これからのオススメ★イベント情報

00:00
主催 東北大学 開催場所・時間 東北大学片平キャンパス片平北門会館2階エスパス 2019年5月31日(金)18:00~19:45 内容 江戸時代、従来の書き下しでは解読できない「謎の漢文」が伝来しました。この謎の漢文に日本人はどのように挑んだのでしょうか。本発表は「三言(さんげん)」の事例をピックアップし、近代日本における学問受容の「しなやかさ」と「貪欲さ」を紹介したいと思います。 講師 勝山 稔 氏(東北大学大学院国際文化研究科 教授) 問合せ先 東北大学 総務企画部社会連携課社会連携推進係 022-217-5132 http://cafe.tohoku.ac.jp/ 申込方法 申込不要 受講料 無料
00:00
主催 東北大学病院 開催場所・日時 白石市文化体育活動センター ホワイトキューブ コンサートホール(白石市鷹巣東2-1-1) 2019年6月16日(日) 13:00~15:15(開場 12:30) 内容 6月16日(日)、白石市において、東北大学病院 つながる健康講座 in しろいしを開催します。 東北大学病院は、これまで仙台市内で開催していた市民公開講座を刷新し、 当院の医師が宮城県内の地域に出向いて最新の医療を分かりやすく紹介する「つながる健康講座」を開催することとなりました。第2回目は、白石市において、「肺の病気を知ろう」と題した講演会を開催いたします。 肺の病気の予防や最新の治療法を分かりやすくお伝えしますので、ぜひご家族でご参加ください。 ・講演「早期受診で肺を健康に」東北大学病院 呼吸器内科 教授 一ノ瀬 正和氏     「喘息を知る」東北大学病院 呼吸器内科 准教授 杉浦 久敏氏     「肺の感染症とは」東北大学病院 呼吸器内科 助教 山田 充啓氏     「肺がんの予防と治療の最前線」東北大学病院 呼吸器内科 助教 宮内 栄作氏  ・パネルディスカッション「肺を健康に保つ秘訣」      司会 東北大学病院 呼吸器内科 一ノ瀬 正和氏      パネラー みやぎ県南中核病院 呼吸器内科 検査診療部長 岡田 信司氏           東北大学病院 呼吸内科 杉浦 久敏氏/山田 充啓氏/宮内 栄作氏 申し込み方法 事前のお申し込みが必要です。 参加ご希望の方は、FAX、Eメール、またはWebフォームに郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・性別・年齢・参加人数・車椅子の有無をご明記の上、下記までお申し込みください。 後日聴講券を発送いたします。なお、定員となり次第締め切りとさせていただきます。 ※申し込み締め切り:6月10日(月)着 東北大学病院「つながる健康講座」担当 FAX:022-717-8931 Eメール:tsunagaru[atmark]pr.hosp.tohoku.ac.jp Webフォーム:https://secure.hosp.tohoku.ac.jp/pr/tsunagaru02/ 問合先 東北大学病院広報室「つながる健康講座」担当 TEL:022-717-7990(土・日・祝祭日を除く08:30~17:15) FAX:022-717-8931 E-mail:tsunagaru[atmark]pr.hosp.tohoku.ac.jp 参加費 無料
00:00
主催 宮城大学 開催場所・時間 宮城大学サテライトキャンパス SS30 2階 (宮城県仙台市青葉区中央4丁目6-1) 2019年6月22日(土)10:00~11:30 内容 歯や口腔は,生命維持はもちろん,生活の質の維持,向上に重要な器官です。歯と口腔の健康を守るためには,日々のセルフケアと歯科医の助けを借りる定期的なプロフェッショナルケアが求められます。 本講座では,口腔の構造と機能について整理するとともに,口腔の二大疾患である虫歯と歯周病について取り上げ,予防方法をご説明します。さらに,介護における口腔ケアの考え方についてご紹介します。この機会に日々の口腔ケアを見直してみませんか。 講師 志田 淳子 氏(宮城大学看護学群講師) 山形市出身。宮城大学大学院看護学研究科博士後期課程修了。博士(看護学)。虎の門病院,山形県立日本海病院等で看護師,訪問看護師として従事。2015年より宮城大学看護学部へ。専門は在宅看護学。これまで,高校生を対象にした子宮頸がん予防教育プログラムを開発。現在は訪問看護師向けに,超音波診断装置を活用した看護実践の研究に取り組んでいる。 講座内容のお問合せ先 宮城大学地域連携センター Tel:022-377-8319 E-mail:renkei-kouza[atmark]myu.ac.jp お申込み先 Fax:022-716-6693 E-mail:renkei-kouza[atmark]myu.ac.jp 申込み方法 受講する講座名,氏名,住所,電話番号,職業,年齢(○歳代)を記入の上,送信してください。 申込み後のキャンセルのご連絡は,上記申込先またはTel:022-716-6692にお願いします。 (電話での申込みは受け付けておりません。) 申込み〆切:開催日の3日前までとし,各回とも定員になり次第,締め切らせていただきます。 定員 30名(先着順) 受講料 無料
00:00
主催 第23回日本医療保育学会総会・学術集会 開催場所・日時 仙台市中小企業活性化センター AER5階「多目的ホール」 2019年6月23日(日)11:15~12:40(予定) 演題・講師 ①「医療保育におけるアタッチメント-安心感の輪の視点から-」  本島優子氏(山形大学) ②「こどものお腹のトラブル対処法-くりかえす腹痛と便秘-」  虻川大樹氏(宮城県立こども病院) 問合せ先 mch[atmark]hoiku23.com http://hoiku23.com 定員 100名程度 (託児はありませんので、6歳未満のお子様のご入場はご遠慮ください) 受講料 無料
00:00
