「まなびのめ」ができるまで


第15回「文字・活字とのふれあいDay 」で公開いたしました、「まなびのめ」制作過程の動画です。

これからのオススメ★イベント情報

※今般の新型コロナウイルス等の感染拡大予防の観点から開催が 延期・中止されるイベントもございます。開催の有無につきましては、主催者へのお問い合わせをお願いいたします。
00:00
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、および、政府の緊急事態宣言を受けて、大学の方針として当面の間全事業を延期することになりました。つきましては、鉄道交流ステーションと鉄道模型館は当面臨時休館いたします。開館時期は現在のところ未定です。 主催 東北福祉大学・鉄道交流ステーション 内容 バリアフリー、アコモデーション(旅客車の車内設備)の改良…などなど、そんな言葉を耳にすることはあるけれど、鉄道ってどのくらいやさしい乗りものなのかな?大学で福祉を学ぶ学生が、JR仙山線・東北福祉大学前駅から出発し、お隣駅まで「大回り(※)」して、普通列車の車内や改札内の駅施設を探検します。 さあ、どんなコースで行こうかな? 学生らしい視点で、改札を出ない鉄道小旅行から気づいた鉄道利用の楽しさや、便利さ・不便さをレポートします。 (※JR路線において、大都市近郊区間内のみを普通乗車券または回数乗車券で利用する場合は、実際に乗車する経路にかかわらず、最も安くなる経路で計算した運賃で乗車することができる特例があり、この特例を利用して、逆コースで乗車することを「大回り」と呼ぶ。) https://www.tfu.ac.jp/rmlc/exhibition/index.html 開催場所・日時 東北福祉大学ステーション・キャンパス間3F・鉄道交流ステーション(仙台市青葉区国見1丁目19-1) 2020年4月7日(火)~2020年7月4日(土) 10:00~16:00(日曜日・月曜日・祝日 休館) 問合せ先 022-728-6612 入場料 無料
00:00
※新型コロナウイルス感染拡大の防止のため、会期が変更となりました。 主催 仙台文学館 内容 モダニズム文化が花開いた昭和初期、日本の文学界でもその影響を受けた雑誌や作品が誕生しました。そのような時代、作家と編集者の二足のわらじを履いていた宮城県出身の人物がいました。その名は佐左木俊郎(1900(明治33)年~1933(昭和8))年。今年、生誕120年を迎えます。大崎市岩出山(旧・玉造郡一栗村)の農家出身の佐左木は、代表作「熊の出る開墾地」や「黒い地帯」「土龍」など、故郷を舞台に、農民の実像に迫る作品を著し農民文学の旗手と目される一方で、新潮社の『文学時代』編集者として、夢野久作や室生犀星、川端康成、サトウ・ハチローといった当時活躍の文学者の力を借りながら、昭和モダンの社会世相を誌面に掬い取っていきました。しかし多忙な生活がたたり32歳で早世。川端は「佐左木氏を失った今、農民作家として先づ誰を、私達は数へることが出来るか」とその才能を惜しみました。 本展では大正末から昭和初期の時代を俯瞰しながら、作家と編集者、そして農民文学とモダニズム文学という2つの道に生きた佐左木の足跡に迫ります。 ◆学芸員による展示解説 ※新型コロナウイルス感染拡大の防止のため、中止となりました。 5月9日(土)、6月7日(日)各日11:00~12:00 申込み不要、直接会場へ。 ※当日の企画展観覧券が必要です。 https://www.sendai-lit.jp/4512 開催場所・日時 仙台文学館 企画展示室(仙台市青葉区北根2-7-1) 2020年5月19日(火)~2020年8月2日(日) 9:00~17:00(入館は16:30まで) 問合せ先 022-271-3020 観覧料 一般580円 高校生230円 小・中学生110円
00:00
※新型コロナウイルス感染拡大予防のために、臨時休館中にて、会期延期いたします。日程は未定です。 主催 スリーエム仙台市科学館 内容 東日本大震災の前と後で海の生物がどのように変化したのかをクイズやパネル展示を通して紹介します。 https://www.smma.jp/event/%e5%b0%8f%e4%bc%81%e7%94%bb%e5%b1%95%e3%80%8c%e6%b5%b7%e3%81%ae%e7%94%9f%e3%81%8d%e3%82%82%e3%81%ae%e3%81%a8%e3%82%8f%e3%81%9f%e3%81%97%e3%81%9f%e3%81%a1%ef%bd%9e3%ef%bc%8e11%e3%81%8b%e3%82%89/ 開催場所・日時 スリーエム仙台市科学館 3階 生活系展示室) 2020年05月19日(火) 〜 2020年08月30日(日) 申込・問合せ先 〒981-0903 仙台市青葉区台原森林公園4番1号 TEL:022-276-2201 FAX:022-276-2204 Mail:info[atmark]kagakukan.sendai-c.ed.jp 申込み 不要 料金 無料
00:00
