これからのオススメ★イベント情報

00:00
主催 東北学院大学研究ブランディング事業「東北における神学・人文学の研究拠点の整備事業」 開催場所・時間 東北学院大学 土樋キャンパス ホーイ記念館ホール 2018年2月24日(土) 13:00~18:00 内容 アメリカの超越主義の画家ジョン・ラ・ファージ(1835-1910)は聖なるものを求めて、1886年に3ヶ月間、日本に滞在した。彼は日光の森に感動して、「ここには偉大なパーンがまだ生きている」と記す 。そこに立ち会っていたのが、後にボストン美術館の日本美術コレクションに結実するフェノロサ(1853-1908)とビゲロー(1850-1926)、そして岡倉天心(1863-1913)である。ラ・ファージはアメリカに帰国後、日本美術のモチーフを取り込んだステンドグラスを制作する。彼の名はわが国では知られていないが、アメリカの名家でもあり、日米関係の最も重要な画家である。その画業をみると、わが東北学院の1932年のイギリス製のステンドグラスがジャポニスムと軌を一にする反近代の産物であることがよくわかる。ラ・ファージについての日本で初めてのシンポジウムを本学で開催する所以である。 趣旨説明:鐸木 道剛氏(東北学院大学文学部教授) 基調講演:村形 明子氏(京都大学名誉教授 日本フェノロサ学会名誉会員・顧問) パネリスト: Phylis Floyd氏(ミシガン州立大学准教授) Katie Kresser氏(シアトル大学准教授) 五味 良子氏(埼玉県立近代美術館学芸員) 問合先 東北学院大学研究ブランディング事業推進室 TEL・FAX 022-264-6547 E-mail:branding[atmark]mail.tohoku-gakuin.ac.jp URL:http://www.tohoku-gakuin.ac.jp/theology 受講料 無料
00:00
主催 宮城県教育委員会 開催場所・時間 エル・ソーラ仙台28階研修室(仙台アエル内) 第1回 平成30年2月28日(水)19:00~20:50 第2回 平成30年3月 8日(木)19:00~20:50 内容 「だがしや楽校」の発案者である尚絅学院大学エクステンションセンター長の松田道雄氏を講師に,直接対面のコミュニケーションの味わいと,人が集う場をつくるファシリテーション(活動の進め方)の楽しさを学びます。 講師 松田 道雄 氏(尚絅学院大学エクステンションセンター長) 申込・問合先 宮城県教育庁生涯学習課  TEL:022-211-3652 FAX:022-211-3697     E-mail:syogakl[atmark]pref.miyagi.lg.jp みやぎ県民大学HPhttp://www.pref.miyagi.jp/soshiki/syougaku/kenminindex.html 申込方法 お住まいの市町村名,氏名,TEL(E-mail),年代をTEL,FAX,E-mailのいずれかの方法で,お申込ください。 定員 20名程度(20~50歳代の県民で2回受講可能な方どなたでも) 参加費 無料
00:00
主催 東北労災病院地域医療連携センター 開催場所・時間 東北労災病院1F待合ホール 2018年2月28日(水)13:30-14:15 講師 榊原 智博 氏(東北労災病院呼吸器内科副部長) 問合せ先 地域医療連携室 ℡022-275-1467 http://www.tohokuh.johas.go.jp/ 受講料 無料
00:00
主催 東北大学 開催場所・時間 片平北門会館2Fエスパス(東北大学片平キャンパス) 2018/3/2(金)18:00~19:45 内容 19世紀のフランスには、ロマン派、高踏派、象徴派など、様々な流派から個性的な詩人が数多く現れました。このサロンでは象徴派の源流とされるボードレール(1821-1867)の作品を中心にして、フランスの近代詩の魅力を味わいます。 講師 坂巻 康司 氏(東北大学大学院国際文化研究科 准教授) 問合せ先 東北大学 総務企画部広報課社会連携推進室 022-217-5132 http://cafe.tohoku.ac.jp/ 申込方法 申込不要 受講料 無料
00:00
主催公益社団法人 日本心理学会 開催場所・日時 東北大学 川内キャンパス(Aエリア) 講義棟 A棟 A200教室 2018年3月3日(土) 13:00-17:00(開場12:30) 内容 人間の行動にみられる「共感性」は人間に特有のものなのでしょうか?また,他者に共感したり,他者を思いやったりする心は,いつ芽生え,どのように育まれていくのでしょうか。本講座では,研究の最前線で活躍する講師を迎え,最新の研究事例を交えて考察します。 話題と講師 ■赤ちゃんは生まれながらに正しく,やさしいのか?:鹿子木 康弘(NTTコミュニケーション科学基礎研究所/日本学術振興会) 近年の赤ちゃん研究によって,われわれ人間の本性(発達早期の傾向)が次々と明らかにされています。この講演では,赤ちゃんの道徳性,正義感,同情心,援助行動を扱った研究を中心に,赤ちゃんがいかに生まれながらに正しく,他者に対してやさしい存在なのかをお話しします。 ■自閉スペクトラム症を持つ方々の他者理解:米田 英嗣(京都大学) 自閉スペクトラム症とは,対人関係の困難さ,強いこだわりなどによって診断される発達障害です。他人に対して共感をすることが難しいと言われてきましたが,近年の研究から,それが必ずしも正しくないことがわかってきました。他者の立場になって推測する能力,自閉スペクトラム症を持つ人同士の共感的反応,他者に対する社会的な善悪判断の研究を紹介することで,自閉スペクトラム症を持つ人の視点に立つことの重要性について考えます。 ■人はロボットにも共感する:北﨑 充晃(豊橋技術科学大学) 共感は,他者の感情を理解し,共有する能力です。そして,人のみならず動物にも共感能力があると報告されています。共感は複数の個体が社会を作り,維持するために必要なものです。一方で,人は人以外の物,例えばロボットやアニメのキャラクタや,もしかしたら人工知能にも共感します。この講演では,共感とは何か,人や動物の共感の研究,そして人以外の対象への共感の研究について紹介し,共感のもたらす良い面と懸念について考えます。 指定討論者:板倉 昭二(京都大学) 企画・司会:池田 まさみ(十文字学園女子大学)、邑本 俊亮 (東北大学) 問合せ先 日本心理学会事務局(〒113-0033 東京都文京区本郷5-23-13 田村ビル内 TEL:03-3814-3953) https://www.psych.or.jp/event/sympo2017_kyokan.html 申込み方法 お申込みはE-mail( jpa-event[atmark]psych.or.jp ),Fax,往復はがきで,参加希望日・シンポジウム名を明記の上,住所・氏名・年齢と,日本心理学会会員の方は会員番号,認定心理士の方は認定番号をお知らせください(E-mailでの申込み時は,件名に希望日・シンポジウム名をご記入ください)。 定員300名 受講料無料
