館料がかかります。 https://www2.sendai-c.ed.jp/~bunkazai/~chiteinomori/guide/
00:00
主催 名取市生涯学習推進本部(名取市教育委員会生涯学習課) 後援:名取市父母教師会連合会 内容 さとう宗幸さんによる「トーク&ライブ~ふれあいの時を求めて~」を開催します。その他、プラネタリウム上映、ミニ四駆体験コーナー、eスポーツ(太鼓の達人)体験コーナーなどもあります。詳細は市ホームページをご覧ください! https://www.city.natori.miyagi.jp/soshiki/kyouiku/shougai/node_91929/manafes_2023 開催場所・日時 名取市文化会館 2024(令和6)年3月16日(土)12:00~16:00(開場12:00) イベント内容 <下記のイベント内容は令和5年12月末時点です。最新の情報は名取市ホームページからご確認ください。> 会場:1階 大ホールステージ 12:20~15:55(入場は整理券が必要です) <開会式> 12:20~12:30 <市内活動団体舞台発表> 12:30~13:45 「名取ウクレレサークル オハナ」館腰公民館 「愛島レクダンス愛好会」愛島公民館 「篠笛演奏」マナビィ市民講師:篠笛サークル風 「みやぎ クロマテック・ハーモニー」増田公民館 「日本舞踊」マナビィ市民講師:花柳花 <表彰式> 13:45~14:00 まなびマイスター表彰式(まなびパスポート事業) <休 憩> 14:00~14:15 <講 演> 14:15~15:45 テーマ:「トーク&ライブ~ふれあいの時を求めて~」 講 師:さとう宗幸 氏 <閉会式> 15:45~15:55 会場:1階 大ホールホワイエ 12:00~16:00(整理券なしでも入場できます) <作品展示、活動紹介> ・マナビィ市民講師 加川美幸(水引細工) ★スタンプラリー対象 ・マナビィ市民講師 渡邉かおり(クラフトバンド) ★スタンプラリー対象 ・マナビィ市民講師 谷津真知子(ペーパークラフト) ★スタンプラリー対象 ・ゆりが丘小学校区「子供を守る」地域学校協働本部 ★スタンプラリー対象 ・名取市文化協会 <物品販売> ・友愛作業所 会場:2階 展示ギャラリー 12:00~16:00(整理券なしでも入場できます) ・プラネタリウム上映(名取天文台完全自作) ★スタンプラリー対象 今夜の星空解説(1回15分程度) 会場:3階 小ホール 12:00~16:00(整理券なしでも入場できます) ・ミニ四駆で遊べるコーナー(オープンファクトリー仙台) ★スタンプラリー対象 大きなコースを設置します!無料でミニ四駆の貸し出しも行っております。(持ち込みも可能) また、数量限定でミニ四駆組立体験(1,000円、40分程度)も開催します♪ ・ボードゲーム、モノポリーであそべるコーナー(尚絅学院大学ボードゲーム愛好会、宮城モノポリークラブ) ★スタンプラリー対象 いろいろなボードゲームで遊ぶことができます!ルールは教えてもらえるので、初心者でも安心です。 ・はじめてのおしごと体験(マナビィ市民講師:熊谷奈子) おしごとを体験して親子でお金の大切さを学びませんか?(対象:幼稚園年少~小学6年生の親子)事前予約制です。 ・eスポーツ(太鼓の達人)体験コーナー(DX推進室) ★スタンプラリー対象 名取市ではeスポーツを推進しています。 今回は、太鼓の達人体験コーナーを設置します! ★スタンプラリー★ 「★スタンプラリー対象」のブースに参加して、8つのスタンプを集めるとお菓子が当たるくじ引きに参加できます! ぜひいろいろなブースで体験して、楽しみながら集めてみてください♪ 問合せ先 名取市生涯学習推進本部(名取市教育委員会生涯学習課) 022-724-7173 申込方法 <大ホールへの入場は要整理券> ※2月1日(木)から名取市内各公民館/図書館/生涯学習課で配布。 <はじめてのおしごと体験> 申込フォーム https://docs.google.com/forms/d/1GWPVWIYoCMq5gRfnAPDzR6TqSRGRmj6meHtMf8j_QYw/viewform?edit_requested=true 参加料 無料
00:00
主催 東北歴史博物館 内容  時代の荒波にもまれて幻となった農民文学がこのたび復刻されました。原作者の名は、吉田三郎。秋田県男鹿で青年期を過ごした「もの言う百姓」です。大正期の赤裸々な農村生活を描いたこの小説がなぜ幻となったのか。小説の内容と執筆された時代背景の両面から探ります。 開催場所・日時 東北歴史博物館3階講堂 2024年3月16日(土)13:30~15:00 講師 今井雅之氏(東北歴史博物館企画部) 問合先 東北歴史博物館情報サービス班 電話:022-368-0106 FAX:022-368-0103 E-mail: thm-service[atmark]pref.miyagi.lg.jp 申込方法 https://www.thm.pref.miyagi.jp/event/7188/ 上記ページ内の「お申し込みはこちら」ボタンより ※電子申請で申し込めない場合は、上記問合先までお問い合わせください。 定員 各回280名(事前申込み・先着順) 受講料 無料
イベント情報の一覧へ
また、Web版掲載の情報は随時受け付けております。情報は、編集部まで問い合せ・投稿フォームからお寄せいただきますようお願いいたします。

更新情報

研究者インタビュー

学びの庭におじゃまします

1

住民と生態学者が共に考えた復興

学びの庭におじゃまします

平吹 喜彦先生

東日本大震災から2024年3月11日で13年、「まなびのめ」のシリーズ「東日本大震災」も13回目となります。
ある程度の長い期間を経て、ようやく見えてくるものも多いでしょう。今回は「海辺」をテーマに、自然の回復力や人と自然の関わりについて学ぼうと考えました。まずは東北学院大学・平吹喜彦先生のお話に耳を傾けてみましょう。

インタビュー記事へ

2

市民と生態学者が共に調べた成果

学びの庭におじゃまします

占部 城太郎 先生

シリーズ「東日本大震災」【13】―海辺― のお二人目は、東北大学・占部城太郎先生。
震災後の海辺の生態系がどうなっているのか、多くの市民ボランティアと一緒に行った調査から見えてきたことなどをお聴きしました。学術的な成果とともに、市民にとっても有用な体験が得られたようです。

インタビュー記事へ

その他コーナー

参加体験記

読者の皆様が参加された「学び」イベントの感想やレポート(「学び」イベントに行ってきました) をご紹介。
「学び」イベントに参加したら、参加体験記を書こう!

参加体験記へ

名著への旅

編集部イチオシの「名著」をご紹介します。
さて、今回の名著は……?

名著への旅へ

運営会社

Company

会社名
笹氣出版印刷株式会社
住所
〒984-0011 宮城県 仙台市若林区六丁の目西町8番45号
電話番号
022-288-5555
URL