主催 せんだい環境学習館たまきさんサロン 開催場所・日時 たまきさんサロン(東北大学青葉山新キャンパス環境科学研究科本館) 2019年6月26日(水)18時30分~20時00分 講師 上野 まどか 氏(むすびファーム) 内容 美味しい食材が作られている背景を知っていますか? 「おいしいの向こう側」を知ることで食べる人とつくる人が支え合える、持続可能な食環境をつくるための取組みを、食べる人からつくる人になった上野まどかさんからお聞きします。 申込・問合先 せんだい環境学習館たまきさんサロン 980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1 メール tamaki3salon[atmark]city.sendai.jp 電 話 022-214-1233 FAX 022-393-5038 詳しくは「ウェブサイトたまきさん」へ https://www.tamaki3.jp/ 申込方法 電子メールまたはハガキ、FAXでお申し込みください (必要事項:希望講座名、参加者氏名、住所、電話番号、年齢) 定員 42人(小学生以下は保護者同伴) ※抽選(当選者にのみ6/22までご連絡) 受講料 無料
00:00
主催 東北大学 開催場所・時間 せんだいメディアテーク1階 オープンスクエア 2019年6月28日(金)18:00~19:45 内容 地球外物質を入手できるほどの技術力がある現在ですが、地球マントル物質を直接入手することはできていません。そんな地球深部の研究について簡単に紹介したいと思います。また、一般の方にも身近な鉱物について知ってもらう機会になればと思います。 講師 栗林 貴弘 氏(東北大学大学院理学研究科 准教授) 問合せ先 東北大学 総務企画部社会連携課社会連携推進係 022-217-5132 http://cafe.tohoku.ac.jp/ 申込方法 申込不要 受講料 無料
00:00
主催 東北大学 開催場所・時間 せんだいメディアテーク1階 オープンスクエア 2019年7月12日(金)18:00~19:45 内容 “毒”は体にとって必要無いと思っている人がほとんどでは無いでしょうか?実は、とても毒性が高いのに、体にとって必要な“モノ”があります。毒なのに必要なモノの体の中での働きを理解し、病気の治療にどのように用いるか?いっしょに考えてみましょう。 講師 斎藤 芳郎 氏(東北大学大学院薬学研究科 教授) 問合せ先 東北大学 総務企画部社会連携課社会連携推進係 022-217-5132 http://cafe.tohoku.ac.jp/ 申込方法 申込不要 受講料 無料
00:00
主催 宮城大学 開催場所・時間 宮城大学太白キャンパス(仙台市太白区旗立2丁目2番1号) 2019年7月27日(土)10:00~11:30 内容 牛のレバー刺しは食べたらだめ!「3日目のカレーは毎晩煮込んでもだめなの?ハチミツは? 「もう知っている」「知らなかった」「なんか変だと思っていた」,Webなどの情報が溢れる中,食品安全の話の何が本当か不安になることはありませんか? この機会に,1つずつ解明されてきた科学的な理屈で整理して,安全な食品を安心して食べられる食生活を日々の暮らしに取り入れましょう。 ※試食があります。試食品には,糖類(果糖ぶどう糖液糖,砂糖),レモン果汁,はちみつ,香料,ビタミンC,酸味料,カロチン色素を含みます。 講師 作田 竜一 氏(宮城大学食産業学群教授) 埼玉県出身。大学卒業後,農林水産省に入省。国内外,様々な業務に従事。平成の初め頃,人事交流で現在は石巻市となった,宮城県桃生町役場で2年間勤務。宮城県は第二のふるさとです!2018年4月より宮城大学食産業学群で食品安全や食・農業に関する産業政策などの科目を担当。 講座内容のお問合せ先 宮城大学地域連携センター Tel:022-377-8319 E-mail:renkei-kouza[atmark]myu.ac.jp お申込み先 Fax:022-716-6693 E-mail:renkei-kouza[atmark]myu.ac.jp 申込み方法 受講する講座名,氏名,住所,電話番号,職業,年齢(○歳代)を記入の上,送信してください。 申込み後のキャンセルのご連絡は,上記申込先またはTel:022-716-6692にお願いします。 (電話での申込みは受け付けておりません。) ※受講のお申込みは2週間前(7月13日)までにお願いします。 定員 30名(先着順) 受講料 無料
00:00
主催 第24回日本在宅ケア学会学術集会 共催 公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団 開催場所・日時 仙台国際センター会議棟2階・橘 2019年7月28 日(日)13:10-14:30(開場13:00) 内容 65歳以上の高齢者人口が約3560万人で過去最高となった今、高齢者の方が、人生の終わりをより良いものにするためにはどのような準備ができるでしょうか。仙台での取り組みを紹介しながら、参加者のみなさまと一緒に考える機会にしたいと思います。 講師 宇都宮 宏子氏(在宅ケア移行支援研究所) 玉井 照枝氏(暮らしの保健室・ケアカフェ アンダンチ) 佐藤 薫氏(東北公済病院) 司会 菅原 千恵子氏(東北福祉大学 健康科学部) 及川 真喜子氏(宮城県看護協会 訪問看護総合センター) 問合先 第24回日本在宅ケア学会学術集会事務局 Tel: 022-717-7919(直通)  E-mail: care24[atmark]zaitaku.med.tohoku.ac.jp URL: https://jahc24.com/ 定員 当日受付(先着450名) 受講料 無料
00:00
主催 第24回日本在宅ケア学会学術集会 共催 公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団 開催場所・日時 仙台国際センター会議棟2階・橘 2019年7月28 日(日)14:45-15:45(開場14:35) 内容 ごく普通に生活していた人がささいなきっかけで、「セルフ・ネグレクト」と呼ばれる状態に陥ってしまうことが指摘されています。健康状態や生活環境が悪化しているのに、それを改善しようとする気力を失い、周囲に助けを求めないために、周囲から孤立してしまう…。年齢に関係なく陥るとされる「セルフ・ネグレクト」は、孤立死やゴミ屋敷の原因とも言われています。セルフ・ネグレクトにつながる変化を見逃さず、未然に防ぐ方法について考えたいと思います。 講師 岸 恵美子氏(東邦大学 看護学部) 司会 山野 英伯氏(東北福祉大学 総合福祉学部) 問合先 第24回日本在宅ケア学会学術集会事務局 Tel: 022-717-7919(直通)  E-mail: care24[atmark]zaitaku.med.tohoku.ac.jp URL: https://jahc24.com/ 定員 当日受付(先着450名) 受講料 無料
イベント情報の一覧へ