00:00
主催 東北大学大学院文学研究科 開催場所・時間 東北大学文科系総合講義棟2階中講義室2 平成30年3月3日(土)13時30分~17時 内容 仙台市はじめ、全国各地で仏像展が大変人気を呼んでいます。日本の仏像の美とギリシア彫刻の美には、どのような類似性と異質性があるのでしょうか。 専門家の先生方と一緒に、それぞれの魅力を探ってみましょう。 https://www.sal.tohoku.ac.jp/jp/event/ 演題・講師 「仏像への旅-姿・祈り・土地」 長岡龍作 氏(文学研究科教授) 「古代ギリシャの神々-信仰と美」 芳賀京子 氏(文学研究科教授) 問合せ先  東北大学文学部総務係  〒980-8576 仙台市青葉区川内27番1号  TEL:022-795-6002・6003 参加費 無料
00:00
主催 宮城県教育委員会 開催場所・時間 宮城県庁1階 みやぎ広報室 平成30年3月4日(日)13:30~16:30 内容 新年度を迎えるに当たり,ワークライフ・バランスを考えた仕事術,「なりたい自分」に近づくための道筋や方法を学ぶ講座です。講座に参加し,新しい自分に生まれ変われるよう,自身をイノベーション・プロデュースしてみませんか? 講師 後藤 光正 氏(アトラク東北株式会社 代表取締役)  申込・問合先 宮城県教育庁生涯学習課  TEL:022-211-3652 FAX:022-211-3697     E-mail:syogakl[atmark]pref.miyagi.lg.jp みやぎ県民大学HPhttp://www.pref.miyagi.jp/soshiki/syougaku/kenminindex.html 申込方法 お住まいの市町村名,氏名,TEL(E-mail),年代をTEL,FAX,E-mailのいずれかの方法で,お申込ください。 定員 20名程度 参加費 無料
00:00
主催 東北歴史博物館 開催場所・時間 東北歴史博物館 3階講堂 2018年3月4日(日)13:30~15:00 講師 相原 淳一氏(東北歴史博物館学芸職員) 内容 ダムに水没するため,遺跡全体が調査された七ヶ宿町小梁川遺跡とその近くにある大梁川遺跡,この二つの遺跡を通して,縄文時代最盛期である中期の様子を概観します。 問合先 東北歴史博物館 管理部情報サービス班 Tel: 022-368-0106 Fax: 022-368-0103 E-mail:thm-service[atmark]pref.miyagi.lg.jp URL: http://www.thm.pref.miyagi.jp/ 受講料 無料
00:00
主催 宮城県教育委員会 開催場所・時間 エル・ソーラ仙台28階研修室(仙台アエル内) 第1回 平成30年2月28日(水)19:00~20:50 第2回 平成30年3月 8日(木)19:00~20:50 内容 「だがしや楽校」の発案者である尚絅学院大学エクステンションセンター長の松田道雄氏を講師に,直接対面のコミュニケーションの味わいと,人が集う場をつくるファシリテーション(活動の進め方)の楽しさを学びます。 講師 松田 道雄 氏(尚絅学院大学エクステンションセンター長) 申込・問合先 宮城県教育庁生涯学習課  TEL:022-211-3652 FAX:022-211-3697     E-mail:syogakl[atmark]pref.miyagi.lg.jp みやぎ県民大学HPhttp://www.pref.miyagi.jp/soshiki/syougaku/kenminindex.html 申込方法 お住まいの市町村名,氏名,TEL(E-mail),年代をTEL,FAX,E-mailのいずれかの方法で,お申込ください。 定員 20名程度(20~50歳代の県民で2回受講可能な方どなたでも) 参加費 無料
00:00
主催 仙台白百合女子大学人間発達学科 開催場所・時間 仙台白百合女子大学 2号館2階 特別教室III 2018年3月9日(金) 10:00~11:30 内容  仙台白百合女子大学人間発達学科では、2017年度より子育て支援活動「ゆりっこ広場」を実施いたします。子育て中の方々が集まって、お友達を見つけたり、育児情報を交換したり、子育てに関する悩みを分かち合ったりするなかで、皆さんがより子育てを楽しめるよう、活動を通してお手伝いできたらと思っております。  親子の遊び場や子育て仲間を求めていらっしゃる方、お一人で育児に取り組まれている方など、お子さんと一緒に遊びにいらっしゃいませんか?  緑に囲まれた自然豊かな白百合のキャンパスでゆったり過ごせるひとときをご用意し、皆さんのご参加をお待ちしております。 申込み・問合せ先 仙台白百合女子大学 人間発達学科 学科研究室 〒981-3107 仙台市泉区本田町6番1号 TEL:022-374-7779 FAX:022-374-5185 E-mail:yurikko[atmark]sendai-shirayuri.ac.jp 定員 10組(受付先着順となりますが、活動内容により多少調整させて頂きます。) 申込み方法 お申し込みは、メールのみとなります。お子さまのお名前と年齢、保護者の方のお名前とご連絡先をお知らせください。 受講料 無料
イベント情報の一覧へ