※新型コロナウイルス感染拡大の防止のため、会期が変更となりました。 主催 仙台市歴史民俗資料館 内容 グラフィックとは、写真・絵画などを用いて視覚に訴える印刷物など、メディアとは情報媒体などのことです。これらは私たちの生活の中に身近に存在するものです。たとえば新聞、雑誌、チラシ、写真、絵葉書など、日々、目にしないことはありません。企画展では、仙台地方を中心に、幕末・明治時代以降から昭和初期、戦後、現代にかけて発行されたオールドグラフィックを通して、近代仙台のメディア文化の移り変わりを明らかにし、その歴史的な役割を考えます。 ★関連イベント★  (1)展示解説 中止   2020年5月9日(土)・5月23日(土)   いずれも【午前の部】11:00~11:30  【午後の部】14:00~14:30  (2)体験「オールドグラフィックを見てみよう、さわってみよう」   2020年6月6日(土)・6月20日(土) いずれも13:00~16:00 開催場所・日時 仙台市歴史民俗資料館(仙台市宮城野区五輪一丁目3-7 榴岡公園内) 2020年6月2日(火)~7月5日(日) 9:00~16:45(入館は16:15まで) 問合せ先 仙台市歴史民俗資料館 〒983-0842 仙台市宮城野区五輪一丁目3-7(榴岡公園内) TEL:022-295-3956 FAX:022-257-6401 入館料 一般・大学生:240円 高校生:180円 小・中学生:120円
00:00
主催 白鳥省吾記念館 内容 1890年(明治23年)2月27日誕生の省吾は、2020年(令和2年)に生誕130年を迎えました。 本企画展では、省吾の親族より寄贈された未公開写真と、30年前に開催された「白鳥省吾誕生100年記念祭」において展示された写真を中心に、白鳥省吾の生涯とその時代を紹介します。 また、省吾が作詞した旧築館高等学校の校歌の作曲は古関裕而が手がけました。 前回の企画展から引き続き、作曲を引き受けた古関裕而からの手紙と楽譜も特別に展示します。 https://www.kuriharacity.jp/w060/010/010/010/010/572.html 開催場所・日時 白鳥省吾記念館(栗原市築館薬師三丁目3-26) 2020年6月5日(金)~2021年3月31日(水) 9:00~16:30 問合せ先 白鳥省吾記念館 TEL 0228-23-7967 入館料 一般 210円 小・中・高校生 110円
00:00
※新型コロナウイルス感染拡大予防のために「中止」となりました。 主催 仙台文学館 内容 歌人・小池光が、三十一文字に込められたことばの魅力について解説します。参加者の方には、毎回事前に課題作品を一首提出していただき、それらの作品をもとに講評を行ないます。 毎回の課題は、抽選後参加の決まった方に返信はがきでお知らせします。 開催場所・日時 仙台文学館 (仙台市青葉区北根2-7-1) 2020年7月4日(土)13:30~15:40(10分間の休憩をはさみます) 講師 小池 光氏(歌人)  申込・問合せ先 仙台文学館(仙台市青葉区北根2-7-1) 022-271-3020 申込方法 往復はがきに【住所】【 氏名(ふりがな)】【 電話番号】【講座名「小池光短歌講座 第○回○月」】を明記の上、仙台文学館へ。申込み多数の場合は抽選になります。 6月10日(水)必着。 ※連続講座ではありません。希望する回ごとに、毎回お申込みください。 ※お寄せいただいた個人情報は、上記イベントのご連絡以外には使用いたしません。 定員 90人 受講料 1回1,000円
00:00
主催 東北歴史博物館、河北新報社、TBC東北放送、毎日新聞社 内容 江戸戯画(GIGA)から近代漫画(MANGA)までをたどる漫画の歴史!  いまや世界共通言語となった日本の漫画=MANGA。その起源には,様々な説があります。本展監修者・清水勲氏は,印刷出版文化が発達した江戸時代の戯画を,現代日本で認識されている漫画的な表現の出発点としています。江戸時代には,木版技術が発展し,版本や浮世絵版画といった出版物が庶民の手に届く値段で販売され,生活文化の中に浸透していったためです。そうして,絵巻の中で熟成されてきた漫画的表現(戯画)が,大衆も楽しめる新しい絵画表現として完成しました。  本展では,江戸戯画から明治・大正期の諷刺漫画雑誌,昭和戦中期の子ども漫画等,前・後期合わせて約320点の作品・資料を通じて日本の漫画の変遷を展覧します。 https://www.thm.pref.miyagi.jp/exhibition/4595/ 開催場所・日時 東北歴史博物館 (多賀城市高崎1-22-1) 2020年7月4日(土)~2020年9月6日(日) 9:30~17:00(発券は16:30まで) 問合せ先 東北歴史博物館 TEL:022-368-0106 観覧料 一般1,200円、シルバー(65歳以上)1,100円、小・中・高校生600円
00:00
主催 仙台市歴史民俗資料館 内容 グラフィックとは、写真・絵画などを用いて視覚に訴える印刷物など、メディアとは情報媒体などのことです。これらは私たちの生活の中に身近に存在するものです。たとえば新聞、雑誌、チラシ、写真、絵葉書など、日々、目にしないことはありません。企画展では、仙台地方を中心に、幕末・明治時代以降から昭和初期、戦後、現代にかけて発行されたオールドグラフィックを通して、近代仙台のメディア文化の移り変わりを明らかにし、その歴史的な役割を考えます。 事前申込不要。直接資料館へ。ただし入館料がかかります。 講師 仙台市歴史民俗資料館 学芸員 開催場所・日時 仙台市歴史民俗資料館(仙台市宮城野区五輪一丁目3-7 榴岡公園内) 2020年7月4日(土) 13:30~15:00 問合せ先 仙台市歴史民俗資料館 〒983-0842 仙台市宮城野区五輪一丁目3-7(榴岡公園内) TEL:022-295-3956 FAX:022-257-6401 入館料 一般・大学生:240円 高校生:180円 小・中学生:120円