更新情報

研究者インタビュー

学びの庭におじゃまします

1

日本人と留学生が「共修」で成果

学びの庭におじゃまします

末松 和子先生

海外からの旅行者や、技能実習生など、外国の方と接する機会も身近になっております。
そこで、大学での取り組みなどから、市民生活の中での「国際交流」について学ぼう、と今回のテーマを選びました。
まずは、ご自身の留学体験をもとに、現在の天職にたどりついたという東北大学・末松和子先生のお話を伺いましょう。

インタビュー記事へ

2

外国人急増の日本はドイツに学ぼう

学びの庭におじゃまします

石川 真作先生

「国際交流」のお二人目は、東北学院大学の石川真作先生。
お話を伺うと、「国際交流」という言葉や考え方はちょっと古いようです。
氣がつけば身近に外国の方が増えている現状で、私たちが学び、考えるべきポイントとは…。

インタビュー記事へ

その他コーナー

参加体験記

読者の皆様が参加された「学び」イベントの感想やレポート(「学び」イベントに行ってきました) をご紹介。
「学び」イベントに参加したら、参加体験記を書こう!

参加体験記へ

名著への旅

編集部イチオシの「名著」をご紹介します。
さて、今回の名著は……?

名著への旅へ

運営会社

Company

会社名
笹氣出版印刷株式会社
住所
〒984-0011 宮城県 仙台市若林区六丁の目西町8番45号
電話番号
022-288-5555
URL
http://www.sasappa.co.jp/