更新情報

研究者インタビュー

学びの庭におじゃまします

1

「コトのアート」で被災者支援を

学びの庭におじゃまします

村上タカシ 先生

シリーズ「東日本大震災」も7回目を数えます。今回のテーマは「芸術・文化」。
震災で起きたことの伝承や、復興のプロセスで、「芸術・文化」の果たす役割は大きいものがある、と考えられます。
まずは、アートの力で活動を続ける宮城教育大学・村上タカシ先生のお話をお聴きしましょう。

インタビュー記事へ

2

漁師の生活文化から防災・減災へ

学びの庭におじゃまします

川島 秀一 先生

シリーズ「東日本大震災」─芸術・文化─、お二人目は、「災害文化」という研究分野があるとのことで、東北大学災害科学国際研究所・川島秀一先生にお話を伺いました。
人々の普段の暮らしに目を向ける「民俗学」の視点で、災害の伝承、これからの防災・減災に迫ります。

インタビュー記事へ

その他コーナー

参加体験記

読者の皆様が参加された「学び」イベントの感想やレポート(「学び」イベントに行ってきました) をご紹介。
「学び」イベントに参加したら、参加体験記を書こう!

参加体験記へ

名著への旅

編集部イチオシの「名著」をご紹介します。
さて、今回の名著は……?

名著への旅へ

運営会社

Company

会社名
笹氣出版印刷株式会社
住所
〒984-0011 宮城県 仙台市若林区六丁の目西町8番45号
電話番号
022-288-5555
URL
http://www.sasappa.co.jp/