00:00
主催 東北工業大学 内容 地球規模の気候変動を背景に、局所的集中豪雨や極端な暑熱化が頻発しています。本講座では、気象災害の状況を振り返るとともに、私たちのまちと暮らしを守るためには何にどのように対処すべきなのか、ご参加の皆さんとともに考える機会といたします。 開催場所・日時 オンライン開講 2020年7月7日(火)18:00~19:30 講師 渡邉 浩文 氏(東北工業大学建築学科 教授) 問合せ先 東北工業大学 地域連携センター   TEL:022-305-3817 E-mail:rc-center[atmark]tohtech.ac.jp 申込方法 下記の必要事項を記載してE-mail:kouza-grp[atmark]ml.tohtech.ac.jp宛に申込。 ①氏名 ②E-mail(当日のURLとミーティングIDをお送りします) ③希望講座(講座番号・講師名) ④会社名・学校名/学科名(任意・差し支えなければご記入ください。) ⑤その他(Zoomの説明書が必要な方もしくは、オンライン講座などについてご不明な点) お申し込みは講座開催日の前日までとさせていただきます。 開講30分前より入室可能ですので、あらかじめインターネットの接続状況をご確認ください。開講より10分経ちましたら入室不可とさせていただきます。従来の市民公開講座同様、講座時間は質疑応答時間を含め各1時間30分ですが、講座時間1時間が経過しましたら講義により早めの終了となる場合もございますのでご了承ください。 受講料 無料
00:00
※新型コロナウイルス感染拡大予防のために「中止」となりました。 主催 東北大学 大学院農学研究科 内容 東北大学で「復興」×「農林水産業」を学びませんか? 令和2年度 第7期受講生募集 3月23日(月)よりスタートします(4月20日まで)。 一般社会人・大学生、どなたでも受講できます。 ◆復興農学マイスター(CAR)コース CAR: certificated agricultural reconstruction 震災からの復興,自然災害にかかわる農学および先端技術を「復興農学講義」・「復興農学フィールド実習(被災地エクステンション)」を通して理解し,それらを震災による被災地域などの現場で活用できる能力を磨きます。 ◆IT農業マイスター(CAIT)コース CAIT: certificated agricultural information technology 震災からの復興に向けて必要とされる「IT」×「農業」の実用性や応用性について「復興農学講義」・「IT農学実習(被災地エクステンション)」を通して理解し,それらを震災による被災地域などの現場で活用できる能力を磨きます。 http://www.tascr.agri.tohoku.ac.jp/curriculum/ 開催場所・日時 東北復興農学センター(仙台市青葉区荒巻字青葉468-1 E222) 通業講義:2020年5月15日(金)~2020年7月17日(金) 全10回 毎週金曜日 18:30〜20:00 実習:2020年6月13日(土)、7月11日(土)、7月18日(土)〜19日(日)、8月22日(土)〜23日(日)、8月29日(土) 申込・問合せ先 東北復興農学センター 事務局 電話・FAX 022-757-4195 (9:00〜17:00) メール tascr-agri[atmark]ml.tohoku.ac.jp 申込方法 申込用紙にご記入の上、東北復興農学センター事務局へメール(tascr-agri[atmark]ml.tohoku.ac.jp )を送って頂くか、またはFAX(022-757-4195)でお申込みください。(申込締切: 4月20日(月)) ※申込用紙はこちら:http://www.tascr.agri.tohoku.ac.jp/curriculum/ ※学都仙台コンソーシアム加盟大学の学生は、下記を参照してください。 【東北大学(本学)の学生】  通常の履修手続きと同じく、Webシステムにて履修登録を行ってください。 ・復興農学マイスターコース:「復興農学」「復興農学フィールド実習」の2科目を履修登録 ・IT農業マイスターコース :「復興農学」「IT農学実習」の2科目を履修登録 ※両コース受講の場合は、3科目すべてを履修登録してください。 【学都仙台コンソーシアムの単位互換ネットワーク利用の大学生】  在籍する大学の担当窓口より、お申込みください。 定員 1)復興農学マイスターコース(CAR)‥‥40名程度 2)IT農業マイスターコース(CAIT)‥‥‥40名程度 ※両コースを同時に受講することができます。 ※募集定員は、学生と一般社会人を合わせた人数です。 受講資格 18歳以上の大学生および一般社会人の方(高校生は不可)で、やむを得ない事情を除き、すべての講義・実習に参加できる方。 受講料 受講料は無料です。 但し実習にかかるバス代、食事代、宿泊費などの実費分は、別途徴収いたします。(両コース取ると、社会人2万円、学生1万円程度を予定)
イベント情報の一覧へ

更新情報

研究者インタビュー

学びの庭におじゃまします

1

宮城の農業用水は世界のお手本

学びの庭におじゃまします

郷古 雅春 先生

今回の「学びの庭におじゃまします」のテーマは私たちの暮らしに欠かすことのできない「水」。
水資源全体の半分以上が「農業用水」ということを知り、農業利水学が専門の宮城大学・郷古雅春先生のお話を伺うことにしました。
「水」についての知識・世界が広がる思いがします。

インタビュー記事へ

2

水の浄化技術で環境を守るには

学びの庭におじゃまします

中山 正与 先生

私たちは暮らしの中で出る汚水等を何氣なく下水道に流していますが、水の浄化技術がなければ大変な環境汚染となってしまいます。
普段あまり氣にすることのない水の浄化についても目を向けてみよう、ということで、水環境工学が専門の東北工業大学・中山正与先生のお話に耳を傾けてみましょう。

インタビュー記事へ

その他コーナー

参加体験記

読者の皆様が参加された「学び」イベントの感想やレポート(「学び」イベントに行ってきました) をご紹介。
「学び」イベントに参加したら、参加体験記を書こう!

参加体験記へ

名著への旅

編集部イチオシの「名著」をご紹介します。
さて、今回の名著は……?

名著への旅へ

運営会社

Company

会社名
笹氣出版印刷株式会社
住所
〒984-0011 宮城県 仙台市若林区六丁の目西町8番45号
電話番号
022-288-5555
URL
http://www.sasappa.co.jp/